永遠のJガール さん プロフィール

  •  
永遠のJガールさん: 永遠のJガール
ハンドル名永遠のJガール さん
ブログタイトル永遠のJガール
ブログURLhttp://eiennojgirl.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文JJが好きだったからJガール。バブル世代のおひとりさま。介護しながら着物を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供213回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2012/12/16 22:16

永遠のJガール さんのブログ記事

  • ぬぬパナ キモノ井戸端会議へ
  • 阪急百貨店で開催中の「ぬぬぬパナパナのぬぬ」(八重山地方の方言からの造語で「布の端々」の意)に伺いました。全国の織物作家さんの作品展覧と共に催されたのが「キモノ井戸端会議」という人気イベント。今回参加することが叶いました。講師は朝香沙都子さん、西岡万紀さん、松下妙子さん、須賀凌子さんです。「絹の着心地はどこから?織りの着物」と題した、日本各地の絹織物についてのお勉強会です。結城紬、大島紬、本塩沢、 [続きを読む]
  • ぬぬぬパナパナのぬぬ2017
  • 阪急百貨店本店で「ぬぬぬパナパナのぬぬ2017」が始まりました。私は過去に何度か伺ってますが、今回初めてキモノ井戸端会議にも参加します。本当にたのしみです。どうか家のほうに何事も起こらず、とどこおりなく当日出掛けられますように。素敵なポスターです?ぬぬぬパナパナのぬぬ、主宰の浦令子さんが20日にご逝去されました。かっこいい女性で憧れておりました。謹んでご冥福をお祈り致します。にほんブログ村にほんブログ [続きを読む]
  • リサイクル帯恐怖体験
  • リサイクルやオークションで好みの帯をお安く買えたと喜んでいた一方、ちょっと痛い思いもしたので記しておきます。紅型調の名古屋帯を買ったときのこと。届いたお品を見たら型崩れや破れはないものの、あまりにも古色蒼然としていて唖然となる。触っただけで手が真っ黒になり、どうしたものかととりあえずビニール袋に入れて思案する。しばらくすると、なんだか身体がかゆくてたまらなくなる。・・・ひょっとして、ダニ? いやい [続きを読む]
  • 1円の名古屋帯を締めてみた
  • 着付け教室でした。先日、ヤフオクで落札した10本の名古屋帯のうち、1円の帯を締めてみました。強い思い入れがなかった濃ピンクの横段でしたが、高級感もあり良い帯だと思いました。とても締めやすいです。着物は結城紬狂いの時に飛びついた、リサイクルの単衣です。遠州椿のピンクと帯の色がリンクしました。もう一本は、人呼んでTHEハッキリ風景文(笑)男性的な力強い画風の帯です。前と横の白地が際立って良かったです。ぜひ洗 [続きを読む]
  • お直しおばさん宣言
  • 先日、自力で松葉仕立てから名古屋仕立てに縫い直した帯。なかなか上手くいきました。悉皆さんに頼んだら、洗い張り込みではありますが、1万2千円と言われたんですよ〜。続いて、この単衣帯を名古屋仕立てに縫い直しました。こちらのほうが簡単でした。味をしめて、今直しているのがこの塩瀬の帯。なにせ着付けスキルがないもので、開き名古屋から自分が結びやすい名古屋帯に直しております。和裁の心得はまったくないのですが、 [続きを読む]
  • ヤフオクで名古屋帯を10本買う 後編
  • ⑥山吹色 松皮菱 44円 入札数5ちょっと辻が花調入ってますよね? ヤフオクで辻が花は人気あるので、今回も競争きついだろうな〜と覚悟してたのですが、辻が花とは書かれてないからかあっけなく落札。しぼの太いぽってりした縮緬なので、冬に締めたいと思います。⑦白 花食い鳥 248円 入札数6尊敬する勘三郎夫人の波野好江さんが白地の帯を推奨されているので、白地、クリーム地は私にとって特別感あります。この帯も [続きを読む]
  • ヤフオクで名古屋帯を10本買う 前編
  • ゴールデンウィークにヤフーオークションで名古屋帯10本を買いました。理由はこちら → 際限なき物欲を止めるために①赤の絞り 22円 入札数3友達がお母さまの絞りの羽織をリメイクして帯に仕立て替えしているのを見て、素敵だな〜うらやましいな〜と思っていたので今回入札。絞りは人気なので競争が激しいと予想してたのに、意外にあっさりと落札。GW中でオクが過疎ってたのかな?それとも赤だから?②紺色 花と間垣 38 [続きを読む]
  • 際限なき物欲を止めるために
  • どうやら私は男性的なのかコレクター気質があるようで、いったん欲しいと思ったら、とことん集めないと気が済まないみたいなんです。ワンピース100着で書いたとおり、狂っている間は恥ずかしながら物欲が止められないんです。でもいったん集めてしまったら、そこで満足してしまい、憑き物が落ちるように綺麗さっぱり物欲もおさまるようです。やれやれ。今は洋服はまったく欲しくなくて(一生買わなくても大丈夫なぐらい)見向きも [続きを読む]
  • ワンピース100着
  • 今日は洋服の話です。40代の時、ダイアンフォンファスティンバーグ(DVF)のラップドレスに夢中になりまして、それはもう大変だったんです。柔らかいジャージー素材で、身体に巻きつけるラップ型ワンピース。アーカイブ柄といって、幾何学模様を繰り返したプリントが大好きでした。写真はダイアンご本人。どことなく1970年代モードを彷彿とさせるワンピース。ダイアンから派生して、昭和40年代の日本の昭和古着ワンピース [続きを読む]
  • 快適な麻の長襦袢
  • 着付け教室で手描きの八つ橋の帯を締めてみました。これで杜若、菖蒲が描かれた着物をコーディネートしたら最高だけど、持ってなくて残念。でも充分気に入ってます!別名、妖怪一反木綿の帯とも言います(笑)着物はビビッドカラーの十日町紬の袷です。が、掟破りで長襦袢は今月から夏ものにしております。麻です、麻!涼しくて軽くて快適です。長襦袢が麻だから、ボッテリした袷でも耐えられました。そういえば昔、お仕事をご一緒 [続きを読む]
  • ここぞという時に履く草履
  • 私が持ってる草履は四足です。一足目 エナメルの白二足目 艶消しの黒三足目 布張りの茶色そして四足目が一番気に入っている畳表の草履(南部表の台)です。畳表の草履というのは、一見カジュアルに思えますが、ところがどっこい、草履の格としては最上級らしいんです。訪問着はもちろん、第一礼装の留袖もいけます。私は台を低く(前一後三重)カジュアルダウンしてもらいましたが、台を高く(前三後七重)して鼻緒を純白に [続きを読む]
  • たんす屋さん、ありがとう
  • 親が体調を崩して、この三日間ほうぼうの病院に連れていき夜中まで走り回っておりました。ようやく今日の昼、原因がはっきりわかって治療方針が定まり、一段落つきました。眠い〜。ホッとしたところで、自分自身の諸々の用事を済ませるため大阪市内に出ました。そのなかのひとつがたんす屋さんの本決算に行って、締めなくなった帯を下取りしていただくこと。着物、帯、羽織、コート、浴衣、長襦袢、なんでも5点までひとつにつき5 [続きを読む]
  • 芸人みたいに着物を着たい
  • 久々の着付け教室でした。が、その後、急遽父を病院に連れて行かねばならなくなり時間がないので、もう教室を休もうかな〜と一瞬思ったのですが、いやいや15分ぐらいでササッと着て、先生に見てもらった後はパパッと脱いで、すぐに帰ったら間に合うやん。ゆっくりお稽古するより、何時何分までに完了させると時間を切ったほうが、うまくいくに違いない。と考えたわけです。私の妄想では、みんなが今から長襦袢という頃にはもう帯 [続きを読む]
  • 白髪染めを止めて5ヶ月
  • 加藤タキさんみたいになりたくて、今年始めから実験的に白髪染めを止めています。当初は茶髪、黒髪、白髪の三色ミックスでしたが、こまめに毛先をカットしているうちにやっと黒と白のミックスになりました。表面は黒髪が多いけど、中は白髪がドッサリです。どうやら完全なホワイトにはならず、まだらのグレーヘアになりそう。吉川晃司みたいな^^すぐに白くなると思っていたのに、意外と時間がかかっています。周囲の反応はおおむ [続きを読む]
  • でもこちらは50代が似合う
  • こちらも約10年前の45歳の着姿。当時はこの利休茶の紬を着るハードルが高かったように思います。似合ってないです。着こなせてない。なにより、太っ!なんだこの背中のむっちりついたお肉は。首も太っ!55歳の今のほうが、よほど似合ってると思います。肌のハリがなくなり、むっちりからシワシワにシフトチェンジしたけど、年齢を重ねて、ようやくこの着物が自分のモノになった感じ。歳をとって似合わなくなる着物がある一方 [続きを読む]
  • 10年前の自撮り
  • 自宅を整理してたら、古い写真のデータが出てきて、思わず見入ってしまった。約10年前(9年前 46歳)の自撮りが出てきた!ヘアも着付けもプロにやっていただいたから、さすが整ってますね。やはり、髪は大事。いち髪、に化粧、さん着物だ。この頃はまだ濃いグレーの江戸小紋がギリギリ似合ってたんだな・・・ということに気付いて愕然としました。今はこのグレーが全然似合わなくなってしまって、実はひそかに悩んでたんだよ [続きを読む]
  • 金銭感覚が狂うオークション
  • 9日間にわたる大型連休も明日で終わり。365日シフト勤務の私は今回も通常通りの毎日でした。休日も家の用事で終わってしまった。で、どこで息抜きしてたかというと、封印していたヤフオクでのお買い物をうっかり再開してしまいました。ヤフオクで狙ったのは帯です。着物の枚数は増やしたくないけど、帯ならOK。無地、もしくは無地に近い着物に帯で変化をつけたいほうなので、よく1枚の着物に帯3本と言われてますが、私の場合 [続きを読む]
  • 白コンバースが似合う季節
  • 五月晴れの素晴らしい青空。久しぶりに実家から自宅に戻って、夏服などをピックアップしてきました。数年前に買ったままの白いコンバースをおろすことにする。今の季節によく合いますよね。着物まわりは夏物を点検(あまり持ってませんが)。竺仙の綿絽とミンサー帯を出してみました。リサイクル好きの今では考えられませんが、最初の頃は雑誌のコーディネートそのまま購入してたっけ。その後、りんくうアウトレットモールで働いて [続きを読む]
  • 出かけないGWの心の拠り所
  • ゴールデンウィーク後半の初日の今日は、山へ、海へ、街へと移動する人が多かったみたいですね。まさに国民の消費行動が一斉に拡大する紋日でした。私はといえば、日頃の疲れがたまっていたのか、午前中は二度寝、三度寝でグズグズしていました。一時、体調が悪くて食欲を失っていた父が、先週あたりから食べられるようになってきてホッとしたのか、力が抜けてしまった。お天気も良いし、他人がやたら楽しそうに見えますが、混んで [続きを読む]
  • ブログ村のカテゴリーを変更しました
  • 爽やかなお天気が続きます。どこにも行かなくても、青空に包まれているだけで気分がいいです。マンションの敷地に咲くツツジも満開。同じ枝のなかで、なぜか色が違う花が咲いている。気分転換でブログ村のカテゴリーを変更しました。・着物和装・50代おひとりさま・ポジティブな暮らしそれから大変遅くなりました。頂戴したコメントのお返事を書かせていただきました。温かいお言葉の数々、本当に嬉しく思います。ありがとうござ [続きを読む]
  • 結城紬狂い その4
  • いつか本場結城紬をこの目で見て、触ってみたい。できれば産地に行って、結城紬が生まれた歴史や風土を肌で感じてみたい・・・そう願いながら行き方などをネットで調べていました。東京からだと日帰りで行けるのですね。でも親の体調を考えると今は難しい。そんなときに見つけました。なんと大阪で第9回本場結城紬展「糸 -ito-」(本場結城紬振興事業実行委員会)が開催されることを!これはなんとしてでも行きたい!万障繰り合 [続きを読む]
  • 結城紬狂い その3
  • いつかは憧れの結城紬が欲しい。とっておきの一着を手に入れて、一生大切に着よう。お金を貯めて、できるだけ良い品を、この目で確かめ、実店舗で時間をかけて慎重に選ぼうと考えていました。それなのに、あっけなくネットショップで買ってしまいました。仕立て上り、未使用、しつけ糸付きの単衣結城紬一万円がなんと半額の五千円だったので安易に飛びついた!(笑)もちろん証紙は無し。ナンチャッテ結城紬の可能性覚悟の上での購 [続きを読む]
  • 結城紬狂い その2
  • 着物好きにはたまらない有吉佐和子の「真砂屋お峰」(まなごやおみね)にも結城紬が出てきます。一見、地味な木綿着物に見せて、実は精緻な手仕事の本結城をさらりと着ているシーンとか。かっこよすぎるではないか!他の有吉佐和子の作品を読み進めているうちに、わかったことがあるんです。それは小説のヒロインが人生の重要な局面に立ったときに必ず着ているのが結城紬だということ。たとえば人生を賭ける大事な人に会うときとか [続きを読む]
  • 結城紬狂い その1
  • 先日の着付け教室は体調が今ひとつだったので、教室で半衿付けだけしてきました。大型連休のため来週はお休みなので、しばらく着物を着る機会もありません。着てナンボの着物ブロガーなのに、物足りなくてスミマセン。しばらく妄想ブログが続きます。ところで私、昨年ぐらいまでは実は染め派。染めの着物(やわらか物)しか興味がなかったんです。大島、十日町などの紬も持ってはいたけど、目が行くのは染めの着物ばかり。自分には [続きを読む]
  • 物語性のある帯 八つ橋
  • 先週末から風邪をひいていて、心身ともに弱っておりました。ちょっとしたことでクヨクヨ悩むのも免疫力が落ちてるからかな?元気を出せ!!!自分を叱咤激励するためにネットで塩瀬のリサイクル名古屋帯を買っちゃった。(マイルールとして着物は増やしたくないけど、帯はOKなのです)八つ橋という文様だそうです。普通は橋と杜若(カキツバタ)が、セットになってるはずなのに、なぜお花がないのだろう? まさか作者が描き忘れ [続きを読む]