パパゲーノ さん プロフィール

  •  
パパゲーノさん: 道にあるちょっと古いもの
ハンドル名パパゲーノ さん
ブログタイトル道にあるちょっと古いもの
ブログURLhttps://ameblo.jp/papagenopapagena/
サイト紹介文トンネルや橋など、ちょっと古めの道路構造物に遭遇した記録
自由文休日、在住している千葉を中心に関東近辺をうろうろしている自分。第一の目的は宿で食べるご馳走とお酒だが、最近は途中の道にある古ぼけたもの(土木建築物)にも興味の矛先が・・・
ということで、道にあるちょっと古めの気になるものを写真に納め、場所(地図)と少々の感想を粛々と記録していく予定。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/12/16 16:59

パパゲーノ さんのブログ記事

  • 稲子沢橋
  • 【名称】稲子沢橋(いなごさわはし)【所在地】富津市志駒【竣工】1985(S60)年1月【延長】約30m(目測)【幅員】約3m(目測) 2017年8月6日訪問 富津市志駒(しこま)、志駒自由市場の駐車場にて。ってか、自由市場ってもうやめちゃったのかな?(^-^; でも「志駒不動様の水」は相変わらず盛況。この日はここから出発。 下郷橋の北側にて。ここから左に分岐している道が旧道。 路傍にある県道改修の記念碑。新道と旧道はここから500メー [続きを読む]
  • 御腹川の水路隧道(仮称・7号隧道)
  • 【名称】不明【所在地】君津市怒田【竣工】不明【延長】約30m(目測)【幅員】約3m(目測)【高さ】約3m(目測) 2017年5月28日訪問 君津市怒田(ぬだ)、小櫃(おびつ)川の支流・御腹(おばら)川の川べりにて。今いるのはココ(← )。大きく崩落していた水路隧道(仮称・6号隧道)を背に30メートル程進んできたところだ。 山に囲まれていて、「江戸時代の隠し田だったのだ」と言われると納得してしまいそうな土地。数年前までは耕作 [続きを読む]
  • 大須賀川の無名橋
  • 【名称】不明【所在地】成田市伊能【竣工】不明【橋長】約4m(目測)【幅員】約8m(目測)2017年9月10日訪問 成田市松子の大栄公民館裏にある駐車場から出発。 公民館の隣にあるこの施設は学校給食センター。 そのまま国道51号に出るつもりだったのだが、ふと反対の方向が気になった。 坂道を下ると収穫の終わった谷津田が広がっていた。 そして、東に伸びる建設中の道があった。元々はあぜ道のような道だったようだが、整備さ [続きを読む]
  • (仮称)香木原線2号隧道
  • 【名称】不明【所在地】君津市奥米【竣工】不明【延長】約20m(目測)【幅員】約4m(目測)【高さ】約4m(目測) 2016年8月21日訪問 君津市奥米(おくごめ)、林道香木原線にて。今いるのはココ(← )、もっとも起点側にある(仮称)香木原線1号隧道の中だ。隧道を抜けた先に次の隧道が待ち構えている。 西側より。 隧道全体が入る正面からの構図を確保することができなかった(^-^; 隧道手前の路盤はボコボコになっていた(^-^; [続きを読む]
  • 瀧口神社、硯橋
  • 【名称】瀧口神社【所在地】千葉県いすみ市下布施【創建】不明 2017年8月27日訪問 いすみ市下布施(しもぶせ)にて。いい感じにひなびた鳥居があったので、ちょっと見ていくことに。 この、訪れる人も少ない、って雰囲気がいいね。ところで社殿は?(^-^; 石段を登ると左奥に見えてきた。 細い参道あり(^-^; ところで、この社殿だが、細工もよくできていて立派なのだが、 あまり神社っぽく見えないのは気のせい?いや、神社建 [続きを読む]
  • 田淵の水路隧道と滝
  • 【名称】不明【所在地】市原市田淵【竣功】不明 2017年7月30日訪問前回(2012年7月15日) 最近、巷でチバニャン?なるものが流行っている、という情報を耳にした。チバニャン?なんだそりゃ?新しい千葉県のゆるキャラかぁ?でも、千葉にはもうすでにオフィシャルなチーバ君と民間によるふなっしーという二大キャラクターがあるではないか。そこに今さら新キャラを追加しなくても、、、 あ!わかったぞ!2020年東京オリンピックに [続きを読む]
  • 御腹川の水路隧道(仮称・6号隧道)
  • 【名称】不明【所在地】君津市怒田【竣工】不明【延長】約5m(目測)【幅員】約5m(目測)【高さ】約5m(目測) 2017年5月28日訪問前回(2015年8月2日) 君津市怒田(ぬだ)、林道怒田福野線の終点付近にて。今いるのはココ(← )。ちょっと納得がいかないのだが、標識に従えばこの林道、怒田福野線と名乗っていながら、福野の集落ではなくココが終点となるらしい。ここから集落までも一応道は繋がっているのだけど、、、 それはと [続きを読む]
  • 旧寺谷隧道
  • 【名称】不明【所在地】南房総市和田町中三原【竣工】不明(明治初期?)【延長】約15m(目測)【幅員】約2m(目測)【高さ】約2m(目測) 2017年7月16日訪問 南房総市和田町中三原(なかみはら)、千葉県道296号和田丸山館山線(わだまるやまたてやません)にて。今いるのはココ(← )。昨日紹介した寺谷トンネルの東側である。 実は先日、拙ブログに南房総在住の雲助2号さまという方から、重大情報がもたらされたのだ。せっかくの素 [続きを読む]
  • 寺谷トンネル
  • 【名称】寺谷トンネル(てらやつとんねる)【所在地】南房総市和田町中三原【竣工】不明、1979(S54)年8月改修【延長】104.00m【幅員】5.50m【高さ】4.50m 2017年7月16日訪問前回(2015年4月19日) 南房総市和田町中三原(なかみはら)、千葉県道296号和田丸山館山線(わだまるやまたてやません)にて。今いるのはココ(← )。まきき氏と、この先にある隧道たちを見にきてみた。 石碑があった、、、 「清紀念燈」 どうやら上半分 [続きを読む]
  • 甚兵衛円筒分水工など
  • 【名称】甚兵衛円筒分水工【所在地】成田市船形【竣工】不明2017年6月11日訪問 成田市船形(ふなかた)、成田ニュータウンからピューッとチャリで坂道を下ってきたところ。今いるのはココ(← )。谷津の奥に水田が広がる典型的な下総台地の田園風景。 なかなか絵になる木だ。 そして根元には小さな祠がひとつ。 谷津を抜けて、、、 山の反対側へ。今いるのはココ(← )。東を向いている。この交差点を右に。 こ [続きを読む]
  • 山神社(君津市坂畑)
  • 【名称】山神社【所在地】君津市坂畑【創建】不明 2017年7月9日訪問 君津市坂畑(さかはた)、今いるのはココ(← )。今まで何度かここを通ったが、今回はふとこの神社が気になった。 気になった第一のポイントが階段下にある立派な石灯籠。 台座には中村當と。中村さんが寄進したのかな? 石灯籠の奥に続く道が、、、 このまま進んでいけば、山肌にポッカリと口を開いた地下壕があったりして、、、 なんてことは、なさ [続きを読む]
  • 山田第二隧道
  • 【名称】山田第二隧道(やまだだいにずいどう)【所在地】いすみ市山田【竣工】不明【延長】約50m(目測)【幅員】約3m(目測)【高さ】約4m(目測) 2017年5月7日訪問前回(2013年1月20日) いすみ市山田(やまだ)、林道山田線にて。今いるのはココ(← )、坑口手前で台崩落が起きていた山田第一隧道の南側だ。チェーンソーで切った倒木がある。ここまでは頑張ってやってくる人もちょくちょくいるのだろう。 大丈夫とは思うのだが、 [続きを読む]
  • 久留里城の「林道」
  • 【名称】不明【所在地】君津市久留里市場/久留里【竣工】不明【延長】約800m【幅員】約0.6m2017年7月2日訪問 君津市久留里市場(くるりいちば)、久留里城の駐車場にて。今いるのはココ(← )。正面の階段道、久留里城の天守閣方面に行くことができるようだ。せっかくなのでこの道を行ってみようと思うのだが、それよりも、、、 「林道」だそうだ。う〜ん、なんだか林道のイメージと違うのだが、、、??? 林間歩道の [続きを読む]
  • 怒田の水路隧道
  • 【名称】不明【所在地】君津市怒田【竣工】不明【延長】約20m(目測)【幅員】約1m(目測)【高さ】約3m(目測) 【名称】不明【所在地】君津市怒田【竣工】不明【延長】約20m(目測)【幅員】約0.8m(目測)【高さ】約3m(目測) 2017年5月28日訪問 君津市怒田(ぬだ)。林道怒田福野線の起点にて。今いるのはココ(← )。これからいつものように御腹川へ向かう。ただこの林道、来る度に崩落箇所が増えているので、この先がどうなってい [続きを読む]
  • 佐室隧道、佐室歩道トンネル
  • 【名称】佐室隧道(さむろずいどう)【所在地】いすみ市佐室【竣工】1955(S30)年(「平成16年度道路施設現況調査」より)【延長】72m(同上)【幅員】5.9m(同上)【高さ】4.5m(同上)【名称】佐室歩道トンネル(さむろほどうとんねる)【所在地】いすみ市佐室【竣工】1975(S50)年3月【延長】84m(「平成16年度道路施設現況調査」より)【幅員】3.0m(同上)【高さ】2.5m(同上) 2017年6月18日訪問前回(2013年1月20日) いすみ市佐室(さむろ)、国 [続きを読む]
  • 両総用水10号サイフォン
  • 【名称】両総用水10号サイフォン【所在地】東金市田中【竣工】1960(H35)年頃 2017年4月2日訪問 東金市田中(たなか)、今いるのはココ(← )。南西方向を向いている。この道は両総用水の管理用道路。そして左のコンクリが暗渠化された両総用水だ。 まず手前の建屋から。「51号空気弁」 裏側に回ると銘板があった。たしか前に通った時はなかったと記憶しているのだが? 関東農政局のウェブサイト(HP(http://www.maff.go.jp/ [続きを読む]
  • 小金人道橋
  • 【名称】小金人道橋(こがねじんどうはし)【所在地】【竣工】(H)【橋長】【幅員】2016年11月20日訪問 長生郡長南町坂本(さかもと)、今いるのはココ(← )。道路を跨いでいる橋は、現在建設中の長生グリーンラインの小金橋(未供用)。そしてその下に小さな橋が架かっているのに気がついた。 明らかに四輪車は通れない。人道サイズの橋だ。南側より。 別の角度から。 南側左の銘板。「こがねじんどうはし」 南側右の銘板 [続きを読む]
  • 養老川支流の水路隧道
  • 【名称】不明【所在地】夷隅郡大多喜町面白【竣工】不明【延長】約30m(目測)【幅員】約4m(目測)【高さ】約3m(目測) 2017年5月21日訪問 大多喜町小田代(こただい)にある養老渓谷やまびこセンターの昼夜状から出発。 駐車場のすぐ脇にある水路隧道は見物客で賑わっていた。実は有名スポットだったのか? 隧道の先では家族連れが水遊びをしていた。 リュックを背負って長靴を履いて進むおいら、地元の人が山仕事に来た、とでも [続きを読む]
  • 成田ニュータウンに残る遺構たち
  • 【名称】宝徳寺観音堂(ほうとくじかんのんどう)【所在地】成田市玉造【建立】1684(貞享元)年、2011年焼失【再建】2013年頃?2017年6月11日訪問 成田市玉造(たまつくり)、成田ニュータウンの北端にある外小代公園の駐車場から出発。 公園内には多数の古墳があるが、それは以前見たので今回はとりあえずスルー。だが、公園南側の交差点に見える空き地。あれも古墳(公津ヶ原29号墳)だ。 そして、 [続きを読む]
  • 小田代の水路隧道(第五弾)
  • 【名称】不明【所在地】夷隅郡大多喜町小田代【竣工】不明【延長】約30m(目測)【幅員】約5m(目測)【高さ】約7m(目測) 2016年12月25日訪問 大多喜町小田代(こただい)、千葉県道178号小田代勝浦線(こただいかつうらせん)にて。今いるのはココ(← )。 養老渓谷やまびこセンター駐車場入り口の向かい側に川に降りる小路がある。 小路の先の行き止まり。 そこから左を見ると [続きを読む]
  • 米原隧道
  • 【名称】米原隧道(よねわらずいどう)【所在地】市原市米原【竣工】1979(S54)年7月【延長】65.50m【幅員】5.50m【高さ】4.70m 2017年6月4日訪問前回(2011年6月12日) 市原市米原(よねわら)にて。今いるのはココ(← )。隧道の東側だ。 前回、この隧道を取り上げたとき、「大多喜街道(国道297号)の旧道にあるトンネル」と書いたが、じつはそれは大間違い。旧道どころか、昭和半ばになって始めて地図に [続きを読む]
  • 作田川の無名橋たち
  • 【名称】不明【所在地】山武市成東【竣工】不明【橋長】約4m(目測)【幅員】約15m(目測) 2016年9月4日訪問 九十九里平野平野の中央部を流れる作田川。その中流部を上流に向かってまったりと進んでいる。去年の9月、まだ残暑厳しい時期のことだった。 橋が見えてきた。 地図にも載っている橋だが、仮設橋のような造り。ネットで公開されている山武市橋梁位置図 (PDFファイル)にも記載はない。行政 [続きを読む]
  • 君津市久留里/浦田の隧道跡
  • 【名称】不明【所在地】君津市久留里/浦田【竣工】不明【延長】不明【幅員】不明【高さ】不明 2017年5月28日訪問 千葉県君津市久留里(くるり)、今いるのはココ(← )。南を向いている。この先の切り通しはかつて隧道だった。 (この地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)により作成したものです。) いつものように今昔マップで新旧の地形図を比較してみ [続きを読む]
  • 奈良田トンネル
  • 【名称】奈良田トンネル(ならだとんねる)【所在地】南巨摩郡早川町奈良田【竣工】1993(H)年11月【延長】202m【幅員】6.5m【高さ】4.5m 2016年11月6日訪問 山梨県道37号南アルプス公園線にて。今いるのはココ(← )。このトンネルは県道の一般開放されている区間では最も北(起点側)にあるものだ。北側坑口。 扁額の代わりに直接ポータルにトンネル名が刻み込まれている。「奈良田トンネル [続きを読む]
  • 境部田橋
  • 【名称】境部田橋【所在地】297-0122 千葉県長生郡長南町坂本【竣工】2015(H27)年9月【延長】約100m(目測)【幅員】約7m(目測) 2017年5月21日訪問 長生郡長南町坂本、今いるのはココ(← )、南を向いている。県道から未成橋らしきものが見えたのであわててこちらに曲がってきたのだ。橋の前後が寸断されていて上に登ることはできなさそうだ。 なかなか立派なはし。えっと、ここにあ [続きを読む]