ツキシキ さん プロフィール

  •  
ツキシキさん: うそうさ~第二号室~
ハンドル名ツキシキ さん
ブログタイトルうそうさ~第二号室~
ブログURLhttp://shiki3.hatenablog.com/
サイト紹介文鬱展開やヤンデレ愛好者による、フリーゲームやア感想置き場。まれに考察。
自由文ヤンデレが好きです(ただし二次元に限る)。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2012/12/12 23:11

ツキシキ さんのブログ記事

  • フリーゲーム「もしも死ねぇ」感想
  • 「模様変えの匠によるポルターガイスト」物が無くなりやすそうな前置き。えー、今回はtachiさんところのフリーゲーム「もしも死ねぇ」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。ツクール製の短編ホラーゲーム、脅かし多めで追いかけっこは無し。ちょっとしたギャグネタもあり、ライトにホラーを楽しみたい人向けかなと思います。というわけでさっそく特徴など。即死系の周回プレイ必須初プレイで「えっ?」 [続きを読む]
  • フリーゲーム「夜明けのマリアージュ」感想
  • 「清く正しく美しくおいはぎをして去っていく」素敵なお姫様像な前置き。えー、今回はChiken A La Modeさんところのフリーゲーム「夜明けのマリアージュ」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。ジャンルは女性向けRPG。それなりの長編ではありますが、改良版だとイージーモードもついているのでさくさく派の人も気軽に楽しめます。かなり古くから親しまれているとのことで、90年代なノリもあり懐かしさがこみ [続きを読む]
  • フリーゲーム「雨雲」感想
  • 「後に晴れても土はぬかるみ」カラリと爽やかにはいかない前置き。今回はちゃんとするさんところのフリーゲーム「雨雲」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。年齢制限ありのサスペンスもの。前半はノベル、後半は選択式のアドベンチャー。舞台は現代日本で、まさにあるあると言いたくなる日常感と、自分の身にも似た危険が起こり得るかも…!といったハラハラ感が楽しめます。ではさっそく魅力的な点か [続きを読む]
  • フリーゲーム「婚々痴気」感想
  • 「孫の顔を早く見たいVS親の顔が見てみたい」肉親ほど大切なものはないよねな前置き。えー、今回はカランコリックさんところのフリーゲーム「婚々痴気」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。乙女向け男女恋愛短編ノベルゲーム。選択肢での分岐がありますが、分岐点は限定的なので難易度は易しめです。ここで紹介するからにはヤンデレです。フィーバーです。やったね!というわけでさっそく良かった点 [続きを読む]
  • フリーゲーム「月光妖怪」感想
  • 「惚れた弱みで金貢ぎ」ずぶずぶ溶けていっちゃう前置き。えー、今回はtachiさんところのフリーゲーム「月光妖怪」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。ツクール勢のホラー、と見せかけてほのぼのギャグなアクションパズルゲームです。これは本家の紹介文が一番キャッチーだなと思ったので引用させて頂くと――「ホラーを "やる" 逆ホラーゲーム! 怖がらせるのは、プレイヤーである、あなた!」との [続きを読む]
  • フリーゲーム「わたしの魔術師」感想
  • 「選ばれし者がここにいる!」バッシングは気にせず行って欲しい前置き。plastic pocketさんところのフリーゲーム「わたしの魔術師」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。選択肢あり、攻略キャラ3人の乙女向けノベルゲーム。魔法学園もので、ちょっとした転入生とハプニングを交えつつも、ほのぼのと恋を芽生えさせていくような展開になっています。シナリオ自体は場面場面が短めに区切られているの [続きを読む]
  • フリーゲーム「救世メガロマニア」感想
  • 「神も兎も知ったことか!」やるなと言われればな前置き。えー、今回は30の法則さんところのフリーゲーム「救世メガロマニア」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。一通りクリアするまで30時間を越える長編RPG。バトルやシステムにアトラス作品のオマージュを加えつつも、オリジナルのキャラとストーリーで進みます。VIPRPGではありますがVIP独特のネタやノリは少なめなので苦手な方もご安心です。私 [続きを読む]
  • フリーゲーム「血染めの花」感想
  • 「知らない人からもらったものに手をつけちゃいけません」知り合いレベルでも躊躇うかもしれない前置き。今回は、KANNAさんところのフリーゲーム「血染めの花」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。選択肢でエンド分岐する形のサスペンスノベルゲーム。流血・病み・グロ表現はありますが、全クリした時の読後感は明るめです。公式サイトの注意事項に「BLゲームではないにも関わらずそういった要素が強い」 [続きを読む]
  • フリーゲーム「D.D. -黒の封印-」「D.D. Intermission」感想
  • 「投げやりに妥協すれば肩の力はおのずと抜ける」考えるのはその後にしような前置き。えー、今回はおはようスタジオさんところのフリーゲーム「D.D. -黒の封印-」とその後日談「D.D. Intermission」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。「D.D. -黒の封印-」長編RPG最後までギャグたっぷり、かつ熱い王道ストーリーまず難易度選択の説明で吹き出し、哲学的コレクションのところでやられました。 [続きを読む]
  • フリーゲーム「Cinderella〜シンデレラ〜」感想
  • 「夢か魔法か疑うなら飛び降りよう」駄目なら現実な前置き。えー、今回はClear Pieceさんところのフリーゲーム「Cinderella〜シンデレラ〜」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。中編乙女向けノベルゲーム、攻略対象2人、タイトル通りシンデレラの流れを汲みつつ進む糖度高めの作品です。というわけで、さっそく魅力的な点から。光の表現が美しいハイクオリティなグラフィックまず人目を引くのがグラフ [続きを読む]
  • フリーゲーム「ぼくは勇者じゃないよ」感想
  • 「それは君だけが知っている」早く誰かに知ってほしい前置き。えー、今回はQualiaさんところのフリーゲーム「ぼくは勇者じゃないよ」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。内容までは踏み込んでいませんが、隠し要素にも言及してます。寄り道しながら進んでクリアまで5時間ほどかかる、レトロRPGでした。ファミコン世代に是非プレイして欲しいゲームです。というわけでさっそく魅力的な点など。タイト [続きを読む]
  • フリーゲーム「PIERROT+」感想
  • 「アピールタイムに喝采を」それ以外はお静かにな前置き。えー、今回はDREAM WISHさんところのフリーゲーム「PIERROT+」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。ストーリー重視の長編RPG、サーカスが舞台のダークファンタジー寄りな一作です。結論書くと、むちゃくちゃ大好きです。ツボです。好みドストライクです。鬱展開好きな人や恋愛要素好きな人は是非やりましょう。とはいえこれだけだと何のこっちゃなの [続きを読む]
  • ゴールデンウィーク・短編フリゲ6作品感想まとめ
  • 「休みも続けば気が緩む」いざ世界を救ってシリアスになろうな前置き。えー、ゴールデンウィークということで、さくっと短時間で終わるフリゲの感想文をざざっと一気に放出します!やったね!どれも雰囲気は違えど面白いので、ピンときた方はこの休みを機にぜひDLしてみてください。 『金星脱税戦争』(ギャグ・クイズ) 『無感無痛 [無痛少女]』(ホラー・アクション・考察ゲー) 『戦の神子』(鬱展開・探索ゲー [続きを読む]
  • フリーゲーム「さいはてホスピタル」感想
  • 「長くこもればこもるほど外に出るのは怖くなる」早く世界が墜落して欲しいような気がした前置き。えー、今回は西高科学部さんところのフリーゲーム「さいはてホスピタル」(http://www.vector.co.jp/soft/winnt/game/se443011.html)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。ツクール製のトンデモRPG、オンリーワンの味が魅力。前に感想を書いた「四月馬鹿達の宴」と同じ作者様の処女作です。shiki3.haten [続きを読む]
  • フリーゲーム「Persona - The Rapture」感想
  • 「モラトリアムなんて誰が決めた?」個人のペースが枠づけられていく前置き。えー、今回は奥山キイチ(http://kiiichi.blog.shinobi.jp/)さんところのフリーゲーム「Persona - The Rapture」(http://kiiichi.blog.shinobi.jp/%E5%89%B5%E4%BD%9C/persona%20-%20the%20rapture)の感想をつらつら書きますね。おまけ要素を含めてコンプまで10時間ほどの長編RPGです。Personaと題にある通り、アトラス作の大人気「ペルソナ [続きを読む]
  • フリーゲーム「TR∀P DEAD」感想
  • 「おなべのふたと服と懐中電灯と」ひのきのぼうを探しに行く前置き。えー、今回は幻滅Motion!!さんところのフリーゲーム「TR∀P DEAD」(http://winter.vivian.jp/mo/game/td/td.html)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。暗躍+ノベルな感じのADVなBLゲー、コンプまで攻略見て1時間くらいの短編でした。ヤンデレで鬱展開もあると聞いてDLしたのですが、意外なほうがヤンデレでびっくりしました。どう攻 [続きを読む]
  • フリゲサイト「和製オフィーリア」作品感想
  • 「もう届かないとわかっていても」あなたの記憶は忘れられない前置き。えー、今回は和製オフィーリアさんところのフリーゲーム「硝子のアイズ」「追憶-remake ver.-」「parasite/transfer」「したかの。-living DEAD girl friend-」「サナギ」の感想をつらつら書きますね。で、先んじてお詫びすると、どうもこちらのサイト様は移転(閉鎖?)されたようです。この記事の原本を書いたのがなにせ一年前なので、DLをちょこちょ [続きを読む]
  • フリーゲーム「開耶姫の季節」感想
  • 「桜が落ちるころまた思い出してください」見ようと思ったその時には散っている前置き。えー、今回はBjorn & Bjorn(http://bb.mrvica.net/)さんところのフリーゲーム「開耶姫の季節」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。ジャンルは乙女向けフリゲ。傾向としては明るめな現代学園物、ルートによって少し切ない展開が見られます。というわけでさっそく魅力的な点など。とにかく細かい会話分岐乙女 [続きを読む]
  • フリーゲーム「束縛スル里」感想
  • 「多彩な色どりにショッキングピンクを添えて」頭に残るはそればかりな前置き。えー、今回は、バド(http://katubou.ninja-web.net/top.html)さんところのフリーゲーム「束縛スル里」の感想をつらつら書きますね。前に取り上げた「渇望スル島」の続編に当たります。shiki3.hatenablog.comキャラクターを役者っぽく扱って各ルートがパラレル化する部分は前作お馴染みです。シナリオの種類も増え、リアル調の立ち絵のクオリテ [続きを読む]
  • フリーゲーム「四月馬鹿達の宴」感想
  • 「残り数ページで終わってしまう」寂しいような楽しみなような前置き。えー、今回は西高科学部さんところのフリーゲーム「四月馬鹿達の宴」(http://www.vector.co.jp/soft/winnt/game/se485729.html)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。白状すると実はこのゲーム、一度詰んでました。いかんせん根が小心者なもので、説明なしで何でもできる導入にビビってしまい、ついつい後回しにしてしまっていたん [続きを読む]
  • フリーゲーム「渇望スル島」感想
  • 「人はありとあらゆる可能性を秘めている」もちろん世界にも同じことが言える前置き。えー、今回は、バド(http://katubou.ninja-web.net/top.html)さんところのフリーゲーム「渇望スル島」(http://www.vector.co.jp/soft/winnt/game/se456841.html)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。選択肢によって4つのルートに分岐する、ホラーノベルゲームです。けっこう気合いの入ったグロスチルもあるので、苦 [続きを読む]
  • フリーゲーム「ororor!」感想
  • 「脱ぐか晒すか二つに一つ」どちらも辛い前置き。えー、今回はへもへもさんところのフリーゲーム「ororor!」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。年下の彼と爽やかデートしようぜ!な女性向け恋愛ものです。がっつりコメディを含む他、色々と面白い展開に飛んでいくので、広い心で何でも来いな方向けになるかなと思います。というわけでさっそく魅力的な点など。草食系男子×サバサバ系女子主人 [続きを読む]
  • フリーゲーム「反乱軍記」感想
  • 「いざ反旗を翻す時!」はためきすぎてもっかい表向きに戻る前置き。えー、今回はMAKA BLOGさんところのフリーゲーム「反乱軍記」(http://www.freem.ne.jp/win/game/8406)の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。FE風、とよく称されるマス型の戦略シュミレーションゲーム。しかしながら独自のシステムも練り込んであり、シンプルで歯ごたえ抜群の一作でした!というわけで、特徴など。即時転職可能 [続きを読む]
  • フリーゲーム「消灯時刻」感想
  • 「日々生き生き元気に行きましょう!」それが空元気であれ、な前置き。えー、今回は杏仁どーよ(http://anninhanare.web.fc2.com/)さんところのフリーゲーム「消灯時刻」の感想をつらつら書きますね。一部レビューっぽいかも。全クリまで数時間ほどのBLノベルゲーム。ですが恋愛事よりも、この世界設定や独特の雰囲気をどっぷりと楽しむ作品という印象でした。例のルートに入らなければ一般向けでも十分通じそうな気もしま [続きを読む]