まるめち さん プロフィール

  •  
まるめちさん: 酔いどれオタクの日本酒感想記
ハンドル名まるめち さん
ブログタイトル酔いどれオタクの日本酒感想記
ブログURLhttp://marumechi.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本酒にはまったオタリーマンの家飲み記録ブログです。芳醇甘口派で好きな銘柄は風の森、花陽浴。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2012/12/10 10:26

まるめち さんのブログ記事

  • 花陽浴 純米吟醸 生にごり酒
  • 本日の家飲み 花陽浴 純米吟醸 生にごり酒   埼玉県羽生市のお酒です。 言わずと知れた、当ブログの最多登場銘柄になります。 唐突ですが、皆さんは「にごり酒」はお好きでしょうか? 私は結構好きなイメージがあって、当ブログでも現在「にごり酒」タグがついた記事が16本にもなっています。 が…、実はその中身は三分の一ぐらい「而今 特別純米 にごり酒生」が占めていることに最近気づきました、しかも「お気に入り [続きを読む]
  • 桃の里 純米生原酒
  • 本日の家飲み 桃の里 純米生原酒   岡山県赤磐市のお酒です。 ブログでの紹介は2回目。 毎年100を超える銘柄を家飲みしている私ですが、その中でも「衝撃を受ける」レベルの出会いは年に一回あるかないかだったりします、例えば24BYの「たかちよ」なんかがそうですね。 実は昨年(27BY)においては、「桃の里 純米吟醸」との出会いに、まさにその数年来の衝撃を受けておりました。 どのくらいの衝撃だったかというと、未 [続きを読む]
  • 井の頭 純米吟醸 袋取り無ろ過生しずく 27BY(生熟バージョン)
  • 本日の家飲み 井の頭 純米吟醸 袋取り無ろ過生しずく 27BY(生熟バージョン)   長野県伊那市のお酒です。 当ブログイチオシ銘柄の一つ。 こちらのお酒は、前回紹介したものと全く同じスペックで、蔵元でさらに半年の熟成期間を経て出荷されたものになります。 裏ラベルには製造年月と蔵出年月が明記されているため、比較してもらうと一目瞭然です、やはりこの表記はわかりやすい! 前回も「うえも商店」さんで購入した [続きを読む]
  • 而今 大吟醸
  • 本日の家飲み 而今 大吟醸   三重県名張市のお酒です。 当ブログ常連銘柄の一つですね、今期も何本かいただく見込みです。 このお酒は、以前に我が家の新年&年越し酒を紹介した記事で写真をチラ見せしておきつつ、元旦に飲み切れずに後回しにしてしまったものになります。 一応一月中には開けていたのですが、紹介はこんな時期になってしまいました…、本当、タイムラグをどうにかしないとまずいですね。 私としては滅多 [続きを読む]
  • 出羽桜 純米酒 出羽の里 しぼりたて生原酒
  • 本日の家飲み 出羽桜 純米酒 出羽の里 しぼりたて生原酒   山形県天童市のお酒です。 外飲みは相当回数ありますが、ブログでの紹介は何と初めて! 私が(準)大手酒蔵のお酒をチョイスする時は大体理由がありますが、今回もそのパターン。 マニアならタイトルでピンと来ているかもしれませんが、同スペックの火入れ版が直近のIWC(2016)で、「チャンピオン・サケ」に輝いており、それを受けた次第です。 以前のIWCチャ [続きを読む]
  • 満寿泉 純米吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ
  • 本日の家飲み 満寿泉(ますいずみ) 純米吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ   富山県富山市のお酒です。 外飲みでは相当回数いただいている印象がありますが、ブログでの紹介は意外にもまだ2回目。 こちらを醸す桝田酒造店については、蔵元ホームページの「生立ち」コーナーに来歴の紹介がありました。 その中で印象的なのが「能登四天王」に数えられる名杜氏「三盃幸一」氏に関する記述でした。 私の生まれるずっと前から [続きを読む]
  • 片野桜 山廃純米酒 無濾過生原酒 雄町 27BY
  • 本日の家飲み 片野桜 山廃純米酒 無濾過生原酒 雄町 27BY   大阪府交野市のお酒です。 ブログでの紹介は4回目と、結構な回数になってきました。 片野桜は今まで、雄町山廃生、山田錦山廃生、雄町速醸(かたの桜)と微妙にスペックをずらしつつ飲んできました。 その中で一番雄町山廃生がインパクトのある味わいで印象に残っていたため、今回再セレクトした次第です。 が、実はこのお酒、店長さん曰く27BYということで [続きを読む]
  • 日下無双 純米60 西都の雫 生酒
  • 本日の家飲み 日下無双(ひのしたむそう) 純米60 西都の雫 生酒   山口県岩国市のお酒です。 家飲みは初めてですが、外飲みでは確か何度かいただいたことがあります。 こちらを醸す村重酒造の地元銘柄は「金冠黒松」、正直古臭い印象を受けてしまいますね、都市部向けなら別ブランドにするのは自然でしょう。 で、「日下無双」については、ググってみると蔵元公式の「スペシャルサイト」なるページが出てきました(内容 [続きを読む]
  • 五十嵐 純米吟醸直汲み 無濾過生原酒
  • 本日の家飲み 五十嵐 純米吟醸直汲み 無濾過生原酒   埼玉県飯能市のお酒です。 ブログでの紹介は三回目ですね。 前回、前々回と、一升瓶で購入していた五十嵐ですが、今回は四合瓶になります。 五十嵐はいわばチャレンジブランドということで、最初は一升瓶だけだったのですが、恐らく売れ行きが安定したんでしょうね、最近ようやく四合瓶も出してくるようになりました。 が、個人的にはこのやり方、非常に不合理に感じ [続きを読む]
  • 雄東正宗 純米吟醸 五百万石 あらばしり 生酒
  • 本日の家飲み 雄東正宗 純米吟醸 五百万石 あらばしり 生酒  栃木県小山市のお酒です。 外飲み経験は確かイベントであった気がします、家飲みについては後述。 こちらを醸す杉田酒造さんのお酒としては、「鴎樹(おうじゅ)」を既に紹介しています。 蔵名で検索すると、手作り感あふれるホームページが出てきまして、「当蔵について」コーナーに各種ブランドの紹介も一応書いてありました。 それによると、「当初は「優 [続きを読む]
  • 信濃鶴 純米 無濾過生酒 しぼりたて
  • 本日の家飲み 信濃鶴 純米 無濾過生酒 しぼりたて   長野県駒ケ根市のお酒です。 外では何度も頂いており、家飲み経験もありますが、ブログでの登場は初めて。 最近紹介した澤の花同様、信濃鶴は大長野酒まつりで毎年のようにいただいており、しかも毎回好印象を受けている銘柄です。 私は最近つい未飲銘柄に気を取られて自分の信頼する銘柄を後回しにしてしまう傾向があるのですが、このお酒はまさにその犠牲者(笑)で [続きを読む]
  • 鏡山 純米酒 新酒搾りたて 28BY
  • 本日の家飲み 鏡山 純米酒 新酒搾りたて 28BY   埼玉県川越市のお酒です。 ブログでの登場は2回目、前回は24BYだったので結構久しぶりですね。 少し話はそれますが、少し前から主にネット上で「28BYの酒造りにおいては米が溶けにくく、各蔵元が苦労している」というような話を散見していました。 最初は「へーそういうこともあるのね」、と軽い気持ちで聞いていたのですが、複数の蔵元からもその様な話が出てきたり [続きを読む]
  • 阿部勘 純米吟醸 かすみ うすにごり生酒
  • 本日の家飲み 阿部勘(あべかん) 純米吟醸 かすみ うすにごり生酒   宮城県塩竈市のお酒です。 外では何度かいただいていますが、家飲みは初めてですね。 初登場銘柄ということで記事ネタ探しに銘柄名でググってみたところ、ネットによる日本酒販売で有名な「佐野屋」の酒屋巡り記事が出てきました。 その記事の中で個人的に気になったのが「自動圧搾機」の部品を「アルミ板+ゴム」から「プラスチック+シリコン」に変え [続きを読む]
  • Raifuku MELLOW
  • 本日の家飲み Raifuku(来福) MELLOW   茨城県筑西市のお酒です。 ブログでの紹介は意外にもまだ2回目ですが、外飲みを含めたら相当数飲んでいる銘柄です。 こちらのお酒は、裏ラベルに「仕込み水の一部に純米酒を利用」との記載がある通り、いわゆる「貴醸酒」になります、当ブログ登場酒では新政「陽乃鳥」がそうですね。 今回は貴醸酒という言葉はラベルに見当たりませんが、Wikipediaによるとこれは商標絡みの制限に [続きを読む]
  • 澤の花 純米 無濾過生原酒 俺ラベル
  • 本日の家飲み 澤の花 純米 無濾過生原酒 俺ラベル   長野県佐久市のお酒です。 家飲みは初めてでブログでも初登場ですが、外では何度かいただいています。 澤の花については、イベント「大長野酒祭り」などで今までも結構色々なスペックをいただいています。 有名なのは「Beau Michelle(ボー・ミッシェル)」でしょうね、松尾大社で行われるイベント「酒-1グランプリ」において、2015年の総合優勝を飾った、デザイン・ [続きを読む]
  • 豊盃 純米しぼりたて 生酒
  • 本日の家飲み 豊盃 純米しぼりたて 生酒   青森県弘前市のお酒です。 ブログでの登場は二回目ですね、加えて何回か外飲みもしたような。 お酒の話とはズレますが、今現在、「豊盃」でweb検索すると「http://www.houhai.jp/」なるドメインが有った事が確認できます。 が、実際にアクセスしても404が出てくるだけ…、ちょっと気になったのでwebアーカイブで見てみたところ、昨年後半までは、わりと凝ったデザインのサイトが [続きを読む]
  • 羽根屋 純米吟醸 煌火 生原酒 28BY
  • 本日の家飲み 羽根屋 純米吟醸 煌火 生原酒 28BY   富山県富山市のお酒です。 ブログ登場は2回目ですね、外飲みでも何度かいただいた記憶があります。 当ブログの読者様にはもう周知のことかと思いますが、私の日本酒嗜好は完全に芳醇甘口に振れています。 そしてその立場からは、世間的評価が高くとも、どうにも相性が良くないタイプのお酒が何系統かあったりします。 まあ「淡麗辛口」がその最たるものなのですが、 [続きを読む]
  • 山間 H27BY 5号 中採り直詰め 無濾過生原酒
  • 本日の家飲み 山間(やんま) H27BY 5号 中採り直詰め 無濾過生原酒   新潟県上越市のお酒です。 ブログでの紹介は4回目と、なかなかな登場回数です。 山間というと、数年前は入手困難銘柄に片足を突っ込んだぐらいのレベルで入荷即完売状態だった覚えがありますが、最近は割と普通に購入できる印象があります。 理由としては、生産量関連とか、23BYのヤブタ問題(参考:「いとう酒店」ブログ)が尾を引いているとか、 [続きを読む]
  • 三重錦 純米吟醸 おりがらみ 中取り生
  • 本日の家飲み 三重錦 純米吟醸 おりがらみ 中取り生   三重県伊賀市のお酒です。 ブログ登場は二回目になりますね。 今回のスペックは山田錦利用の純米吟醸スペックということで、前回いただいた雄山錦の純米とはかなりの差があります。 が、おりがらみ(うすにごり)という点は同じですし、何より両方とも11月出荷なのに前BYのお酒という点が特徴的といえるでしょう。 新酒の時期に、ある程度蔵元で寝かせたおりがらみ [続きを読む]
  • 花陽浴 純米吟醸 美山錦 28BY
  • 本日の家飲み 花陽浴 純米吟醸 美山錦 28BY   埼玉県羽生市のお酒です。 言わずと知れた、当ブログの最多登場銘柄。 今期(28BY)の花陽浴については、正月酒として八反錦おりがらみを既にご紹介しています。 が、実際は12月の時点で先にこちらのお酒を飲んでいました、まあ例年初っ端に出てくるスペックですし、いつものように飛びついたわけです。 しかし、先に言ってしまいますと、その味わいは例年の花陽浴とは明ら [続きを読む]
  • 上亀元 純米吟醸 生 26BY
  • 本日の家飲み 上亀元(じょうきげん) 純米吟醸 生 26BY   山形県酒田市のお酒です。 ブログ登場は初めてですね、外で何度も飲んでいる「上喜元」の方も意外にも未登場でした。 さて、こちらのお酒はかの有名な復活米である「亀の尾」を用いた、「上喜元」銘柄の特別品…というか限定ブランドです。 もともとの銘柄名が「上機嫌」とかけていることからか、この蔵元は言葉遊びが好きなイメージがありますね、発泡日本酒に [続きを読む]
  • 一代弥山 純米吟醸 おりがらみ 生酒
  • 本日の家飲み 一代弥山(いちだいみせん) 純米吟醸 おりがらみ 生酒   広島県廿日市市のお酒です。 家飲みは初めて、外飲み経験も確か無かったような…(呆) こちらを醸す中国醸造のホームページを見ると、焼酎・リキュール・ウイスキー等色々手広くやっている酒造会社であることがわかりますね。 中でも「カープ応援酒」なるコーナーがあり、赤い特別ラベルの色々なお酒を売り出しているあたりは目を引きます、お国柄 [続きを読む]
  • 田酒 純米吟醸 山廃
  • 本日の家飲み 田酒 純米吟醸 山廃   青森県青森市のお酒です。 ブログでの紹介は7本目となりました、何だかんだで結構飲んでますね。 田酒はここ数年で色々な新スペックを出し始めていることはマニア間には周知の事実でしょう、私も白田酒や雄町純米吟醸を既にいただいています。 それに対する今の私のスタンスとしては、「ちょうど入手機会があって、気が向いたら買う」というぐらいの熱量だったりします(ただ、うちの [続きを読む]
  • 風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り 26BY
  • 本日の家飲み 風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り 26BY   奈良県御所市のお酒です。 笊籬採り3本飲み比べの最後となります。 飲み比べのトリを飾るのは、私にとっての殿堂入りスペック、その自家熟成バージョンになります。 26BYに搾られ、一年近い蔵元熟成を経て平成27年9月に出荷されたものを、更に一年以上我が家の家庭用冷蔵庫に保管した後の平成28年11月に開栓したものですね。 まあ実際は狙って寝 [続きを読む]
  • 風の森 露葉風 純米 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY
  • 本日の家飲み 風の森 露葉風 純米 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY   奈良県御所市のお酒です。 前回に引き続き、限定品…というか特別品である「笊籬採り(いかきとり)」の紹介になります。 前回の秋津穂は27BY、こちらのお酒は28BYになりますが、記載されている製造年月は両方とも2016年9月となっています。 なんでこんなことになるかということを理解するためには、まずBYの定義を確認する必要がありますね、ちょ [続きを読む]