K&T さん プロフィール

  •  
K&Tさん: K&T「神様と霊達との交信の記録」
ハンドル名K&T さん
ブログタイトルK&T「神様と霊達との交信の記録」
ブログURLhttp://ameblo.jp/ku1017/
サイト紹介文神や霊が私の中に入ってきてTさんに向かい話をしていく。自分達に起きている真実の話。
自由文これは、私KとTが2009年5月から体験していることを綴ったものです・・・神様やイエス、マリア、ブッタ、鈴木大拙などからのメッセージの記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供610回 / 365日(平均11.7回/週) - 参加 2012/11/27 18:18

K&T さんのブログ記事

  • Kの一言 k2155
  • 我々は偶然と必然の中で生きている、だから、この複雑な世界から目を背けず、しっかりと感じながら、正しい方向に進まなければならない!! [続きを読む]
  • Kの一言 k2154 大拙先生はこうも言っている・・・
  • 「右の頬を打たれたら左を向けてやれ」というような二元性の論理では、東洋的なるものの深処に手を着けるわけにはいかないのである。娑婆がエデンの楽園そのもので、エデンの楽園が、直ちにわれらの日常生活そのものだというところにめざめえないでは、宗教を語る資格がないと見てよいのである。と・・・。 [続きを読む]
  • Kの一言 k2153 大拙先生はこうも言っている・・・
  • 『法華経』の何品だったか忘れたが、左の言葉がある。「仏は慈悲の室に居て、無限の忍辱と精進とを着物にして、空の座に坐っている」と。また、慈悲は行動の原理であるから、けっして人をして閑坐せしめることはなく。四苦八苦の娑婆の真中へ飛び出て、堪え難きに堪え、忍び難きを忍び、刻苦精励して人間のため、世界のため、何か大慈大悲の仕事を行ずるのである。そうしてその行動は報いを求める行動ではない、無目的の目的で動 [続きを読む]
  • 2017.04.08  神様からのメッセージ
  • このような悲惨な世界を、あなた達が止めなければならない・・・・あなた達が、です・・・・私、ではない・・・・・ あなた達一人ひとりの考えが、この世の中をつくっている・・・・だから、あなた達が自分達で、正しい考えと正しい行いで、世界をこれ以上悲惨な状態にしないようにしなければならない・・・・あなた達一人ひとりが、です・・・・・ それがなければ、あなた達が生きる場所は無くしてしまう・・・・いい [続きを読む]
  • 2017.04.08 神様からのメッセージ
  • とにかく、世界を何とかしなければならない・・・・このまま放って置くことはできない・・・・だからあなたに頼んでいる・・・・ 人々が、一人ひとりが、自分の心を正しく成長するならば、私はこんなに心配することはない・・・・・しかし、あなた達は目先の欲望を満たそうとするだけのことに時間を掛けている・・・・何も考えず、楽しいこと、面白いこと、おいしいもの、地位が欲しい・・・そんなことばかり考えている・・ [続きを読む]
  • 2017.04.07 神様からのメッセージ
  • 2017.04.07 ★★★ 早く多くのものに、あなたから、愚かな考えを捨てるように行ってください・・・・なぜ、あなた達は、私の言う事が解らないのですか・・・・多くのものは、それぞれ宗教をして、神と言う私達の言葉を信じていると思うが・・・あなた達にとって宗教とは何なのですか・・・・神である私とは、あなた達にとって何なのですか・・・・ 私をあなた達は自由に扱おうとしている・・・・宗教指導者が、私を利 [続きを読む]
  • 2017.04.06  神様からのメッセージ
  • 私はいつも同じことを言っている・・・・それが一番、あなた達にとって大切なことだからです・・・・ 多くのことは言いません・・・・あなた達にとって一番重要なことは、自分の心を育てることです・・・・正しい考えや正しい行いができる心を育てなければならないのです・・・・ いいですか・・・・それがなければ、どんなに科学が発展しても、経済が発展でしても、多くのことを学べても、心が貧しくなります・・・・& [続きを読む]
  • 2017.04.05 神様からのメッセージ
  • ○※△あなたは前進することです・・・後退は許しません・・・・私の意志を伝える為に、あなたには努力をしてもらいたい・・・・もっともっと努力をしてもらいたいのです・・・・ あなたの人生は、他のものの為にもある・・・世界の為でもある・・・・そして私の為でもある・・・・こうして私とあなたと繋がっている間は、あなたに努力をしてもらわなければならないのです・・・・この世界がこれ以上悪くならないように、人 [続きを読む]
  • Kの一言 k2152 大拙先生はこうも言っている・・・
  • 人間には自分の自由と不自由とを自覚し分別し煩悩する自由がある。これは他のいかなる存在にも見られぬところである。その上、その分別性ゆえに、他の自由を尊重し、他の不自由を共感する。煩悩(この場合ぼんのうとよまぬことにする)する。つまり人間には、自分の外に出てまた自分を見ることができるはたらきがある。このはたらきの故に、人間は社会集団だけでなく、自分以外の他の生物でも無機物でも何でも一つにした絶大な社会 [続きを読む]
  • Kの一言 k2151 大拙先生はこうも言っている・・・
  • いかに精密な科学でも、結局は人間の五官が分別識に訴えるよりほかない。実は人間世界の事物は、何であっても、悉く五官と分別識の要請によって、了解が可能になる。ただし、前述のように、人間世界の全部を通貫して、有限な数の外にあるものに、気がつかぬと、行詰まりに陥るのである。と・・・。だから・・・!! [続きを読む]
  • Kの一言 k2150
  • 人は何故、この悲惨な現実に目を背けるのか?その背け逃げていることが、ますます、世界を悲惨にしているとゆうのに・・・!そして、その無関心により、いつか自分も巻き込まれる恐れがあるとゆうのに・・・!! [続きを読む]
  • Kの一言 k2149 大拙先生はこうも言っている・・・
  • なぜ、西洋的に見えたり考えたり行動したりしていくと、行詰まりを見なくてはならなぬかというと、人間の生きている世界は、五官で縛られたり、分別識で規定せられるほかに、今一つ別の世界があるのである。これを明らかにしておかぬと、人間は生きていけないのである。生きていると思っていてもそれは自己欺瞞で、虚偽の生涯である。と・・・。 [続きを読む]
  • Kの一言 k2148 大拙先生はこうも言っている・・・
  • 次に、生まれ出る処と時とが、それも、寄与の世界で、自分の自由から来たものではない。したがって自分のおかれている環境、教育などいうものも、悉く他から加えられるもの。義務教育をすましてからの教育も何もかも、おかれている環境から割り出される。してみると、自分というものの、どこに本当の自分があるのか、全く不明である。と・・・。 [続きを読む]
  • Kの一言 k21436 大拙先生はこうも言っている・・・
  • 分極した対抗の世界には必至とか必然とかいうものがあるが、絶対自由はけっして見られぬ。仏教ではこれを業の世界、因果の世界という。我々は業繋にあえぐ有情である。近ごろは何かの関係でよく「自由」という文字を見るが、生死業苦の世界に居るかぎり、自由なるものはないのだ。いずれも必然性ばかりである。と・・・。 [続きを読む]
  • Kの一言 k21435
  • 今、世界は混乱の中にある、我々はそれは他の国の事ではないと、無関心でいていいのだろうか・・・。そして、家庭も社会も環境も、自分には関係ないことだと無関心でいていいのだろうか・・・!! [続きを読む]
  • Kの一言 k2142
  • 世界の政治的、宗教的、経済的、環境的そして家庭の悲惨な状態を取り除くために、我々にできることは数少ないと思うでしょうが、でも我々のわずかな力でも自分の心・精神を成長させることはできます。その積み重ねを、自分のまわりに広げることが大切なのです。ただ黙って世界や社会を、見ているだけでは何も解決しません。さあ、あなたも・・・・。 [続きを読む]
  • Kの一言 k2140
  • あなたが、どの神を信じていてもいいのですが、この悲惨な世界を見て、どの神も悲しんでいます。それは、確かなことです!! [続きを読む]
  • Kの一言 k2139
  • 何故?・・・世界中の人達が手を合わせ、神に救いを求めているのに、世界はいつまでたっても、良くならないのは何故?!皆さんは、本当に平安を望んでいるのですか?!そもそも、皆さんは何のために、神に祈っているのですか?自分の欲望を満たすため?!自分たちが正しい努力もせずに、まるで、自分の不幸が神の責任であるかのように・・・そんなあなた達を私は理解することできません。あなた達は、いつでも幸せになりたいと言 [続きを読む]
  • Kの一言 k2138 大拙先生はこうも言っている・・・
  • 論理とか弁証法とか哲学とか形而上学とかいうものは、いずれも言葉の上での詮索である。人間は元来社会性持っているので、言葉なしには、一日も暮らせぬ。しかしこの言葉をのみ便りとして、その裏にあるもの、ほんとうの体験を見透かすことができぬと、大きな誤りを犯すことになる。と・・・。 [続きを読む]
  • Kの一言 k2137 大拙先生はこうも言っている・・・
  • 禅の本分は、物自体、あるいは自我の本源、あるいは自心源、あるいは本有の面目、あるいは祖師西来意、あるいは仏性、あるいは聴法出底の人、あるいは無位の真人など、さまざまな名目はあるが、つまりは自分自身の奥の奥にあるものを、体得するところにある。と・・・。 [続きを読む]
  • Kの一言 k2136
  • 神は我々の可能性を信じ、いつでも切っ掛けを与えてくれる。しかし・・・あなたは、それが分からない。だから、私が代わりに伝えている! [続きを読む]