牡羊座の独り言2 さん プロフィール

  •  
牡羊座の独り言2さん: 牡羊座の独り言 Part2
ハンドル名牡羊座の独り言2 さん
ブログタイトル牡羊座の独り言 Part2
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kassy6491/
サイト紹介文国内外の世界遺産を含む旅行記、季節の花、話題のニュースなどを掲載しているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供337回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2012/11/29 00:23

牡羊座の独り言2 さんのブログ記事

  • みちのく桜巡りの旅 その19 雫石から国見峠を経て角館へ
  •  お蔵入りしそうな「みちのく桜巡りの旅」、記録として記事にしておきます。ツアーバスは岩手県雫石・鶯宿温泉の「ホテル風の森 鶯宿」を後に奥羽山脈越えで秋田街道(国道46号線)を角館に向かいました。岩手県と秋田県の県境の国見峠を越えると車窓からは桧木内川(ひのきないがわ)が見え隠れし、田沢湖線を走る秋田新幹線「こまち」もタイミングよく被写体になってくれました。 秋田街道の車窓風景-1桧木内川(ひのきないが [続きを読む]
  • 清澄庭園の紫陽花
  • このところ仕事が忙しくブロ友の皆様への訪問&コメがままならず失礼しています。来週からは仕事が一段落しますので平常に戻るかと思います。今日は先日訪問した清澄庭園の紫陽花の1枚です。清澄庭園の紫陽花背景の数寄屋造りの建物は涼亭です。明治42年(1909年)に国賓として来日した英国キッチナー元帥を迎えるために岩?家が建てたものです。撮影:2017年6月5日(本ブログの全ての写真はコピーライトを有す。無断転用・転載 [続きを読む]
  • みちのく桜巡りの旅 その17 鶯宿温泉の春の花たち
  •  ツアー3日目、宿泊した岩手県と秋田県の県境の雫石町の「ホテル風の森 鶯宿」の広い敷地には花壇がありました。朝食後、ぶらっと行ってみると春の花が咲き揃っていました。「ホテル風の森 鶯宿」の庭星型のパンジーとビオラ?星型のパンジーとビオラ?とマリーゴルドオステオスペルマムキク科、南アフリカ原産紫色のオステオスペルマム黄色のオステオスペルマムブルーデージーアレナリア モンタナ次回に続きます。撮影:20 [続きを読む]
  • みちのく桜巡りの旅 その16 鶯宿温泉でのんびりと夕食
  •  弘前城で満開の桜を堪能したあと、ツアーバスは岩手県と秋田県の県境の雫石町の鶯宿の宿泊先の「ホテル風の森 鶯宿」に向かいました。この日は有名ツアー会社の団体が3つ入っていて盛況でした。夕食は椅子席でバイキングのように行ったり来たりしなくて落ち着いて食事ができました。ズワイガニがテーブルの中央に殿と置かれ、インパクトがありました。細身の脚でしたが、しっかりと身が入っていて美味しくいただきました。ホテ [続きを読む]
  • 清澄庭園のアオサギは優秀なハンター
  •  昨日は、OB会の写真部の撮影会があり、江東区の清澄公園に出かけていました。花菖蒲が目当てでしたが、菖蒲園に行く手前で目撃したアオサギの見事なハンティングの様子を紹介します。回遊式の清澄庭園清澄庭園の池のほとりに佇むアオサギ別の場所にいたアオサギ首を曲げて獲物を探しています。2〜3mくらいの距離でしたが、人がいても逃げることはなく、堂々としていました。目つきが鋭いです。獲物が近づいてきたのか羽を広げ [続きを読む]
  • 葛西臨海公園に咲く花たち
  •  葛西臨海公園の水族園の珍しい魚たちシリーズを終了して広い公園を散策したした時に見つけた花たちを紹介します。5月の中旬でした。葛西臨海公園案内図拡大して見てください。観覧車が見える風景上の案内図の右側のウォチングセンター付近からです。水族園のドームが見える景色小さな池が点在しています。池の周りの黄菖蒲上の写真の右奥に咲いていました。シャリンバイ(車輪梅)シャリンバイ(車輪梅)花の形が梅の花に似てい [続きを読む]
  • 葛西臨海公園の水族園の大物たち
  •  葛西臨海公園の水族園の魚たちをずっと見ていても飽きません。今回は大型の魚たちに注目しました。クロマグロ、マンボウ、タマカイ、メガネモチノウオ、テングハギ等、大型から中型の魚たちです。クロマグロのコーナークロマグロ一時は謎の大量死で全滅しましたが、やっと少しずつ増えてきました。クロマグロ金色に輝いていますね。マンボウフグ目マンボウ科顔も形も可愛いですね。巨体魚・タマカイスズキ目ハタ科インド洋や西太 [続きを読む]
  • 葛西臨海公園の水族園の君の名は その4
  •  葛西臨海公園の水族園の魚たち、見たことがない魚がいっぱいです。今日は小さくて丸っこい魚2点です。これらも名前が分かりません。どなたか教えてください。フグみたいに丸っこくて可愛い魚フグみたいに丸っこくて可愛い魚斑点と縞々が綺麗です。尾ビレがカラフルです。フグみたいに丸っこくて可愛い魚迷路みたいな縞々が綺麗です。写真撮影:2017年5月15日 (本ブログの全ての写真はコピーライトを有す。無断転用・転載 [続きを読む]
  • 葛西臨海公園の水族園の君の名は その3
  •  葛西臨海公園の水族園の魚たちシリーズ、まだ続いています。カラフルな魚たちが多い中、今回は奇抜な色合いで正に芸術的なペインティングをしたような魚を紹介します。残念ながら名前が分かりません。どなたか教えてください。ペインティングしたような芸術的な色合いの魚-1名前が分かりません。ペインティングしたような芸術的な色合いの魚-2口と目が離れていてアンバランスでユーモラスな顔をしています。ペインティングしたよ [続きを読む]
  • 葛西臨海公園の水族園の君の名は その2
  •  葛西臨海公園・水族園の肴たち、今回はオーストラリア・グレイトバリアリーフに生息する魚たちです。おちょぼ口の可愛い魚たちに焦点を当てました。葛西臨海公園・水族園オーストラリア・グレイトバチアリーフをイメージしたコーナーおちょぼ口の君たち斜めの黒いラインと黄色地の背ビレに蝶のような黒の斑点が特徴的です。黒い斑点のある背ビレからアンテナのような細い線が出ています。おちょぼ口が可愛いですね。僕の名はトゲ [続きを読む]
  • 葛西臨海公園の水族園の君の名は その1
  •  葛西臨海公園の続きです。久し振りに水族園に入りました。この水族園は以前、大量のクロマグロが遊泳するので人気がありましたが、謎の大量死で全滅しました。その後、少しずつ増えてきていますが、往時の勢いはまだ復活していないようでした。魚たちが泳いでいる姿を撮っていると時間の経つのを忘れてしまうくらいでした。葛西臨海公園案内図現在地の右上が水族園です。拡大して見てください。水族園の回りの長い滝水族園入口こ [続きを読む]
  • 葛西臨海公園でのある出来事
  •  仕事の忙しさがまだまだ続いていて、記事が途切れがちです。葛西臨海公園で出遭ったある出来事に注目してみました。OB会の撮影会でしたので特にテーマを絞らず、目についた被写体から選り好みせず、撮って行った中のいくつかのショットです。この日は幼稚園児〜小学校低学年と思われるいくつかの小団体が幾つもあって被写体になってくれました。接近して撮ろうとすると「家族の方ですか?」と聞かれ撤退しました。葛西臨海公園の [続きを読む]
  • 葛西臨海公園のポピー
  •  先日紹介した葛西臨海公園の観覧車の下のポピー畑、期待していたほどポピーは咲いていませんでした。ヤグルマソウ(ヤグルマギクに訂正)と雑草が元気がよかったです。葛西臨海公園の観覧車とポピー畑葛西臨海公園の観覧車とポピー畑葛西臨海公園の白い縁取りのポピー葛西臨海公園のポピー青色とピンク色のはヤグルマソウ(ヤグルマギクに訂正)です。葛西臨海公園の真っ赤なポピー葛西臨海公園のピンク色のポピー葛西臨海公園の [続きを読む]
  • 益子陶器市で見つけた山野草
  •  益子の陶器市の軒下で見つけた可愛い山野草が気になって撮ってきました。カンムリギンバイ(冠金梅)、バイカカラマツ(梅花落葉松)、フウリンオダマキ(風鈴苧環)、アカネキンバイ(茜金梅)、エンレイソウ(延齢草)、ユキモチソウ(雪餠草)、クマガイソウ(熊谷草)などが咲いていました。益子の陶器店の鉢植えカンムリギンバイ(冠金梅)キンポウゲ科キンバイソウ属バイカカラマツ(梅花落葉松)キンポウゲ科フウリンオダ [続きを読む]
  • GWの益子陶器市のポスト
  •  GWに毎年開催される益子の陶器市に出かけてきました。宇都宮からは車で40分位の距離ですので敢えて混雑する時期に行かなくても、いつでも行けるのですが、何か掘り出しものがないかと出かけました。益子のメインストリートGWの真っ只中、天気も良く凄い人出でした。GWの益子に咲くハナミズキGWの益子に咲くハナミズキそろそろ終盤でした。益子の共販センターのシンボルの巨大なタヌキの置物テントの陶器店前の満開のツツジムラ [続きを読む]
  • 葛西臨海公園の涼しげな子供たち
  •  昨日に引き続き葛西臨海公園での瞬間のショットです。葛西臨海公園駅前の噴水がちょうど吹き上がっている時にお揃いのピンク色の帽子を被った小学校低学年と思われる子供たちの集団が通りかかりました。噴水越しの子供たちの顔が涼しげに見えました。葛西臨海公園の涼しげな子供たち駅前の噴水越しに撮った写真です。園内の野外活動を終えた小学校の低学年の子どもたちが先導の先生に引率されて帰路についていました。拡大して見 [続きを読む]