ある先輩家庭 さん プロフィール

  •  
ある先輩家庭さん: ある先輩家庭の手紙
ハンドル名ある先輩家庭 さん
ブログタイトルある先輩家庭の手紙
ブログURLhttp://ameblo.jp/777nmessiah/
サイト紹介文文鮮明師夫妻の祝福結婚を授かった、ある家庭からの教会員・宣教師への手紙
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2012/11/29 00:00

ある先輩家庭 さんのブログ記事

  • (27)."比国GPC報告" & "TM派の犯した大罪の数々-第9弾"
  • 皆様のお陰で「ある先輩家庭の手紙」も、UCブログ村「家庭連合」のカテゴリーに復活できました。関係者に御礼申し上げます。原理本体論教育修では「絶対 "性" 教育」が中核となっているが、その第3章は「父に似る(内容:主の路程)」だったのです。「前号-(26)」では、それを語りました。 今号も、基本的に同様です。 父に似れば似るほどに "真愛の伝統(참父の香り)" を受け継いで、その息子/娘となり "香り" を放つように [続きを読む]
  • (26)."比国GPC報告" & "お母様派の犯した大罪の数々-第8弾"
  • 聖書(コリント人への第一の手紙)によると「12:3そこで、あなたがたに言っておくが、 "神の霊" によって語る者は誰も "イエス(再臨主)は呪われよ" とは言わないし、また、 "聖霊"に依らなければ、誰も "イエス(再臨主)は主である" と言うことができない! 」のです。 "イエス(再臨主/文鮮明師)" が、なぜ "独生子" かです。 "神様(ハナニム/御一方)" に因る "新しい種(天父の遺伝子XY)"  [続きを読む]
  • (25)."比国GPC報告" & "TM派(弟派)の犯した大罪の数々-第7弾"
  • 「二人の主人に兼ね仕えることはできない! (マタイ6/24) 」のです。主題はそれを言っています。"真の家庭/父子二代" の中核一本切りでいいのです。アジアで唯一の基督教国の一般人を対象に「比国GPC報告(ここを )」はそれを見事に証明しました (拍手) 。 ご覧になってみてください。 「前号-(24)(ここを )」からの続きです。 全世界全食口絶対必携の "幕屋/참父代身バインダー"/ "天地人참父 [続きを読む]
  • (24)."比国GPC報告" & "お母様派の犯した大罪の数々-第6弾"
  • 「前号-(23)(ここを )」をじっくりと読んで頂けましたか。尤も、「ある先輩家庭の手紙/当ブログ上カテゴリー」からは読めません。削除されているからです。この記事「前々々、、号-(20)(ここを )」が原因です。それはさておき、"お母様派" が如何程に大変な罪を犯している事かをご理解できましたか? これも間接的ではあるが、 "比国GPC報告" の一環なんです。 拙者も、 H先生と共に "顕進ニム" から直接 [続きを読む]
  • (23)."比国GPC報告" & "お母様派は大変な罪を犯しました-第5弾"
  • 冒頭からイキナリ失礼仕ります。"お母様派" の "教権勢力" は、そっくりそのままにかっては "弟派" の "教権勢力" でもあった事をお知りおきください。 その "彼ら/お母様派" は、 "弟派教権勢力(朴普熙会長、金孝南女史、金孝律氏、朱東文氏、梁昌植氏、?善祚氏、石俊昊氏、鄭元周女史、申東謨氏etc. )" と共にグルになって "独生子/イエス" を十字架の道に追いやった "ユダヤ教徒" 以上に重い罪を犯しました。 " [続きを読む]
  • (22)."比国GPC報告" & "お母様派は大変な罪を犯しました-第4弾"
  • 今は「 "霊と真" とを以って "父" を礼拝する時が来る(ヨハネ4/23)」の、その時です。して、申し上げます。"お母様派/教権勢力" は、かっては "弟派/教権勢力" と共にグルになって本当に取り返しの付かない歴史的な大変な重罪(真の父子二代を撃ったこと)を犯しました! 一番の根拠は、"お父様" の叫び「前々号-(20)」です。 《 http://ameblo.jp/777nmessiah/entry-12264357163.html 》 断って置きます [続きを読む]
  • (21)."比国GPC報告" & "お母様派は大変な罪を犯しました-第3弾"
  • 主題にあるように、今は極めて "深刻事態" です。 「前号-(20)(ここを )」の文章をそのままに繰り返しますが、「 "お母様" を追い立てたくせに、或いは引き倒したくせにそれを覆い隠してまでして無責任に同調および黙認する人間主義 (人道主義) /フェミニズムの "付和雷同者たち" よ、それにも未だ懲りないのですか。その彼らの大幹部が、"教権勢力(朴普熙会長、金孝南女史、金孝律氏、朱東文氏、梁昌植氏、 [続きを読む]
  • (20)."比国GPC報告" & "お母様派は大変な罪を犯しました-第2弾"
  • "お母様" による、昨年の日本の大幹部の先生方(43双&777双の国家メシア)を集められての「クリスマス集会発言」や、同じくつい先日の韓国牧会者たちを集められての更に強気の「 "独生女論" および "無原罪説" 」のご発言の如きは如何なものでしょうか。 パシセラさんの「独生女思想の録音」記事をご覧ください。 《 http://ameblo.jp/pacificera/entry-12264229867.html 》 これを以って、 完璧なほ [続きを読む]
  • (19)."比国GPC報告" & "お母様派は大変な罪を犯しました"-①"
  • この主題の内容を、どうやって "元返し" 得るのでしょうか? "お母様" は既に "母子協助時代(1994年あたり)" から二重三重の罪を犯しておられます。詳細は「前号-(18)(ここを )」および「前々々号-(16)(ここを )」にあります。これが為に、"顕進ニム" を中心とする "摂理的葛藤史" が始まりました (血涙) 。先日のこと、韓国牧会者たちを集めて "独生女論および無原罪説" を宣われて証明/証拠されました。 残念 [続きを読む]
  • (18)."比国GPC報告" & "母派/弟派による共謀の数々-⑦"
  • "お母様" はすでに "母子協助時代(1994年あたり)" から二重三重の罪を犯しておられます。これが為に、"顕進ニム" を中心とする "摂理的葛藤史" が始まったのです。その詳細についてはほんの一部でしかないのだが、「前々号-(16)(ここを )」 でもって既にお伝えしました。 実を言うと、 もっともっと詳しい情報は「神様の摂理と真の父母様のレガシーを守る為の摂理的葛藤に対する真の視覚と理解 総合 [続きを読む]
  • (17)."比国GPC報告" & "母派/弟派による共謀の数々-⑥"
  • きょう4/6は拙者の最愛の家内/相対者の "聖和記念日" です。今より24年前の事になります。忘れられません、「第34回真の父母の日(1993.3.23)」を祝した翌日に勅使河原くんの元妻/山崎浩子(オリンピックメダリスト)さんが "UC脱会宣言" の記者会見をされたその日から意識不明に陥って二週間後に聖和されました。 本当に彼女は立派な方でした。 その聖和の暫く前では、「お父さん! スミマセン、、悪い女です。お父さ [続きを読む]
  • (16)."比国GPC報告" & "母派/弟派による共謀の数々-⑤"
  • "お母様派(人間主義&フェミニズム/母子派)" は、"神様(ハナニム/御一方)" より "天の父母様呼称" を優先して、、 "家庭盟誓の改竄" でそれを証明しました。以来、お母様派の間では "神様" を "天の父母様" と呼ぶようになりました。 それ(総体的フェミニズム)に耐えきれず、 数知れない共謀を "お母様派" と一体となって計って "三男/顕進ニム派(神主義&長子摂理主義/兄派)" を貶めるべく数々の詐欺を働いて遅きに [続きを読む]
  • (15)."比国GPC報告" & "母派/弟派による共謀の数々④"
  • 先ずは、"比国GPC報告" からです。"顕進ニム" は "天宙的アベル分封王" としても本当に "スゴイ" のひと言です。"神様の夢" 、"お父様の夢" の全てを本当に実現させるのでは、、と期待が寄せられます。今回、"比国GPC" に参加させて頂いて、益々一層に確信を深めることができました。国際的一般カイン圏の方々が老若男女を問わず、"自然屈服" していかれる様を見せつけられて度肝を抜かされました。 "父子/兄派の国家メシアの [続きを読む]
  • ⑥「フィリピンGPC報告」および「分捧王の先生方」にお願いがあります。
  • 「前号-⑤」から続いています。そこで詳細に申し上げたように、今は「母子協助時代」から「父子協助時代(2000.11.11~)」に入っております。この時から "ヨハネ黙示録" がいう "千年王国時代(天一国時代)" です。つまり、"再創造(摂理)の主人" は "母子(次子)" から "父子(長子)" へと転換/移行したことをハッキリと知らないといけません。この "移行処理" さえスムーズに実行すれば、「UC大混乱」は直ぐにでも解決および収拾 [続きを読む]
  • ⑤. フィリピンGPC報告および分捧王の先生方にお願いがあります。
  • 「前々号-③」に続きます。最初に断って置きますが、"UC大混乱" の始まり(転換)は「(A):束草ソクチョ事件/霊界メッセージ大詐欺事件(2009.3.8)」ではありません。また「(B):2009分封王・結団式および出陣式/2009世界分封王・年次総会(2009.2.15-16)」でもありません。 少しだけ深く考えてみてください。 "참父アボニム" は "救世主" であると同時に "審判主" です。ちょうどイエス様が 「地上に平和を齎もたらすために [続きを読む]
  • ④. フィリピンGPC報告および分捧王の先生方にお願いがあります。
  • 今号はある面、途中下車の感もします。実は、「前々々号-①」の副題に具体的にお名前を挙げて「ある "分封王" を糾弾する」といった所為か、大きな波紋を呼びました。内容の殆んどは、あるカープの "ブロック長(信仰二世)" が「マニラ空港」より "カープリーダーたち" へ宛てた手紙の無許可転載(これは良くありません)で、、主題「フィリピンGPC報告」と関係したものでもありましたが、、 拙者の "ライン(無料アプリ)仲間" か [続きを読む]