ある先輩家庭 さん プロフィール

  •  
ある先輩家庭さん: ある先輩家庭の手紙
ハンドル名ある先輩家庭 さん
ブログタイトルある先輩家庭の手紙
ブログURLhttp://ameblo.jp/777nmessiah
サイト紹介文文鮮明師夫妻の祝福結婚を授かった、ある家庭からの教会員・宣教師への手紙
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/11/29 00:00

ある先輩家庭 さんのブログ記事

  • ⑥「フィリピンGPC報告」および「分捧王の先生方」にお願いがあります。
  • 「前号-⑤」から続いています。そこで詳細に申し上げたように、今は「母子協助時代」から「父子協助時代(2000.11.11~)」に入っております。この時から "ヨハネ黙示録" がいう "千年王国時代(天一国時代)" です。つまり、"再創造(摂理)の主人" は "母子(次子)" から "父子(長子)" へと転換/移行したことをハッキリと知らないといけません。この "移行処理" さえスムーズに実行すれば、「UC大混乱」は直ぐにでも解決および収拾 [続きを読む]
  • ⑤. フィリピンGPC報告および分捧王の先生方にお願いがあります。
  • 「前々号-③」に続きます。最初に断って置きますが、"UC大混乱" の始まり(転換)は「(A):束草ソクチョ事件/霊界メッセージ大詐欺事件(2009.3.8)」ではありません。また「(B):2009分封王・結団式および出陣式/2009世界分封王・年次総会(2009.2.15-16)」でもありません。 少しだけ深く考えてみてください。 "참父アボニム" は "救世主" であると同時に "審判主" です。ちょうどイエス様が 「地上に平和を齎もたらすために [続きを読む]
  • ④. フィリピンGPC報告および分捧王の先生方にお願いがあります。
  • 今号はある面、途中下車の感もします。実は、「前々々号-①」の副題に具体的にお名前を挙げて「ある "分封王" を糾弾する」といった所為か、大きな波紋を呼びました。内容の殆んどは、あるカープの "ブロック長(信仰二世)" が「マニラ空港」より "カープリーダーたち" へ宛てた手紙の無許可転載(これは良くありません)で、、主題「フィリピンGPC報告」と関係したものでもありましたが、、 拙者の "ライン(無料アプリ)仲間" か [続きを読む]
  • ③."第34回愛勝日/訓読会" から「贖罪の道/フィリピンGPC行事」へ!
  • 「前号-②:ビデオ①&②」に続いて、顕進ニムのビデオ文章「③および④」の紹介から始めます。 早速にビデオ③:これは坡州/原殿参拝時において "顕進ニム" が記憶される "興進ニム" についてです (2017.1.30) 。できれば、実際に「ビデオ①.②.③.④.」の全てを公開された折にはご覧になってみてください。 "神様の心情/迫真" 、迫るものがあります。 『 "興進様" がどういう方か知っていますか? "興進様" は [続きを読む]
  • ②."第34回愛勝日/訓読会" から「贖罪の道/祝勝会(フィリピンGPC行事)」へ!
  • 「前号の最後部(ここを )」からの続きです。その読破を踏まえて、本シリーズの主題は "贖罪の道" です。昨日2/24、友人から訪韓時の "顕進ニム" のビデオを入手しました。急遽、副題「愛勝日/訓読会」に入る前に主題の意に沿って、 "顕進ニムのみ言葉" を文章化します。 なんども何度も、繰り返し読み返し "熟読玩味" してみてください。"三水の涙" を共有し合えれば幸いです。 ビデオ①:これは "神の日/訓 [続きを読む]
  • "神様の祖國と故郷" を取り戻すとき「顕進様のみ言葉(2)」⑥
  • 「49周年の第50回真の神の日(2017.1.28/天暦1.1)」を物の見事に "참父アボニムの伝統" を引き継がれて、恭しくも "神様の祖國と故郷(統一韓国)" の地において "奉献&奉祝" の精誠を捧げられた "真の長子/真の孫子/顕進ニム" に大拍手大喝采と大感謝を謹んで奏上申し上げます。「前号-⑤」および「前々々号-③」でも詳細に証したように、「四・四節の宣布(1998.9.8)」はかっての "八定式制定(1989.8.31)" と同様に "アラスカ/コディ [続きを読む]
  • "神様の祖國と故郷" を取り戻すとき「顕進様のみ言葉(1)」⑤
  • 昨日2/9(天暦1.13)は「第17回(16周年)神様王権即位式」でした。このような記念日に地元の既成家庭婦人たちとファミレスで "特別集会" を持ちました。勿論、彼女たちは "フィリピンGPCツアー(短期コース:3/2木~3/4土)" にも参加決意です。専ら、私への激励会でした。「 "第一回/四・四節(アラスカ/コディアック 1998.9.8)" に唯一エバ国家メシアを代表して参席された先生の "使命と責任" は大きいですよ!」とのことです。つま [続きを読む]
  • "神様の祖國と故郷" を取り戻すときです「韓国坡州/元殿参拝」④
  • この度の訪韓では最大限に最重要な意義がありました。なにぶんにも「49(7×7)周年および第50回目の真の神の日(2017.1.28/天暦1.1)」だったからです。大きな節目と言うよりも、참父アボニムは以前「 "四大名節(神の日/父母の日/子女の日/万物の日)" は本来は "同日" でなければならない!」と言われた事があります。他聞にも、"神の喜びの日" と "人(父母と子女)の喜びの日" と "万物の喜びの日" とが「同日」でなければならないと [続きを読む]
  • "神様の祖國と故郷" をいよいよ取り戻すときです「陽暦元旦祈祷」②
  • 「①.第50回真の神の日訪韓ツアー(2017.1.26-2.2)」に行ってきました。今年の「①.真の神の日の行事」は、顕進ニムが来られて挙行されました。「②.第1次7年路程(2009-2015)」を勝利された精誠条件の上で「③.第2次7年路程(2016-2022)」の2年目となる「①.の第50回真の神の日(2017.1.28)」を奉献されました。今回の「①.真の神の日」を顕進ニムが韓国で執り行われる事は、サタンが讒訴できない勝利基台の上に天が公認する "참 [続きを読む]
  • "神様の祖國と故郷" をいよいよ取り戻すときです「真の神の日祈祷」①
  • この度の訪韓で上記の「主題」を実感させてもらいました。昨日2/2(木)の夕方、日本へ帰国しました。追々、上記の主題シリーズでもってレポートさせてもらいます。訪韓中(1/26-2/2)は専ら我が2人の子供宅から地下鉄を利用しての行事参加であり、その前後の空きの時間のすべてはその2家庭の孫孝行に徹しました。元々の訪韓の動機は、 どうにもこうにもエバ国の "国家メシア/分封王" を代表する端くれとしての責任から " [続きを読む]
  • 証し/愛妻日(アイサイビ/1.31)に思う、顕進ニムの事も!
  • 明後日(天暦2017.1.6)は "真の父母様両位分" の御聖誕記念日です。満97歳および74歳、おめでとうございます。その前々日(2017.1.31)は、日本では "愛妻日(アイ・サイ/1・31)" と言っています。今日がその愛妻日とは訪韓中(1/26~2/2)でもあった所為で昨日まではつゆぞ知らなかった、いい日です。今日のタイトルは「証し/愛妻日(アイサイビ/1.31 日)に思う、顕進ニムの事も!」です。私達二人は "777双" の1双に加えて頂きました [続きを読む]