崖っぷちのK さん プロフィール

  •  
崖っぷちのKさん: 三丁目の庶民
ハンドル名崖っぷちのK さん
ブログタイトル三丁目の庶民
ブログURLhttp://ameblo.jp/k-bouz1972/
サイト紹介文紹介しようがないのです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/12/04 23:35

崖っぷちのK さんのブログ記事

  • 冷酷な経済
  • 上ムスメ11歳が何やら一生懸命小さな人形のようなものを作っていた。不器用ながらも女の子らしい飾り付けをした小人の人形が数体。コレどうすんの?と聞いたら、子供同士の「バザーごっこ」で売るという。市内から結構な人数が集まるそうだ。そっか、売れると良いな。そして当日、バザー終了後に迎えに行くと、なぜか憮然とした表情の上ムスメ。どう? 売れたかい? と問うと「売れた、けど、全然楽しくなかった!」と申され黙り込んで [続きを読む]
  • 秘密基地で遊ぼう
  • 先日、大阪のどこぞの公園の竹が何者かに伐採され、その犯人が見つかったと思ったら、それは遊び盛りの小学生の子供達で、理由が「秘密基地を作りたかった」という記事を目にした。まあなんとも、叱りつけるのもなんか戸惑うような複雑な気分になりましたね。公共の場の施設を破壊するような行為は確かにイカン、これはキチンと諭すべきだと考える。しかし、イマドキの子供がこのような「わんぱく旺盛な」遊びをした事は、何かホッ [続きを読む]
  • 熱燗一合お願いします
  • 先日職場の皆と、ちょいと高級な小料理屋で食事をする機会があった。酒の呑めない私なので、滅多に足を運ぶような場所ではありません。皆がアルコールを頼むなか、私はお決まりのようにウーロン茶を注文。場をシラケさせてしまうようでいつも申し訳なくなるけど、私が酒呑めない事は周知の事実で暗黙の了解なので助かるのなんの。いろんな酒の肴が運ばれてきて、それを食す。普段ではなかなか喰えないメニューに舌鼓、うーん、美味 [続きを読む]
  • これも「男子力を磨く」ことだと思う、おそらく、たぶん、きっと
  • 男子力を磨くには、やはりクルマもステータスのひとつに入ると思うんですよね。本日のハナシはクルマに興味が無い人にはちっとも楽しくないと思われますが、私自身も車に興味の無い人間であり、クルマどうこうより人としてどうよと感じられると思いますので、まあそれなりに読んで頂ければ幸いです。どうぞよろしく。---改めて言いますが、私は男のくせに「自動車」には別に特別な興味もこだわりも無く、運転席にヒジ掛けが有れば [続きを読む]
  • 女子力で自己分析の不思議
  • 夕メシ時に流れてたテレビ番組で、「女子力」がどうのこうのと言っていた。そういえばずいぶん前、ここで私もソレについて何か語ってた覚えがあるが、結局何が具体的な「女子力」なのか解らずじまいだった。んでカミさんに「主婦になった今でもやっぱ「女子力磨く」とか、「女子力アップ」とか意識してるの?」と聞いたら、なぜか怒ってしまったのでおとなしく部屋にこもる事にした。デリカシーゼロの自分に呆れ果てる春一番の夜。 [続きを読む]
  • ヤバい!
  • コストコ大っ嫌いなくせに会員になってる意味不明の私です。まあ、あすこは大人数で集まった時に寿司やらピザやら一個づつ買えば、その量で充分コト足りるので、便利っちゃ便利なのは認めております。んで、ご存じの方は解ると思いますが、名物の一つとして洗面器みたいなデカさのパックに入った化け物のような「ティラミス」があるんです。重さ約1.5キロ、こんなクソ甘そうでハイカロリーな糖尿病まっしぐらなオヤツ、どこのモン [続きを読む]
  • アタマ冷やせ!
  • このところ私自身いろいろむかつく事が頻発し、堪りにたまってついに堪忍袋の緒が切れたので、いっそのことここで記事にして世間様に向けて炸裂させてやろうと、帰り道イライラしながら運転してました。こういう時って、ほとんどの人はちょっとヤケ気味でいつもより荒い運転になりがちかと思うのですが、私の場合はキッチリ法定速度を守り、車間も十分とって、無駄にアクセル踏み込まず、急ハンドル急ブレーキなどもってのほかとい [続きを読む]
  • 極める
  • 今朝のハナシ。私は新聞配達するわけでもないのに毎日4時半に起きます。しかし、小用をもよおして夜中に目覚める事が最近多々あります。それも3時半とか4時とか、非常に微妙な時間。おそらく皆様も絶対経験あると思うのですが、見計らったような嫌味な時間で起こされるアレって結構ストレス感じませんか?平日ならば潔くその時点で起き、NHKのラジオ深夜便聴きながらニュースサイトめぐりしてますが、休日は堂々と二度寝しま [続きを読む]
  • 1995年1月17日
  • おかしな葛藤でひとりテンパって、ギンギンに目が冴え拷問のような状態に耐えていたその時それは来た。午前5時46分ズズズズ、、ズン、、という重い音と共に建物が揺れ出した。「!!うおっ! 地震!」思わず声を上げる私。そしてその揺れは、酔って寝込んでた皆をも目覚めさせるような大きなものに変わっていった。6階の我々の部屋は、ことさらに揺れが大きく広く感じた。怯える女性陣の悲鳴が飛ぶ。「大丈夫や落ち着けっ!  [続きを読む]
  • 1995年1月16日〜17日未明
  • ---昨日の続き宴会で酒を呑まされぬようカラオケのマイクを持り、あほなトークしながら殺気に満ちたMくんから逃げ回る私。きみも知っての通りおれは酒弱いし大っ嫌いなんだ、潰されてたまるかい。悪いなMくん、んがっはっは!するとダンディーな声が私らを呼ぶ「KとM、ちょっとここに座れ」部長の鋭い眼差しにロックオンされ固まるぼくら。当時はまだ「オレの酒が呑めんのか!」という圧力がじゅーぶん通用した時代。ありがた [続きを読む]
  • 1995年1月16日
  • 1995年1月17日。私は当時勤務していた旅行会社の社員旅行で、北陸の温泉旅館に宿泊してました。その時の話です。---社員数が多く業種も業種だったので、10班くらいに日程を分けての催行だった。私達は同期20人全員が集まるように各自調整し、1月16日出発の班に決定した。班の幹事は当時名古屋支社の私と同期のMくんの迷コンビ。若者メインのノリノリツアーじゃヤッホー!と同期皆で歓喜する。当日、集合場所へ自宅からバスへ [続きを読む]
  • 成人式を見て思う
  • 先日実家にて、私が小学六年生の時に作成された学級文集みたいなのが発掘された。将来の夢やらなんやらと皆、昭和のガキンチョらしく書いておる。どれどれ、どんな夢を描いてたんだ。ほう、私は「世界を飛び回る旅人になる!」つもりだったらしい。旅人ね。うむ、「世界を飛び回る」っつうか「世間を渡り歩く」旅人にはなれたな。かなり意味が違う気がするけど、一応文章的にその夢は叶ったと言えるのかもしれん。うおおスゲーやん [続きを読む]
  • 父親 2017
  • せっかくの正月休みなのに、退屈で暇を持て余す私。掃除は隅々まで昨年末やったし、車もピカピカに磨いた。旨いモノもたらふく喰えるように身体も復活し、年末年始はここぞとばかり胃腸薬の世話になるほどいろんなもん喰ってやった。有難き事なんだが命懸けで治した生活習慣が、元に戻りつつあってその、、「コドモさん、パパは今とてもヒマなのだ、どこかドライブでも行かないか?」「行かな〜い…」なんというつれないお人だ上ムス [続きを読む]
  • 縁起良い初夢だと信じたい・・・
  • 夢をみた。どこかの山の中で、いきなり目の前に角の大きなシカが現れて私をじーーっと見つめてる。彫刻のようなデッカイ角にビビった私は、何を思ったのか、シカに向かってたぶん「オッス!」と言ったような言ってないような。。突然場面が変わって、家族そろって競馬場に居た。「今日はウマの競争を観に来ただけやぞ、お金など賭けんぞ」と、競馬の内容など解りもしない子供達に言い訳をする私の前を、数々のウマが爆走していく。 [続きを読む]
  • いつものように暮らせることが一番幸せなのです
  • 午前4時30分。黒板を爪で引っ掻くような、アルミホイルを歯でかじるような激烈な不快音アラームの大音響で目を覚ます。低血圧で寝起きが極端に悪い私は、こうでもしなければ起きることができない。私にとってはこれが日常で普段どおりなのだが、上記のように文章にしてみると、いかに毎日異様な朝を迎えているかがしみじみ解っちゃうけど仕方ない、起きれないんですもの。地元のジャスコの福袋と福引き狙いで早起き。並んで待つの [続きを読む]
  • 「おかげ様」と「お互い様」
  • 今年の初め、私はここで「動かなければ何も変わらない」と記した。大晦日の本日、私自身が年初に発したその言葉について粛々と考えてみる。今までにない自分語りの重苦しい超長文になります、年末の忙しい時にお時間割いてそんな文章を読んで頂くのも気が引けるので、先にご挨拶をさせて頂きます。2016年、こんな素人物書きの拙い文章にお付き合い頂きありがとうございました。おかげさまでここでは5周年、SNSからだと8年弱、コ [続きを読む]
  • バカ納め
  • 私のコンピュータに部品をひとつ取り付ける必要が出てきた。数千円の部品なのだが手持ちが無い。なんと悲しい世帯主。こっそりクレジットカード使うと後日お叱りの恐怖に怯えることになる。年末いろいろと物入りの中だが、正直にカミさんに言ってお駄賃を貰おう。しかし経済的にジェットエンジンな我が家、私のお茶目に投資してもらえる確率なぞ1,000%無い。うむ、こういう時にうまく口説き落とすテクニックは、、、あ、そういえ [続きを読む]
  • キャー!
  • ある日書斎でいつものように世間を憂いていたら、寝室からムスメ達がキャーキャー叫ぶ声がしてきた。声色から言ってアイドルとかに向ける黄色い声のキャーではなく、どちらかといえば怖い系のキャー。何をしとんねん? と、のそのそ出向かうと、私の出現にさらにキャー!おれは化け物か。聞くと「怖い話」を二人で語り合っているという。おまいら、そういうのはいろんな意味で夏にすることだぞ、冬なぞさらに寒くなって全然エコじゃ [続きを読む]
  • 知らなかったで賞
  • 結構世間の事情通ぶっていても、近所で起きた事件を知らないという灯台下暗しの海無し県在住の灯台守44歳ですこんばんは。さっきNHKニュースで2016年新語・流行語大賞なる報道をしてたけど、私がかろうじて聞いた事あるのは、「マイナス金利」と「ナントカGO」だけだったのですが、私がナウくないだけんですかね?大賞とやらの「神ってる」ってなんじゃらほい?と思ったら、やきう関係の言葉だったのね。やきう関係ならば、そ [続きを読む]
  • 哀しき律儀
  • そろそろ出勤しようとした時、それは起こった。11月22日、午前5時59分、福島県沖マグニチュード7.4。PCに仕掛けてある地震速報の類「全て」が一斉に鳴り響いた。私のシステムで「全てが起動して警報が鳴る」という状態は、3.11に匹敵するレベルを意味します。ということは、津波……! 考えた瞬間津波警報を受信したNHKが起動。地震速報出てから5分経ってない、こんなに早い発表は確実に来る証拠だ。3mだと…!? ……… [続きを読む]
  • モゾモゾの向こう側
  • 電話片手に話しながら車を運転してる不届き者の多さにもむかつくが、スマホ「見ながら」運転してるバカはわりと本気でむかつきます。先日ここでナントカGOとかいうゲームがいろいろ社会問題になると記したが、案の定その通りになって、挙句にゃこないだソレやりながら車運転してたバカが子供はねて亡くしてしまったという悲しい事故が起こってしまった。ウチの幼いムスメ達ですら「このゲームが無かったら、この子、死なずにすんだ [続きを読む]
  • 1円を笑う者は
  • 「なんでガソリンって値段がよく変わるの?」と、上ムスメ11歳から非常に私好みの質問をされたので、とりあえず小学生にも解り易く説明してみたが、案外自分でも難しくなってわけがわからんくなった。そして「べつに1円くらい…」というボヤキに瞬時に反応する私。「おろか者! その1円を笑う者は100円で100回笑えるのだぞ!」とまあお約束のオチでとっとと難しい話を畳み込む父親44歳。そんな私みたいな無学が経済語るほうが笑える [続きを読む]
  • 卒浴(そつよく)
  • 先日の記事で、「間もなくムスメ達も思春期」という文章を書いた時にふと思った。思春期……ううむ、、下ムスメ8歳はまだ良いとして、上ムスメ11歳、、、ううむ。。少し前、私んトコより1つ年上のムスメを持つ友人Tが「まーそろそろKも「卒浴(そつよく)」せないかんやろ」と聞き慣れぬ文言を口にした。「卒浴? なんじゃそれ?」「子供と一緒に風呂に入るのを止めるってことや」なにいぃ!? 最近途切れがちな大切なコミュニケーショ [続きを読む]
  • 「ハァ?」
  • 普段でも顔つきが怖いと自他ともに認める私です、しくしく巷で言う、気分が「イラっとしてる」時、くだらん事言われると私は無意識に「ハァ?」と、問いただすように口にするのですが、その時の顔つきがとんでもなくガラが悪いそうなのです。ヨメいわく、私のコワモテは「昭和の暴走族みたい」だそうです。よりによって私好みの表現でとても納得できたので、それから一週間くらい凹みました。ある日、夕食の家族団らん。何の事件か [続きを読む]
  • めぐり逢いの奇跡 4
  • 人と仲良くじゃれ合う「モコ」の姿を、部屋の隅からじっと見つめていた「さくら」たぶん「さくら」自身は、「じゃれ合う」という行為や意味自体が解らないと私は考えました。ならば、積極的に楽しそうな姿を見せる必要がある。そして少しでもさくら自身に、漠然とでもいいから「安心」や「和み」の感覚を覚えてほしい。そんな思いでモコとさくらを何日か見護り続けました。二匹が一緒に過ごして、期間にして1か月くらい経った夏の [続きを読む]