フェルナンド さん プロフィール

  •  
フェルナンドさん: 税理士試験ブログ 官報への架け橋
ハンドル名フェルナンド さん
ブログタイトル税理士試験ブログ 官報への架け橋
ブログURLhttp://zeirishininaru.blog.fc2.com/
サイト紹介文第66回税理士試験での合格を目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/12/19 15:35

フェルナンド さんのブログ記事

  • 勉強時間に関して言えること
  • 勉強時間に関して言えることは、会計事務所に勤めていれば、年内(基礎期)、年明け(応用期?)、直前期のうち一番勉強時間が採れるのは年内であるという事。この9月から税理士試験を始めるという方以外の方は、一度自分の1年間の勉強時間の棚卸をしてみれば分かることかと。人によっては、年明けや直前期の5月に比べれば、年内の1週間あたりの勉強時間は倍になる場合もあるかと。ということは、特に新しい科目を学習する場合は、 [続きを読む]
  • 次の科目
  • お久しぶりです。9月からは、国税徴収法を、昨年の年内完結の教材&音声講義を使用して勉強することとしました。とにかく基礎固めと、いかに年内で理論をしっかり覚えられるかがポイントかと。ちなみに理論マスターは今年のものを購入済みです。ネタのためにも、国税徴収法は大原に通ってみようかな〜とも考えていましたが、理ドクよりは慣れ親しんだ理論マスターの方がいいかなと言うことでTAC方式に。年明け以降も国税徴収法の場 [続きを読む]
  • 新シーズンが始まる前に自己分析を
  • 新シーズンが始める前に、しっかり自己分析をした方が良いと考えています。特に大切なのは直前期なので、今回の本試験の直前期に環境面や精神面で自分がどうだったのか、記憶が鮮明なうちに分析しておきたいです。こうすることで、9月(8月)からの学習に仕方にもいい影響が出るのではないかと感じます。環境が来シーズンも変わらないのであれば、直前期までにやるべきこと、もっと言うと年内にやっておきたいことも分かるでしょう [続きを読む]
  • 会計事務所に就職・転職する際に考えておきたい事
  • この試験後の時期は、税理士業界で人の動きが多い時期の一つです。ですから、他の業界から初めて会計事務所に転職される方、又は会計事務所から会計事務所に転職される方もいらっしゃるかと思いますが、その際には、自分の軸を持っておくことが大切です。どの条件を一番大切にして会計事務所を選ぶのかを、しっかり考えて決めたうえで会計事務所を選ばないといけません。時間なのか、経験なのか、お金なのか、はたまた他の条件なの [続きを読む]
  • 消費税法受けてきました
  • 当日は万が一を考えて武蔵境駅まで早めに行って時間をつぶしていたのですが、最高気温37度の猛暑でしたので、学生やらでファーストフード店は混んでおり、1件目は座れず、何とか2件目で席を確保して、最終確認をしておりました。試験会場には1時間前には着きましたが、かなり遅い方でした。ただ、待つスペースが十分あり、席も空いていて中々快適でした。30分前には教室も空き、順調でした。が、問題を見た瞬間、ピンチに。なんと [続きを読む]
  • 睡眠時間を削るのは避けたい
  • いよいよ明日は本試験1日目です。ここまで来たら、最低限やることだけやって、ドンと構えるのも必要かと。無理に寝ようとしても寝れないかもしれませんが、少なくても普段寝てる時間には寝たいものです。明日は北海道以外は軒並み最高気温が35℃以上の猛暑日の予報ですので、睡眠不足は避けたいものです。後は、みんな緊張していますので、条件は一緒ですので、焦らないことです。それと、一昨年でしたでしょうか、嫌煙家の私の [続きを読む]
  • 本試験当日持って行った方が良いもの
  • 受験票とか、電卓とか、当たり前のもの以外で挙げてみたいと思います。主に税理士試験初受験の方や学校に通学してない方向けになってしまうかと思いますが。①セロハンテープこれは受験票を机に張り付けるためです。税理士試験の机は通常狭いため、問題用紙やら解答用紙やらをめくったり位置を変えたりする際に、受験票に当たって落としたりしてしまいます。こうなると集中が乱れますし、試験官が来たら来たで面倒くさいので。②着 [続きを読む]
  • 理論を回す順番を変えてみる
  • 理論を回す場合、通常は頭から回すと思いますが、通常関連がある順に並んでいるので、意識しないうちに直前の理論とセットで暗記しているものも多いです。これだと、応用・事例理論では関連した理論が効かれることもあるためその場合は良いのかもしれませんが、単独で問われた場合に、ぱっと出てこないかもしれません。案の定、後ろから理論を回した時に、頭から回した場合に比べてつまる箇所もありました。例えば、新設法人と特定 [続きを読む]
  • 今後の予定を決めました
  • 残り2週間を切り、試験日当日までの計画を決めました。毎日理論を回して、総合問題の解いておきたい問題と、納税義務や合併中間等の個別論点、理論の応用・事例対策のバランスを取ったつもりです。一番気を付けたのは、きっちきちに予定を詰めないこと。総合問題は計算のみでも2時間確保していますし、理論の回転も、全問回す場合、22題だと2時間あれば十分回せますが、2時間半取っております。予定を詰め過ぎると、はっきり言って [続きを読む]
  • 今後中心に回したい答練
  • 今後私が中心に回したい答練は、実力完成答練③本則+簡易で、簡易が多めの問題だから。実力完成答練④頭の体操になる。私にとっては取引分類で学びが大きかったため。直前予想答練①国等も一応押さえているので。国等を捨ての人はしなくて良いかも。全国模試リバースチャージの問題だから。リバースチャージである旨が記載されていない問題にも対応しなければいけませんが。補助問題のどれか本則+簡易のパターンのもの。実力完成 [続きを読む]
  • ここまで来たら自分が決めたことをコツコツ実践できるかどうか
  • ここまで来たら、あとは自分が決めたことをコツコツと実行できるかどうかしかないかと。色んな情報が身近にある方もいるかもしれませんが、自分に必要なことを考え、それを信じるしかありません。もし相談するなら、講師が一番でしょうしか。やることを決めるときには、やはり基本に戻って、税理士試験の性質を考えるべきかと。みんなが取れるところを確実に取る、というやつでしょうか。とにかく自分で考えて実行すれば、失敗して [続きを読む]
  • 消費税法の問題文で読み飛ばしてはいけないもの
  • 消費税法の問題文は、最初にお決まりの文章が1ページから1ページ半程書かれており、その後に過年度の取引きが書かれており、納税義務から計算を始めます。ここで読み飛ばしてしまうと時間を大きくロスしてしまうのが、事業者の過年度の納税義務の有無の情報です。これは私のパターンなんですが、文章を読みつつも、ついつい過年度の売上の表に目が行ってしまいがちになり、この重要な、何気に1行ほどでさらっと書かれている情報を [続きを読む]
  • 残り2週間で練習したい計算の論点
  • なんとか、総合問題の形式は全て押さえているので、納税義務、合併中間、転用、特定課税仕入れ、高額特定資産を残りの期間でしっかり練習したいかなと。納税義務は、特に過年度は間違えると、私の全国模試のように大量失点しますから。合併中間は、出たら少しは差をつけれるかなぁと。本試験で出たらサクッと解けるように引き続き練習します。転用は、変動と違い得点源ですので。特定課税仕入れは、問題文にその旨の記載がない場合 [続きを読む]
  • 試験とは関係ありませんが・・・
  • 試験とは全く関係ありませんが、関東地方、特に利根川水系の地域にお住みの方は、水を多めに購入しておいた方が良いと思います。特に小さいお子さんとか、ワンちゃんネコちゃんがいる家は。まあ、水道水が出るときに沸かせば問題ないのですが、ミネラルウォーターを通常飲まれる方は、世間が動き出す前に買い増した方が良いでしょうね。まだあまり騒がれてませんし、大丈夫かもしれませんが、やや怪しいような気がします。梅雨でも [続きを読む]
  • 消費税法、答練を終えて気づいたこと
  • 今年の注目はやはりリバースチャージなのか、答練も後半になると出題されるようになりましたし、大原の方でも出題されているようなので、本試験の本命であるのは間違いないでしょうか。全答練では両校とも、理論でも出題されてましたし。ただ、私が気付いたのは、納税義務の出題が薄いな〜ということ。なんかそんな感じしませんか。消費税法の問題で最初に解答しますし、間違えれば大量失点につながる(私の全国模試のように)重要 [続きを読む]
  • 当日は普段より急いではいけない
  • 本試験当日心がけたいこととして、普段通りのスピードで解くということがあります。おそらく、当日は本試験独特の空気にのまれて、極度の緊張感に包まれしまうでしょうが、普段通りのスピードで解くようにします。急ぎ過ぎると、普段しないミスをしてしまいそうですし、それに気づかず、合格のつもりが落ちていた、なんてことになったら大変ですから。これは、解答の手順や、字を書くスピードそのものの両方に当てはまるでしょうか [続きを読む]
  • 最後まで諦めないのが最低限の条件
  • これは今年の試験に合格するための条件、というよりは、税理士になるための条件でしょうか。私も過去の試験で諦めてしまったことがあるのですが、そうしてしまうと、次のシーズンもフワッと始めてしまい、不合格が分かっているのだけれど、なんか年内は勉強に身が入らないという最悪の経験をしてしまいました。あと、一度直前期に諦めてしまうと、諦めグセのようなものが付いてしまい、次の年の直前期もよりしんどくなります。適度 [続きを読む]
  • 不合格通知を思い出す
  • 今後の本試験当日までの期間に、上手くいかないときに思い出したいのが、過去の不合格通知。アルファベットが書かれているあれです。これは多くを語らなくても良いかと。ほんと、税理士試験は不合格になると面倒くさいです。受験した試験が不合格になるだけでなく、失われた4か月、ってなことになりかねませんので。A判定の不合格だと、もう1〜2問正解していれば合格していた可能性もあった訳で、やり方を間違わなければ、あと3 [続きを読む]
  • 合格情報
  • 合格情報という最後の講義が終わりました。事前に聴いていたものの、講師の理論理想や、気になる論点の講義が行われ終了。理論に関しては、講師のこれだけは、の22問とあと1問くらいでしょうか、しっかり暗記して持って行くのは。覚えるのは、1−1〜1−7、1−11、1−12、1−改、2−1、3−1〜3−5、3−10、3−12〜3−15、5−3、5−4の23問。後は、答練、直前テキスト、理論ドクターの順でやるように [続きを読む]
  • 「受験者減」考え方
  • 税理士試験の受験者数が発表されております。http://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishishiken/shiken/moshikomi/2016.htm私の受ける消費税法は前年比92.1%でほぼ8%減。全体でも、前年比93.4%で約7%減。特に目を引くのが、主要科目、というか、必修科目で入門科目でもある簿記論の88.7%。11%減です。これは大きい減少幅です。課税売上割合が95%(つまり5%)で判定することや特定収入割合が5%で判定することからも、消費税法 [続きを読む]
  • おすすめ書籍
  • ホリエモンの「99%の会社はいらない」です。今は読書をお勧めできる時期ではありませんので、本試験の後にでも読んでいただければと。将来独立したいと考えている方には追い風になるかと。読みやすいので、そんなに時間はかからりませんので。ポチっとお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 自分の言葉に気を付けよう
  • 今後は自分の言葉に気を付けましょう(心の中のつぶやきも含む)。「やばい」、「疲れた」、「落ちるかもしれない」、「仕事が忙しい」、「時間がない」、「やる気がしない」、「モチベーションが上がらない」、ということを言葉にしたり、考えたりしないようにした方が良いです。当然、こういった事をいつも言ってるような受験仲間には近寄らない方が良いのですが、一番まずいのは自分で言葉にしてしまう(心でつぶやいてしまう) [続きを読む]
  • 国内取引の判定が重要
  • 直前期で後半戦を迎え、答練も終わってしまい、残すは最後の講義とオプション講座のみです。計算ですと、単純に量が多いとか、取引き判定が出来ないというのもあるにはありますが、一番大変なのは、主人公である事業者の取引きの内容というか、構造のようなものが分かりにくい時です。具体的に言うと、仕入れ税額控除の取引分類をしているときに、それが対応する売上が課税売上なのか非課税売上なのか、又はその両方なのかがすぐに [続きを読む]