拙者 さん プロフィール

  •  
拙者さん: 拙者、冥利に尽きる
ハンドル名拙者 さん
ブログタイトル拙者、冥利に尽きる
ブログURLhttp://seesshaa.seesaa.net/
サイト紹介文中国は内モンゴルでの暮らしを無事終えて帰国。今度はモンゴル国に行くことになります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2012/12/01 02:01

拙者 さんのブログ記事

  • 中国がっかり観光地レポート!
  • 「国家AAAA級景区!「ダグール民族園」に行って来た!」に続く第二弾その名も、「黒竜江中国ロシア民族風情園」!に行って来た!別に中国の観光地がみながっかりだとディスりたいわけではない。僕は雲南省シャングリラでこんなデカいマニ車を見た。先のRTの世界最大と較べると一回りくらい小さいかな?どうせ中国的な観光客に媚びを売るようなやつかなと思ってたけど、いざ見てみると観光客たちが力を合わせて回しててとても楽 [続きを読む]
  • マヨビームに物申す
  • 僕にとってラーメンに乗った海苔は、#目玉焼きの黄身いつつぶす? 的案件である pic.twitter.com/qZgfmWJkd7— 拙者 (@yamadabayar) 2017年2月28日「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」は、主人公・次郎が身近な食のあり方に悩む異質なグルメ漫画である。僕もこれを読み始めて人の食べ方が気になるようになった。そして次郎と語り合ってみたいと感じるようになった。作中ではカップ麺の作り方(蓋とるかとらないかとか)にまで話が [続きを読む]
  • 二度雨の勝ち組
  • 僕は歩くのが嫌いだ。自転車で行きたい。昔は自転車で強行したものだった。今は、歳も歳、世間体も世間体、とりあえず自転車傘走行に対する風当たりもあることだし、無理しない。一応自転車雨用のポンチョは使うようになった。鞄を濡らさぬためにはもちろん有効である。しかし、基本的に雨なら公共交通機関と歩行を優先するようになった。雨は憂鬱だ。気温も下がって気圧も下がる。おそらくそれゆえに気持ちも下がる。服も靴も鞄も [続きを読む]
  • (^皿^)
  • にしし目標の333回まで、あと100回というところ(233回目)を逃した。まあ中国滞在中だったので、自動更新とかあったわけだが、忘れていた。たいして重要じゃないしだからあと90回というところ(243回目)でそのことブログ記事にしようと思ったのに、忘れていた。244だし、しかもその次も逃したので(「僕の考え方」を書きたかったので)、結局今246回目。もはや何の節目でもないな。これからはもう「あと〇〇 [続きを読む]
  • 僕の考え方
  • …とまあ、そういう日記的じゃない記事、僕のくだらないものの考え方は、このブログに書くべきじゃないとか考えているわけよ。まあ誰も読まないからいいんだけどでもね、そういう僕の考えをどこかに表明すべきかなという気持ちもあって、それが左下ご覧ください、このブログの前身、旧ブログ、ここで展開しようと思っているのね。全然展開していないんだけれども。それと、そういうことは創作の中でやればいいんじゃないかという気 [続きを読む]
  • 言語を介さない思考の最たるが夢見である
  • 言語を介さない思考の最たるが夢見である— 拙者 (@yamadabayar) 2017年3月26日というツイートをした。これは、TL「夢の中で話す言語は」という話題に乗っかったものだが、誰にも読まれていない。私見を述べよう。よく、多言語の話し手に対して「考えるときは、何語で考えているの」「夢は、何語で見るの」と尋ねる場面がある。例えば日本語を母語とする人間が、頑張って英語を勉強する。頑張って頑張って、そこそこのレベル [続きを読む]
  • 「地球の歩き方」の功罪
  • いや、「地球の歩き方」はマジリスペクトしてるんですよ。今も旅には欠かせません、「地球の歩き方」。ただしはじめて「地球の歩き方」の本を知ったのはラーメンズ読書対決のネタの中で、実際に手に取ったのは、いつだったか、はじめてのモンゴル行き2007年のことだっただろうか。僕の初めての海外経験は2006の夏。いきなりモンゴルとかどうかなと怖気づき、世界の玄関口北京を選んだのであった。一応留学の大義名分があっ [続きを読む]
  • 僕のコレクション大放出
  • これ。えっと、はだしで暮らすことの多い日本の宿泊施設では見たことないんだけど、あるのかな?中国の、普通のホテルに泊まると、こんな感じの紙スリッパが置いてあるのね。使い捨てのスリッパ。僕がかつてよく利用していたゲロ安ホテルだとこういうのは無くて、でも靴脱ぎたくて、それでもまあ狭い部屋ベッドの上でしか生活しないからまあいいやって感じだったんだけれど、あったらありがたい。汽車寝台列車に乗るときとかも、い [続きを読む]
  • モスクワの思い出②電車に乗る
  • そうそう、ハルピンの地下鉄ではロシアっぽさを期待したのだったが、そんなでもなかったのであった。モスクワを回るのは地下鉄が便利そうだったので、これを利用した。モスクワの主要な見るべきところは一日で見回れるというので、地下鉄と徒歩でうまくアレした。地下鉄まで伸びる深いエスカレーター、という写真がどうも残っていない。こんな感じで半円筒状の、ハンター試験一次試験のあれみたいな、地下鉄構内。へ延びるエスカレ [続きを読む]
  • ハルピンの地下鉄
  • ハルピンの地下鉄に乗ってきた。まず、僕は2009、2012年にハルピンに訪れており、その後も2013年以降たぶん毎年行っている。2013年以降は空港から直接バスで長距離移動してしまうので街を見ていないから、実際に街を歩いたのは2009年と2012年ということになる。そしてその当時、地下鉄は無かったはずだ。ゆえに、今もハルピンに地下鉄が通っているとは知らなかった。空港からハルピン駅へリムジンバスで移 [続きを読む]
  • ネタのキープくん
  • 空港着いたら、街行きのリムジンバスはあった。街からは無いみたい。せっかく中国に来たら、ここはネタの宝庫、そのネタをいっぱい携えて帰国したいと考える。ネタをキープしておきたい。実際、いろいろな出来事があるので、ほおっておくとすぐ忘れちゃう。できれば紙媒体電子媒体にこれを記録してキープして、ブログに放出したい。中国到着間もなく、僕はワンタンを注文した。バスの時間まで差し迫っているが、まあワンタンならす [続きを読む]
  • また歯医者に思う、終わりなき歯科治療の行方
  • とにかく歯医者中にはいろいろ思う、ブログのネタとか最近、そうねツイッターかなあ、とりあえずそれっぽいことを言いたければ「ポイントは3つある」と言え、というネタだったと思う。それはそれで面白い話だったんだけれど、マジレスするなれば本当に重要なのはそこじゃないよね。たぶん、僕のようにだらだら話す、だらだら書いちゃう人は、あえてポイントを3つも言って話を冗長にするのは求められていない。そうじゃなくて、だ [続きを読む]
  • 湿気はいいぞ
  • よくモンゴルの友達に、「日本ってどんな国/土地か」と聞かれたりして答えた中に「日本は湿気が多いです。 海が近い島国だからかもしれませんね。 この点は、内陸にあって乾燥したモンゴルと違いますね」ということを述べることがある。東京にいて湿度を体感するのは、夏である。日本はモンゴルより暑いのか、とかいう話題では「暑いが、暑さそのものというより『蒸し暑さ』 湿度が高くて気温も高いのが、キッツいぞ」と伝える [続きを読む]
  • 念のための無理くり更新
  • 無理くり更新シリーズはラスト。一応今日帰国するから、別に予約配信する必要はないんだけれど、夜遅くなる見込みだから念のため。そしてこの予約シリーズは、今後もうしないだろうか。4月に一応ちょっとの海外渡航を計画していて、その間は念のため予約するかもしれない。そうなると次は7月に渡航の予定があるが、そのへんにはもうブログの怒涛更新シリーズそのものを打ち切っていたいと思う。ブログは好きで書いているのに、こ [続きを読む]
  • 死にかけ死にぞこない
  • ※暗い内容です。今も鮮明に覚えている幼稚園の頃の思い出。母が、大叔父のお見舞いにいってきて、帰ってきたので僕は無邪気にこう尋ねたのです。「死にかけてた?」母は、無視というかなんか少なくとも僕が期待したような反応をせず、何も言わずに背を向けたのよね。んで、その後で父に、「おい、おじさん本当に死にかけてたんだから、「死にかけてた?」なんて聞いちゃだめだろ」と窘められたのです。理不尽だなあ、と思ったのを [続きを読む]
  • おや、しおパスタのようすが
  • 僕は、ペペロンチーノというものを、男料理・塩パスタの進化形であると考えている。なぜ唐突にこの話を書こうとしたんだっけか中国で飯を食う↓唐辛子たっぷり湖南料理↓なんでこんなに入れるかね、日本でだったら一袋にこれくらいの唐辛子が入ってて、それを一年くらいかけて使うのがせいぜいって感じじゃない?↓日本で何に唐辛子入れるっけ?↓ペペロンチーノ↓へえ、拙者さんペペロンチーノとか作るんですか↓いや、僕にとって [続きを読む]
  • ワンドライブの脅迫
  • ワンドライブが、いよいよ「期日までに中身を消さないと、」とナイフを向けてきた。ていうか期限が切れて1年か、2年か。まあもってくれたとおもうよ。でも、脅迫っぽさは脅迫っぽい。嫌いなのはいろいろあるけれど、この辺の説明はとっても希薄だった、と思う。んで、うぜえのが、ダウンロードしようとすると今度は大きなデータのダウソにいちいち失敗するのな。どれくらいまでならダウンロードできます的なことは、あらかじめわ [続きを読む]
  • 【速報】チチハル空港に市内行きのリムジンバスはあります
  • さっそく訂正です。チチハル市、街から空港へのリムジンバスはないのですが空港から街へのリムジンバスはありました。空港行ったらきちんときれいなバスが待っていました。行先は長距離バス駅(市内3か所)と汽車駅です。20元です。ぜひご利用ください。以上です。***そういえば僕は飛行機でチチハルに到達したことはない。行きはハルピンまで飛んでいき、列車やバスでチチハルへ行くのが安いからだ。だからこいつの存在をし [続きを読む]
  • 人は何故夜更かしをするのか
  • なんでなんでしょね。早く寝て、早く起きて仕事すればいいのにね。とにかく、生活リズムが乱れている。早く寝たい。だのに、夜更かししちゃう。朝も遅い。よくない。むむむ、こんな一般論、しかも短文ツイッター、ブログに書く意味はあるのだろうか。いや、そもそもこのブログに意味はあるのだろうか。夜って、なんだか特別ですよね。夜じゃないとできないことがある気がしちゃう。いや、無いのだけれど。 [続きを読む]
  • 時の経過が、怖い
  • ですよねー。歳月とか、マジ人を待ってくれないよね。時という強大な力の前に、私たちってマジ無力よねーって、何も成さずに過ごした月末とか、締め切り前とか、さんざんジョークにしてきたものである。今回はやや真面目にほんとに怖いなと感じている話。一個前の記事で、一年ほど前のブログ記事に言及して「空港まで歩いた」という一年前の思い出を述べた。あれから一年経つわけだが、正直僕はこの一年のことなど思い出したくない [続きを読む]
  • モスクワの思い出①ビザをとる
  • この一年、いろいろなところへ行った。その報告をしていないので、少し書いておこうと思う。どうせ怒涛のブログに飲み込まれてしまうのだけれど。この一年のうちに、モスクワには2度も行くこととなった。ロシアは、中国からみてもモンゴルからみても、そして日本から見ても隣国である。それだけに若干のあこがれがあったと思う。そうそう、大学初年度とった外国語もロシア語だった。真面目にはやっていなかったけどな。必要性もあ [続きを読む]
  • そろそろ次のブログのタイトルを考える。
  • この一連の怒涛のブログ更新は、とっとと既定の目指すべき回数までブログ記事を書いて、次なるステージに進もうと言う思惑に基づくものである。次のブログに移るならば、当然ブログのタイトルも変えよう。拙者の今日この頃→日々是拙者→拙者事報→拙者事報避難所こういう流れでやってきた。拙者の今日この頃友達のブログをパクったタイトルであった。ていうか「きょうこのきょうこのごろ」っていうブログだった。その語呂の良さに [続きを読む]
  • 瑞々しい果物
  • 僕は梨が好きで、好きな理由として「みずみずしさ」を挙げていた。おそらくこの手の形容は、自ら自然と生み出されるものではなく、他者がそう形容しているのを聞いて、ああ確かに水分が多くていいよね、って同意して、あたかも自分の意見であるかのように語ってきただけではないのか。最近、古い友人が食べる面倒くささを理由に果物を嫌っている話を聞いて、なんとさすが竹馬の友、旧友というものは知らず知らず意思までも共有する [続きを読む]
  • 出張
  • 僕は一連の渡航を出張と呼んでいる。出張と呼ぶに足る理由はある。第一に仕事であるからであり、第二に出張報告書の提出が義務付けられていたりするからである。が、その実、いやその実も何も出張であることは確かなはずなのだが、その実、僕の心の中では、「出張といっておいたほうが箔がつく」からこそ、出張だといっているような面がある。出張であることを否定するものではない。出張であるのは、上記の通り確かなのだ。でも、 [続きを読む]