浜崎壽賀子 さん プロフィール

  •  
浜崎壽賀子さん: 「美樂の書」浜崎壽賀子びがくのしょ
ハンドル名浜崎壽賀子 さん
ブログタイトル「美樂の書」浜崎壽賀子びがくのしょ
ブログURLhttp://ameblo.jp/sugakohamazaki/
サイト紹介文浜崎壽賀子和‐モダン「美樂の書」びがくのしょという、季節にならい、デザインの書を教えております。
自由文季節の流れを、感じながら、インテリアや、テーブルセッティングに、しつらいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2012/12/19 12:27

浜崎壽賀子 さんのブログ記事

  • 「美楽の書」びがくのしょ「女優水原希子さんがワークショップへ。」
  • 先日まで開催いたしました箱根宮ノ下の富士屋ホテルでの「美樂の書」のワークショップに、女優の水原希子さんが、ご参加下さり、インスタグラムに動画でアップしてくださいました。深く感謝しております。自然体で御美しい中にも、知性的で、物静かに集中して描かれていました。美しく印象的な「美樂の書」でした。また、「美樂の書」にお越し頂けますのを、楽しみにしております。https://instagram.com/p/BXZASJPgndj/ https:// [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「富士屋ホテル」で無料ワークショップ
  • 今日は、箱根の山は雨にぬれてしっとりとした佇まいでございます。本日も、沢山ワークショップにお越しくださいまして、誠に、ありがとうございました。御家族の記念日、お誕生日と、富士屋ホテルへお越しのお客様が御家族や、ご夫婦でワークショップに、ご参加頂きまして、深く感謝しております。8月6日まで、9時から14時まで無料でワークショップを開催いたしますので、ぜひ、お越し下さい。楽しみにお待ちしております。下記動 [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「動画ができました」
  • 箱根宮ノ下富士屋ホテルでの「美樂の書の無料ワークショップ」動画が出来ました。美しい自然の中に佇む、クラッシックホテルを代表する箱根宮ノ下富士屋ホテルへぜひ皆様お越し下さい。お待ちしております。 https://www.facebook.com/bigakunosho/videos/1794965083852542/ この度、御陰様で箱根宮ノ下「富士屋ホテル」ロビーと明治天皇の御用邸「菊華荘」に、「美樂の書」を、夏、秋、冬と四季を通じて展示をさせて頂く事となり [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「月の屏風」
  • 江戸時代の裃に入る紋の後継者であり、紋のデザイナー紋章上繪師三代目波戸場承龍様紋章上繪師四代目波戸場耀次様「美樂の書」の、御受講生の和文化をコーディネートされてる高塚苑美様と、ご一緒に「月の屏風」など、観にいらしてくださいました。御ふたりは、艶やかな着物姿に、スワロフスキーの紋が入り、美しいの一言。古典に、新しいデザインを吹き込む、気概が伝わります。高塚苑美様、良い御縁をありがとうございます。こ [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「鷹乃学習」たかすなわちがくしゅうす
  • 二十四節気「小暑」梅雨も明け本格的な暑さを迎えます。七十二候「鷹乃学習」たかすなわちがくしゅうす今年生まれた鷹がいよいよ、飛ぶことや狩を覚え巣立ちを迎える頃です。空高く舞い上がる姿は、親の鷹と変らなくなります。 夕食には、瀬戸内海で採れる小海老で酢の物を作ります。生酢で酢洗いし、朝採れの胡瓜と混ぜ合わせ頂きます。小海老の甘さは、お料理を優しくいたします。暑い時にほっとします。「美樂の書」で、描いた [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「蓮始開」はすはじめてひらく
  • 二十四節気「小暑」七十二候「蓮始開」時を迎えました。父が、蓮の実を掌にのせ、何千年と経ってからも、花を咲かせる生命力の強さがあるんだよと話していたのを思い出します。美樂の書では、季節に慣いその時々の、季節の言葉を描いていきます。今まで見過ごしがちだった花の咲く時期、風の動き、潮の満ち欠け、月の満ち欠けなど、季節の移り変わりを、感じながら、ゆっくり呼吸をして、美樂の書を描いているうちに、五感が研ぎす [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ名古屋の皆様ありがとうございます。
  • 名古屋で「葉月」の書の講座をさせて頂きました。日本の盂蘭盆会について学び、初秋、お盆についての書を描きました。午前中はベーシック、午後からは絵を描くアドバンスコース皆様展示会を前に、沢山練習してこられました。東京での展示会が楽しみです御出展は昨年の倍近い皆様のお申し込みを頂き沢山のお客様も楽しんで頂けます様ワークショップも開催いたします。昨年もたくさんお入り頂き満席で席を増席しておりましたので本年 [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「明日は名古屋でお待ちしております。」
  • 名古屋の皆さま、いつもありがとうございます。明日は名古屋で「美樂の書」びがくのしょ名残の夏、立秋、盂蘭盆会を描きます。 お盆は、日本人にとって大切な時ご先祖様に感謝して、五穀豊穣を願うときでもあります。 幼い頃、父とお中元をお供えしに行くときいつも、お数珠を持ち、田舎の大きな仏間に、お素麺をお供えし、仏さまに手を合わせておりました。母の実家に参りますと、温かくいつも、見守って頂いている気持ちになりま [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「日経ウーマン」
  • アチーブメント株式会社「美樂の書」を担当責任者で青木宏子専務秘書の藤縄早奈子さんが日経ウーマンの巻頭の2ページを飾りました。インストラクターを目指して下さり筆を持つ姿も、美しく決まっております。いつも、笑顔を絶やす事なくどんな方にも接されるお姿は尊敬いたします。沢山の御受講生から目標にされるインストラクターになられます。 明日は大阪で「美樂の書」が開催されます。お目に懸れますのを楽しみにしておりま [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「小暑」しょうしょ
  • 二十四節気「小暑」しょうしょ七十二候「温風至る」おんぷういたる時候を迎えました。梅雨が明けると共に、暑中お見舞いを出します。梅雨明け前は梅雨お見舞い小暑から立秋までは、暑中お見舞いで立秋明けからは、残暑お見舞いへと変わります。涼しげな色を使い、涼感をお届けいたします。明日は大阪で「美樂の書」が開催されます。皆様お目に懸れますのを楽しみにしております。明日は「盂蘭盆会」「阿伽水」を描きます。この度、 [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「七夕」しちせき
  • いつも、ご覧いただき、ありがとうございます。今日は新暦の7月7日しちせき「七夕」の日でございます。昔は乞巧奠と言われ巧を乞うお祭りでした七夕の朝、里芋の葉に降りた露で墨を摺り七枚の梶の葉に歌をしたため文字の上達を乞う、お祭りがありましたが古代中国から伝承された行事です。日本では、7月15日はお盆。ご先祖様を迎える器を改めたり、お盆の支度をしておりました。今日は体を水浴びを七回し身体も清めてお盆の支度を [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「半夏生雨」はんげしょうあめ
  • 半夏生の時期に降る雨を半夏雨といわれ大雨が続くと言われております。雨の中、田圃は、青田波のごとく美しく雨風に揺れ、白鷺は畦に並び、虫たちを啄んでおりました。鎮守の森は、雲を生みながら、日本は雨によって支えられている事を感じる時期です。虫送りも終わり、蛙が鳴き、田の大きさを感じます。 今年も9月2日(土)9月3日(日)「美樂の書」の展示会を開催いたします。今年は御受講生が増えて参りましたので、フロアを二 [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「半夏至」はんげしょうをむかえました。
  • 今日は二十四節気「夏至」七十二候「半夏至」はんげしょうを、向かえました。農業にとっては、大切な節目を向かえました。「半夏至」前までなら半作採れると言われ、田植えはこの日までに終えます。今日から五日間休みをとり、滋養によい「半夏至たこ」「半夏至うどん」などその土地その土地で採れる作物を供え頂きます。この頃は「烏柄杓」の薬草が山々に生える頃でもあります。山へ出かけては、美しい角のある「烏柄杓」に目を奪 [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「美樂の書展示会2017」が開催されます。
  • 今年も9月2日(土)9月3日(日)「美樂の書」の展示会を開催いたします。今年は御受講生が増えて参りましたので、フロアを二箇所に広げまして展示をさせて頂きます。また、今年もワークショップを開催いたします。昨年は毎回満席を頂いておりましたので今年は、事前にお申し込み頂けるようにしております。楽しんで皆様でご参加いただけますのを楽しみにお待ちしております。皆様お越しいただけますのを楽しみにしております。http [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「アドバンスコース」
  • イラストレーションや文字を描く午後からのアドバンスコースベーシックをお申し込みの方はどなたでも、お申し込み頂けます。いつもは、季節の花や言葉を描きますが、新色にマカロンというネオンカラーのピンクイメージはフランスのエッフェル塔・・・。綺麗な色のカードと封筒のセットがあり、そこにエッフェル塔や、梔子など・・・。Tシャツにも、描きたいですね。デザインはいつも、楽しい時間です。皆様お熨斗やカードやお手紙 [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「菖蒲華」あやめはなさく
  • いつも、ご覧頂きまして、ありがとうございます。二十四節気「夏至」を向かえ七十二候「菖蒲華」あやめはなさく菖蒲の花が咲き誇ります。梅雨の合間をぬって、我が家の菖蒲の花期は終わりましたが今が盛りの美しい菖蒲園に家族で出かけてゆきたいと思います・・・。この度、御陰様で箱根宮ノ下「富士屋ホテル」で夏、秋、冬と四季を通じて展示をさせて頂く事となりました。深く御縁に感謝を申し上げます。ワークショップもさせて [続きを読む]
  • 「美樂の書」びがくのしょ「新月」
  • 今月も、暑中お見舞い講座文月、七夕の講座、福山・東京・名古屋・大阪と沢山御越し下さいまして深く感謝しております。新月を迎え、閏五月を迎えました。今年は旧暦の閏年旧暦の五月が二度訪れます。大潮を迎え、潮の香りが部屋まで流れます。夏至が過ぎ、これからは日に日に日が短くなります・・・。庭の緑が深まり、一階の窓は緑で染まります。 この度、御陰様で箱根宮ノ下「富士屋ホテル」で夏、秋、冬と四季を通じて展示 [続きを読む]