沙華 さん プロフィール

  •  
沙華さん: 恋する旦那
ハンドル名沙華 さん
ブログタイトル恋する旦那
ブログURLhttp://ameblo.jp/koisurudanna
サイト紹介文旦那の離婚宣言で気が付いた心の浮気 身体の関係が無いと浮気を開き直る二人 夫婦再構築はできるのか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/12/18 17:14

沙華 さんのブログ記事

  • 旅に出立しました。
  • ご無沙汰しています。 何度かブログを書こうとログインしましたが書かないまま読んでいただいてます皆様には中途半端な状態で申し訳ございません。 2017/02/06 午前1時20分父は弘法大師の弟子になる旅に出立しました。 痛み・息苦しさのない旅であることを願うばかりです。 前回のブログから今回のブログまでの間知っておけばよかった!ってことも多々あり闘病中の方、支えているご家族の方の参考になれば〜 [続きを読む]
  • 目に涙がにじむ
  • 2016/06/11 外泊をした父夕ご飯は父のリクエストで握り寿司2貫が普通、3貫食べれば頑張った!って状態だったのに久しぶりに6貫も食べた!握り寿司なら食べられる と、言う父母は、毎日寿司や飽きる!と言うがどうせ持ち帰り、父の分だけ買えば良いのでは?と、私は思うがこれが積年の恨み辛みがある妻といつも私の味方!頼りになる父の違いなんだろうなぁ2016/06/12 早々に病院へ戻った父同じ病室でポータブルトイレを使用す [続きを読む]
  • 勝手なのだろうか?
  • 夫婦だからこその甘えだろうか?父は母を求める入院中も母の顔を見ないと落ち着かず母の都合で見舞いに行かなかった翌日は「迎えに来て欲しい」 と 早い時間からメールが入り更に母の気を重くさせてしまう非日常の世界、映画を見て現実から逃げ出したくなるのだろう2016/06/11〜2016/06/12 外泊父の申し出に「気分転換になるでしょう」主治医が了承し外泊となったあれほど外泊したがっていたのに帰宅した当日の14時過ぎには薬袋 [続きを読む]
  • 違いは大きい
  • 2016/06/06父は再び入院したガンが発覚した2014/09頃は生活習慣として、朝は必ずパジャマから服へ着替えていたそれは入院していても行われていて入院中はパジャマが普通なのに!?母は何度もパジャマでいることを進めていたしかし2016/04 頃から点滴やマッサージのため家を出るまではパジャマで過ごすようになり病院ではもう少し早くから院内では病衣で過ごすようになりこっそり病院を抜け出した際までも病衣のままだった布団に入 [続きを読む]
  • 再び入院
  • 点滴のため近くの内科医マッサージに近くの治療院へ退院してからの父は毎日の仕事のように2件に通いつめている気分転換になるしわずかだけど水分と熱量を補ってもらえる正直、今!?って時もあるが顔には出さず、送迎に努めた半年ほど前に不安感を度々訴える父に主治医は心療内科へ受診をすすめ紹介状を書いてくれたが無駄にしてしまった事がある2016/05/24の退院前現在までの経過と、今後について話した際食事がすすまないのは心 [続きを読む]
  • 今更に思う
  • タグリッソを飲み始め約1か月半白血球の数値が少々落ちたが「服用を中止するほどではない」主治医の判断により続行されている相変わらずの食欲不振だがそれ以外は、大きな副作用も見られないって事で、退院となった!2014年8月にガンとわかってから治療を受け、元気になったら〜〜〜近くでも良いから出かけて季節を感じたりおいしいものを食べたりしようって、父はもちろん、家族で思っていたが今日が一番、若い と同じで今日が一 [続きを読む]
  • 情けない
  • 2016/05/20(金)退院を心待ちにしている父のことを思ってか?病棟内の担当医師から外泊の提案を受け2016/05/22(日)は母が不在と返答すると今日、外泊し、明日病院へ戻るのはどうだろうか?と、言われそうすることにした。って、ことを伝えるため昼食中の父の元へ医師と一緒にテレビを見ながら食事をしていた父医師に気が付くと、食事を止めテレビを消し医師の言葉に耳を傾けどう見ても元気そうにないのに「おかげさまで元気にな [続きを読む]
  • 不安でどうしたらよいのかわからない 
  • 黙って病院から抜け出し帰宅した父は母にイチゴをすすめられ3粒食べた後母が運転する車で病院へ戻った前日、母が顔を出さなかったから母の顔を見たかったのだろうか?単にお風呂に入りたかったのだろうか?2016/05/16三度目になる治験病院へこの日は行く道中サンドイッチを2切れとコーヒーを少々診察後の帰宅中うどん屋で1人前のうどんを1/2弱程度食べれた父前回、前々回よりは食べているが痩せて小さくなったカラダ立ち上がる [続きを読む]
  • 触れ合える時間は限られているのに
  • 時間を問わずかけてくる電話送ってくるメール母は電源を切りタンスの奥へ携帯を封印した「母へ電話がかけられない」父から私に問い合わせの電話が入る事実を伝えるわけにもいかず・・・「ここんとこ忙しくて携帯を紛失してしまったようだ」その時は、これで終われたがまた何回か同じ質問を繰り返した後「大至急、お母さんに携帯電話用意してください」私にメールが入り同じころ、母の兄がふと妹(母)を思い母の携帯を鳴らしたが応 [続きを読む]
  • タグリッソの発売が決まった!
  • 2016/05/23タグリッソを服用しだしてからの経過説明を主治医から受け、父は退院した第三世代の薬タグリッソの発売が決まった!2016/05/25から価格は・・・・1錠驚きの2万円越え1か月服用するのに70万円を超える高額医療制度、70歳以上なんかで負担する金額には上限があるけどあまりの高さに驚いた!治験としてタグリッソ80mgを服用したのは6週間約100万円分薬を飲んだことになるここまで2016/05/23の話ここから2016/05/06頃に戻 [続きを読む]
  • え?
  • 第一世代と言われるイレッサ、タルセバでは効果が得られなくなり脳への転移も認められた父第二世代と言われる薬を飛ばしまだ未販売、治験段階の第三世代、タグリッソを飲み始めた脳は三つの関門があるらしく毒や薬の害を受けにくいそうだがなぜかタグリッソは脳へも効果が期待できるらしい・・・ってふれ込み通り?頭へ転移したガンへ効果が出たのかな?この調子で食事もとれ元気になるかな?安堵しながら病院を後にしたんだけど・ [続きを読む]
  • 治験開始一週間後
  • 2014年8月下旬に末期の肺がんと診断されイレッサ ↓抗がん剤治療(配合は忘れました) ↓タルセバ ↓抗がん剤治療(前回より量を減らし) ↓放射線治療(頭に対し1回) ↓タグリッソイレッサやタルセバを飲むことで抗体ができてしまった人にむけ作られたタグリッソの治験を受けられることになったイレッサやタルセバのように間質性肺炎白血球や肝機能の低下など副作用があるため病院で経過を観察しながらの服用が開始された [続きを読む]
  • 治験って言うのは条件があるそうで
  • なぜ、ペダルか重いか赤裸々なまでに書いたけど結局のところ放射線治療で認知症が進むより遠方の病院へ薬を貰いに行く!って事を母も選び母が一番苦手とする父の連れ子兄弟に力をかりタグリッソの治験を行っている病院へ行ってきた治験って言うのは条件があるそうであまりにも弱っていると副作用等で死に至る場合もあるし単に命がつき亡くなる場合もあるがどちらにしても製薬会社の求めるデーターの数値が悪くなるので治験対象にな [続きを読む]
  • まだある、、、
  • まだある、、、ペダルが重くなる理由そして7〜8年前 母が心筋梗塞を起こしたその日の朝いつものように過ごしていたがどうにも苦しくその苦しさを父に訴えたが「横になっていれば良くなる」地域の広報部で新聞作りをしていた父はパソコンの画面ばかりを見て母の顔さえも見ず、言い放ったそうだ弟(叔父)の為なら即、行動するのに!怒りを覚えたが救急車を呼ぶことを優先し自分で電話をかけ始めると「近所に知れて恥ずかしい タ [続きを読む]
  • なぜ、ペダルが重いか・・・・
  • なぜ、ペダルが重いか・・・・20年ほど前、母は大腸がんを患い手術を受けたその際、父は食事療法を参考に3食用意し毎日病院へ通っていたが・・・・術後、間もなくの頃は病室に止まる父の新聞や週刊誌をめくる音が耳障りだった青色申告の時期で書類作成を病室でされるのが嫌だった父が用意した食事玄米のお粥や、元気になるらしい鯉などレトルト品を加熱しただけのものは口に合わなかったなどなど・・・父には伝えていないが父の頑 [続きを読む]
  • 「!?(治療が無駄って事)」
  • 2016年4月上旬肺がんが脳への転移タルセバの次の薬!肺がんに期待されているタグリッソ2016年3月下旬発売予定!と聞いていたが価格が決まらないなどの理由で2016年5月下旬頃に発売が延期されたらしいタグリッソは肺がんから脳へ転移したガンにも効果が期待できるらしいが・・・発売されていないし受診している病院では治験も行われていない服用できるまで2ヶ月何もせずにはいられない!と言う主治医病状が少しでも進まないようにす [続きを読む]
  • 主治医の言うままに治療を受ける
  • いつの頃からだろう?週1回の定期健診のため外来受診した際主治医の質問に対し私や母を見て「どうだった?」と聞くようになったのは主治医「肺の水 抜く前と抜いた後 違いましたか? 抜いた後、カラダ 楽になりましたか?」父「僕、どうだった?」母 「どうだった?って自分のことよ?」主治医「そうですよ」私「それが、この頃  自分で自分のカラダの具合が分からないらしいんです 自宅で過ごす間、食事が思う量取れない [続きを読む]
  • 水が一定以上溜まったら抜く!ってことに落ち着いた・・・
  • イレッサを服用できたのはわずか1ヶ月・・・・抗がん剤治療を受けるもデメリット(体力を削られる)の方が大きくタルセバ服用になりそのタルセバも11ヶ月で効果が期待できなくなった・・・・肺がんに効果が期待されるタグリッソの発売予定は3月下旬その間、何もしない訳にはいかないと、再び抗がん剤治療を受けるもますます体力を奪われて行く退院後、わずかな期間を自宅で過ごし次の抗がん剤地用に向けての通院時父があまりにも息 [続きを読む]
  • 詐欺を働くのだ!
  • 2014年から数えると3クール目となる抗がん剤治療予測していた通り食事を全く受け付けずカラダのミネラルバランスが狂い免疫が極端に低くなり点滴で補いが始まったのは・・・・私が看護師に事実を伝えてからだった2014年の入院時もだが父は主治医や看護師を前にすると「食べています」「食べました。」「元気です。」詐欺を働くのだ!出された食事の主食(おかゆ)だけを茶碗の半分ほど食べ、残りの副食は全てビニール袋に [続きを読む]
  • どう話せば、どんな言葉を選べば
  • タルセバを服用し始め約11ヶ月、効果が期待できなくなった次の薬が承認されるまでの期間何も治療をしないわけにはいかないってことで、抗がん剤治療をすることになったって流れ?結果?を聞き2014年に行った抗がん剤治療時の苦い、苦い記憶が思い出され見る見る表情が曇る私その顔を見ていた母は「でも今回は薬をかなり減らすらしいよ 前の治療で先生もよくわかったみたいやし」父が末期のガンと診断されてから私と母はネッ [続きを読む]
  • タルセバでの治療は断念
  • 2014年8月下旬に肺線がん ステージ4と診断された父イレッサを服用するも1ヶ月で効果が期待できないと抗がん剤治療を2クール行いメリットよりデメリットが大きい!主治医の判断で3クール目以降は中止タルセバの服用が始まったタルセバの効果が強すぎ一時期は極度の脱水状態で自分で自分の頭が支えられないほどになったけどタルセバの量を減らすことでどうにかうまく生活できるようになったガン宣告から1年が過ぎ徐々に秋が深ま [続きを読む]
  • だけん?じゃないわ!
  • ふと気になった年始の集まり義母と旦那、どちらから言い出しているのか?自分の仮説が正しいのか?1週間考え旦那に聞いてみた「ねぇ」「なんや?」「お正月の集まりなんやけど」「ん」「毎年、あんな感じで旦那から電話しているの?」「そうや」「毎年?今年だけじゃなく 去年も、その前も、そのまた前も?」「そうや」「私、義母から声がかかっているとばかり思っていた」「それが、どうしたんや」「どうしたんややないわ!」「 [続きを読む]
  • え?もしかして
  • 毎年、年末にはお歳暮年始にはお年賀としてビール1ケースと2万円を義実家に贈っているんだけど2015年の年末はバタバタしていたとのとコレ!って言うお歳暮が思いつかなかったので年始にお歳暮をかねビール2ケースと2万円を包み旦那に言付けた例年、義実家へ年始の挨拶に行くと・・・冷凍庫・冷蔵庫の掃除ですか?冷凍してある干し柿・餅・菓子少し痛みかけた野菜その日の残り物いろいろ持たせてくれるんだけど今年は何も持って帰 [続きを読む]
  • とりあえず、今年は年始は
  • 旦那と長男が出かけると次男と簡単に昼食を済ませ実家へ帳簿をしに出かけ0時近くまで粘ったが・・・・12/31に辿り着けなかった私は直接聞いていないが・・・・※2015年12月初旬頃から長男の考え方・行動(旦那と同じように自分勝手)がどうじても許せず、必要最低限の会話になっている長女と母が、長男から聞いたところによると今年も、あの生臭いブリ大根があった らしく味覚も旦那に似ている長男は「ブリと大根 おいしかった」 [続きを読む]
  • 生臭いブリ大根から1年
  • 生臭いブリ大根から1年が経とうとしていた年末はぁ〜また年始は半日軟禁で寒い思いをしながら過ごすのかぁ・・・ここ数年のお正月を思い出しため息を付いていた・・・お正月なんて来なければ良いのに!そう願っても、31日に布団に入り起きたら元日になっていた仕事は休業、弁当作りもないだけど早起きしたらそれだけ早く義実家に行く羽目になるんじゃないか?って、考えちゃって布団から出られず・・・・うとうとしては、時計を見 [続きを読む]