souljazzsax さん プロフィール

  •  
souljazzsaxさん: サックス・創意工夫|ジャズ・下学上達
ハンドル名souljazzsax さん
ブログタイトルサックス・創意工夫|ジャズ・下学上達
ブログURLhttp://ameblo.jp/souljazzunit/
サイト紹介文ジャズやサックスについて、疑問に思ったことを調べたり、自分なりに考えたことをまとめたり。
自由文 会社勤めのかたわら月に数回ジャズやブルースを演奏しています。コーンのサックスを使っています。アルトはC.G.Conn 6M(1941年製)テナーはC.G.Conn 10M(1937年製)です。独特の甘さを帯びた太くて丸い音色が大好きです。1940〜60年代頃のBLUE NOTE ブルーノート・レーベルに代表されるようなアコースティックなモダン・ジャズが好みです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供242回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2012/12/11 07:54

souljazzsax さんのブログ記事

  • "Bup A Loup (Donald Byrd)"の意味は?
  • 昔から聴き続けているアルバムに限って勘違いしていることがあります。 トランペット奏者ドナルド・バードの1959年録音"Fuego/ Donald Byrd"に"Bup A Loup"という作曲が収録されています。 私はずっと"Bop A Loop"だと思い込んでいました。“ループするバップ”ではないことに最近気づきました。 シンプルなパターンをリズミカルに繰り返すテーマは確かにビバップとは少し趣が異なるかもしれません。&n [続きを読む]
  • Lilac Wine ライラック・ワイン
  • "Lilac Wine ライラック・ワイン"という曲があります。 James Shelton ジェームズ・シェルトン作詞作曲1950年の映画"Dance Me a Song"で使われたそうです。 私は歌手パット・ボウイの1964年録音"Out of Sight !/ Pat Bowie"で知りました。 1978年にElkie Brooks エルキー・ブルックスがヒットさせたほか多くのミュージシャンが取り上げているようですが私が知っている名前はニーナ・シモンくらいでした。&nbs [続きを読む]
  • スタンダード"Lilacs in the Rain"
  • 私が住む札幌の街ではライラックが「街の木」とされており、毎年、今時期になると「さっぽろライラックまつり」が開催されます。 "Lilacs in the Rain"というスタンダード曲があります。Mitchell Parish ミッチェル・パリッシュ作詞Peter De Rose ピーター・デ・ローズ作曲 1939年にトニー・マーティンやボブ・クロスビーが歌っています。YouTubeではThe Ravensというドゥーワップのグループがトップに表示 [続きを読む]
  • スタンダード"Limehouse Blues"
  • "Limehouse Blues"というスタンダード曲があります。 Douglas Furber ダグラス・ファーバー作詞Philip Braham フィリップ・ブレアム作曲1922年のイギリスのレヴュー"A to Z"で使われました。 Limehouseはロンドンのイーストエンドにある貧民街でlimeは柑橘類のライムではなく石灰のことだそうです。そこで暮らす売春婦をテーマにした曲のようです。 タイトルにBluesとありますが一般的なABAC形式の32小節でと [続きを読む]
  • スタンダード"Bye, Bye Blues"
  • アルト・サックス奏者ソニー・レッドはおそらく古いミュージカルや映画に詳しかったのでしょうか。他のミュージシャンがあまり取り上げない曲を録音しています。 1961年録音"The Mode/ Sonny Red"に"Bye, Bye Blues"というスタンダードが収録されています。 Fred Hamm フレッド・ハムとDave Bennett デイヴ・ベネットが作詞作曲して1925年にフレッド・ハムの楽団が録音しましたが Bert Lown バート・ロ [続きを読む]
  • スタンダード"I Like the Likes of You"
  • アルト・サックス奏者ソニー・レッドはおそらく古いミュージカルや映画に詳しかったのでしょうか。他のミュージシャンがあまり取り上げない曲を録音しています。 1961年録音"The Mode/ Sonny Red"に"I Like the Likes of You"というスタンダードが収録されています。 E. Y. Harbarg E. Y. ハーバーグ作詞Vernon Duke ヴァーノン・デューク作曲レヴュー"Ziegfeld Follies 1934"で使われたそうです。 Zie [続きを読む]
  • Edda エッダ
  • トランペット奏者リー・モーガンの1965年録音"The Rumproller/ Lee Morgan"にテナー・サックス奏者ウェイン・ショーター作曲の"Edda"が収録されています。https://youtu.be/5RStMqE_P7E Edda エッダとは北欧神話の初期ヴァイキング時代の形態を伝える文書群だそうです。 アイスランドの詩人スノッリ・ストゥルルソンが1220年頃に著した詩の教本でサガと並び北欧神話研究における重要な資料の一つとされてい [続きを読む]
  • Loki ロキ
  • (画像はウィキペディアからの借用) トランペット奏者ドナルド・バードの1967年録音"Blackjack/ Donald Byrd"にシルヴェスター・カイナー(アルト・サックス奏者ソニー・レッド)の"Loki"という作曲が収録されています。https://youtu.be/GRSuQk7Kdsk Loki ロキとは北欧神話に登場する神の名前のようです。 主神Odinの愛息Baldrの死を策謀、実現しついには巨人族を率いて神々と人間の滅亡を引き起こす巨人族出身の [続きを読む]
  • Pecos River ペコス川
  • トランペット奏者ドナルド・バードの1967年録音"Blackjack/ Donald Byrd"にシルヴェスター・カイナー(アルト・サックス奏者ソニー・レッド)の"West of the Pecos"という作曲が収録されています。https://youtu.be/Wph1OvhCdvM "West of the Pecos"は西部劇のタイトルのようです。ゼイン・グレイの小説が原作で1934年と1945年に2度、映画化されたようです。「快勇二丁拳銃」という邦題があるので日本でも公開さ [続きを読む]
  • ジャズはブルースに始まりブルースに終わる
  • 1959年にメンフィス出身のジャズ・ミュージシャンばかりで録音された"Down Home Reunion/ Young Men from Mnphis"というアルバムがあります。 トランペット奏者ブッカー・リトルアルト・サックス奏者フランク・ストロジャーテナー・サックス奏者ジョージ・コールマンなどはバップ以降の新しい語法も用いるミュージシャンですが音楽的なルーツはブルースにあることがよくわかる作品です。 とくにフランク・ス [続きを読む]
  • かつてのレア盤がCDで簡単に手に入る時代
  • アルト・サックス奏者ジャッキー・マクリーンの1979年録音"Monuments/ Jackie McLean"が昨年CD化されました。 The 24th Street Band(24丁目バンド)と共演したマクリーンの生涯で唯一のフュージョンのアルバムです。 これまでCDはおろかLPでも一度も再発されておらず演奏内容の珍しさも相まってファンには垂涎の作品でした。 20年以上前に中古レコード店でこのアルバムをみつけた時、マクリーンのコン [続きを読む]
  • ( It ) serves you right !
  • スタンダード"Since I Fell for You"を作詞作曲したピアノ奏者バディ・ジョンソンに"Serves Me Right"という作曲があります。https://youtu.be/W0Dao7bxGV4 アルト・サックス奏者キャノンボール・アダレイの1958年録音"Things Are Getting Better/ Cannonball Adderley"で知りました。 タイトルのsreveには-sがついているので命令形ではありません。"Serves Me Right"とはどういう意味でしょうか。 "(I [続きを読む]
  • Dory Veronica Langdon (Dory Previn)
  • アルト・サックス奏者キャノンボール・アダレイの1958年録音"Things Are Getting Better/ Cannonball Adderley"のタイトル曲は共作者としてLangdonというクレジットがあります。 見覚えのない名前なので調べてみました。 Dory Veronica Langdon ドリー・ヴェロニカ・ラングドンは女性シンガーソングライターでクラシックの指揮者でジャズのピアノ奏者でもあるAndre Previn アンドレ・プレヴィンのもとの妻だ [続きを読む]
  • Yantra ヤントラとは
  • ピアノ奏者チック・コリアに"Samba Yantra"という作曲があります。 作曲者チック・コリア自身の1968年録音"Now He Sings, Now He Sobs/ Chick Corea"のCDボーナス曲https://youtu.be/QsnyPhdB-Q4 トランペット奏者ドナルド・バードの1967年録音"The Creeper/ Donald Byrd"https://youtu.be/t5ZNCPuUYiU Yantra ヤントラとはサンスクリットでヒンドゥー教で瞑想の際に用いる象徴的な幾何学図形だそうで [続きを読む]
  • 食事前も食事中も酒はビールが飲みたい
  • テナー・サックス奏者ハンク・モブレーの1967年録音"Third Season/ Hank Mobley"に"An Aperitif"という作曲が収録されています。 一般的に食前酒はスパークリング・ワインなどが多いのでしょうか。 私が食事前に飲みたい酒は圧倒的にビールです。空腹時に飲むビールほどおいしいものは他にありません。 食事中に飲む酒もやはりビールがいいです。和洋中からエスニックまでどんな料理の味も邪魔しません。しか [続きを読む]
  • ローリングKはいつ販売終了したのか?
  • ローリングKが発売されたのは私が19か20歳の頃でした。安価なバーボンの登場を喜んで当時はよく飲みました。 オールドクロウが製造した原酒を使って日本でのみ販売されたバーボンだそうです。 いつの間にか店頭で見かけることがなくなり私の記憶からもローリングKは消えていました。 安価だったはずが今ではプレミアがついているようです。 若い頃によく飲んだ酒というのは、まるで古い友達のよ [続きを読む]
  • サントリー・ウィスキー・ホワイト
  • 学生の頃、ウィスキーと言えばサントリーのホワイトでした。値段が手頃だったことが一番の理由ですがハービー・ハンコックが出演していたテレビCMの影響が強いです。 その頃は何も知らずに飲んでいましたが国産ウィスキーの第1号だそうです。 酒税法が改正される前でスコッチやバーボンなど海外のウィスキーは高価でとても手が出せませんでした。 今にして思うと当時よく飲んでいたサントリーのホワイ [続きを読む]
  • ハービー・ハンコックの愛車”コブラ”
  • ピアノ奏者ハービー・ハンコックの1963年録音"My Point of View/ Herbie Hancock"に"King Cobra"という作曲が収録されています。 キング・コブラは蛇ではなくスポーツカーのことだそうです。 ハンコックがACコブラを購入した際のエピソードを語る映像がYouTubeに投稿されています。 そのいきさつはハンコックの自伝にも書かれていてとても面白いものです。 それにしても50年以上も前に購入した車 [続きを読む]
  • ヘッドハンターズの仮面
  • "Headhunters/ Herbie Hancock"のジャケット写真でハービー・ハンコックがつけている仮面の正体がわかりました。 本郷新記念札幌彫刻美術館で開催されている「アフリカの仮面と彫像」のポスターで見つけました。 コートジボアールのバウレ族が舞踏で使うゴリ・プレプレという仮面のようです。 最近ではゲーム「ファイナルファンタジーXIV」にもゴリ・プレプレがモデルの武器が登場するそうです。 [続きを読む]