ぽこけん さん プロフィール

  •  
ぽこけんさん: ぽこけん
ハンドル名ぽこけん さん
ブログタイトルぽこけん
ブログURLhttp://pocoken.com/
サイト紹介文ぽこ&けんいち夫婦の海外ツーリング、テレマークスキー、温泉のホームページです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/12/07 18:55

ぽこけん さんのブログ記事

  • 安達太良山(矢筈森付近の滑走) 2017年3月11日
  • どうも、1週間ぶりのぽこけんです。御無沙汰?してます・・・ 我が家で、今、一番の問題は「梵号」のことなのです。車中泊仕様の車として11年がんばってきましたが20万キロを超え、ガッタガタのようなのです。それで、アアでもない、コウでもないと悩んでいるのです。アアというのは、あちこち修理するとなると50万円もかかるということ。コウというのは、新しく車を買うにしてもお金が無いということ。どっちにしてもダメで [続きを読む]
  • 天栄村でゲレンデスキー&温泉 2017年3月2日
  • 年に1回くらいは利用してあげたい・・・そう思っている我が天栄村スキー場へ今日は行ってみることにします。山スキーは何度も行ってますが、ゲレンデスキーはこれが今シーズン初すべりとなります。 スキー場の駐車場に到着すると2台ほど車が停まっていたので先客がいるのかと思いましたが、スタッフの車でした。お客さんは我々2人だけのようです。このゆるキャラは「ふたまたぎつね」です。 1日券は平日ひとり1250円。動 [続きを読む]
  • 岩山・蝉山&芦ノ牧温泉&大内宿 2017年2月24日
  • 昨日は今日より8度も高い気温で我が家付近でも暖かい春の雨が降って降りました。こうなるともう山の雪はほとんど全滅です。三寒四温と申しますが、今日から再び冬型の天気配置。福島近郊の山は全面モナカ雪となっていることが予想されます。条件が最悪と言えども山へ行かないという選択肢は無し。ではでは、我が村とっておきの裏山ルートへでも行ってみますか、山を偵察した後は、さっさと下山して昼食と午後の温泉を楽しむプラン [続きを読む]
  • 吾妻連峰・家形山撤退(高湯ー慶応吾妻山荘分岐) 2017年2月20日
  • 今日は「春二番?」の南風が吹いて山は大荒れだとか・・・気温もぐんぐん上がって雪崩も危ないらしい、さて、どうしたものかと思案して、ここにしました。吾妻連峰の家形山から高湯温泉へ伸びる尾根です。昔は吾妻スキー場から楽にアクセスできて山スキーのクラシックルートとしても有名でした。私たちも、もう20年近く前に来たことがあります。当時はスキー場もまだ営業していたのでアクセスも楽でしたが、今は高湯温泉から歩いて [続きを読む]
  • 北海道旅行4(氷涛祭り) 2017年2月17日
  • 4日間の短い休暇はあっという間に最終日になってしまいました。定山渓の温泉宿を9時にチェックアウト、千歳空港からの出発時間は16時なので、どう時間をつぶそうか・・・スキー場でゲレンデスキーも考えましたが、近くの札幌国際スキー場、3時間券が3600円と信じられないほど高額なので却下。適当にドライブしながら行きましょう、ということになりました。まずは、道の駅「望羊中山」へ。中山峠にある道の駅なんですが、羊を望む [続きを読む]
  • 北海道旅行3(千尺高地&豊平峡温泉) 2017年2月16日
  • 北海道上陸3日目ですが、何と今日は3月下旬並みの気温とのことで福島では味わえないようなサラサラの雪を期待して飛んできた我々には残念な天気。今日のルートは豊羽鉱山から無意根山へと続くクラシックツアーコース。とは言っても、無意根山まで行くつもりはなく、千尺高地から先は状況が良ければ長尾山まで行きたいなという程度の曖昧な気持ち。 ツアー標識がでてきました。古くから山スキー屋に愛されている北海道の定番ル [続きを読む]
  • 北海道旅行2(塩谷丸山) 2017年2月15日
  • 北海道上陸2日目。今回は札幌近郊で山スキーを楽しみたいということで調べておりましたところ、塩谷丸山がとってもよさ気なので行ってみることにします。登山基点はJR塩谷駅です。 しばらく、住宅街を歩いて行くことになります。 やがて、山道に入って行くのですが、やはり駐車禁止の看板が。このルート、やはり車は塩谷駅に置くのがマナーのようです。 林道のどん詰まりから標高を上げて行くと、眼下には日本海が [続きを読む]
  • 北海道旅行1(白井岳山麓) 2017年2月14日
  • 長い旅から帰国して1年経過。仕事をして安定した暮らしも良いなと思いますがリフレッシュは大事、ということで、北海道へ4日間のスキー登山旅行へ行くことにしました。我が家から福島空港はすぐ近くなので楽々アクセス、駐車場も何日停めても無料というのもありがたいです。 ANAの早割75というやつで札幌まで片道、税込み6900円。荷物もスキーを含めて8個も預けて追加料金なしでありがたい。ザックに忍ばせていたチャッカマン [続きを読む]
  • 水引入道 2017年2月10日
  • 宮城蔵王には何度も来ているけれど、水引入道はなかなか来る機会がありませんでした。1か月前に偵察に来たときは雪が少なかったのですが、今日はたっぷりと積もってます。登山口は白石スキー場の駐車場の一番奥。 そこから長い林道歩き。帰りに滑って来れるくらい斜度があればまだ良いのですが、まっ平です。 ウエアに降ってきた雪をマクロ撮影。あたりまえだけど、雪ってこういう形してるんですよね。 林道から山 [続きを読む]
  • 不忘山 2017年2月9日
  • 今週は宮城蔵王へ遠征にやってまいりました。今日は不忘山、明日は水引入道の予定です。いつも福島の山ばかり滑ってますが、たまにちょっと離れた地域に来るとワクワクとした新鮮な旅気分を味わえますね。山も新鮮だし、下山後の温泉も楽しみ。こういう変化、日々のストレスをためないためにも大事だと思います。 白石スキー場のリフトトップから登って行きます。天気こそいまいちですが、この季節にしては珍しく風が穏やかで [続きを読む]
  • 再び、二岐山(東尾根から山頂往復) 2017年2月4日
  • 昨日に引き続き、二岐山に来てしまいました。というのも、何とか北尾根を下りたいと思っていたのですが昨日は山頂手前で撤退してしまったので、今日こそはとソロで来てみたのでした。結果からいうと、北尾根下りは失敗に終わりました。 昨日自分で付けたトレースを登って行きます。ウサギもやっぱりラッセルするよりトレースの上を歩いた方が楽なんでしょうね。足跡が付いてました。 1200Mの大ブナ地点を通過。 昨 [続きを読む]
  • 二岐山(東尾根) 2017年2月3日
  • 今日は標高2000M付近で風速30Mの暴風予報。テレマーク仲間のむうさんと迷い沢へと思っていたけど予定変更。更に、むうさんは恵方巻関連で今日は欠席。ということで、今日はぽこけん夫婦で困ったときの二岐山となりました。この山ならばたとえハリケーンが来ても密な樹林帯が私たちを強風から守ってくれます。滑るには、ちと技術が入りますけんどない。 我が天栄村の二岐山も最近は有名で、関東平野あたりからも登りに来るん [続きを読む]
  • 安達太良山(馬車道〜勢至平) 2017年1月31日
  • 西会津の山へ山スキーに行こうと、前日から移動を始めたもののやっぱり吹雪よりは天気が良い方が良いしねと気が変わって安達太良山麓の岳温泉で車中泊することにしました。午後8時ころスーパーへ入って見切り品をゲット!色々掘り出し物がありましたよ。枝豆30円!カキフライ120円!かつ丼150円!などなど・・・ で、翌日は晴天を求めて安達太良山へ。ところが予想以上の強風でした。何と、平地でも強風注意報が出てJR東北線 [続きを読む]
  • 赤面山 2017年1月26日
  • 実は昨日も登山口まで来たのですが、強風のため那須温泉に入って白河ラーメンを食べて帰ったのでした。昨日に比べれば今日はまあまあの天気。 まずは閉鎖されたゲレンデを登っていきます。いまのところ雪質はフカフカです。 ゲレンデを抜け、更に標高を上げていきます。 山頂が見えて来ました。やっぱり稜線まで上がると風が強いです。 数年ぶりの赤面山頂到着。やったー!天気が穏やかなら、この先の三本槍岳 [続きを読む]
  • 箕輪・迷い沢 2017年1月19日
  • 数日前から福島県内も一気に積雪量が増えています。今日は箕輪・迷い沢ルートも行けそうかな?と思って家を出発しましたが、どうも、雲の動きが速いのが気になります。山の稜線は相当な強風と思われます。このルートは通常、箕輪スキー場から登り、稜線の鉄山避難小屋を経て迷い沢へ下る周遊コースですが、今日は迷い沢から登山を開始し、行けるところまで登ってみることにします。 思った通り、樹林帯なので風の影響は少なく [続きを読む]
  • 二岐山(偵察) 2017年1月15日
  • 待望の大雪が降って何とか福島県内の山もスキー登山ができるようになってきました。例年ですと、我が家のすぐ近くの二岐山は2月以降がシーズンですがどのくらい積もっているか偵察に行ってみることにします。それに、今日は日曜日。スキー場ゲレンデからアクセスできる山もあるんですが、デコや猫魔やアルツなんかは駐車料金だけで1000円も取られてしまうので、ビンボー系の私には敷居が高いというわけです。 今日はソロ山行 [続きを読む]
  • 安達太良山(くろがね小屋往復) 2017年1月12日
  • 実家に帰省していましたが、霧降高原に雪が無いため今朝5時半に出発して福島県まで戻ってきました。今週は強烈な寒波が来ているということで、吹雪の可能性が高い会津や裏磐梯の山は避け、安達太良山登山口までやってきました。 山の中腹から上は真っ白で何も見えません。稜線は強風が吹き荒れていると思うので、奥岳から山頂を目指すルートは避けて樹林帯の馬車道ルートを登って行きます。積雪量は約50センチくらいでした。& [続きを読む]
  • 鶏頂山 2017年1月11日
  • 年末年始はずっと仕事でしたので、11日、12日が今年初めての連休。実家へ帰省がてらどこか山へでも行けないかなと考え、栃木県の塩原温泉近くの鶏頂山を選んでみました。エーデルワイススキーリゾートのリフトトップから歩き始めることにします。 積雪量は50センチほどです。やはり予想していた通り雪が少ないです。 どうにか夏道をトレースしながらスキーで登って行きました。 しばらく進むと鳥居がありました。ま [続きを読む]
  • 西大巓 2017年1月6日
  • さてさて、山スキーが好き過ぎて福島へ移住した私たちにとって、このところの地球温暖化による雪不足は本当に切ないことです。県内では一番積雪量の多い、吾妻連峰西部に位置する西大巓へ行くことにします。ここに雪が無ければ福島県は全滅です。雪よあっておくれ!無ければどんどん降っておくれ! 1月といえば山スキーシーズン真っ只中のはずなのに、西大巓登山口であるグランデコスキー場の一番上のリフトは雪不足のため動 [続きを読む]
  • 水引入道(偵察) 2017年1月3日
  • 年末は31日まで出勤、正月も元旦から仕事はじめで3日だけ休みで4日から仕事。なので少しでも正月気分を味わおうと2日仕事が終わってから宮城蔵王まで北上して車中泊しました。ここは遠刈田温泉近くにある公衆トイレ。ここ。車中泊にとても便利なんですよね。山も温泉もコンビニも近いので。ここは11年前の正月休みに初めて泊まったのを今でも覚えています。4年間の長い旅を終え福島県に移住して初めての正月休みといってもせいぜい [続きを読む]
  • 安達太良山(くろがね小屋往復) 2016年12月30日
  • 毎年年末といえば、ぼちぼち山へ入ってスキーが楽しめていたのにどうも最近雪不足のようで、スキー場でさえ未だオープンできないところがあります。さて、今日はどこへ行こうか迷いましたが、安達太良山にしてみました。 登山口にある安達太良スキー場は人工雪ですでに一部オープンしていてます。でも、動いているリフトは1本だけでチケット2500円は高いなぁ。 スキー場横の登山口です。馬車道ルートという林道のつづら [続きを読む]
  • 高旗山 2016年12月25日
  • 今日の午前中は地域の会合がありましたので午後からの出陣となります。まずは、須賀川市の「十割そば」という店で昼食。天丼300円、大盛もりそばが500円となかなかリーズナブルで味も満足。しかし、今日はクリスマスなんですが、我が家周辺では全くそんな盛り上がりは見られません、ハロウィンでさえ何かと盛り上がる都会とは大違いだなぁと思います。もう年末なんですが、未だオープンできないスキー場がたくさんあります。一旦オ [続きを読む]
  • シールのテールストラップ交換
  • 先日、会津の山を登りに行っているとき、妻のスキーシールのテールストラップのゴム部分が千切れていることに気が付きました。シールにカシメて固定されている部分なので、これは、ちょっと修理は面倒かな?と思ったのですが、自分で簡単にパーツ交換できたので紹介しておきます。 まずは、新しいパーツをネットで注文。輸入元のロストアローでは在庫切れでしたが、山形県の登山用具店で在庫が確認できたので購入。1500円で送 [続きを読む]
  • 舟鼻山 2016年12月20日
  • さてさて、今日も良い天気で山スキー日和。会津田島のセブンイレブンで昼食や行動食の買い出しをした後、国道400号線を北上していくと雪の量も多くなって来ました。舟鼻トンネルを越えたところの駐車スペースに愛車梵号を停めて登山準備。 9時30頃登山開始です。標高900M、まずまずの積雪量ですが、本格的に山へ入るにはまだまだ藪がうるさいので、今日も林道歩きがメインの山行となります。 何とびっくり!先行者のトレ [続きを読む]
  • 黒岩山 撤退 2016年12月19日
  • 今日は暖かかったです。11月中旬ころの気候とか。せっかく降った雪がどんどん溶けてしまっています。今日は南会津の黒岩山を目指してみることにします。国道から雪の積もった林道歩きが始まりましたが、雪がグサグサに腐って歩きにくいったらありません。フカフカだったらラッセルももっと楽なのに・・・ いろいろな動物の足跡がたくさんありました。これは、うさぎでしょうか? 2時間ラッセルで歩いて、僅か3,2キロし [続きを読む]