sagansakai さん プロフィール

  •  
sagansakaiさん: [月/水]ゲッスイSAKAI-class絵画教室アトリエ・サガン
ハンドル名sagansakai さん
ブログタイトル[月/水]ゲッスイSAKAI-class絵画教室アトリエ・サガン
ブログURLhttp://gessui.jugem.jp/
サイト紹介文東京恵比寿の絵画教室アトリエ・サガンの月曜・水曜担当のサカイ講師の日常と会員の作品を発表します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2012/12/21 00:28

sagansakai さんのブログ記事

  • 今日の3点
  •  豊島(幸)さんの新作です。たぶんヨーロッパの田舎町?古城を中心に集落が集まってます。かたまり、近景遠景の違い、強い日射しを感じますね。上手くいきました。最後のチェックは、影の色。焦げ茶では乾いた日射しは表現できませんし、色の調和は半減します。こういうときは、青紫に限ります。色の響き合いがでるんですよね〜〜。  次に、飯嶋さん。地上の大気シリーズも洗練されてきました。大胆に潔く、アク [続きを読む]
  • 今日の3点
  •  桜が咲いたとの報道がありましたが、まだまだモクレン健在なりで、及川さんが今日描き始めたスクエアー作品。よいでしょ? 正方形キャンバスは、対象を切り抜く感じがちょうど良い。ドンピシャの構図でいっちょ上がり〜〜てなもんです。この雰囲気を忘れないために記録に残したところです。離れて見て、いいね〜〜で、近くに行ってがっかりじゃ困ります。近くで見て、な〜〜るほど〜〜と唸らせるような仕上がりにしたいも [続きを読む]
  • 連休最後の日
  •  おなじみのダーツ板、山嵜さんの新作です。ピエロを中心に赤緑の補色対比構図ですね。帽子が実際水色だったのだろうけれど、こういうときには、緑味にしてあげたほうがよい。鳥の水色が一つだけの方がアクセントになる。間違いなく、緑の方に目が行くのだけれど、次にどこに行くか?水色に目が行くだろう。その時、迷うよね。次から次へと連なる順番が大切。制作中、トイレに出た後、新鮮な目で自作を見つめる。順番の確認 [続きを読む]
  • ここに来て、寒の戻り
  •  川内さんのお花の絵が上がりました。絵の具の剥離剤が大好きで、気に入らないと剥いで再スタートする。何度も行ったり来たりしながら、やっと完成するのです。モチーフに対する執着心がないので、そのモチーフに気が取られるとすぐに絵が壊れていく。得意とする青のバリュエーションにチカラを注ぐよう、いつも声をかける。その人の得意、特徴を伸ばすことが講師の役目だ。逆に言うと、余計なことを削ぐ事ね。ここに来て、 [続きを読む]
  • 「勢い」
  •  最近入会された渡辺さんです。花を持ってきて、「今日はこれを描きます」とはじめ、あれよあれよとこんな感じ。絵には、緻密さとかテーマ性とか、いろいろあるが、これは色彩と言うより「勢い」です。躊躇しない潔さで、絵になっていくことを直に目にすることが出来ます。すごいよね〜と感心しつつ、ここは絵画教室、「乾いてからもう一回加筆してみようね」と話すが、よくなる保証はなし。今が一番輝いているのかも知れな [続きを読む]
  • 今日の2枚
  •  金子さんの新作「思い馳せるオンナ」です。架空のシチュエーションなのだけれど、なんだろうね??? 本当にクエッションだらけの絵だ。だけど、ちょっと欲張った構図で、なんだろうね?というクエッションよりも、僕には違和感が先行する。絵を描いていて、この余ったスペースに何かを描かなければという脅迫概念に陥ったことはないだろうか? それは、スペース恐怖症候群みたいなもので、よい癖とは言い切れない。この [続きを読む]
  • 春の日射し
  •  温かくなったり、ふたたび寒くなったり。そんな感じで3月、春の予感ありです。アトリエは、熱気が立つほどでもなく、淡々と制作するいつものメンバー。その一人、柳澤さんの新作です。これはサガンの屋上からの景色で、西日が横殴りに当たってます。光と影によって街が強調されていますね。描き始めたときの動機付けは何だったのだろう?何に興味を持ったのだろう?その様なことがテーマの本質になります。けっして、それ [続きを読む]
  • 今日から3月
  •  鈴木さんのコラージュ作品新作です。白樺だろうか、白っぽい老木に魅力を感じ、青空とともに組み合わせました。季節は、秋。紅葉の中の躍動感。良い感じね!  ダーツ板シリーズ描き続ける山嵜さん。赤の印象が強い仕上げになりました。俯瞰構図の難しさ、勉強になったかな?ダーツ板を寄せた構図、トランプでなんとかバランスを取ろうとしました。ちょっと無理かな。今やっている、部分的に新聞紙を敷いて、地 [続きを読む]
  • 今日の絵
  •  豊島幸子さん、2枚同時に仕上がりました。牧場風景は、近景→中景→遠景とコントラストが段階を得て奥行きが出ています。来れさえ踏まえていれば、オッケー。描きたかった奥の牧草地に目が行きます。静物画は、床が明るく立ち上がっている面が暗い。最低限のおさえどころです。  豊島久真男さん、水路と蔵という日本の風景ですね。水辺に映り込む景色がよいですね。そして、同じく上の面が明る [続きを読む]
  • 春よこい!!!
  •  先週の人物クラスの作品から、田辺さん水彩。  布施さん、鉛筆デッサン。  田辺さん、もう一枚。  植田さん、パステルで頭部。  鉛筆でもう一枚。 永吉さん、アクリルと木炭。  森本さん、トレッシングペーパーにコンテ。あとは、風邪でお休み、さみしい夜でした。  そして今日の鉛筆デッサン。静物画3点。密度高いですよ!   [続きを読む]
  • 最近の絵から
  •  川合さんのビンと貝殻の静物画が出来上がりました。ビンが転がっていて貝殻とくれば砂浜のイメージですよね。日が燦々と当たる明るいイメージ。このように俯瞰する構図は、床面を描かなければ絵にならない。本人は、まったく意図無くモチーフを組んだものだから、意味が伝わるのに時間がかかった。朝のイメージにも通ずる清楚な色合いになりましたね。物を見る、観察すると言うことがいかに大切かが解ったことでしょう。&n [続きを読む]
  • パリで東京で、、、
  •  月曜夜クラスの原田さんより、パリのグランパレで開かれている「水彩とデッサンのアートフェア」の写真が届きました。小品コーナーの絵は、その場で買っていくことが出来ます。さて、今年はどうでしょうか? いつもは、クリスマス前の11月頃だったのですが、今年はく〜っらい2月。やっぱり景気わるくて、日程変更したのかなって勘ぐっちゃうね。健闘を祈ります!!! そして、只今渋谷の松濤美術 [続きを読む]
  • 寒い日が続きます、、、
  •  飯嶋さん、最新作。風が感じられるかな? 無駄な絵の具がない分、ずいぶん軽やかになってきました。いいですね!  植田さん、水彩エスキース。絵のどこに着目しているんか? どこを強調したいのか? そこには、強いコントラストがあれば、いやでも目につく。明暗差だったり、彩度差だったり、色相差だったりする。キレイな青だね、そのそばに興味のあるものがあればいい。描くとは、自分の意思を入れること [続きを読む]
  • 今日の作品から
  •  及川さんが、スクエアーなキャンバスを買ってきました。それならば、いろいろやって貰いましょう。まず、正方形とは、それ自体が完成度の高い矩形で、いつものように分割する感じ(中に正方形を作る)にやっていくとしつこくなって上手くいかない。縦に伸びる感じ(縦構図)、横に広がる(横構図)のどちらでもないのだから、考え方を変えて取り組まなければならない。簡単に言うと「部分を切り取る感じ」だ。2点平行して [続きを読む]
  • 一瞬の2月に入りました
  •  澤田さんの海辺の絵が出来上がりました。残念ながら、絵が光ってしまい上の方がよく分かりませんね。上部には、白波があって、波の向こうとこちらが色味が変わり、手前はさらに緑がかり透明感があります。三つの色の変化がポイントでした。透明な物は、怖がらず、ガシッと描くと上手くいきます。乾いた後、グレージングすればよいのですから、思いっきり大ざっぱに。決してモゾモゾと描いてはいけません。汚れに見えますの [続きを読む]
  • 習作2点
  •  「色は塗るのではなく、置くように重ねる」ちゃんと口ずさみながら描くと、いい感じになりました。絵は、一つ一つの経験の積み重ね、記憶の積み重ね、その先に結果がある。まずは、観察ありき。理解した上で描くのだ。島名さんは、今年に入って始めた水彩画だ。頑張ってやってきた鉛筆デッサンが生きてるね。  先週に続いて、松井(和)さんの鉛筆デッサン。前回石膏の幾何形体に時間を割れなかったので、リベン [続きを読む]
  • エスキース2点
  •  植田さんは、山岳同好会にも所属しているヤマオンナである。しかし、山ばかり描いているわけではない。人物も描くし静物画も描く。たぶん、あの素晴らしい山風景を描くと、俗っぽい感じがしてたのだろう。しばらく遠ざかっていた。 たくさん描いてきたし、チカラもついてきた、そろそろか? 新年あけてから、水彩でエスキースをしている。試行錯誤の今日の2点。上の絵は、ピークを目指す中腹、森林限界の数本の木。ワクワクす [続きを読む]
  • 今日の作品から
  •  月曜日に出来上がった中村さんの「モンサンミシェル」です。遠浅の海をどう描くかにかかってました。露出した地面、海面に映る寺院、その面白さを表現できなければ、ただの三角形。つまらない物になります。描いたスケッチ、資料の写真、その絵柄を移すことではない。その景色の何を強調したいかである。  及川さんの赤青2パターンの静物画完成。左右のバランスがカギでした、グループ化で大小あるリズ [続きを読む]
  • フジヤマワールド3点
  •  久しぶりのフジヤマワールドの紹介です。今日は、3点同時に完成でした。いつものように、ほのぼのと、癒やし系の絵になってますよ。背景色が中まで入り込んで、大きなグループを作っています。これが落ち着きのある画面になり、そのなかでアクセントカラーがいい働きをするのです。まずは主体となるメインカラーをつかむことですね。 ※ブログランキングに参加しています。下記のいずれかのボタンを い [続きを読む]
  • 金子 明 展、開催中!
  •  月曜・水曜の夕方頃に現れて、人物クラスが始まるまでの間、コツコツと描いてためた1年分の作品を展示してます。場所は、いつものカフェギャラリー、フュフテ。1年に1回の定番になりましたね。金子さん独特の世界も、続ける事で洗練?されてきて、普通にいい絵もあったりします。お時間がありましたら、覗いてあげて下さい。*水〜土曜日OPEN、13:00〜20:00*日〜火曜日CLOSE112-0002 東京都文京区小石川1-24-10 080-13 [続きを読む]
  • サカイトシノリ個展 in ギャラリー風
  •  今、大阪のギャラリー風で開催しているサカイの個展を紹介します。(1/27まで)http://web-gallerykaze.com 国境を旅しながら描きためた作品、近作4年分をまとめて展示してます。自分で経過を確認できる展覧会が出来たことに感謝です。どう変わってきたのか、どのように進むべきか、明確になります。お近くの方、ぜひご高覧頂ければ幸いです。 最近作(160x160) ※ブログラン [続きを読む]
  • 教室平常スタート
  •  水曜日クラスの初日でした。1/3も過ぎれば、さすがに正月気分はなく、本当に正常に始まったなって感じ。大賑わいの1日でした。そんな中、コラージュ作品が2点出来上がりました。最初は、「鈴木さんの紅葉と白樺」赤と白のコントラストが印象に残ったとのこと。しっかりと伝わってきますね、静寂の中にザワザワと蠢く自然界。描きたいことをどう描くか、それをとことん考え抜く。いつも、主語をもって能動的に制作したいも [続きを読む]
  • おそば期ながら、本日仮始動
  •  アトリエサガン、月曜水曜クラスは今日が始まりです。暮れの最後の教室から3週間近くあいてしまいました。皆さん鋭気を養ったことでしょうが、、、すぐに始動砥は行かず、、、午後クラスは新年会になり、今年の抱負を語らう場となりました。三連休の最終日だし、しょうがないよね。このゲッスイのブログも新たな気持ちで頑張りましょ!本格的始動は、明後日からね。※ブログランキングに参加しています。下記のいずれかの [続きを読む]
  • よい年を!!!
  •  今日は、サカイクラス・ゲッスイの忘年会でした。15名ほどの有志が集まり、ささやかな鍋料理にお造り。そして持ち寄りの一品とワインで楽しく今年の打ち上げです。健康第一、自ら作品作り。どちらも、小さな事の積み重ねだ。みなさん、新年にむけて鋭気を養い、がんばるべ。よい年を!!!※ブログランキングに参加しています。下記のいずれかのボタンを いただければ幸いです。にほんブログ村にほんブログ村【東京 [続きを読む]
  • よい年を!!!
  •  永吉さんのアクリルとパステルの混合。いつもながら、出来ていないのですが、写真映りがいい。描きすぎた頭部に比べて手元から足にかけての線が生きているね。  布施さんの鉛筆デッサン。それぞれの部品のバランスがいまいち繋がっていません。しかし、そのせいか妙な動きが感じられ、ちょっと面白い。鉛筆ののりが良くなってきたので、これから良くなるよ。  花柄の地塗りから描き始めた植田さん [続きを読む]