costaのブログ さん プロフィール

  •  
costaのブログさん: costaのブログ
ハンドル名costaのブログ さん
ブログタイトルcostaのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/amanohiboko/
サイト紹介文日常の感じていることを書きます。
自由文私は26年間アメリカで車の修理をやってきました。ヒューストンが5年間、ニューヨークが半年、ニュージャージーが4年半、そしてここロサンゼルスでは16年間ですね。


オールデータを持っていますので何かご質問もあれば受付いたします。気軽にコメントください。

よろしくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供386回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2012/12/16 04:58

costaのブログ さんのブログ記事

  • ゴルフに誘われた。
  •  一般の人々のゴルフの話は尽きない。私はタイガーウッズの話をする。  私が凄いのではなく、以前、私と同じ会社で働いていた40歳ぐらいの、タイガーと同年代の人の話しがある。  彼は、以前突然タイガーの話を私にして来た。  実は自分はタイガーと幼なじみだったというのだ。それを聞いた時に嘘やろ!と思った。  しかし、事実だった。  本当にタイガーと幼なじみだった。私はタイガーが育った家、遊んだ公園を見てきた [続きを読む]
  • 私はお金で苦労しないといけない星のようだ。
  •  私は大学から教会に献身した。一般の企業に働いた体験がない。  私が普通の給料をもらうようになったのは、アメリカにわたって、そしてしばらく働いてからだった。  ヒューストンのセイロモータースがアメリカに来て始めての企業での仕事だったが、そこでも始めは給料をもらえなかった。  国進様た社長になって給料制になった。それまでは私達の企業は特殊で一般の企業とはまるっきり違う。  普通は人件費が余りにも多くの経 [続きを読む]
  • 「一体となると感じなくなる」み言葉
  • 真の父母の日と天地人愛完成の日1994年4月11日韓国・九里市・中央修練院 一九九四年四月十一日(陰暦三月一日)、第三十五回「真の父母の日」の記念式典が行われ、礼拝での内容。    一体となると感じなくなる 神様は愛を持っています。神様は生命の根本です。神様は血統の根本です。神様は良心を持っています。しかしながら、持ってはいるものの、感じることはできないのです。文総裁もそうです。私も生命・愛・血統・良 [続きを読む]
  • 大阪から来た一人の二世の女の子
  •  私はリムジンの仕事をしている関係で、この女の子をLAXの空港までピックアップしてあげることになりました。  仕事をメンバーが経営している留学生を手助けする会社で、私は下請けとして受けました。そして空港で出会った女の子です。  祝福の二世です。ダンスの留学で三週間来ています。  私は二週間前の土曜日にピックアップしましたが、翌日の日曜に教会に連れて行って上げられませんでした。  これは仕事外のことで、私 [続きを読む]
  • 私は神の事情を考えます。
  •  神の事情を考えます。    私達は簡単に神はいないとか、オーマイガー!なぜなんだ!と信じられないことが起きると、驚いてし今います。  私が何の理由もなく痛みを受けるときとか、信じられないこととか、私が被害者になってしまうときとか、否定された時に私は神の事情を考るようにしています。  そうしないと私が被害者意識から脱却できないからです。  原因が何であるかを考えるときに、まず私達は原因を外に求めるで [続きを読む]
  • 神の事情で現実が進行している
  •  私の考えは現実の全ては、神の事情で運行しているという考えです。  都合の良い神、神の事情で片付けてしまう、神は死んだ、それは現実逃避のための言い訳だ、と言いたくなることが沢山あります。そんな神なんて信じられない、という現実が沢山あります。  それを考えたうえでの記事です。実際悲惨な立場には立ったことがないので、より悲惨な立場に立って歩まれた方々にはちょっと申し訳ありませんがお許し下さい。  神は全 [続きを読む]
  • アメリカからカープのメンバーが東京に行ってます。
  •  今、アメリカからカープの一行が日本に行っています。東京に行ってますが、その中に私の娘もいます。  色々な刺激を受けてくると思いますが、本人の体験なので、ちゃんと受け止めてくれればと思います。  できるだけ、体験させてやりたいと思ってます。私は娘に昨年まではみ言葉を語ったことがないのです。み言葉で教育したことがありません。押し付けるものではないと思ったからです。  そして話した言葉を守らないといけな [続きを読む]
  • 神との関係における信仰
  •  この記事を書いていて思ったのですが、信仰について考えいと思います。それは無条件に信じる信仰と、確信を持って信じる信仰について考えてみたいと思います。どちらが正しいか? どっちも必要なのか?  真剣に考えてみたことがありませんが、探求してみます。私のようなタイプは確信を得ないと信じれない世界がありますが、反面、無条件に信じる世界もあります。  これについてお約束どおり記事にしたいと思います。その前 [続きを読む]
  • 自分の心地良さを奪われて怒る?
  •  今日、ちょっとした瞬間だったが思ったことがあった。それは人間は心地よい状態を願う。心地よい状態が続くことを願うことによって幸福になれる。  瞬間的にムッと思ったので、一体なんだろうと考えてしまった。この感覚は言った何かとおもったのだ。そして考えていると、  「自分の心地よさが奪われると怒る。」  と言うものであった。心地よさを求め立場環境を求めるので、それを奪われると怒りが無性にこみ上げてくるよう [続きを読む]
  • 本物を発見するために
  • 本物は非常識のエリヤに存在する。 本物はみんなが想像も見向きもしないところにある。 常識だと思って疑問を抱かないところにもあるかも知れない。 本物は正面にあるのではなく背後にある。 本物はみんなが嫌がるところにある。 本物はみんなが反対するところにある。 本物は受け入れがたい。 本物は堕落性により隠される。 だから、本物を見つけるためにはどうすればよいか? 決定してしまうとそれでとまる。 なにが? 本物を [続きを読む]
  • この年になると死を意識する
  •  一度しかない人生をいかに生きるかを考えてます。死が近くなってくると考えてしまいます。  昨日はこんな夢を見ました。私のすぐそばに核爆弾が落ちると言う夢です。  私の近くに落ちました。私はその瞬間に目をつむりました。  爆発した!と思った瞬間に私の体に熱いものが過ぎ去り、ああ私の体が焼けたのか! と思ったのです。少し痛みはあったのですが、体が無くなったと思いました。  私の意識はそのまま残ってます。熱 [続きを読む]
  • Limo Driver になったきっかけ。
  •  私がウーバードライバーをはじめた記事を、以前書かせて頂ましたが、如何してLimo Driverになったか記事にしたいと思います。   関心のある方は読んでください。神はいったい何を私にされよとしているのかをいつも考えてしまいます。  昨年から私はウーバードライバーをしていました。新しい仕事になると、いつも止めたい気分になるのですが、この仕事はそんな気分になりませんでした。  仕事的には自分のやりたいときに出来 [続きを読む]
  • 私は Limo Driver !
  •  私は Limo Driver ! です。写真は私でありませんが、だいたいこんな感じでしょうか。今乗っている車は2011年式のリンカーンタウンカーです。  LAX ロサンゼルスエアポートのimo Driver ! ですこの様な仕事も結構面白いですね。何か違った自分を見るようです。  有名の人を載せたことがありませんが、一応、アメリカの三菱モーターの副社長の奥さんと母親とか、日本の一部上場企業の社長とか乗せました。  まあ私 [続きを読む]
  • 良心に従わなくてもなんとも思わない?
  •  本然の人間と堕落後の人間を考えてみたときに、今一番問題になっているのは堕落性だと私は感じています。  この堕落性が一番ネックになっていますが、堕落性について誰も語りません。本当に不思議ですね。この堕落性を語り始めると自分の立ち位置がなくなってしまうからでしょうか。  私は堕落性について語ります。これが一番問題だからです。これが問題の根本であり、これを解決しない限り永遠に神の王国を建設するのは不可能 [続きを読む]
  • 常識の限界と非常識の時代
  •  今日は、常識の限界と非常識の時代、と言う題名で記事を書いてみたいと思います。こんな記事誰も書かないと思うので、面白いと思い書くことにしました。  非常識という言葉を最近は良く見たり、聞いたりします。私はスポーツが好きなのでスポーツを見るのですが、皆さんの分かりやすい野球から非常識という事を考えます。  非常識といっている人はイチロー選手、桑田選手です。野球のバッティングの技術について常識を打ち破る [続きを読む]
  • 人を許すという言葉もない
  •  許して欲しいという言葉はあっても、許すという言葉がない。少し勘違いしてしまう言葉ですが、どんな意味を持っているかを、加害者の立場で説明したいと思います。  人は加害者になるときもあります。加害者であっても被害者ではないということは、被害者意識ではありません。当たり前です。  加害者は悪いと思った時に、悔い改めて被害者に許してもらいたいと思います。謝りたい心境になるのが当然だと思います。謝罪ですね。 [続きを読む]
  • 悪霊を開放する者
  •  悪霊界があります。悪いことをしてきた人が悪霊界に行きます。この霊人をいかに救うことが出来るでしょうか。復活論を学んで来ましたが、私達はそれをいかに生活で生かしてきたかと言う問いかけです。  それは地上の肉身をもっていている人が使命を果たさないとこの霊界を救うことが出来ないということです。  それを私は復活論で学びました。肉身と持っている人が重要になるということは、原理のみ言葉を学ばれた皆さんもご存 [続きを読む]
  • み言葉の受肉は自身の良心に従うことが最低条件です。
  •  み言葉の受肉は自身の良心に従うことが最低条件です。良心の声は絶対に聞きたくないですね。私が良く知ってます。  私達は言葉を読んで感動します。  メシヤがご自分の行動でしめされた路程を聞いて私達は感動します。  礼拝の話を聞いて感動します。  愛されて感動します。  このようにいろいろ良い影響を受けて来ました。これは間違いないですね。怨みになってしまったこともありますが、何か感動したこともあります。   [続きを読む]
  • 私がムッとした一コマから
  •  ある日常のひとコマです。日本から来たお客様を迎えるために、私はLAX(ロサンゼルス国際空港)に向かって、405号線を北に向かって走り、空港の近くまできました。  車を運転していて、出口のところである車が割り込んで来ました。私は相変わらずムッ!としました。気分が悪いですがそのままにします。心の師匠はいつもながら言います。追ってはならない!と言います。  それが一番良い方法だと思うのです。ムッ!として悔 [続きを読む]
  • タイムパラドックスで過去を“変える”
  •  また同じような記事を書きます。とっても私には興味があって、もっと追求してみたいと思うほどです。  私は理系です。色々と考えたりするのが大好きです。その代わり記憶することが非常に苦手で、記憶する勉強はまったくだめでした。  記憶するには何度も繰り返して覚えますね。すぐに忘れてしまうので、何度も記憶する努力をします。  私はそれをすると、もうむずむずしてしまって、じっとしていられなくて、すぐに諦めてし [続きを読む]
  • 私達に対する神の事情
  •  こんなことを記事にするのは傲慢かもしれませんが、感じていることを書いてみたいと思います。  初めに神は私達に干渉できないと言うことについて書かせていただきます。干渉できないと言うのはちょっとさびしいではないかと考える方もいらっしゃると思います。  神はいつも私たちを愛してくれているのではないか。私達を天から見つめてみてくださっているのではないかと思います。その様に思っていらっしゃる方はそれでよいで [続きを読む]
  • 本然の人間の良心と、堕落後の人間の良心の違い
  •  本然の人間の良心と、堕落後の人間の良心の違いを考えていました。  本然の人間の良心は神との因縁があったので、良心の戒めはとって食べるなと戒めを与えるだかだったと考えられます。  堕落後の良心の叫びは神に帰れという人間に対する願いが一貫してありましたが、良心の基準は非常に低くて初めは麻痺していた状態だと思います。良心が引き上げられた度合いの働きであったと思います。  とって食べてはならないと言う戒め [続きを読む]
  • 「素粒子の世界は宇宙」と「霊界の存在」
  •  素粒子の世界は宇宙と単純にか考えた。宇宙の法則と原子の世界と似ていると言う面もありますが、私はそのイメージではなくて、私がだんだんと小さくなっていって物質の中に入っていくとどうなるのかなと考えたのです。  この疑問を持っている人は私一人ではないようです。疑問を持っている人はいるようです。  この世界の物質は実はスカスカなんですよね。と言う疑問を下かけていらっしゃいます。 https://detail.chiebukuro [続きを読む]
  • 罪について新しい観点
  •  過去が存在しないのであれば過去の罪も存在しないのではないか?  過去、自分が犯した罪に関してもいかに捕らえたらよいのか?  過去がないのであれば、人間は好きなことが出来ると思っても良いのか?  過去の罪がなく存在しないのだから別に罪に問われないのではないか?  過去が存在しないのであれば、過去がなくなるのであれば別に良いではないかと考えてしまいます。当然ですがその様に考えます。それを少し考えてみたい [続きを読む]