NetHero さん プロフィール

  •  
NetHeroさん: NetHeroの「今は昔」
ハンドル名NetHero さん
ブログタイトルNetHeroの「今は昔」
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/nethero/
サイト紹介文79年からカリフォルニア州在住。ジャズ大好き。観たライブ、読んだ本、聴いた音楽の情報満載 (笑)
自由文79年に大阪からカリフォルニア州に移民としてやって来ました。かってのバックパッカー。エクアドル人の嫁と生活しだして早42年。家ではスペイン語。外では英語。観るテレビ番組は日本語。でも、最近は会話も減ってスペイン語も英語も忘れる一方ですわ。ワハハハハ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/12/14 10:31

NetHero さんのブログ記事

  • Kei Akagi Tokyo Trio@Irvine Barclay Theatre/ Live
  • 先週水曜日(4月19日)夜、UCI(University of California, Irvine)内に在るコンサート・ホール、Barclay Theatreにて、ピアニスト、ケイ赤城、東京トリオのジャズ・コンサートがありました。平日の夜8時スタートにも関わらず、ほぼ満席(一階のみ300人程度か?)の盛況でした。ケイ赤城は、1996年UCI(カリフォルニア大学アーバイン校)で音楽講師として教鞭を執り始め、2000年からは同大学芸術学部教授としてジャズ理論、歴史、実技 [続きを読む]
  • Gerald's Game (Stephen King)/ Book
  • スティーヴン・キング(Stephen King)が1992年に書き下ろした「ジェラルドのゲーム(Gerald's Game)」を読みました。以下、ネタバレあり。以前、キングの1993年作「ドローレス・クレイボーン(Dolores Claiborne)」を読んだのですが、翻訳者の矢野浩三郎氏が、「ジェラルドのゲーム」と云う同時期の作品と関連していると「訳者あとがき」で書かれていました。カナダと国境を接する米国東北部のメイン(Main)州で、1963年7月20日に観測 [続きを読む]
  • Pink Floyd "The Wall"/ Music DVD
  • 1979年に発売後、世界的なヒット・アルバムとなったピンク・フロイド(Pink Floyd)の2枚組コンセプト・アルバム"The Wall"に基づいて制作された1982年全米公開の英国映画です。元ピンク・フロイドのベーシスト、ロジャー・ウオーターズ(Roger Waters)が脚本を担当しています。劇場公開時に観てきた友人が「葉っぱを吸いながら観る映画やな。」と云う名コメントをしていた事を思い出します。私は1986〜7年頃にビデオが出た際、レンタ [続きを読む]
  • 人間の條件1〜6(五味川純平)/Book
  • 私が小学校低学年生だった頃(古い話なので良く覚えていないのですが、間違いなく中学生ではなかった。)、本を読んでいるのを見た事もない様な近所のオッチャン、ニーチャンが貸本屋で借りてきて回し読みしていた本がありました。新書版サイズで濃い緑色の表紙には「人間の條件」と書かれていた筈なのですが、漢字も未だ良く知らない小学校低学年の私には「人間」は読めても「條件」は読めませんでした。その後、映画化もされ大ヒ [続きを読む]
  • Eric Clapton@The Forum/ Live
  • 英国3大ロック・ギタリストの一人、エリック・クラプトン(Eric Clapton)のデビュー50周年記念コンサートが昨晩(3月25日)夜に、L.A.郊外のイングルウド (Inglewood) に在るアリーナ、The Forum で開催予定でした。昨年のクリスマス・プレゼントとして息子から貰っていたチケットは、ステージ近くのかなり高額な(多分)席でした。Inglewoodは、ロサンジェルス国際空港(LAX)から東に3マイル(4.5Km)に位置する治安の余り良くない地 [続きを読む]
  • Logan/ Movie
  • 当地で公開されたばかりの「X−メン」シリーズの最新作「ローガン(Logan)」を先週水曜日(3月15日)に観てきました。よく出来たストーリーで期待以上に楽しめました。以下、ネタバレあり。シリーズ通算第10作目にして、ヒュー・ジャックマン(Hugh Jackman)演じるローガン(Logan)主役のスピンオフ・シリーズ第3作目です。本作をもって、ヒュー・ジャックマンは、ローガン役を引退する為、不死身のローガンはラストの大暴れ後 [続きを読む]
  • Planet Of The Apes (1968)/ Movie
  • 1968年公開の「猿の惑星 (Planet Of The Apes)」、オリジナル・シリーズ第一作目をスタートからエンディングまで初めて通しで観ました。公開から約半世紀を経ての快挙となります。本作はエンディングが有名な作品ですが、猿のメークアップも半世紀前の古さを全く感じさせぬ完成度の高さです。この後、1973年迄、平均年一本の割りで計5作品が公開されています。が、悲しいかな私は未だに一本も観た事がありません。201 [続きを読む]
  • Experience Hendrix 2017@Wiltern Theater/ Live
  • 伝説のギタリスト、故ジミー・ヘンドリクス(Jimi Hendrix)が残した遺産を管理する会社, Experience Hendrix, L.L.C.主催のトリビュート・コンサートが、先週水曜日夜(3月1日)にL.A.でありました。前回は2014年10月だったので、約2年ぶりのコンサートです。コリアン・タウンの一角に在る古色蒼然たる建物(1931年完成、1850席)ウイルターン・シァター(Wiltern Theater)が会場でした。以前は映画館で映画を観た記憶もあるのですが [続きを読む]
  • Fermat's Last Theorem (Simon Singh)/ Book
  • 17世紀のフランス人数学者、ピエール・ド・フェルマー( Pierre de Fermat)は48個の定理を証明無しに本の余白に書き残しました。その心は、余白が狭すぎたので証明が書ききれなかった!!その後、350年余の長きに渡り、幾多の天才達の挑戦を退けてきた最後の未証明定理は、「フェルマーの最終定理(Fermat's Last Theorem)」と呼ばれています。しかし、1994年に英国人数学者、アンドリュー・ワイルズ(Andrew John Wiles)が証明 [続きを読む]
  • Another Standard (Bob Berg)/ Music
  • サックス奏者、故ボブ・バーグ(Bob Berg)のリーダー・アルバムで1997年にStretch Recordsから発売されました。ボブ・バーグと云えばマイルス・デビス(Miles Davis)、チック・コリア(Chick Corea)それにマイク・スターン(Mike Stern)との共演作からフュージョン系ミュージシャンとばかり思っていましたが、私の認識不足でした。本作では、全曲に渡り緊張感溢れる真面目な(?)アコースティック・4ビートジャズを演奏しています。収 [続きを読む]
  • 64(ロクヨン),横山秀夫/ Book
  • 昨日(2月5日)は、毎年恒例のスーパーボールが、テキサス州ヒューストン(Houston)でありました。何度聞いてもアメフトのルールが未だに分からない私(従って、観ていても良く分からない)ですが、一大国民行事なので途中の宣伝やハーフタイム・ショーはしっかりと観ます。本末転倒ですが、、。昨日のハーフタイム・ショーには、レディー・ガガ(Lady Gaga)が登場しました。歌が上手いのは聴いてよく分かるのですが、中年太りの彼女が [続きを読む]
  • 沈黙 (Silence)/ Movie
  • 先週は、トランプ新大統領が次々と署名する大統領令(英語で、Executive Orderって云うんですね。知りませんでした。)、そしてそれに依って巻き起こる連鎖反応のニュースで連日大騒動でした。選挙中の公約を実行しているだけと云えばそれ迄ですが、これもメディアの大方の予想を覆す展開となりました。「言った事は即やる。詳細はその後、徐々に詰めていく。多分。」と云うトランプ流のやり方は、従来の政治家には見られなかった点 [続きを読む]
  • 新参者(テレビ・ドラマ)/ Movie
  • 先週金曜日(1月20日)に、ドナルド・トランプが、米国第45代大統領に正式就任しました。テレビ各局は、朝から宣誓式の生中継を流しずめで大忙しでした。今年は過去数年と異なり、当地はこの日も朝から大雨。屋根から雨漏りせぬかと気にしながらライブ放送をチラ観していました。トランプ新大統領のスタート時点での嫌われ度は、ダントツの約60%との事です。スタート時では期待感もあって支持度は一般に高く、時間と共に低下し辞める [続きを読む]
  • Friday The 13th, Uncut Version/ Movie
  • 先週の金曜日は13日だったのですが、それに因んで1980年公開の記念すべきシリーズ第一作「13日の金曜日"Friday The 13th "」をuncut versionで観ました。残念ながら、どの部分が、Uncutに当たるのか良く分かりませんでしたが、、。本作が公開された1980年当時は、ハリウッドの入り口に近い地域に住んでいました。丁度30歳の未だ若かりし頃で、金曜日夜は嫁と連れ立ってハリウッド界隈の映画館へ映画を観に行くのが、ささやかな小市 [続きを読む]
  • Ole (John Coltrane)/ Music
  • ジャズ・ピアニスト、チック・コリア(Chick Corea)作の超有名曲にラ・フィエスタ(La Fiesta)と云う曲がありますが、その原曲かと思われるのがジョン・コルトレーン(John Coltrane)作のオレ(Ole)です。コルトレーンはインパルス!・レコード(Impulse Records)に残したアルバム群で良く知られていますが、インパルス移籍前のアトランティック・レコード(Atlantic Records)に残したアルバム中にも素晴らしいモノが何枚もあります。そ [続きを読む]
  • Alphonse Mouzon (Drummer)/ Musician
  • 謹賀新年今年も宜しくお願い致します。当地の大晦日は、雨が降ったり止んだりの寒い一日でしたが、本日は青空の広がる素晴らしい元旦となっています。例年同じ事を書いて恐縮ですが、当地の元旦は単なる休日で特別な雰囲気は全くありません。昨晩は、コマーシャルが一杯入ったNHK紅白歌合戦の録画放送を電気コタツに入ってテレビで観ました。知らない歌手が歌う聴いた事もない唄ばかりなので途中で寝てしまい、目を覚ましたら既に1 [続きを読む]
  • Rogue One (A Star Wars Story)/ Movie
  • 昨年(2015年)12月にスターウォーズ第7作目、"The Force Awakens"が公開された際、その前日譚に当たるスターウォーズ第6作目、”Return Of The Jedi"を観直し予習までして備えました。しかし、息子からお誘いがあった日は、当地では珍しい大雨で観に行けず、DVDでも発売されたら自宅で観よかと作戦変更しました。結局それから一年経った今も未だに観ていません。その内、今年12月に"Rogue One"と云う次作が公開されると云う噂がネ [続きを読む]
  • Lonely Woman (Horace Silver)/ Music
  • "Lonely Woman"と聞けば、真っ先に思い浮かぶのは、サックス奏者「オーネット・コールマン(Ornette Coleman)」の楽曲ではないでしょうか?。でも、ピアニスト「ホレス・シルヴァー(Horace Silver)」にも、ジャズ・スタンダードとなっている同名のバラードがあり、こちらも佳作です。初出は、ブルー・ノート・レコード(Blue Note Records)から1965年にリリースされたシルバーのリーダー作"Song For My Father"中に含まれているモノ [続きを読む]
  • Classics in The Key of G (Kenny G)/ Music
  • 1980年代半ばに、スムーズ・ジャズと呼ばれる新しいミュージック・ジャンルに登場したサックス奏者、ケニーG(Kenneth Gorelick)は、FM放送のヒットチャート番組で頻繁に取り上げられ、瞬く間に有名ミュージシャンとなりました。しかし、私にとっての彼は、アルバムをわざわざ買って迄、聴く気を起こさせないミュージシャンでした。まぁ、彼が特別と云う訳ではなくスムーズ・ジャズ自体に興味が持てませんでした。未だに持てませ [続きを読む]
  • 逆説の日本史12(井沢元彦)/ Book
  • 今年のNHK大河ドラマ「真田丸」も残すところ後2話となりました。今年の大河ドラマ「真田丸」は、帰国の都度、地元大阪に残る史跡を見学していたので特に熱心に観ています。池波正太郎著「真田太平記」文庫本全12巻をはじめ数々の関連本も読みました。その関連本の一つで、先週読んだのが井沢元彦(いざわもとひこ)著の「逆説の日本史」シリーズ12話「近世暁光編」です。この作家の著作は膨大で、私は未だ7~8冊程度読んだだけで [続きを読む]
  • Thick In The South (Wynton Marsalis)/ Music
  • 今年のサンクスギビング・セールも今日(11月27日)で終わりです。この5年ぐらいでセールの形態は大きく変わってきましたが、相変わらずセール、セールで世間は大騒ぎしています。この騒がしい期間中の外出は、私は嫌なのですが、学校休みで泊まり込んでいる孫達にせがまれるとそうも言ってられません。(実は、私も結構好きなのです。)但し、セールとは云ってもまだまだ高いし、セールで無い商品も孫達は買い込んだりして、支払 [続きを読む]
  • Miles Davis Quintet: The Bootleg Series, Vol. 5/ Music
  • マイルス・デビス(Miles Davis)のブートレグ・シリーズ第5集。3枚組CDで、核になっているのは1966年録音のアルバム「マイルス・スマイル(Miles Smiles)」です。節約とモノ減らしの理由で、最近は高価な新アルバムを滅多に購入しない私ですが、このアルバムには飛びつきました。(しかし、ベルギーから遥々送られて来たアルバムは、梱包不良によるダメージ大で結局返品しました。)理由は、「マイルス・デビス」そして副題が「フ [続きを読む]
  • 沈黙(遠藤周作)/ Book
  • 先週火曜日(11月8日)に、米国大統領選挙がありました。結果はマスコミの予想に反し、トランプが第45代大統領に選出されました。全有権者の半分しか投票していなかったと云う後日報道された事実から、今回の選挙は、やはりド白け選挙だった様です。(こちらは、残念ながらマスコミ予想が当たっていました。)中西部や南部諸州は圧倒的にトランプが取り、カリフォルニア州の大都会L.A.周辺とは、全く異なった様相を持っている事を [続きを読む]
  • Going To Hollywood By Metro/ Travel
  • 大統領選は明日ですが、今日(11月7日)は、朝から大騒ぎでメディアは盛り上がっています。さて、10月15日にL.A.C.C.(Los Angeles City Collage)で在ったジャズ・コンサートの前に、久しぶりに歩いてハリウッド界隈を探索しました。ダウン・タウンから地下鉄に乗ってVine/Hollywood駅へ向かいました。車社会のL.A.に地下鉄が初登場したのは26年前の1990年。今では、6車線も開通しているんですね。地下鉄に縁の無い私は全く知らなか [続きを読む]