costaのブログ さん プロフィール

  •  
costaのブログさん: costaのブログ
ハンドル名costaのブログ さん
ブログタイトルcostaのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/amanohiboko/
サイト紹介文日常の感じていることを書きます。
自由文私は26年間アメリカで車の修理をやってきました。ヒューストンが5年間、ニューヨークが半年、ニュージャージーが4年半、そしてここロサンゼルスでは16年間ですね。


オールデータを持っていますので何かご質問もあれば受付いたします。気軽にコメントください。

よろしくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供255回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2012/12/16 04:58

costaのブログ さんのブログ記事

  • 教育部長の講義日記さんのブログの内容を実践する。(訂正)
  •  教育部長の講義日記さんの下記のブログの内容を実践します。 ”問題を抱えているのはあなた自身だったのです” ”「被害者意識」と「責任転嫁」を封殺する” という内容で書かれています。 iphonで記事を書いてアップしましたので少しおかしくなっているようです。私は書かれました記事はそおとおりだと思います。ですから、私は日常でこの記事の内容を実践します。 ある事件が起きてます。この内容な書けません。書いてしま [続きを読む]
  • 堕落性が蔓延した暗黒の世界に住む堕落性の虜になった人間になりたくない!
  •  堕落性が蔓延した暗黒の世界に住む堕落性の虜になった人間とう私のイメージを私は持っています。これについて説明します。  この世界は神とは全く関係のない世界になります。  堕落性の蔓延した暗黒の世界は誰が作り出しているかと言いますと、神がわからない人間が作り出しています。  本然の世界では堕落性が蔓延した暗黒の世界は存在していませんでした。  人間の堕落によって作られました。   [続きを読む]
  • 相手を理解するという事は?
  •  相手を理解する時にどのように理解するか考えてみました。  相手の立場に立つことが第一でです。  第二に相手の立場に立って、自分の基準で考えてはいけないですね。相手の基準に合わせます。  第三に相手の性格、相手の考え方、相手の経験とかいろいろな要素をできる限り知るようにします。  最後にそれらを総合的に考えて、判断していきます。  相手の話を聞く時、相手の姿を見る時 [続きを読む]
  • あなたは? 続き後で書きます。
  • あなたは4大心情圏は一体何処に作るか?3大王権は一体何処に作るか?皇族圏は一体何処に作るか?天国は一体何処に作るか?そして、あなたは4大心情圏は一体何処に作ろうとしているのか?3大王権は一体何処に作ろうとしているのか?皇族圏は一体何処に作ろうとしているのか?天国は一体何処に作ろうとしているのか? [続きを読む]
  • 「3代目」ロックフェラー氏死去 101歳
  • 「3代目」ロックフェラー氏死去 101歳ジョン・D・ロックフェラー氏の孫で唯一存命していたアメリカの富豪で「ロックフェラー家」3代目の銀行家、デイビッド・ロックフェラーさんが亡くなった。101歳だった。(フジテレビ系(FNN))  私はこの記事を読んで何かいみがるのかと考えてしまいました。どうのこうのとは言えませんし、記事にすることも出来ません。ご冥福を祈り致します。 [続きを読む]
  • 痛みは毒のようになって私の体を襲う
  •  私も怒りを感じることがあって、そのたびに ” 怒っても問題は解決しないよ! ” という声を聞いて、怒りを収めます。  収めるとその怒りの種は私の体にジーンと働き、まるで毒を飲んだかのように、私から力を抜き取っていきます。相当な脱力感を感じます。  自分の怒りを何らかのかたちで表現しないと収まらない。  そんな気持ちが湧いてきます。完全に抑えこんでしまうので、脱力感でしばらくはぼーっと [続きを読む]
  • 一般の人々の楽しみ
  •  私は運転してあちこち行きます。  金曜日の夜、土曜日の夜が特に凄いですね。  みんな飲み屋に行きます。  普段は夜の9時、10時には人がいなくなります。  夜遅くまで人が沢山います。日本だったら当たり前です。  金曜日の夜、土曜日の夜はもうみんなワイワイと騒いでいます。  派手な女性も沢山います。  アルコールを飲んで運転することは犯罪になります。  だから、私の [続きを読む]
  • 男性の成熟よりも女性の成熟の方が早いのは何故だろうか?
  •  男性の成熟よりも女性の成熟の方が早いのは何故?  アダムとエバが時を迎えます。本来堕落しなかったらどうなったかを考えます。女性が早く成熟するようになっているのにも意味ありですね。男性のアダムはもう色々と興味があってあちこち走り回っていたと聞いています。思春期はどちらが早く迎えるでしょう。女性のほうが早く迎えるようです。  エバは自分の相対となる人を知りませんでした。霊的堕落で初めて気がつ [続きを読む]
  • 研究記事 私はいくら考えても私の世界でしか生きてない
  •  いくら考えても私は私の世界で生きています。私が見て、聞いて、感じて、事を知っている人はいるか? 私がそれらをどのように考えて、どのようにしようか知っている人いるか? 私が今まで体験してきたことを知っている人がいるか? いくら考えても誰もいないのです。  私はいつも孤独だと思ってました。誰も本当の意味で理解してくれる人と求めてきた反面、そのような人などいないと思ってきました。そんな理解できる人 [続きを読む]
  • 真の兄
  •  兄は弟達が争うことに心を痛めます。  争っている弟達を見て争うなとも言えません。  ご本人の父親の式典にも参加されてません。参加できなかったのでしょう。  更に、お父様からも愛されることがありませんでした。  だから争ってはいけないのです。 [続きを読む]
  • 研究記事 宇宙で唯一無二の私
  •  私は瞑想しません。お祈りもあまりしません。そのために時間もとりません。ただ、口数が少なく、一人が多いかもしれませんね。  人と多く付き合う人は一人の時間が当然少なくなります。自分を見つめる時間もあまり無いですね。  ここ3日間はある事件があって、自分の心で色々落ち込んでいました。色々な思いを転換する努力を重ねていました。一応今日は一件落着でした。自分が被害者意識になりそうで、自分か悪人の [続きを読む]
  • 良心の声を勘違い
  •  先回の記事を書いていて気が付きました。  まず、声は具体的な声でありません。感覚です。  感覚は万民に共通です。人々はいろいろな言語を使ってますが、感覚の違いは無いようです。  良心の感覚は一体何か?  この感覚を間違って捉えることです。  具体的な行動でありません。具体的な行動だと思ってますね。ほとんどの人が具体的な行動だと思ってます。  アダムとエバに神は何でも行なっ [続きを読む]
  • 研究記事 過去も未来も存在しないと考えると
  •  あるのはこの瞬間です。  過去が無条件に存在していると信じています。私も存在すると信じていました。でも、時の刻みは冷たく容赦なく刻まれています。冷血鬼のようにして刻まれています。過去を信じる私は過去に戻って見たい、やり直したい、とか色々と考えますがそれが実現した記憶はありませんね。容赦なく刻まれています。そして未来は人間の選択肢によっていくらでも変わってしまうので存在しません。あるのはこの瞬 [続きを読む]
  • 研究記事 霊界と地上界は人間の心で繋がってる
  •  心は霊界ではないか!  私もそう思いました。  でも、良心を考えた時に肉身がなくなると良心もなくなる。いわゆる自分が良いと思った事が思えなくなるということです。私達は物事の良し悪しを当然のようにして考えています。それで当然だと思って何も考えませんね。  私はふと考えました。良心は肉心と関係している!  ということは、肉心は肉体とともに土に帰ってしまいます。すなわちなくなるという話 [続きを読む]
  • 研究記事 素粒子間は霊界
  •  現実の世界と霊界は重なり合っているという仮説を立てましたが、面白い考えだと思います。  霊界は別の世界があって、宇宙の外にあると考えていました。皆さんも別世界を考えていらっしゃいませんか。霊界の実相と地上世界の本を詳しくは読んでいないのですが、かさなりあっているという考えあったのではないかと思われます。  それで考えました。素粒子間に一体何が存在するかという事です。人々は真空だと言います [続きを読む]
  • 研究記事 霊界って別世界だと思ってた
  •  霊界は別の世界があると思っているでしょう。この世界に重なって存在していて、現実が進んでいるように、現実が進んでいる世界に霊界も重なって存在しているという仮説です。  霊界が見える人は何かエネルギーを感じて、エネルギーを見ることが出来れば見えるかもしれません。時間空間を超越した世界でしょう。  肉身を脱いだらその世界になります。肉体がなくなり、霊人体だけ残ります。素粒子に制限された世界は時 [続きを読む]
  • 今しか存在しない
  •  人間の可視光線は限られた波長の世界です。目に見える世界は限られた世界です。それから物質の世界も本当にスカスカの世界です。分子間、原子と電子間、素粒子間の隙間を考えたことありますか?  そして私達が時間として感じている世界があります。それは光を見て感じているだけです。過去が存在するか?   過去など存在しません。タイムマシーンに乗って過去に行く事がでいるかもしれないと思うでしょう。例えば、 [続きを読む]
  • ” 泡ヘルス ” を知ってますか?
  •  私は教会の活動を7年間やって、その後東京に人事の話が来ました。私は工業大学出身で当時電子工学を専攻していました。そして学校で学んだ分野で活動できるという、私なりの歩みを考えた時に新しい出発の意味があると思い、東京人事を受けました。   教会の活動から東京に行って初めてのメンバーが働いている会社に勤め始めました。家電部門から始まりましたね。電話機の訪問販売から始まりました。結局実績なしで終わり [続きを読む]
  • 四研さんに一言
  • 四研さんの活動終了の記事を見て、目を丸くしてしまいました。本当に!と言う感じで、一体何があったのか思いました。 私も四研さんにかなりのコメントもしました。記事も書きました。いろいろ理論の食い違いはありましたが、1つだけ認められる事は、記事とか、コメントを読ませて頂いた限りでは、理論の内容ではなく、神に対する姿勢が一致している事です。 それは、否定に対して、怒りの姿勢がないという事です [続きを読む]
  • 私は怨讐を作れない
  •  凄い偉そうな事書きますね。怨讐を作れないなんて。  私が被害者になって怨讐を作ったらどうなるか考えました。そのようなときもありましたので、それをふまえて記事にしてみたいと思います。  痛みを感じたら加害者として痛みを与えた人を立てます。これが怨讐の始まりです。私は被害者になるでしょう。  その被害者になった場合に自分に情けなさを感じます。  いつも私が記事にしているように、問題を [続きを読む]
  • 私の構造(3/9/17更新)
  • 私の構造 私の日常の生活で自分の心を分析して自分の構造を考えています。私が感じて、考えて、そして行動する一連の過程と私の感情の構造を考えてみました。私の感情、私の堕落性、私の良心作用は一体どうなているのか? そして、人間の脳内物質によって感じる私の感情があります。それを踏まえながら考えています。 霊人体 生心 真、善、美、を追求する本性部分を言うと教わりました。神を内外から追求 [続きを読む]
  • 原罪
  •  原罪のみ言葉の一部を紹介します。 七七七双聖酒式後の御言/マルスムポケット(4)  こういうふうになぜ三拝するかというと、これは三位基台であるからです。アダムとエバとそれからアベルを象徴します。これは血統を受け継ぐ復帰式です。エバが堕落してから、アダムを誘引して堕落させ、そこから人間の先祖が始まったのでしょう? 結婚式はその式です。今の式は堕落の復帰式です。血統を復帰して、原罪を取ら [続きを読む]
  • 皇族圏16 王族圏と皇族圏
  •  王族と皇族の違いを私が理解している内容ですが説明したいと思います。  王族は本来アダムとエバが個性を完成し、家庭を持ち子供が生まれ、そこから神の王族圏が広がっていきます。  真の家庭もそうです。真の父母から生まれたご子女様から広がっていく子孫が神の王族圏に入っていきます。  ところが問題が、アダムとエバが堕落して、天使長の子孫になってしまいました。そして、今日まで多くの人が生まれ、多 [続きを読む]
  • 意識を自己の内面に向ける必要性
  •  個性を完成しようと思えば意識を自己の内面に向けるだけで良いのです。それ以外には内容に思えます。それで全てが解決するのではないかと思います。いくら外に意識を向けて解決しようとしても、根本的解決に至らないのです。一時的に解決にはなりますが、根本的解決に至らないようです。問題解決について記事にしましたが、外的問題解決は即効性は早いですが、根本の解決にななりませんね。しかし、内的問題解決は非常に時間がか [続きを読む]
  • 自己中心の動機について
  •  自己中心の動機をどのように知る事が出来るか? 人の行動を見て、あなたの行動は自己中心の動機だと簡単に判断して言えるかどうかです。  ほとんどのメンバーが自分の基準で他の人を見て、あの人は自己中心的な人だと判断するでしょう。誰一人私自身がそんな要素があるので人の行動が自己中心的行動だと思っているとは考えません。人の責任、人の間違い、人の問題としてしまいます。  でも、それは本当に簡単で [続きを読む]