あき@黒薔薇 さん プロフィール

  •  
あき@黒薔薇さん: 黒薔薇の戯れ
ハンドル名あき@黒薔薇 さん
ブログタイトル黒薔薇の戯れ
ブログURLhttps://ameblo.jp/xxxsnowfishxxx/
サイト紹介文大好きな黒執事に関することを書いています。 GF本誌、単行本、アニメなど♪それ以外も気の向くまま☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 182日(平均0.5回/週) - 参加 2012/11/28 11:33

あき@黒薔薇 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【黒執事132話/Gファンタジー本誌】10月号ネタバレ
  • 台風が日本を通過中ですが皆様のお住まいの地域は大丈夫でしょうか。そんな台風のなか、私は休日出勤でした(笑) 暦通りに休める会社に入社したはずだったんだけどな、、あれ;;;ということで、今月の黒執事132話のネタバレです。やっぱりすごいなと思うのは先生の双子の描き分けですが、表紙は奥にいるのがおそらくシエルで手前が弟。お父様に読んでもらっている本はフィニアンサイクルで、弟がフィニの名付けに用いた物語の主人 [続きを読む]
  • 【黒執事131話/Gファンタジー本誌】9月号ネタバレ
  • もう九月も半ばに差し掛かりますが、やっと黒執事131話の感想を書きますよー(^^;;;本編は相変わらず超大変な展開で坊っちゃんの顔を見るのが辛くて辛くて、だから心の平穏を活撃・刀剣乱舞に求めてたら、ああもうこっちも大変になってしまって全部しんどいわ。実は活撃考察も友人とLINEでやってるんですが、どっかにまとめて載せられたらとは思うものの時間がない。といっても、私はまだ神審者歴60日くらいなんですけど [続きを読む]
  • 【黒執事130話/Gファンタジー本誌】8月号ネタバレ
  • いよいよ「ジャンプ展」が始まり集●社一色の六本木ヒルズで、Gファンタジーを購入してまいりました!買ったのはジャンプでなくGファンタジーなのに、店員さんは「ジャンプのイベントやっているので」と、ジャンプキャラコースターをくださいました。・・何となく複雑な気持ちになりました。さぁ待ちに待った8月号です。本物のシエルはセバスチャンのことを知っていました。「そうかお前がセバスチャンか」「直接会うのは初めて [続きを読む]
  • 黒執事本誌からネタバレ/可能性からの考察
  • 先日久しぶりに黒執事好きな友人2人と、昨今のこの状況について意見を交わしました^^とても簡単に会える距離ではないのでネットででしたが、同じものを好きで、思ったことをパンパン言い合える友人がいるって幸せだなーと改めて感じました^^本誌をベースにとりとめもなく話し、原作があのような状況なので何の結論もでないまま終了したのですが、備忘録程度にここにも残しておこうなって思います。・シエル(以降、兄としましょう [続きを読む]
  • 【黒執事129話/Gファンタジー本誌】7月号ネタバレ
  • 早速買ってきました、Gファンタジー7月号。ここ数ヶ月、一番そわそわしてこの1ヶ月を過ごし、読んだ感想はもう「Finally....」の一言でございます。。出てきましたね。とうとう、とうとうです。記憶の中の描写でなく、夢の中でもなく、第3者も見ている場で同じ顔が二つ並ぶ日が、とうとうやってきました。今号ほどページをめくるのが怖い回は今までなかったです。合わせて先月に引き続き坊ちゃんの複雑な心境が見事に描かれてい [続きを読む]
  • Birmingham に行ってきました。
  • 6月1日から5日まで、仕事でイギリスのバーミンガムに行ってきました。弾丸スケジュールな上に、朝から晩まで施設の中にいたので観光らしきことはあまりできませんでしたが、少しだけ街歩きができたのでちょこちょこ紹介できればと思っています。バーミンガムといえば、19世紀の産業革命で発展した工業都市で、ヴィクトリア朝後期の黒執事とも重なる都市です^^商品を世界中に発送するために、運河が整備されたのも18世紀です。 [続きを読む]
  • 黒執事 単行本25巻 感想と妄想
  • 本日近所のアニメイトで、黒執事25巻をゲットして参りました^^単行本の楽しみといえば表紙裏のパロディ版ですが、個人的には表紙をめくってすぐのモノクロ1cのイラストが大好きでして。25巻の坊っちゃんの不敵な笑みといったらもう・・・w ご馳走さまです(。-人-。)そしてセバさんの表情もいいなぁ。人間味のある表情をしている時のセバさんってどんなこと考えてるんですか、と一度でいいから枢先生に 聞いてみたいです。悪魔だし [続きを読む]
  • 【黒執事128話/Gファンタジー本誌】6月号感想 (ネタバレ)
  • 今日は仕事始まりが早朝過ぎて朝本屋が空いておらず、帰りは仕事終わりが遅すぎて閉店間際の書店に滑り込み、ラスト一冊の本誌をゲットしてきました!・・・・・・・正解は、片割れのお出まし、、か。とうとう、とうとう、出てきたか。作品が佳境に向かおうとしているんだなと、思いました。個人的にこういう佳境はもっと後であってほしいと思っていたのですが、、来たのか、、という気持ちで一杯です。何となく、付録のB3ポスタ [続きを読む]
  • 黒執事 第108話からの推察 (いまさら)
  • 今更ですが、備忘録程度に書き留めておこうかなとおもいました。この話はジークリンデちゃんの女王謁見の回です。この回で気になっていることは4つ。一つ目は、女王がアルバートを忍んで取り乱し、ジョンが人形でそれをあやすようなやり取りがあるところ。アニメ一期的な見方をすると、ジョンが女王をコントロールしてるようにもとれるし、別の視点からだと、アルバートと共に(逝きたくても)逝けなかった女王の自身の嘆きのように [続きを読む]
  • 黒執事 第127話感想からの予測
  • もう一度、よく考えてみました。そしてもう一案。双子の片割れと、あの時片割れを助けた人外が現れ・・・た?よく解らないですけど、エリザベスは誰かから本物のシエルが他にいたことを知らされ、だから『私だけはそっちに帰れない』と言った可能性ってありますかね。もし仮にそうであれば、葬儀屋、女王に次ぐ第三勢力が現れた的な大事件なんですけど。。。 ソーマは顔を見ているので次号の態度を見れば解るのかなと思いま [続きを読む]
  • 4/19追記【黒執事/本誌】5月号感想  (ガッツリとネタバレ)
  • Gファンタジーの感想です。毎回核論すぎて感想になっていない可能性もあるなと、ようやく自覚しましたが、オンマイウェイでいこうとおもいます。犯人は二人ナイフ使いと銃使いアグニが苦戦する力をもつソーマは一人は知ってる人間アグニはそうでもなかった人間の可能性ナイフ使いは一人称が私ソーマが裏社会側に来るための試練、それともドロップアウトの事件坊っちゃんが人間社会に魂を繋ぎ止める防ぎになりうる事件セバス的には [続きを読む]
  • 【黒執事/本誌】女王
  • ヴィクトリア女王について、書いておきたいと思います。たぶん女王は二人いるんじゃないかなと思うのです。Wチャールズといる女王と、ジョンといる女王と。そう思うのはある程度確信した描写を見つけたからからなのですが、第84話。女王に死者蘇生の報告をする坊っちゃんがいる部屋には、アルバートと思われる肖像画があり、ジョンに死者蘇生の話をする女王の部屋には肖像画が見当たらないのです。そして、それぞれの描写の1コマ [続きを読む]
  • 【黒執事/本誌】 Gファンタジー4月号感想
  • 更新、2年ぶり?生きてます。久々に本誌がざわざわする内容ので、がっつりネタバレ感想を書いてみようかなと思いました。ミュージックホール編が佳境を迎えつつありすが、アグソマのどちらかの死亡フラグが立ちまくりで穏やかではいられませんね、、しかし何となくですけど、死なないんじゃないかなとも思っています。いや、思いたい・゜・(つД`)・゜・今回は輸血技術がテーマで、坊っちゃんはその技術の一部をジークリンデち [続きを読む]
  • 過去の記事 …