まるめち さん プロフィール

  •  
まるめちさん: 酔いどれオタクの日本酒感想記
ハンドル名まるめち さん
ブログタイトル酔いどれオタクの日本酒感想記
ブログURLhttp://marumechi.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本酒にはまったオタリーマンの家飲み記録ブログです。芳醇甘口派で好きな銘柄は風の森、花陽浴。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供191回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2012/12/10 10:26

まるめち さんのブログ記事

  • 徳正宗 純米吟醸 あらばしり 生原酒 26BY
  • 本日の家飲み 徳正宗 純米吟醸 あらばしり 生原酒 26BY   茨城県猿島郡境町のお酒です。 家飲み、外飲み含め初めていただきます。 こちらは個人的に全くノーマークの銘柄で、シマヤ酒店さんの店頭で初めて出会い、フィーリングで購入しました。 改めて蔵元ホームページを見ると、トピックスがちゃんと更新されていたり、特約店一覧があったり、銀座の茨城アンテナショップの紹介があったり、しっかり情報公開を頑張 [続きを読む]
  • 瑞冠 山田錦 純米 生もと 生原酒 27BY (蔵内1年熟成)
  • 本日の家飲み 瑞冠 山田錦 純米 生もと 生原酒 27BY (蔵内1年熟成)     広島県三次市(みよしし)のお酒です。 家飲み、ブログでの登場は初めてですが、外飲み経験はあったようななかったような…(呆) この瑞冠については、割と以前から有名地酒屋さんの取り扱いもあり、その筋では知られた銘柄という認識があります。 私も以前より目は付けていたのですが、タイミングが合わずようやくの家飲みとなりました。 [続きを読む]
  • 唯々 渡船純米 無濾過生原酒
  • 本日の家飲み 唯々(ただただ) 渡船純米 無濾過生原酒   滋賀県湖南市のお酒です。 家飲み、外飲み含め初めていただきます。 私は最近お酒をセレクトする時、「信頼できる酒屋さん」で「飲んだことの無い銘柄」の「純米生酒」であれば大体それ以上情報収集せずに一度は買うようにしています。 実際のところ、この業界の有名どころは大体抑えてしまった関係で、昔のようにがっつり情報収集して、自分の好みだけ狙おうとす [続きを読む]
  • 生もとのどぶ 生原酒 28BY
  • 本日の家飲み 生もとのどぶ 生原酒 28BY    奈良県宇陀市のお酒です。 確か外飲みは経験あったかと思いますが、家飲み、ブログでの登場は初めてですね。 こちらの「どぶ」は、全国のにごり酒の中でも、圧倒的存在感と多数の固定ファンを持っているイメージがあります。 ネーミングのインパクトも強烈ですが、やはりその味わいの個性と魅力が際立っているのでしょうね。 そのことを端的に示すのが、その多彩な「飲ま [続きを読む]
  • 花陽浴 純米吟醸 雄町 おりがらみ 28BY
  • 本日の家飲み 花陽浴 純米吟醸 雄町 おりがらみ 28BY   埼玉県羽生市のお酒です。 泣く子も黙る当ブログ定番銘柄。 この雄町おりがらみは、花陽浴28BY生酒では最後に入手できたものなので、勿体無くてしばらく寝かせてしまいました。 出荷年月が3月で開栓6月なので、最低3ヶ月は寝てからいただいています。 (今回感想が長いので導入はここまで) 上立ち香は若干粉っぽさも感じる甘酸トロピカルフルーツの [続きを読む]
  • 誠鏡 純米吟醸雄町 無濾過生酒
  • 本日の家飲み 誠鏡 純米吟醸雄町 無濾過生酒   広島県竹原市のお酒です。 外飲みは確かあったと思いますが、家飲み・ブログでの登場は初めてですね。 シマヤ酒店さん購入酒が続きます、この誠鏡も私にとっては、「割と見かけるけどいざ家飲みしようとすると中々売っている店に出会わない」銘柄でした。 特に私の場合「基本生酒」というスタンスなので、余計出会いにくいんですよね…、そんな中シマヤさんの広大な冷蔵スペ [続きを読む]
  • 李白 「如月」 純米吟醸 生
  • 本日の家飲み 李白 「如月」 純米吟醸 生   島根県松江市のお酒です。 外飲みは経験あったかと思いますが、家飲みは初めてで、ブログでも初登場。 こちらも、前回の浦霞同様、シマヤ酒店さんでの購入酒です。 同店ではまず広さに圧倒されたわけですが、品揃えもやはり素晴らしかったですね。 特に菊姫が10年以上前から各種ビンテージが揃っていたのが圧巻でした、また個人的には寿喜心が多数並んでいたのが嬉しいところ [続きを読む]
  • 浦霞 純米しぼりたて 生酒
  • 本日の家飲み 浦霞 純米しぼりたて 生酒   宮城県塩釜市のお酒です。 銘柄自体は外飲み経験ありで、家でも昔に飲んだことはありますが、ブログでは初登場。 こちらのお酒も、「聖」同様、千葉市の「シマヤ酒店」さんで購入しました。 同店は知る人ぞ知る日本酒の聖地というイメージがありまして、たまたま千葉市への出張があった折に、これ幸いと帰りに寄らせていただきました。 感想としては兎に角売り場の広さ・商品の [続きを読む]
  • 二兎 純米大吟醸 雄町48 生原酒
  • 本日の家飲み 二兎 純米大吟醸 雄町48 生原酒   愛知県岡崎市のお酒です。 前回に引き続き、二度目の家飲み。 前回、このお酒が急に表舞台に出てきたことについて、若干「蔵の営業力が凄いんじゃないの〜」みたいなニュアンスのことを記事前半で書いてしまいました。 が、実際に飲んでみると、実力が各酒屋さんに評価されたんだなあということを納得させられてしまいました。 これは前から思っているのですが、やっぱ [続きを読む]
  • 二兎 純米吟醸 山田錦五十五 生原酒
  • 本日の家飲み 二兎 純米吟醸 山田錦五十五 生原酒   愛知県岡崎市のお酒です。 家飲み、外飲み共に初めていただきます。 この二兎は、ほしいずみ、白老に続く日誌係さんイチオシ愛知酒という認識があり、セレクトしてみました(しかも信頼の2本同時買い)。 日誌係さんの記事によると、ブランド的には28BYがまだ二造り目のようですね。 ただその割には都内の地酒屋さんで既に結構見るようになっている気がします… [続きを読む]
  • 聖 純米吟醸 山田錦 槽場直詰 生
  • 本日の家飲み 聖(ひじり) 純米吟醸 山田錦 槽場直詰 生   群馬県渋川市のお酒です。 外飲み経験は確かあったとおもいますが、家飲みは初めて。 こちらのお酒は前からちょくちょくネット等で情報を見かけており、目を付けてはいました。 しかし、蔵元ホームページがここ2年ほど「臨時休業のお知らせ」ぐらいしか更新が無く、当然特約店一覧も無いお粗末な状況だったこともあり、相当期間出会いを逃しておりました。  [続きを読む]
  • 開春 純米生もと仕込 西田 生原酒
  • 本日の家飲み 開春 純米生もと仕込 西田(にした) 生原酒   島根県大田市温泉津町のお酒です 家飲みは初めてですが、外飲みは確かあったような… 開春については、「お酒ミライ Tシャツ屋のお酒ブログ」さんが以前アップしている、「寛文の雫」という超イロモノ酒のレビューが印象深く残っています。 非常にリアリティのある表現で興味はそそられるのですが、一升瓶を買う勇気は私にはありませんでした…(笑) とい [続きを読む]
  • 風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY
  • 本日の家飲み 風の森 雄町 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY   奈良県御所市のお酒です。 前回の山田錦純米吟醸と同時購入しました。 この「雄町・純吟・笊籬採り」は、日本酒初心者だった23BYに初飲みして以来心酔しているスペックであり、24BYは当ブログの数少ない「マイ殿堂入り」にしています。 基本的には毎年購入していたのですが、27BYは全量四合瓶&上槽即出荷化に伴って出荷時期がず [続きを読む]
  • 風の森 山田錦 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY
  • 本日の家飲み 風の森 山田錦 純米吟醸 無濾過無加水生酒 笊籬採り 28BY   奈良県御所市のお酒です。 言わずと知れた当ブログ殿堂入り銘柄。 風の森については、ほぼ全スペック家飲みできているはずですが、各お米のイメージを乱暴にまとめるとこんな感じだったりします。 秋津穂…全ての基本。風の森味わいマップを作ったら、秋津穂純米がど真ん中にくるイメージ。 山田錦…かなりドライで甘味控えめ。いわゆる辛 [続きを読む]
  • 久礼 特別純米 手詰直汲み 無濾過生原酒 28BY
  • 本日の家飲み 久礼(くれ) 特別純米 手詰直汲み 無濾過生原酒 28BY   高知県高岡郡中土佐町久礼のお酒です。 ブログでの登場は2回目ですね。 基本的に私は以前に飲んだ銘柄を再購入するときは別のスペックを試してみることを心がけています。 が、今回は松山三井の60磨きの高知酵母ということで、うっかり前回(26BY)と全く同スペックのお酒を買ってしまいました… ただまあ、いわゆる垂直飲みといいますか [続きを読む]
  • 梅乃宿 生もと純米 奈良流 五段仕込 無濾過生原酒 26BY
  • 本日の家飲み 梅乃宿 生もと純米 奈良流 五段仕込 無濾過生原酒 26BY   奈良県葛城市のお酒です。 同蔵のブログ登場はこれで三回目。 梅乃宿については、今まで限定シリーズ「風香」をスペック違いで2本いただいています、特に純米大吟醸の方は非常に美味しかった印象がありますね。 同蔵には他にも「アンフィルタード・サケ」とか「LAB」とかのシリーズがある上、「あらごしみかん」といったリキュールもありラ [続きを読む]
  • 金雀 純米吟醸 しぼりたて
  • 本日の家飲み 金雀 純米吟醸 しぼりたて   山口県岩国市のお酒です。 飲み経験については後述。 金雀については当ブログでは銀座「酒の穴」の外飲み紹介記事にて取り上げていますが、それから出会いが無く、今回は実に約4年半ぶりにいただいたことになります。 たまに名前は見かけていて頭の片隅には残っていたところ、吉祥寺の「大阪屋酒店」さんの店頭に生酒が並んでいたため、これ幸いとセレクトした感じですね。 ち [続きを読む]
  • 基峰鶴 純米吟醸 無濾過生原酒 雄山錦  28BY
  • 本日の家飲み 基峰鶴 純米吟醸 無濾過生原酒 雄山錦  28BY   佐賀県三養基郡基山町(みやきぐんきやまちょう)のお酒です。 前回に引き続き、2本飲み比べの2回目になります。 こちらの蔵元ホームページを見ると、IWC2015の大吟醸・吟醸の部でGOLDメダル受賞というのを割とデカデカと掲載していますね。 加えて、銘柄名でググった結果、最近始まったらしいフランスでの日本酒コンクール「蔵マスター」の純米大吟醸部門で [続きを読む]
  • 基峰鶴 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦  28BY
  • 本日の家飲み 基峰鶴(きほうつる)  純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦  28BY   佐賀県三養基郡基山町(みやきぐんきやまちょう)のお酒です。 家飲み、外飲み含め初めていただきます。 東京の居酒屋でもあまり見かけない銘柄だと思います、うのかわ酒店さんでの通販時に、新規銘柄チャレンジの一環としてセレクトしました。 ただ、何となく名前は前から聞いたことがあり、各所の評判を見る限り「これはいけるはず」という [続きを読む]
  • 万齢 特別純米 無濾過生原酒
  • 本日の家飲み 万齢 特別純米 無濾過生原酒   佐賀県唐津市のお酒です。 ブログでの登場は2回目ですね。 前回は山田錦の68というあまり磨いていない純米酒をいただきましたが、一度もっとスタンダード(私的に)なスペックも試してみたいなと思い、こちらの特別純米をセレクトしました。 精米歩合は55、麹米が山田錦というのは一般的と思いますが、掛米の「西海(さいかい)」というのは初めて見ました。 ググってみると [続きを読む]
  • 旦 山廃純米 無濾過生原酒
  • 本日の家飲み 旦(だん) 山廃純米 無濾過生原酒   山梨県大月市のお酒です。 ブログでの登場は2回目ですね。 この「旦」については昨年、伊勢元酒店の店長さんオススメということで純米吟醸生原酒(速醸)をいただいています。 その時は関東ではほとんど取扱い店舗が無いという状態だったと聞いていたのですが、最近あれよあれよと有力酒販店が取り扱いを始めてますね。 ここらへん、もともと知名度と営業力のある酒造 [続きを読む]
  • 睡龍 特別純米 無濾過生原酒
  • 本日の家飲み 睡龍 特別純米 無濾過生原酒   奈良県宇陀市のお酒です。 家飲みは初めて、外飲み経験は確かあったような… このお酒の特徴としてはまずはその「見た目」に触れざるを得ないでしょう。 細いリボン状のラベルをぐるぐる巻きにしたこのデザインはまさにオンリーワン、これはもう勝ちですよ。 大きめに「意匠登録」と記載してあるのにも納得ですね、蔵として誇るに相応しいアドバンテージかと… さて、睡龍と [続きを読む]
  • 三光「蛇形」 山廃純米 無濾過生原酒
  • 本日の家飲み 三光「蛇形」(さんこうじゃがた) 山廃純米 無濾過生原酒 26BY   岡山県新見市のお酒です。 銘柄的には、外飲み、家飲み含めて初めていただきます。 こちらを醸す「三光正宗」さんのお酒としては、杜氏の名を冠した限定品「克正」を以前いただいています。 今回も迫力のあるラベルが目につきますが、注目すべきはやはり「販売店限定要説明手売専用品」の文言でしょう。 ネット販売をはじめとする、購 [続きを読む]
  • 百楽門 純米大吟醸 中汲み生原酒 27BY (1年生熟成)
  • 本日の家飲み 百楽門 純米大吟醸 中汲み生原酒 27BY (1年生熟成)   奈良県御所市のお酒です。 ブログでは既に3回登場していますが、全て「お気に入り」入りしている、マイフェイバリット銘柄になります。 実はこの百楽門、28BYについては、杜氏さんの体調不良により、休造となってしまっていました。 ファンとしては悲しむとともに、今後を非常に心配していたのですが、どうやら29BYからは蔵元社長が杜氏となる [続きを読む]
  • 金鵄盛典 純米吟醸 生原酒
  • 本日の家飲み 金鵄盛典(きんしせいてん) 純米吟醸 生原酒   兵庫県加古川市のお酒です。 家飲み、外飲み含め初めていただきます。 こちらのお酒は、先日紹介した富久長と同時に、最近オープンした「鈴木酒販 小売部 神田店」で購入したお酒です。 同店は元々三ノ輪に本店があり、前から立ち飲みスペース(角打ち)併設形態で営業していたのですが、それが神田(個人的には秋葉原のすぐ隣という印象)に進出してきた感じ [続きを読む]