牡羊座の独り言2 さん プロフィール

  •  
牡羊座の独り言2さん: 牡羊座の独り言 Part2
ハンドル名牡羊座の独り言2 さん
ブログタイトル牡羊座の独り言 Part2
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kassy6491/
サイト紹介文国内外の世界遺産を含む旅行記、季節の花、話題のニュースなどを掲載しているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供333回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2012/11/29 00:23

牡羊座の独り言2 さんのブログ記事

  • 北海道・道東の旅 その31 地元食材満載の納沙布岬の土産店
  •  納沙布岬に到着して先ず案内されたのが、土産店でした。1軒しかないのでツアー客は100%この店に。雨の中の到着でしたので温かいウエルカムかに味噌汁はお腹に染みて美味しかったです。本たらばがに、花咲がに、貝殻島産昆布、かに味、帆立味のラーメン等が棚に並んでいました。店の人には申し訳なかったですが、特にほしいものがないので撮影だけさせてもらいました。納沙布岬土産店のウエルカムかに味噌汁美味しかったです [続きを読む]
  • 北海道・道東の旅 その29 風連湖でタンチョウに出会えました。
  •  ツアーバスは標津町で美味しい鮭親子丼のランチを摂った後、風連湖へ向かいました。風連湖は越冬する白鳥が飛来することで有名な湖ですが、この時期はいませんでした。その代わりタンチョウに出会えました。1993年に国指定風蓮湖鳥獣保護区(集団飛来地)に指定され、さらに2005年11月にラムサール条約登録湿地となっています。ラムサール条約登録湿地・風連湖風連湖周囲96kmの汽水湖です。風連湖風連湖のタンチョウ風連湖のタン [続きを読む]
  • 北海道・道東の旅 その28 標津町で鮭親子丼ランチ
  •  野付半島の原生花園の散策した後は、ちょうどお昼時でツアーバスは野付半島の付け根付近の標津町に戻り、ランチを摂りました。地元の海鮮をふんだんに使った鮭親子丼は文句なしに美味しかったです。ツアーバスからの野付半島原生花園のエゾカンゾウの群生ツアーバスからの野付半島原生花園のエゾカンゾウの群生標津町の郷土料理「武田」鮭親子丼セットメニュー鮭親子丼セット鮭親子丼トッピングは鮭、イクラ、鮭ぶし。鮭ぶしは初 [続きを読む]
  • 北海道・道東の旅 その27 野付半島の原生花園に咲く花たち
  •  野付半島のトドワラを見た後は、ツアーバスが待機する野付半島ネイチャーセンターの駐車場までしばし原生花園に咲く花たちを観察・撮影しながら散策でした。ハナナス、エゾカンゾウ、ノハナショウブ、センダイハギ、ミヤマセンキュウ、チシマフウロなどが群生していました。野付半島の形成と地形の変化の説明板拡大して見てください。右奥のトドワラを背景にした看板野付半島の原生花園に咲くハマナスとセンダイハギの花野付半島 [続きを読む]
  • 2017うつのみや花火大会
  •  昨晩は宇都宮の花火大会でした。天気が心配されましたが、予定通り実施されました。開始後、1時間くらいでポツリときましたが、その後すぐに回復し、なんとか終了できました。風があまりなく花火の煙が漂って綺麗に撮れない場面が多々ありました。写真の出来栄えは今一つで大部分が失敗作でした。比較的良かったものを紹介します。2017うつのみや花火大会-1拡大してみてください。2017うつのみや花火大会-22017うつ [続きを読む]
  • 北海道・道東の旅 その24 屈斜路プリンスホテルでの食事
  •  北海道・道東の旅シリーズに戻ります。 知床のフレペの滝までの散策の後、その日、宿泊した屈斜路湖のそばの屈斜路プリンスホテルに向かいました。今回のツアーでは3泊しましたが、初日は知床プリンスホテル 風なみ季、2日目が屈斜路プリンスホテル、3日目が釧路プリンスホテルと全てプリンスホテルの名が付くホテルでした。このうち知床プリンスホテル 風なみ季だけが西武グループではなかったです。屈斜路プリンスホテル [続きを読む]
  • デジブック 『弘前城の桜2017』
  •  みちのく桜巡りの旅シリーズで既に紹介した弘前城の満開の桜を時期遅れですが、デジブックに纏めました。3分程度ですので思い出しながら鑑賞してください。デジブック 『弘前城の桜2017』デジブックの画面が出ない不具合が生じていますが、下記URLを して見てください。👇http://www.digibook.net/p/0d-RMVT9daVuP_F6/スマホの方はこちらから見れます。👇http://www.digibook.net/d/bc04a553810fb6 [続きを読む]
  • 北海道・道東の旅 その23 湧水が作るフレペの滝
  •  知床連山を右手に眺めながらシダやハンゴンソウが群生する台地状の遊歩道を抜けるとフレペの滝の真上にやってきました。U字型の入江を形成する右の断崖絶壁の上にはウトロ灯台が、左の絶壁の上にはフレペの滝の展望台が位置しています。展望台からは観光船の上からでは味わえない絶景が広がっていました。フレペの滝への遊歩道から見えた知床連山冬の真っ白な景色を見てみたいです。フレペの滝の上のウトロ灯台フレペの滝の展望 [続きを読む]
  • 北海道・道東の旅 その22 陸路でフレペの滝へ Part 1 
  •  知床遊覧船「おーろら号」に乗船して海側から眺めたフレペの滝(別名:乙女の涙)まで陸路で散策するツアーに参加しました。フレペの滝は高さ約100mの切り立った断崖の途中から山々から流れてきた地下水が染み出し、海へ直接流れ落ちる滝です。知床自然センターからフレペの滝の展望台までは片道約20分(約1km)ですが、各グループごとに専門のネイチャーガイドが付いて要所要所で説明をしてくれました。遊歩道の前半は緩やかな [続きを読む]
  • 北海道・道東の旅 その15 知床岬までのクルージング Part 1
  •  今回のツアーで一番楽しみにしていた知床岬へのクルージングの様子を紹介します。世界自然遺産の知床は陸路では知床五湖周辺までしか行くことができませんので森繁久彌の歌で有名な「知床旅情」の知床岬まではオホーツク海側から船でしか行くことができません。クルージングは硫黄山航路(所要時間1時間30分)と知床岬航路(所要時間3時間45分)がありますが、今回のツアーは当然、知床岬航路です。しばし知床クルージング [続きを読む]
  • 北海道・道東の旅 その14 ウトロ港で見つけたエゾカワラナデシコ
  •  知床ウトロ港の遊覧船乗り場付近の三角岩を覆う金網の中から可愛いピンク色のエゾカワラナデシコが顔をのぞかせ、逞しく咲いていました。外観は普通のカワラナデシコとほとんど変わりませんが、普通のカワラナデシコは苞が3〜4対あるのに対しエゾカワラナデシコは苞が2対しかないのが特徴です。ウトロ港で見つけたエゾカワラナデシコナデシコ科ナデシコ族ウトロ港で見つけたエゾカワラナデシコ北海道、本州中部以北、ユーラシ [続きを読む]
  • 北海道・道東の旅 その13 奇岩が点在するウトロ港
  •  知床五湖の一湖までの散策を終え、ウトロ港に戻ってきました。ウトロ港は知床岬をめぐる観光船の拠点になっています。オロンコ岩、三角岩などの奇岩が点在していてこのあたりの景色は知床八景の一つに数えられています。ウトロ港全景ウトロ港から出港した小型遊覧船ウトロ港の松浦武四郎顕彰碑(没後100周年記念)江戸時代末期(幕末)から明治にかけての探検家、浮世絵師、好古家。蝦夷地を探査し、北海道という名前を考案した [続きを読む]
  • 北海道・道東の旅 その12 知床五湖の一湖に咲く白い睡蓮
  •  今回は知床五湖の一湖への高架木道の後半部分です。知床の大自然の真っただ中、涼し気に見えますが、この日は30℃近くまで気温が上がり汗ばむ気候でした。高架木道の終着点・湖畔展望台からは羅臼岳から硫黄山までの知床連山が一望でき、その姿が一湖に綺麗に映っり、ここは絶好の記念撮影スポットでした。一湖の浮島の周辺に咲く白い睡蓮が印象的でした。知床五湖散策MAP拡大してみてください。知床五湖の一湖への高架木道右 [続きを読む]