カルホルニワ さん プロフィール

  •  
カルホルニワさん: マルシアクラッチ
ハンドル名カルホルニワ さん
ブログタイトルマルシアクラッチ
ブログURLhttp://calforniwa.blogspot.jp/
サイト紹介文毎日更新してます。
自由文たまに色鉛筆で描いた絵をのっけます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2012/12/20 21:36

カルホルニワ さんのブログ記事

  • ブログとハーマイオニー
  • たまに更新するくらいにしようと思っていても、習慣とは恐ろしいもので、しないとなったら「しない習慣」がつくものです。と言っても大して書くこともなく、いや、いっぱいあるんだけど、そんなに自分の事を切り売りしなくても別にいいのです。ブログってなんなんでしょうね?「ブログ」の定義ってなんなのか。なぜ、ブログをしなければならないのか。そこにはやっぱりブログらないとわからないことがあります。僕は薄っすらわかり [続きを読む]
  • ポキートきた!
  • 3個目です。クアトロガッツの小さいふ。でも、今回はいつものペケーニョではなく、さらに小さい極小財布「ポキート」。フルカラーオーダーだったので来るのに2ヶ月かかりました。表面は赤にしました。刻印は期間限定のカラスです。中は左のベロ部分は赤、曲げてカードを入れるところは緑。中は全面的に青にしてお札を抑えるところは左がオレンジで右が黄色。青の皮は前々回頼んだ時にサイトで見るより沈んだ青できたので、今回は [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます。
  • 2017年ですね。しばらく休んでいましたが、一度とぎれると永遠にやらなくなるタイプ、というか、人ってそんなものなので、たまたまそういう時期だったのです。ロゴというか、タイトルを2017年度版にかえました。なかなか気に入ってます。久々に更新するにあたって、なにげなく昔の記事ながめてたら、とめどなく溢れるテンションを垣間見ることもあり、我ながら生きていたんだなーとおもうのです。今年に入って小さいソファーを買い [続きを読む]
  • 2016 ラスト
  • 札幌は記録的な大雪で道は連日ボコッコボコです。こんなボコボコは珍しいです。ものすごい大雪の日→暖かい日→寒い日という絶妙の連携がそもそも珍しいのだから、当然、何か珍しいものが出来上がる。僕みたいな軽自動車乗りはこのいつ鍾乳洞を逆にしたようなデコボコに弾かれて対向車線に飛び出されないかいつもドキドキしてます。明日、実家の方に帰るのですが、ノロノロ運転の10時間くらいかかりそうです。多分札幌を抜ければ比 [続きを読む]
  • 大人女子
  • 世の中には「大人女子」なんていう都合のいい言葉があるようで、この相反する「大人」と「子」が合わさったヒドイ形態に様々な感情や事情が渦巻いているように思える。面白いもので、女性が使う分には若く見える人(女)というポジティブな面がクローズアップされるが、男性が使う分には気遣いと皮肉が込められている。では、どこから女子でどこからがそうではないのか。その線引きは好みや価値観の違いがあり様々であるが、僕的に [続きを読む]
  • アビスリウム
  • 海の魚を育てる「アビスリウム」というゲームアプリに少しハマっています。日頃スマホのゲームがラインレンジャーしかやっていなかったのだが、もう一個ゲームが加わった事によって僕の時間が大幅にカットされています。しかし、このアビスリウムは別に普段放置していても勝手に進行している種類のもので、ゲームというよりは、日々に変化を鑑賞するといった趣のあるものなのです。と言いつつ、画面を指でタップすると成長ポイント [続きを読む]
  • もう一個
  • ガンダムの接合部分が折れた。(実際にはこんなに大きくありません)258円の簡単な作りのプラモであったが、何度も二分の一の確率で左右のパーツを組み間違えた結果です。改めてこんなに不器用だったのかと思い知らされる。仕方がない、このパーツの為にもう一個258円のガンダム買ってくるか。本体自体は部品代みたいな値段だから助かった。だけど、ここ最近ずっとこのガンダムのパーツを凝視して色塗っていたので、ある程度何も見 [続きを読む]
  • ガッシャ〜ン
  • 怒って電話を切る時、昔だったら迫力があった。受話器を叩きつけるようにして切る。ちなみにこのガシャーンという音は音量の大きさも含めて相手に伝わったものです。だけどスマホになるとそうもいかない。せめて手首をスナップさせるくらいなもので、全く「切ってやった」という感じが表現できない。ガッシャ〜ンは相手に怒ってんだぞというのを物がぶつかる破壊音によってしっかり伝えたい時にやるものです。だからスマホだとこの [続きを読む]
  • 手フォン
  • 改めて思うけど、これからずっと僕はiPhoneを持つ生活になるのだろうか。仕事とか車の運転以外は常に握っている状態にある。これは昔の感覚で言えばやっぱり異常だと思います。父さんたちが僕たちの年代の頃はこんなものなかったから、かなり身軽だったはずだ。このスマホの代わりは歴史上なんだろうと考えたらそれは腕時計だろう。この腕時計の歴史は意外に浅くて、一般的に安価でつけれるようになったのは70年代後半だから、まだ [続きを読む]
  • かまぼこ
  • 人生の中で買った事のないもの。かまぼこ。(ピンクでツルンとしたやつ)よく考えたけど、やっぱりないなー。絶対買った事ない。理由はおいしくないとかではなく、つまんないからだろうな。味が染み込むわけでもない、あのかたくなに他の味との融合を拒否する密度。かと言って、あいつ自体のポテンシャルはすごく低い。この話は丁度かまぼこです。 [続きを読む]
  • 二日続けて
  • 日曜日も雪がしんしんと降って、少しだけ風もあった。玄関のチャイムが鳴る。怪しい勧誘やNHKではない。たぶん届け物だろう。トランクス一丁のままドアを開ける。「ガチャ」「はい、」「あ、あの、ゲホッ!ゲホッ!、ポ、ポストに入らなかったので、ご本人様のご確認お願いします!」郵便物の配達だった。頭から足まで雪が付いており、息切れも激しく、青年の生命維持装置が活発に働いている。「あ、どうも、、お疲れ様です、、」 [続きを読む]
  • 土曜日の悦
  • 札幌では先週の土曜日に記録的な大雪に見舞われた。僕はたまたま休みの土曜日だったので、車を出さなくてすんだのだが、午前中から他の住民は悪戦苦闘していた。どうやら車が雪でハマって出れないような感じになっているのだが、確かに少し積もっているけど、強引に行けばいけそうなぐらいだった。だけど、女性の方だったという事もあり、体力がつきたのか何やら電話をしはじめた。おそらくこれから行く先の相手に対して、遅れるだ [続きを読む]
  • ドキュメンタル
  • アマゾンプライム限定で松本人志のドキュメンタルという番組が面白い。毎週水曜日更新で全4話。現在は2話まで進行しており、あと二つで終わってしまうのがすごく残念だ。短くしていいから小分けにして週一のささやかな楽しみでずっと続いて欲しい。内容は笑ってはいけないのハイブリッド版という感じで、もう松ちゃんは映画とかテレビは辞めて、規制のゆるいネットで活躍してほしいと思った。それはさておき、オープニングの彼は [続きを読む]
  • 帳尻合わせ
  • まだ買ったばっかりと言ってもいいiPhone7プラスを豪快に落とした。実は落としたの2回目で1回目は保護ガラスが割れた以外はとくに問題なかった。しかし今回は保護ガラスがないまましかもケース側ではなく、画面側からビッターンと落ちた。保護ガラスは1,500円くらい高価だった事と、どうもあの少し段差があるのが嫌だったのでつけないでいた。当然傷がついた。それでもまあ、なんか知らんが取れるだろうと甘い期待を込めつつ指で [続きを読む]
  • バタバタバタバター
  • 昨日、帰宅途中、車の走行中にバタバタバタバターという音が鳴り出して焦った。今朝そんな音がならなかったし、車検も今年通したばかりなので、不備な点は無いはす。変わった事があるとすれば、昨日は急に冷え込み、会社から出る時、車全体が凍っていた事です。車を停止したら音は鳴り止むし、アクセルだけふかしても鳴らないので内部のものではない。きっとタイヤに硬い氷が引っかかっているのだろうけど、氷なんてタイヤに接触し [続きを読む]
  • 大事な事
  • 258円のガンダム作りも佳境に入ってきた。まだ組み立てはしていないのだけど、塗ってさえしまえばほぼ終わりっていうほど組み立てはおまけ見たいなものです。プラモの組み立てに関しては、これこそ完全に作業という以外何物でもないので、極力したくないです。そこにまったく喜びを感じません。一応、一通り塗り終えたが、気が向いた時にちょこちょこやってた感じなので、えらく日数がかかってしまった。盾だけ先にはずしてしまっ [続きを読む]
  • M-1 2016 終了
  • 銀シャリの優勝で終わった今年のM1。もともと僕は銀シャリが好きでないので、少し残念でした。ネットの方の順位予想も銀シャリが1位であった事からどうも予定調和な感じがしてならない。それもこれもM1という箱がもう形式的になって何か新しいものが生まれる空気がなくなっていると思う。やけに緊張、緊張という事を番組的に押しているが、実はそれほど緊迫した空気が昔に比べて感じられないし、特に司会の今田耕司と上戸彩からは [続きを読む]
  • またやるんかい
  • 大西順子ってまた活動を再開していた。2012年に引退と言って活動を休止したから、本当にやめたと思ったが意外と早めに復活。吉田拓郎のさよらなコンサートじゃないんだから、引退とかやめるなんて言わない方がいいんではないか、と言いつつ新しいアルバムは欲しいです。札幌のライブも見に行ったが、網走市民会館で見た演奏が忘れられない。しかし、かっこいい49歳だな。 [続きを読む]
  • 3連単
  • 日曜日にM-1が見れる。というか、もうM-1か、、これを見たらバタバタっと年末まで行くんだよな。今年も早かったなー。そう考えさせられるこの漫才大会ですが、復活した去年から12月の始めにやるようです。(今知った)2010年までやっていた以前のM-1は大体クリスマス時期にやっていた。(そうか、やっぱりね)だから去年もそうだったけど12月の始めだと年末って感じがしない。あの年の瀬が迫った何かこの日とんでもない事が起きる [続きを読む]
  • ビリッ
  • 今年は会社で日めくりカレンダーを使っていた。一応、自分設定でゲン担ぎにしたので、必ず朝きたらまずめくるようにしてる。たまに急ぎの仕事が朝からバタバタあった際はめくらずに夕方になってしまっていたなんて事もあったが、その日はずいぶんモヤモヤしたものです。初めは分厚い電話帳のようなカレンダーも師走がせまるとペラッペラの紙があと31枚しかない。そしてめくってはいるが、会社の誰も、僕でさえもこのカレンダーで日 [続きを読む]
  • 52円
  • 朝出社しようとしたら、ポストにハガキが戻ってきた。母さんに宛てた手紙だったけど切手を貼り忘れていたようだ。だけど僕のアパートまで届けてくれたという事は、一度配達を完全にタダでしもらった事になる。これはこれは大変申し訳ない事をした。。なんなら別に出さなくてもいい手紙だけに罪の意識を感じる。でもこうやって、差出人の住所を書いておけば戻ってくるのか。切手の貼り忘れなんて1日に多分相当あるだろう。という事 [続きを読む]
  • またあいつ
  • またもアマゾンプライムで見たドラマが孤独のグルメっぽかったので、ついつい見てしまった。戸次重幸が演じるしがないサラリーマンが仕事中に昼間の銭湯に行って、上がったあと居酒屋でビールを飲むだけのドラマ。最近こういうのが流行っているいるのかな?それにしてもなんかズルズル惰性で見てしまう。でも昼間の銭湯はいいよなー。確かにあまり行ったことないけど、一番風呂とか気持ちいいもんな。円山温泉に通っていた時はよく [続きを読む]
  • 北海篇
  • アマゾンプライムで網走番外地を見た。実は恥ずかしながら初めて見た。なんだったら、高倉健の映画を初めてみた。昔の北海道の景色がたくさん出でくるが、なんとなく僕の原風景にこういうのがあるように思える。若い頃の高倉健はかっこいい。ただ、おしゃれではないだけ、男として全てかっこいい要素がある。なんだかずっと見ていたいような気にさせる魅力がある。だがそんな高倉健よりも、この時19歳で出演している王子運送の娘役 [続きを読む]
  • のりまき
  • 母さんがなぜかよくわからないが、海苔巻きを送ってくれた。確かに僕は最近海苔巻きが好きになったとは言ったが、わざわざ送ってもらうほど食べたいわけではない。だけど!朝目覚めて、そうだ海苔巻きがあったんだ!と思った瞬間、10秒で昨日受け取った小包を開けて、おもむろに食いちぎり、ほおばっていた。祝日の朝。カラフルな味が口のロータリー運動によって一つになっていく。幸せだ。今度自分でも作ってみようかな。 [続きを読む]
  • UP
  • 最近利用しているTSUTAYAの宅配サービスで、R.E.M.のUPという1998年に出たアルバムを借りた。借りたというより借りたいものリストにピックアップしておくと、自動的に送られてくる。だから、ポストに思わずプレゼントが入っていたみたいで非常に嬉しい感じです。R.E.M.のアルバムはほぼすべて持っているのですが、これだけ中のCDが紛失していたのです。だからしばらく耳にしていなくて、言わば新しいアルバムを聴くような感じで楽 [続きを読む]