まるめち さん プロフィール

  •  
まるめちさん: 酔いどれオタクの日本酒感想記
ハンドル名まるめち さん
ブログタイトル酔いどれオタクの日本酒感想記
ブログURLhttp://marumechi.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本酒にはまったオタリーマンの家飲み記録ブログです。芳醇甘口派で好きな銘柄は風の森、花陽浴。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供191回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2012/12/10 10:26

まるめち さんのブログ記事

  • くどき上手 純米大吟醸 しぼりたて 生酒
  • 本日の家飲み くどき上手 純米大吟醸 しぼりたて 生酒   山形県鶴岡市のお酒です。 外飲み経験はそれこそ数え切れないぐらいにありますが、驚くべきことに家飲みは初めてでした。 くどき上手は既に銘酒居酒屋等で確固たる評価を得ている銘柄であり、基本的には「フルーティー」という言葉に象徴されるような、今風の吟醸酒という文脈で語られることが多い銘柄だと思います(超辛口酒「ばくれん」という例外的な商品もあり [続きを読む]
  • 奥能登の白菊 特別純米無濾過生原酒 そのまんま 28BY
  • 本日の家飲み 奥能登の白菊 特別純米無濾過生原酒 そのまんま 28BY  石川県輪島市のお酒です。 当ブログでの登場は3回目ですね。 今回こちらのお酒をセレクトした理由は、もう完全に日誌係さんの純米吟醸27BYの感想記事に影響された結果だったりします。 やっぱり「イチオシ」みたいにハッキリ書いてくれると、分かりやすくて個人的にはありがたいですね。 なんといってもブログにおいて「分かりやすい」って正義だと思 [続きを読む]
  • 播州一献 純米吟醸 「ののさん」 生
  • 本日の家飲み 播州一献 純米吟醸 「ののさん」 生   兵庫県宍粟市(しそうし)のお酒です、よ、読めない… 外飲み経験は何度かありますが、家飲みは確か始めて。 聞きなれない言葉「ののさん」については裏レベルに解説がありますね。 「観音様」という意味で、お酒自体は「観音様のように大らかで柔らかい酒質」であるとのこと。 兵庫酒自体は「灘の男酒」に代表されるように辛口酒の印象が強く、播州一献自体も「超辛 [続きを読む]
  • 花邑 純米吟醸 生酒 雄町
  • 本日の家飲み 花邑(はなむら) 純米吟醸 生酒 雄町   秋田県湯沢市のお酒です。 外飲みは何度か経験あり、家飲みは初めて。 こちらを醸す両関酒造は所謂地場の大手酒造で、通常銘柄の「両関」はほぼ地元向け、この「花邑」は都市圏向けの特定名称酒ブランドというパターンですね。 それだけなら良くあることなのですが、実はそこに「かの十四代を醸す高木顕統氏の技術指導を受けたお酒」という背景が加わることで、マニ [続きを読む]
  • 豊香 辛口特別純米酒 しぼりたて無濾過生酒
  • 本日の家飲み 豊香(ほうか) 辛口特別純米酒 しぼりたて無濾過生酒  長野県岡谷市のお酒です。 外では何度もいただいていますが、家飲みは確か初めてですね。 このお酒も前回さんざんディスった(笑)辛口標記のお酒ですね。 ちなみにこれについても、「本当に辛口なんでしょうか」と聞いたところ、店長さん曰く「いわゆる辛口酒って感じではないと思う。おそらく日本酒度が高めなのでそういう表記にしているのではないか [続きを読む]
  • 華一風 特別純米酒 生にごり 28BY
  • 本日の家飲み 華一風 特別純米酒 生にごり 28BY  青森県弘前市のお酒です。 ブログでの登場は2回目ですね。 同銘柄は27BYに特別純米生をいただいています、今回はそのうすにごりバージョンですね。 前回がかなり好印象だったため、店頭で見かけたときは即決しようと思ったのですが、引っかかったのが裏ラベルの「辛口なお酒です。」という文言。 店員さんに、「これ本当に辛口なんですか?そうなら買わないんですけど」 [続きを読む]
  • 黒牛 純米 中取り 無濾過生原酒
  • 本日の家飲み 黒牛 純米 中取り 無濾過生原酒   和歌山県海南市のお酒です。 外飲みでは何回か飲んでおり、当ブログでは2回目の登場になります。 前回は雄町の純米吟醸をいただいています、銘柄名の由来等も紹介しているので興味があればご参照ください。 さらに前回は瓶燗火入れだったわけですが、一年中生酒(熟成酒含む)ばっかり飲んでいる急進的生酒派(笑)としては、やはり生酒版も一度は飲みたいと思い、今回セ [続きを読む]
  • 中島屋 純米 しぼりたて 生酒
  • 本日の家飲み 中島屋 純米 しぼりたて 生酒   山口県周南市のお酒です。 家飲みは初めて、外飲みについては後述。 こちらを醸す中島屋酒造場のお酒としては、「カネナカ」という別ブランドのお酒を以前に外飲みでいただいたことがあります。 その時カネナカは燗酒でいただいたのですがかなり良い印象でした、今回同蔵の純米生という私向けスペック(笑)が出ていたので、セレクトした次第です。 ちなみにその「カネナカ [続きを読む]
  • 黒澤 純米直汲み生原酒 生もと Type-7
  • 本日の家飲み 黒澤 純米直汲み生原酒 生もと Type-7  長野県南佐久郡佐久穂町のお酒です。 家飲みは初めて、外飲みについては後述。 私は長野酒が非常に好きで、家飲みに加え大長野酒祭りに毎年参加していることで、相当数を飲んでいるという自負があります。(ブログ掲載数も都道府県別で最多) 今回は店頭での衝動買いセレクトです、最近飲んだ澤の花同様長野の未家飲み銘柄の純米生には飛びつく勢い。 黒澤も外のどこ [続きを読む]
  • やまとしずく 純米吟醸 直詰め生原酒
  • 本日の家飲み やまとしずく 純米吟醸 直詰め生原酒  秋田県大仙市のお酒です。 家飲み・外飲み含め確か初めていただきますが、同蔵の「刈穂」は既に一度紹介しています。 このお酒の関連情報を探しに蔵元ホームページを見てみたのですが、個人的にはここ素晴らしいと思います。 重すぎないスッキリとしたデザイン、更新頻度の高さを表すトップページの充実した新着情報、出羽鶴・やまとしずく・刈穂という3ブランドを整理 [続きを読む]
  • 志太泉 純米吟醸 無ろ過おりがらみ 生酒
  • 本日の家飲み 志太泉(しだいずみ) 純米吟醸 無ろ過おりがらみ 生酒   静岡県藤枝市のお酒です。 家飲みは初めて、外飲みももしかしたら今まで縁がなかったかも… こちらのお酒についてググったところ、蔵元ホームページにも掲載されている商品紹介チラシのPDFが出てきました(26BYですが)。 記載内容は結構細かく、もしかしたら基本的には酒屋さん向けなのかもしれませんが、買い手としては非常に参考になります。  [続きを読む]
  • 屋守 仕込九号 純米中取り 無調整生酒 28BY
  • 本日の家飲み 屋守(おくのかみ) 仕込九号 純米中取り 無調整生酒 28BY  東京都東村山市のお酒です。 当ブログでの登場は実に6回目、毎年いただいていますね。 屋守は私が日本酒飲み始め以来のお気に入り銘柄でしたが、昨年(27BY)のおりがらみの味わいは、実のところファンとしてはハテナマークが浮かぶような方向性のものでした。 最近28BY最初あたりの花陽浴を飲んだ時も思ったのですが、信頼している銘柄の味わい [続きを読む]
  • 風の森 露葉風50 純米大吟醸しぼり華 無濾過無加水生酒
  • 本日の家飲み 風の森 露葉風50 純米大吟醸しぼり華 無濾過無加水生酒  奈良県御所市のお酒です。 言わずと知れた当ブログ殿堂入り銘柄。 風の森は以前から、奈良の酒米である「露葉風」を使った純米酒(精米歩合70)を出していましたが、今回いただくこの純米大吟醸は28BY初登場の新製品になります。 この辺りの経緯は奈良県の地酒屋「あべたや」さんの商品紹介ページに詳細が載っていましたので、興味がある方はご一読を [続きを読む]
  • 喜楽長 酒門 三方良し 純米吟醸 別註直汲み生原酒
  • 本日の家飲み 喜楽長 酒門 三方良し 純米吟醸 別註直汲み生原酒  滋賀県東近江市のお酒です。 外飲みでは何度かいただいたことがありますが、家飲みは初めて。  こちらのお酒は名前にもある通り「酒門の会」取り扱い製品になります、同会については公式ホームページがしっかりしているので、詳しくはそちらをご参照ください。 ポイントは、会員の酒販店が共同して会員酒蔵に「タンク契約で」製品開発と買い付けを発注し [続きを読む]
  • 山川光男 2017 ふゆ 生
  • 本日の家飲み 山川光男 2017 ふゆ 生   山形県天童市のお酒です。 銘柄自体は初めていただきます、詳しくは後述。 全体的に奇天烈な雰囲気を醸し出すお酒ですが、実態は山形県の4つの日本酒銘柄、「山」形正宗、楯野「川」、「東」光、羽陽「男」山から一字ずつ取って名付けた、4蔵の共同ユニット・ブランドになります。(まあNEXT5やらDATE7と類似の試みかと) 公式ホームページまで作成する力の入れようですが、ここ [続きを読む]
  • モダン仙禽 無垢 2017 無濾過生原酒
  • 本日の家飲み モダン仙禽 無垢 2017 無濾過生原酒    栃木県さくら市のお酒です。 外飲みではかなりの回数いただいていますが、ブログでの登場はまだ3回目。 仙禽についてはブログ開設前にも家飲み経験があるのですが(しかも愛山)、その時の印象は「酸味が強すぎる。しかも硬く感じる」というもので、実はその後しばらく苦手意識を持っていました。 先日飲んだ「クラシック仙禽」については、火入れであることやコンセ [続きを読む]
  • 花泉 上げ桶直詰め純米無濾過生原酒
  • 本日の家飲み 花泉 上げ桶直詰め純米無濾過生原酒   福島県南会津郡南会津町のお酒です。 銘柄としては初登場ですが、同蔵の「ロ万」シリーズについては既に3回ほど紹介しています。 「花泉酒造」が醸すお酒は、首都圏ではやはりロ万シリーズの方がよく見かけますが、この「上げ桶直詰め」については結構多くのお店が取り扱っているようです。 実は私もブログを始める前に一度いただいており、なかなか良い印象があったの [続きを読む]
  • 而今 特別純米 無濾過生 28BY
  • 本日の家飲み 而今 特別純米 無濾過生 28BY   三重県名張市のお酒です。 当ブログ定番銘柄の一つ。 而今ほどの有名銘柄ともなると、基本的に酒イベントへの露出も少なくなるようですが、最近例の「CRAFT SAKE WEEK」で、「チーム十四代の日」に参加していたようですね。 同イベントの公式ホームページには「日本酒の魅力を知り尽くした中田英寿が全国から選んだ選りすぐりの酒蔵100蔵」として参加蔵が列挙されていま [続きを読む]
  • 初孫 生もと純米原酒 出羽の里 生酒
  • 本日の家飲み 初孫 生もと純米原酒 出羽の里 生酒   山形県酒田市のお酒です。 家飲みは初めて、外飲みはあったようななかったような… 「初孫」という言葉には、めでたい印象はあるもののお酒の銘柄としては結構珍しい雰囲気というか、響きがあるように感じます。 由来が気になったので、蔵元の「東北銘醸」のホームページを見に行くと、「昭和のはじめ、当家に長男が誕生したのを機に、みんなに愛され喜ばれるような酒 [続きを読む]
  • (お知らせ)「お気に入り」タグの整理について
  •  平素より当ブログをご愛読いただきありがとうございます。 既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、最近当ブログの個別記事の分類の一つである「お気に入り」タグについて、若干扱いを変更しましたのでアナウンスさせていいただこうと思います。 まあ、正直相当熱心な読者様以外には関係ないと思うので、そうでなければ読み飛ばし推奨(笑) 変更点は2点で、両方とも「お気に入り」タグを細分化する内容です。 お [続きを読む]
  • 一乃谷 大吟醸 「暁」 斗瓶中取り 無濾過生原酒
  • 本日の家飲み 一乃谷 大吟醸 「暁」 斗瓶中取り 無濾過生原酒   福井県大野市のお酒です。 家飲み、外飲みともに確か初めていただきます。 こちらは初飲み銘柄ではありますが、酒屋・居酒屋で度々見かけており、いつか飲もうとは思っておりました。 で、今回も店頭で何気なくスペックをチェックしたのですが…、値段と見比べてびっくり仰天。 山田錦の40、しかも斗瓶中取りの大吟醸と言えば鑑評会用に出してもおかしく [続きを読む]
  • 28BYにごり酒特集まとめ
  •  「而今にごり酒に匹敵する、甘旨系にごり酒を探せ!」をコンセプトに、先月から9回にわたり28BYのにごり酒をまとめてご紹介してきました。 結構読者様からの反応も良く、自分としてもなかなか楽しかったので、改めてこの記事で簡単に振り返ってみたいと思います。 まずは、ご紹介したにごり酒記事を、お気に入り順に一言コメントを添えてご紹介します。①玉櫻 純米生 とろとろにごり酒→ダントツMVP。今回のコンセプトに見事 [続きを読む]
  • 玉櫻 純米生 とろとろにごり酒
  • 本日の家飲み 玉櫻 純米生 とろとろにごり酒   島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)のお酒です、よ、読めない…。 ブログでは初登場ですね、外飲み経験も確かなかったと思います。 にごり酒特集の9本目、トリを飾るお酒であり、今回のMVPとしたい1本です。 こちらは尾久の「伊勢元酒店」さんで購入したお酒になります。 同店の店頭にはにごりだけでも数種類あったので、店番をしていた奥様にオススメを尋ね [続きを読む]
  • 醍醐のしずく 菩提もと仕込み
  • 本日の家飲み 醍醐のしずく 菩提もと仕込み   千葉県香取郡神崎町(こうざきまち)のお酒です。 ブログでは初登場の銘柄・酒蔵になりますね。 にごり酒特集の8本目。 こちらを醸す「寺田本家」については、あまりに特徴があり過ぎて書ききれないので、詳しくはググっていただければ… 無農薬米、無添加、生もと造りと、とにかく「ナチュラル」な酒造りにこだわりがあり、製品は健康食品ショップで取り扱われることもある [続きを読む]