パパゲーノ さん プロフィール

  •  
パパゲーノさん: 道にあるちょっと古いもの
ハンドル名パパゲーノ さん
ブログタイトル道にあるちょっと古いもの
ブログURLhttp://ameblo.jp/papagenopapagena/
サイト紹介文トンネルや橋など、ちょっと古めの道路構造物に遭遇した記録
自由文休日、在住している千葉を中心に関東近辺をうろうろしている自分。第一の目的は宿で食べるご馳走とお酒だが、最近は途中の道にある古ぼけたもの(土木建築物)にも興味の矛先が・・・
ということで、道にあるちょっと古めの気になるものを写真に納め、場所(地図)と少々の感想を粛々と記録していく予定。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2012/12/16 16:59

パパゲーノ さんのブログ記事

  • 三間線7号隧道跡、8号隧道
  • 【名称】三間線7号隧道【所在地】君津市奥米【竣工】不明【延長】不明【幅員】不明【高さ】不明【撤去】不明 2016年8月21日訪問 君津市奥米(おくごめ)、林道三間線にて。今いるのはココ(← )。6号隧道を抜けて坂を下ってきたところだ。 産業廃棄物の不法投棄で有名な千葉。もっとも、これは産廃ではないのだろうが、こんな所にまでわざわざ捨てに来なくてもいいのに… ゴミはクリーンセンター [続きを読む]
  • 泉水隧道跡
  • 【名称】泉水隧道【所在地】夷隅郡大多喜町泉水【竣工】1877(M10)年(「隧道データベース」より)【延長】39m(同上)【幅員】3.2m(同上)【高さ】2.5m(同上)【撤去】不明(1970年代半ば?) 2017年3月12日訪問 この日は大多喜県民の森第2駐車場(久半谷隧道東側)から出発。第1駐車場もあるのだが、そちらは16時半には封鎖されてしまうのだ。 今いるのはココ(← )。いい感じのお地蔵さん、 [続きを読む]
  • あじさい橋
  • 【名称】あじさいはし【所在地】香取郡多古町多古【竣工】1989(H1)年3月【延長】約30m(目測)【幅員】約2m(目測) 2017年3月5日訪問前回(2012年6月10日) ひさしぶりに栗山川を見たくなり、多古町・あじさい公園の駐車場へ。ここから上流方面に向かう。 走り出してから気付いたのだが、もう少し緑の濃い時期の方が景色が圧倒的に綺麗だ(^-^; 公園内の歩道橋。南の下流側より。 まぁ、 [続きを読む]
  • 国道410号の旧道(鴨川市横尾)
  • 【名称】国道410号(旧道)【所在地】千葉県鴨川市横尾2017年1月29日訪問 鴨川市横尾、国道410号にて。今いるのはココ(← )。北を向いている。カーブの外側にあるスペースが以前から気になっていた。 よくよく見ると、ガードレールで封鎖された道があるじゃないか(゚д゚)ハッ!! バリケードの先の様子。まきき氏によると、この先の道は国道の旧道だという。ただ、この部分は現道が開通したとき [続きを読む]
  • 小田代の水路隧道(第四段)
  • 【名称】不明【所在地】夷隅郡大多喜町小田代【竣工】不明【延長】約100m(目測)【幅員】約1m(目測)【高さ】約2m(目測) 2016年12月25日訪問 大多喜町小田代(こただい)、養老川の支流の更に支流にて。今いるのはココ(← )。先日紹介した水路隧道の北側の上流方面に進んだところだ。 ここで、思いがけず、滝が現れた。これじゃぁ遡上できないじゃないか?(゚Д゚||)ガーン 仕方なく [続きを読む]
  • 大坂川の水路隧道(仮称2号隧道)など
  • 【名称】不明【所在地】君津市大坂【竣工】不明【橋長】約5m(目測)【幅員】約3m(目測)2016年8月14日訪問 君津市大坂(おさか)、今いるのはココ(← )。大坂ホタルの里の隧道を南に抜けて少し進んだところだ。 猪の罠があった。また猪の肉食べたいなぁ。 雨上がりにここを車で訪れるのは危なそうだ(^-^; ここで、大坂川を跨ぐ小さな橋が現れた。東側より。 橋の上か [続きを読む]
  • 三間線5号隧道跡、6号隧道
  • 【名称】三間線5号隧道【所在地】君津市奥米【竣工】不明【延長】不明【幅員】不明【高さ】不明【撤去】不明 2016年8月21日訪問 君津市奥米(おくごめ)、林道三間線にて。今いるのは4号隧道の南側のココ(← )。南を向いている。 この切り通し、以前は隧道だったようだ。 これは1971(昭和46)年に発行された地形図(1/25000 坂畑)。三間線の隧道と隧道跡を記入してみた。たぶんこれで全 [続きを読む]
  • 御腹川の水源地を目指せ
  • 【名称】御腹川(おばらがわ)【所在地】君津市怒田2016年8月14日訪問 小櫃川の支流・御腹川(おばらがわ)の上流部、(仮称)1号隧道の南側にて。今いるのはこの辺り(← )。 この先、水路隧道はもうなさそうだが、あるものが現れるはず、、、 川に流れ込む滝。 日が傾き始めていたが、次から次へと現れる景色についつい先に進んでしまう。 もう少し早めに出発してお [続きを読む]
  • 小田代の水路隧道(第三段)
  • 【名称】不明【所在地】夷隅郡大多喜町小田代【竣工】不明【延長】約30m(目測)【幅員】約2m(目測)【高さ】約2m(目測) 2016年12月25日訪問 先日紹介した小田代の水路隧道(第二段)を抜けるとすぐに次の水路隧道が現れた。 南側坑口(吐口)。 今度はどんな隧道だろう。 南側坑口から内部を望む。 内部は大変なことになっている。 内部から見た南側坑口 [続きを読む]
  • 加持橋[鍛冶橋]
  • 【名称】加持橋[鍛冶橋](かじばし)【所在地】山武市和田/成東【竣工】2007(H19)年7月【延長】約20m(目測)【幅員】約3m(目測) 2016年9月4日訪問 山武市和田(わだ)、作田川(さくだがわ)の左岸にて。今いるのはココ(← )。比較的新しめの橋が今日のお題。ありふれた桁橋に見えるのだが… 橋桁の北側に橋歴板がある。 「鍛冶橋/2007年7月/千葉県/道示(2002)A活荷重/使用鋼材 [続きを読む]
  • 小田代の水路隧道(第二弾)
  • 【名称】不明【所在地】夷隅郡大多喜町小田代【竣工】不明【延長】約30m(目測)【幅員】1.5m(目測)【高さ】1.5m(目測) 2016年12月25日訪問 前回取り上げた養老川支流の水路隧道の東側にて。ここで小さな支流が合流している。 とりあえず支流を攻めることに。 切り通しの脇に小さな穴が。 二五穴サイズの短い穴だが、呑口側は閉塞しかかっている。 [続きを読む]
  • 小田代の水路隧道
  • 【名称】不明【所在地】夷隅郡大多喜町小田代【竣工】不明【延長】約30m【幅員】約10m【高さ】約4m 2016年12月25日訪問 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 新年最初の物件は最近取り上げる機会が増えている水路隧道です。 大多喜町小田代(こただい)の養老渓谷観光センター駐車場にて。今いるのはココ(← ) しばらく待っていると、まきき氏が到着 [続きを読む]
  • 御腹川の水路隧道(仮称・1号隧道)
  • 【名称】不明【所在地】君津市怒田【竣工】不明【延長】約200m(目測)【幅員】約1.5m(目測)【高さ】約5m(目測) 2016年8月14日訪問 君津市怒田(ぬだ)、小櫃川の支流・御腹川の上流にて。以前紹介した「御腹川の水路隧道(仮称・2号隧道)」の南にて。 トンデモナイ水路隧道を抜けた先にコンクリートの擁壁が現れてちょっと拍子抜けしている(^-^; 少し進むと堰が。その先は木の枝が覆い被 [続きを読む]
  • 大樺沢吊橋
  • 【名称】大樺沢吊橋【所在地】南アルプス市芦安芦倉【竣工】不明【橋長】約30m(目測)【幅員】約0.8m(目測) 2016年11月6日訪問前回(2014年11月26日) 野呂川(早川)の上流、広河原にて。今いるのはココ(← ) 支流の大樺沢に架かる吊り橋が見える。右の橋は広河原橋。 広河原橋を渡ると左前方に主塔が見えてくる。 西側より。 アンカー。 冬季閉鎖直 [続きを読む]
  • 三間線4号隧道
  • 【名称】三間線4号隧道(さんませんよんごうずいどう)【所在地】君津市奥米【竣工】2001(H13)年7月【延長】101.0m【幅員】3.0m【高さ】3.2m 2016年8月21日訪問 君津市奥米(おくごめ)、林道三間線にて。今いるのはココ(← )。東から延びてきた三間線はここの交差点で南に進路を変える。ちなみに、そのまま西に延びる道は香木原線に名前を変える。 少し不自然な感じもするのだが、この先で [続きを読む]
  • 奈良田隧道
  • 【名称】奈良田隧道(ならだずいどう)【所在地】南巨摩郡早川町奈良田【竣工】1956(S31)年(「平成16年度道路施設現況調査」より)【延長】16m(同上)【幅員】4.4m(同上)【高さ】3.5m(同上) 2016年11月6日訪問 南巨摩郡早川町奈良田(ならだ)、山梨県道37号南アルプス公園線の旧道にて。今いるのはココ(← )。 大きな標識の先に隧道が。 東側坑口。 ところで、隧道の隣には広いスペ [続きを読む]
  • (仮称)片倉隧道
  • 【名称】不明【所在地】君津市笹【竣工】不明【延長】約3m(目測)【幅員】約4m(目測)【高さ】約4m(目測) 2012年1月29日訪問 もう5年近くも前のこと。片倉ダム近くの駐車場でお馴染みの面々(doodoongoo氏、まきき氏)と待ち合わせ。だが、この日はもう一人のスペシャルゲストがいた。その人は、この日のためにわざわざ関西からやってきたのだ(嘘) 「はじめまして、クイック・ニック(←当時)です ( ̄ [続きを読む]
  • (仮称)旧々大貫隧道
  • 【名称】不明【所在地】南房総市千倉町大貫/館山市古茂口【竣工】不明【延長】約30m(目測)【幅員】約4m(目測)【高さ】約4m(目測) 2016年10月29日訪問 南房総市千倉町大貫、今いるのはココ(← )。先日紹介した(仮称)旧大貫隧道・東側坑口のすぐ横である。この2メートルちょっとの段差をよじ登った先に本日のお題がある。※ただし、この写真を撮ったのは戻る時だったので、写真は降下シーンである(^- [続きを読む]
  • 小金橋
  • 【名称】小金橋(こがねはし)【所在地】長生郡長南町坂本【竣工】2014(H26)年1月【橋長】約200m(目測)【幅員】約6m(目測) 2016年11月20日訪問 長南町千田(せんだ)、今いるのはココ(← )。なぜこんなところにあるのかが謎の駐車場。まきき氏に以前ここに呼び出されてフルボッコにされたことがある。その時に「こらおっさん、ええもん教えてやるで」ということで、まきき氏に教えてもらった物件が今日 [続きを読む]
  • (仮称)旧大貫隧道
  • 【名称】不明【所在地】南房総市千倉町大貫/館山市古茂口【竣工】不明(明治期?)【延長】約200m(目測)【幅員】約4m(目測)【高さ】約4m(目測)【廃止】大正末? 2016年10月29日訪問 先日紹介した大貫隧道の東側にて。注目していただきたいのは赤丸で囲まれた部分。ここにほとんど人に知られていないブツがあったとは! (この地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)に [続きを読む]
  • 大貫隧道
  • 【名称】大貫隧道(おおぬきずいどう)【所在地】南房総市千倉町大貫/館山市古茂口【竣工】1926(T15)年【延長】210m【幅員】4.m【高さ】2.5m2016年10月29日訪問前回(2011年3月19日) 千葉県道188号館山大貫千倉線(たてやまおおぬきちくらせん)にて。今いるのはココ(← )。地図には現道と並行して細い道があるかのように描かれているが、実際は路肩が広がっているだけ。ここが旧道の路盤ということになるようだ [続きを読む]
  • 広河原橋
  • 【名称】広河原橋【所在地】南アルプス市芦安芦倉【竣工】1984(S59)年【橋長】約50m(目測)【幅員】約1m(目測) 2016年11月6日訪問前回(2014年10月26日) 朝5時半。早川町の町営駐車場にて。待っていた始発のバスがやってきた。 今年もまた広河原へ。一昨年のように県道37号南アルプス公園線を奈良田まで歩こうと思う。 途中、奈良田のゲートで車掌さんとゲートの警備員さんが言葉を交わしていた。 [続きを読む]
  • 大坂ホタルの里の隧道
  • 【名称】不明【所在地】君津市大坂【竣工】不明【延長】約10m(目測)【幅員】約3m(目測)【高さ】約5m(目測) 2016年8月14日訪問 君津市大坂(おさか)、大坂川上流の大坂ホタルの里に来ている。今いるのはココ(← ) 少し歩くと隧道が見えてくる。 絶壁に開いた隧道。 北側坑口。 隣には以前紹介した巨大水路隧道がある。 地層部分が凹んでいる [続きを読む]
  • 三間線3号隧道
  • 【名称】三間線3号隧道【所在地】君津市奥米【竣工】不明【延長】約80m(目測)【幅員】約4m(目測)【高さ】約3m(目測) 2016年8月21日訪問 君津市奥米(おくごめ)、林道三間(さんま)線にて。今いるのはココ(← )。東を向いている。 地層が見えるのも良い感じだ。 切り通しを上りきりさらに坂道を進む。 写真では解りにくいが、肉眼だともう目標が見えている。 &n [続きを読む]
  • 御腹川の水路隧道(仮称・2号隧道)
  • 【名称】不明【所在地】君津市怒田【竣工】不明【延長】約200m(目測)【幅員】約1〜8m(目測)【高さ】約2〜5m(目測) 2016年8月13日訪問 小櫃川(おびつがわ)の支流・御腹川(おばらがわ)の上流にて。現在地はこの辺り(← )。といっても、Yahoo!の地図ではどの辺りなのか、さっぱり見当が付かないかと(^-^; 先日紹介した(仮称)3号隧道を南(上流側)に過ぎたところだ。 河床をジャブジャブと進 [続きを読む]