渋柿紅子 さん プロフィール

  •  
渋柿紅子さん: Tinder徒然日記
ハンドル名渋柿紅子 さん
ブログタイトルTinder徒然日記
ブログURLhttp://tinder.blog.fc2.com/
サイト紹介文2016年、メル友という言葉の代わりにTinder。Tinderではどんな人達と出会えるのか?
自由文出会い系サイトはいつも満員。その中で社会的に公になり、メンバーを増やしぶっちぎり街道を駆け抜けているTinder。何が他の出合い系と違うのか、どんな人達が使っているのか、日本の外で15年を過ごしている日本女子が、Tinderを掘り下げて色々な人との出会いと別れを繰り返し、考察します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 89日(平均0.9回/週) - 参加 2012/11/30 03:28

渋柿紅子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 上手なキス 下手くそなキス
  • キスのうまい男性、みなさまはお好きでしょうか?嫌いな人はおそらくそんなにいらっしゃらないとは思うのですが、キスの相性が良ければあちらの相性も良いのでは、と期待するような大事な伏線ですよね。ではヘタなキスとは、上手なキスとはなんでしょうか?下手くそなキス:ムードゼロでいきなりキッス!しかも序盤もなにもなしに、いきなり舌をねじ込んできます、しかも舌がガチガチに緊張していて硬いので、なんだかいきなり口内 [続きを読む]
  • Tinder男⑥ 「ジョナサン」
  • 日本市場はしばらくお預けにして、暇ができるとたまにヒョイヒョイTinderを「めくる」のですが、なんていうかここのローカル男はなんだってどいつもこいつも「上半身ハダカ」の体自慢ばかりなのでしょうか?ローカルピーポーを物色する時間は大分以前から「ムキムキ男」「SMマスター(PETを探しているマスター)」「女装癖のある男」と、「!」タグ分類されがちな人々を見つけてはなんだか嬉しくなる、という完全なる暇つぶしにな [続きを読む]
  • Tinder男⑤ 「マイケル」
  • Tinderを利用するにあたって、一つだけこだわっていたのは「日本人の男性」であることだったのですが、不作に続く不作にくたびれてしまったわたくしは、息抜きのつもりでローカルマーケットに着手してみることにしました。2週間ほどのテキストのやり取りで、かなり意地の悪い部分を出しても全然めげることが無かったマイケル、これは見込み(ドM傾向が強いの意)があるのかもしれない、とちょっと呼び出してみることにしました。- [続きを読む]
  • Tinder男①-④「ツトムくん」東京編
  • 今までのお話:数ヶ月のテキストでのやり取りの末、とうとう東京で会うことになったツトムくん(31才、公務員、ボンボンで変態)。二日目でなし崩し的にどピンクモードに突入するも、「ボク公務員だから!」と大慌てで立ち去る彼。さて、その後はどうなることやら。----------------------------------------------------------------------------------------------実は、ツトムくんと会った初日は銀座にて春画展が開催されていた [続きを読む]
  • Tinder男①-③「ツトムくん」東京編
  • 前回のあらすじ:数ヶ月のテキストでのやり取りの末、とうとう東京で会うことになったツトムくん(31才、公務員、ボンボンで変態)。ボンボンな見た目に加えて、やることなすことスマートすぎるツトムくんに居心地がいいと思ったのもつかの間、「足フェチ」な上にドM告白されて、一気に空気が紫色に。さてどうなることやら。-------------------------------------------------------------------------------------------------「 [続きを読む]
  • Tinder男①-②「ツトムくん」東京編
  • 前回あらすじ:二ヶ月に及ぶテキスト(プラスちょっと電話)のやり取りを終えて日本で会うことになったツトムくん(31才/公務員/ボンボン)。ぎごちないデートの中盤で、「手を握る」という最初の高台から飛び降りたツトムくんのその作戦は功をなし、紅子のハートを鷲掴みに!?------------------------------------------------------------------------------------------------...女はとことん「予測のデキナイ奪われ方」に弱 [続きを読む]
  • Tinder男①-①「ツトムくん」東京編
  • 前回のあらすじ:Tinderにてかなりグイグイで褒めちぎりコース満載で知的好奇心をプッシュしまくってきたツトムくん。彼とは二ヶ月に及ぶテキストのやりとりが続き、その結果東京で会うことに。さて、Tinderの日本人男性第一号はどうなるか!?日本の成田空港に到着して早速テキスト「ついたよ成田!」。すると「おかえり!」といかにもジャパニーズなお返事が来て、それだけで日本に帰ってきたわ....と感じ入ってしまいます。ミー [続きを読む]
  • Tinder男④「ハムザ」
  • Tinderには「Super like」という機能があります。これは すると相手が自分のことを「like」していなくとも相手に自分は君に興味があるんだよ、とアピールできるちょっとした機能。最近日本をターゲティングしていない私はほとんど周辺近辺の男性には興味がなくほったらかし状態だったのですが、super likeが一件入っていたのでチラ、とそれを見ました。インド人?パキスタン人?ヒゲが濃ゆくて、お決まりの「筋肉鍛えてます [続きを読む]
  • Tinder男③ 「イスマエル」
  • トルコ人というとどんなイメージでしょうか?トルコは親日家が多いというし、一時期日本女子の間でトルコのサッカー選手(名前忘れました)がもてはやされたり、何かと耳にする人も多いのでは?さて、Tinderで知り合ったイスマエル君は、右スワイプをする手がやや緊張するくらいの究極のsuper good looking guy。こんな超ド級のハンサムがなんだってTinderにいるのか、自分のハレムに新しくワールドワイドに女子をハンティングし [続きを読む]
  • Tinder男② 「ジョン」
  • Tinderは、半径150kmを超える国の設定をする場合有料となるため、渡日する1ヶ月前くらいにしか有料設定にしないことにしています。すると、ここからだとオーストラリアも含まれるのですが、オージーの底の浅いことといったら、半紙一枚分の浅さです!(うまいこと表現が出てきませんでした)ペラッペラで透き通っている。オージーの場合はもう完全に顔だけで右左スワイプ決めてます。どうせむさ苦しくて底が見えているのであ [続きを読む]
  • Tinder男①:「ツトムくん」(エリート公務員、31才)
  • Tinderの「最初の男」を飾るのは、東京の公務員のツトムくん(仮名)。ツトムくんは、マッチして一番最初のテキストが他の誰よりも輝いていました。Tinderを使うことの素晴らしさを教えてくれた、といっても過言ではありません。いいね、をしたのは「見た目が大変タイプだった」こと、そしてわたしのコメントがドギツすぎて惹かれたとのこと。それから単純に綺麗なおねーさんが好きだから、というポイントを抑えてしつこくなく、 [続きを読む]
  • 渋柿姐さんがTinderを始めた訳。
  • 紅子(べにこ)がTinderに出会ったのは、たまたま愛読していた日本版GQの藤島祐雪さんのコラムが発端でした(いつも拝読させて頂いております)。日本を離れて早15年、素敵なパートナーもいるけれど、日本がどうにも恋しい、ふと思えば日本人とちゃんとお付き合いしたことも無い(若い時から海外組だったためチャンスがそもそもなかった)、ということを大まかなきっかけとして、Tinderを舞台に考察を混ぜつつ、いろんな男性を [続きを読む]
  • 過去の記事 …