sawadalab さん プロフィール

  •  
sawadalabさん: 科学者への道
ハンドル名sawadalab さん
ブログタイトル科学者への道
ブログURLhttp://sawadalab.com/
サイト紹介文理系大学院生からアメリカで研究者をする関西人のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/12/19 13:49

sawadalab さんのブログ記事

  • 移動します
  • サイトを移動することにしました。 移動先は、 https://sawadalab.wordpress.com/ 3月終わりぐらいには完全移動かな。 [続きを読む]
  • 桑港
  • 長らく続いていた雪が止んで、やっと山が越えれる天気になったので、1泊2日でサンフランシスコ(桑港)に行ってきた。休暇も兼ねてるけど、一番の目的は散髪。伸びに伸びてた髪の毛をやって切れてスッキリ。友達らともご飯に。やっぱり飲茶がある街はいいねぇ。おかゆに、飲茶(点心)、小籠包、大満足。新たなセメスター、頑張るかな。 [続きを読む]
  • 投稿1
  • 年末から書いてた論文を投稿した。実験、計測器の話でそんなに長くなく、3000文字、4ページほどのもの。論文の案はだいぶ前からあって、冬休みに根詰めて図を作り、文章を書いた結果、2週間ちょいで出来た。これには自分でも驚き。1週間ほど前には形になってて、まず共同研究者に送ってコメントを待ち、自分でも推敲を重ね、今日、満を持して投稿。 幸先良い、年の始まりやわ。掲載のリジェクト(却下)はないと思うんやけども [続きを読む]
  • 大雪
  • 年末から年始にかけて、雨や雪がすごい。5年ぐらい続いてたカリフォルニアの干ばつがちょっと抑えられるぐらい降って、リノの街の中を流れるTruckee River(トラッキー川)が氾濫するかもっていう警告が出るぐらい。日本の地震警報みたいに、こっちの携帯でも暴風雨、砂嵐の警告がでると携帯が聞いたことない音を発し始める。 街の中で雨、雪ってことは、ネバダとカリフォルニアの州境の高速道路は閉鎖になってる可能性が高い。久 [続きを読む]
  • 年始
  • あけました。 今年は元旦が日曜日やったこともあって、30日まで働き、2日から働き始めるという、なんとも仕事三昧な冬休み。 少しは休んだけども、なんとも休む気になれん。というのも、研究費が当たらない。 アメリカの場合、大学からの研究費(グラント)の配布はなし。研究するのであれば、自分で研究提案書(プロポーザル)を書いて、政府機関、その他から財源を取ってくる必要がある。初めの3年は、スタートアップってい [続きを読む]
  • 動物園風(animal ark)
  • 11月の最終木曜日は、サンクスギビング(感謝祭)で休み。なんでも野生動物を囲ってるところがあるらしく行ってみた。Animal Ark(リンク)っていう名前で、リノからは車で40分ほど。なかなか山奥に入って行ったところにあって、冬場は閉まってるけど、連休中だけ開けてるみたい。いわゆる動物園とは違って、かなり野生。オオカミとか北極キツネ、ブラックベアー、その他いろいろ。そこまで大きくはないんやけども、野性味溢れる [続きを読む]
  • 学会中の課題
  • 1週間の出張に出ると授業を2日ほど休まねばならん。1回ならまだしも、2回となると、学生、特に学部生は完全にやってたことを忘れてしまうので、なんぞ課題を与えることにした。学会の前の週から、中間テストとして、プレゼンテーションを学生にやらせてて、その間もいわば宿題のない状態。そこで、2週間半ほどでできる課題として、数値計算の課題を出した。大まかには自分が授業で説明してて、その導出した数式とかを実際に使 [続きを読む]
  • 学会中の食べ物
  • 1週間の学会があるということは、1週間、すべて外食。朝はグラノーラを家から持ってきてるから、普段通りの食事やけど、昼、夜の量が半端ない。さらに飲みに行ったりすると、日頃よりもはるかに体重が増える。最近は、出張に走るための靴と着替えを持ってるから、1、2回走るけど、それでも飲み食いの方が多いのが事実。日本から学会に来てた学生に、「アメリカの1週間の学会やったら、10キロぐらい簡単に太れるでー」って言 [続きを読む]
  • サンノゼ風景
  • サンノゼのダウンタウン。サンノゼはサンフランシスコ湾の南側。IT系の会社がいっぱいあって栄えてる感じではあるんやけども、ニュースを見る限り、治安はあまりよろしくない。ところが、今回、サンノゼダウンタウンのホテルに泊まって、学会に行ってると印象が全然変わった。毎朝、15分ほどあるいてコンベンションセンターまで歩いて行き、お昼には同僚らと周りの店、晩もその辺りのレストランとかバーでご飯やお酒を食べたり飲 [続きを読む]
  • 学会
  • 今年も秋のアメリカ物理学会、プラズマ分科会の季節が来た。今年の学会は、カリフォルニア州サンノゼ。リノからは車で4時間ほど。近いのはいいんやけども、サンノゼのホテルは高い。。。発表する内容はいくらでもあるんやけど、研究費がなくて、旅費が厳しい。自腹も覚悟してた今年は、なんとか共同研究者に助けてもらって行けることに。助かったー。 自分の発表は金曜日やから、それまではひたすら聞くに徹する。毎年のことやけ [続きを読む]
  • ゾンビクロール
  • ハロウィンのイベントでよくあるのは、子供がお菓子をもらいにいくTrick-or-treat。大人用のイベントとして、ゾンビの衣装やメイクをして、街のバーを回るっていうゾンビクロール(Zombie crawl)のイベントがあった。行ってみたのは今年が初めてやけど、去年とかもやってたみたい(去年のイベントの写真とか)。写真を見る限り、なかなか本格的。そのイベントの1つで、ゾンビメイクをして、マイケルジャクソンのスリラー(Thrill [続きを読む]
  • 授業にパイ
  • セメスターは中間テストの時期。今学期教えてるクラスの中間テストは、発表。学生らが自分らで選んだ研究テーマについて調べてきて、それについて発表するというもの。1人10分の発表、2、3分の質疑応答っていう、学会であるスタイルを採用。今日の発表者の学生の1人は、「Photoionized plasma equilibrium」っていうテーマで話してて、その略称が「PIE(パイ)」。そして授業には「パイ」を持参。さすが、自由の国、アメリカ。 [続きを読む]
  • 学生の進学テスト(comprehensive exam)
  • 自分のグループには学生が2人いてて、1人はPh.D(博士課程)を、もう1人はMaster(修士課程)を目指して日々頑張ってる。学校、学科毎にルールは違うけど、うちの場合、Ph.Dの候補生になるには、物理4科目の筆記試験に合格して、口頭試験にも合格する必要がある。その2つをクリアして初めて候補生になれる。だいたい、2、3年目でこのテストを受けて、合格すればPh.Dの候補生となり、不合格になるともう1年チャンスがあって、そ [続きを読む]
  • 研究者ウェブサイト
  • このサイト以外に、研究者としてのサイトも一応作ってて、週末にがんばって更新した。こっちはあんまり更新することがなく、学生とか研究者が自分を検索したときに名前、論文のリスト以上の情報を入れたもの。特に、どんな研究をしてるかとか、どんな授業を受け持ってるかとかそういう紹介がメイン。日本の研究者には、研究者検索のサイト(http://researchmap.jp/)があるけど、アメリカとか世界用は、Google scholarが主流かな。 [続きを読む]
  • ラッセン火山国立公園
  • 知り合いが言ったって聞いて、我が家も行ってみたラッセン火山国立公園(Lassen volcanic national park)。場所はロッキー山脈の真ん中、カリフォルニアの北のほうで、リノからは車で3時間半ほど、北西に走ったところにある。火山っていうてもマグマがグラグラしてるわけじゃなくて、地熱で沼地がゴポゴポしてる。車である程度まで行けるんやけど、すでに結構、緯度が高い。公園内に入ってから、トレイルを1時間弱ほど歩く、バ [続きを読む]
  • 餅菓子
  • 餅(Mochi)が静かに広まりつつある。アイスは前から売られてて、ついにその辺にあるスーパーでも餅菓子が売られるようになった。まぁ、見るからに日本製ではないけども、そんなこと気にするアメリカ人はおらへんし。抹茶の方はまだいけそうやけど、もう一つは結構色がきついね。なかなか試す機会がないんやけども、学科のパーティーの時にでも持って行ってみようかな。 [続きを読む]
  • ちょっとええレストラン
  • 正直なところ、リノにはいい(記念日向きの)レストランはなく、車で1時間ほど西に走ったとこにあるTruckee(トラッキー)がおすすめ。カリフォルニアのお金持ちが退職して、タホ湖らへんに住んでるせいか、いい感じのレストランが1件どころじゃなくて、結構ある。結婚記念日やったので、ちょっと奮発して、そのうちの一つに行ってきた。頼んだのは「シェフのおすすめ」みたいなコース料理で、メニューはあったけど、見ててもさっ [続きを読む]
  • プロポーザル(研究提案書)シーズン
  • 毎年、秋はプロポーザル(研究提案)シーズン。主にアメリカ政府が研究資金をサポートしてくれるやつに応募してて、そろそろ当たってくれへんとヤバイ。研究提案1つに付き、4人ぐらいの審査委員が割り当てられ、プロポーザルの内容をがっつり審査される。それもそのはず、要求してる研究資金額が何千万単位やし。1つでも当たれば、大金持ち!!って言いたいところやけど、大学院生のサポートやら、実験、研究に必要なお金、学会 [続きを読む]
  • 研究テーマ、悩み中
  • セメスターが始まって授業の準備が仕事の半分近くを占める中、ぼちぼち研究資金のための提案書を書き始めねばならん。で、何を書くか?内容に制限があるわけではなく、自由に書けばいいんやけども、そのための良いネタ探しが難しい。今まで過去4年ぐらい、毎年いくつもの提案書をひたすら出してるけど、全てハズレ。選んでる研究テーマが良くないのか、自分の名前が売れてないからダメなのか、色々考えるけど、思うに両方あるかと [続きを読む]
  • 論文受理、掲載される
  • 6月のことやけども、今年の前半に出してた論文が何度かのやり取りの末、掲載決定。1つ掲載が決まった時点で、この論文に関してはすることが終わるから、片付いてホッとしてる。あと次のことに専念できるし。 さらっと内容について。レーザー核融合でエネルギーを得るためには、まず高密度の燃料をつくる必要がある。それをどうにかして燃焼することで、核融合反応を連続して起こし、エネルギーを得るという、いわば2段階ステッ [続きを読む]
  • 新学期始まる(Fall semester 2016)
  • 3ヶ月近い日本での滞在を終えて、アメリカに戻ってきた。7年間あるテニュアトラックの期間のうち、この秋から5年目がスタート。終盤に差し掛かりつつあるけど、未だに研究費が当たってない状況が非常に辛い。論文は出してるのんやけどなぁ。改善点を考えつつ、前向きに頑張るしかない。 8月の終わりから新学期が始まった。このセメスターは、学部生と大学院生が混じったクラスを担当。内容は自分の専門である「高温高密度物理 [続きを読む]
  • ウェブサイトがダウン
  • 何が原因かよくわからんけど、めちゃくちゃ忙しい時になぜかウェブサイトが繋がらんようになった。原因を探るにも時間がなく、なんとなく解決策を思いついたので、とりあえずこれで見れるようにはなったかな。 [続きを読む]