sagansakai さん プロフィール

  •  
sagansakaiさん: [月/水]ゲッスイSAKAI-class絵画教室アトリエ・サガン
ハンドル名sagansakai さん
ブログタイトル[月/水]ゲッスイSAKAI-class絵画教室アトリエ・サガン
ブログURLhttp://gessui.jugem.jp/
サイト紹介文東京恵比寿の絵画教室アトリエ・サガンの月曜・水曜担当のサカイ講師の日常と会員の作品を発表します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2012/12/21 00:28

sagansakai さんのブログ記事

  • パンチを効かせると
  •  今日は、塩見さんの作品を紹介します。ちょうど最後のフィニッシュワークをやるところだったので、やる前・やった後の写真を撮ることができました。サガンの窓からの景色で、明治通りの雑踏の描写です。なんか都会の雑踏って感じいっぱいの表現で、こういうのをノイズアートというのか。さて、この白っぽい状態でも面白いのですが、最後に黒をぶっかけた結果が2枚目。パンチがでましたね。やはり白黒の明度差という対比に勝るも [続きを読む]
  • 休日でもサガン、今日の2点
  •  野上さんの新作です。路地シリーズを描いて、何年たつのだろう? 描きたいものをシンプルに捉える、余計なものを削ぐ、一歩前にズームインする気持ち、いい感じになってきました。つい、空を入れてしまう路地を、ズームインすれば階段に目が行くようになる。大胆な構図が気持ちよいですね。  そして神山さん。最近鹿づいていて、今回は親子が寒々しい平原にいますが、本テーマは空ですね。広がり、色の変化、沈む太陽、これ [続きを読む]
  • カラツユ東京がんばんべ!
  •  7/5と7/10は、サカイはまだ旅継続中で、清田さんの代講でした。昨夜の帰国で、今日からサガンは平常に戻りました。さて、人物クラスの田辺さんの作品がたまりましたので紹介します。まず、最近は意欲的に背景から攻めていきます。またレベルアップしたといこと、結局あとで背景を描いてもうまくいかない。それは、背景の白を意識して中を描いているから、あとでバックを描いても合うわけではない。情緒的なことは、背景が大方支 [続きを読む]
  • 只今、ポルトで製作中。
  • 今日は、サガンは休講です。サカイは 、ポルトで製作中! これは、ポルトの駅。壁がアズレージョというブルーのタイルで飾られています。美術館みたいですよ。ということで、青系の絵を描いています。がんばるべ。 ※ブログランキングに参加しています。下記のいずれかのボタンを いただければ幸いです。にほんブログ村にほんブログ村【東京恵比寿の絵画教室アトリエサガンの公式サイト】 [続きを読む]
  • アラカルトな作品4点
  •  早描きで、エイヤー!の渡辺さん。チューブからの絵の具をどんどんのせていきます。しかし、色味過多でちょっと過食気味。そこで、中央の黒みに対して下部に白を配置。どうでしょう、どこかの街の景色になったんじゃない?  水彩の新田さん。アトリエにスイカのモチーフがあったので、ここぞとばかりに描いて貰った。適当にスイカの模様を描いてはいけないことを理解して修正。実は、難しいモチーフです。まずは初体験、次が [続きを読む]
  • 暑いのか涼しいのか?梅雨時
  •  飯嶋さんの新作です。アトリエにある観葉植物をモチーフに描きました。目の前に在る、それは大きなリアリティーです。当初、なんとなく取りかかると、ありきたりの葉っぱに本人も落ち込む。そして仕切り直しで、修正→修正と本来のスタイルで表現です。こういかなくちゃね。  柳澤さんの花三連作。教室内では、描き始めの天才!との声も出ます。さて、どうなるか期待しましょう。  今日の松井(和)さん。瓜とガラス玉と [続きを読む]
  • 今日に2点
  •  甲州、シャルドネのシャトーに行ってきた海田さん。気持ちのよい葡萄畑を満喫してきたようです。両脇に続く葡萄だな、しゃがめば先まで見渡せる光のトンネル、こどもの時の世界が蘇る。そんな印象を描いた作品、うまくいきました。失敗、成功、忘れずに。制作は、記憶の積み重ねですね。  今日の松井(和)さんです。この無骨なモチーフをバッチリと描き上げました。金属と木製との質感差、実在ともたれかかり。こんなつまらない [続きを読む]
  • 旅のスケッチ
  •  作品が光ってしまい真ん中がとんでしまった。飯嶋さんの新作です。風景を感じる抽象画になってきましたね。絵の具の付き方も、自信をもつと、生き生きとしてくるから不思議だ。  そして、この写真は、先のフランス旅行の時のスケッチです。このようなスケッチが、作品になってるとか、いい出来とか、そういうことは問題では無い。これは、個人的なメモなのです。リアリティーあるメモ。自分が見れば、その情景・空気感・香り [続きを読む]
  • 梅雨の始まりに
  •  新田さんの静物水彩です。デッサンをするように、こつこつ重ねることは、透明水彩の基本です。そんなことが出来るようになってきたのですが、一カ所に集中するあまり、そこが潰れていく。そして単調になっていくわけです。みなさん、お解りですね? そう、葉っぱです。同時進行、全体的に仕事を進めるのも基本です。あーー、もったいない。  今週の松井(和)さんコーナーです。ビンとラッパを、ピリッと凜々しく描いてくれま [続きを読む]
  • 今日の作品から
  •  柳澤さん、秩父の里山「桃の郷」2点出来上がりました。有名でもない、ひっそりと山奥に村落があり、この時季に瞬間的に華やぐ桃の郷です。遠景・近景、村落の連なりに村道の繋がり。面白い構成になってます。力作でした!  こちらは、ジグザグの村道が斜面に張り付く構図です。  野沢さんは、「ビンのコンポジション」ですね。描き始めの頃、床が赤系でバックの壁が白系だった。そこで、床のレイアウトが一番見せたいのか? [続きを読む]
  • 梅雨入りかな?
  •  まだ途中だけれど、及川さんのスクエアーサイズの油彩画。このモクレンの絵は、いい感じだったのだが、、、他の3点がリカバリーにつき、引っ掻いたり、削いだりして復活した際、こちらもと修正です。複数作品同時進行は他の実験的経験を利用することが出来るので面白い。  十字の石膏にあわせて、四角い時計に四角い画集。ビンがあったり水差しがあったのですが、他の作品で削ぐことでよくなると、これもと修正。スクラップア [続きを読む]
  • 死ぬ暇なんてない!
  •  野上さんの「路地シリーズ」出来上がりました。狭い路地に光が差し込み、陰影の交錯が面白い効果をうんでいます。色数が少なくても、陰と陽が主になれば、それもよしとなる。フィレンツェ旅行帰り、これからの作品に期待です。  さて、月曜日の午前クラス。のんびりゆったりの時間が流れています。というのも老いの楽園かという感じで、もう30年のつきあいだ。そりゃあ、くたびれてくるわね。で、つきあい方も、きびしく励まし [続きを読む]
  • 今日の3点
  •  川合さん、千葉の「養老渓谷」出来上がりました。トンネルを挟んでこちらの世界と向こうの世界、普遍的なテーマだ。あちらが明るいということをおさえて、その光がトンネルの中に反射しているということを理解していなければ描けない。というのも、持って来た写真はトンネルの中は、一様に真っ黒で、このまま描き写しても絵になるものではなかった。毎度出てくるキーワード、「写真を読みよく」である。写真は、そのまま描き写 [続きを読む]
  • 100メートルの天井画
  •  先週の木曜日から昨夜まで北海道に行ってました。今日は、サカイの壁画仕事について。ここ10年ほど、こども病院、重症身障者施設など医療施設に彩りをと特化して、壁画制作をしています。今回は、美幌療育病院で重症身障者を中心に受け入れているところです。3年前に、ここの浴槽2件、天井画と壁画を施工しています。その流れで病棟をつなぐ廊下に天井画をとなりました。  この病院には100メートルの廊下があって、利用者さん [続きを読む]
  • ヌード人物画
  •  田辺さん、2日間水彩。手前の腕と奥の腕の違いが必要。前後の距離感ね!  佐藤さんの鉛筆デッサン。組んだ足の出方が難しかったけれど、描ききったね。緻密です!  小松君、パステル画。彼は、こだわるとつまらなくなる。ざっくりと描くといい感じなので、方向転換必要ね。  これがササッと描いたクロッキー。上の絵より魅力在り。  初めてのヌードパステル。ザックリとがさつに描けと指示。2日でここまで、まあまあい [続きを読む]
  • 着衣人物画
  •  先週終了したコスチュームモデルクラスの作品から。まず金子さん、高原の一室に収まりました。色調子統一感あり、難しい椅子に目が行かないように苦心しましたね。 田辺さんの透明水彩。これは2枚目の小サイズ作品。こちらの方が、フレッシュで勢いがある。得てしてこんなものね。 布施さんの鉛筆デッサン。続ける事で、こんなにしっかりと描けるようになった。しかし、椅子が幅広い。しょうがないね。 小松君、ちゃちゃっと [続きを読む]
  • 「八雲展」終了
  •  本日、大崎のO美術館で最終日を迎えた同窓生のグループ展「第35回八雲展」です。昨年から出品している田辺さん、力作2点。若手として頑張っているらしい。それほど歴史があるという事ね。作品は、B2サイズだけれどもB全の額縁に入るとそれなりに大きく、見栄えします。入口のいい場所に展示されてました。出世したのかな? ともあれお疲れ様。さあ、今日も新しい作品作りです。頑張りましょ。 ※ブログランキングに参加してい [続きを読む]
  • 仕上げるときは
  •  青いバラか? 川内さんの新作です。下半分に注目です、いい感じですよね。メリハリがあって新鮮です。実際、描き始めの状態が維持されてます。結局、手数の多い上部が潰れていくわけです。何度も描き直し、剥いだりしていくが、うまくいかない。仕上げとは、なんだろうか? 統一感の調整かな。下に使っている色を上にも使う、下のような面の切り返しを上にも、大きな改造は必要ない。仕上げとは、整理整頓!だよ。離れて見て [続きを読む]
  • 今日の3点
  •  及川さんの正方形キャンバス、4点同時制作進行中です。同時に制作すると、上手くいっていない作品とバッチリの作品とが、よーくわかります。よいところを他にも踏襲する。改造開始だ。スクラップ&ビルトで偶然の効果があらわれる。使おう! こうやって、余計なモノが排除される。削がれて作品はよくなっていくのだ。この経験を忘れずに積み重ねていく。制作は、経験という時間の蓄積。それが作品になっていく。  ちょっとピ [続きを読む]
  • 連休も終わったし、がんばるべ!!!
  •  久しぶりのフジヤマワールドの紹介です。モチーフを選んで、セッティングして、描き始めるわけです。どこで、その描き手のワールド(世界)になるか。それは、紛れもなく周りの世界。バックです。結局絵って、背景ありきだよねって思う。モナリザと同じポーズで無地の背景の絵があるが、何とも味気ない。モナリザの背景には、無限の情報が収まっている玉手箱。見る側も、背景に眼を向けるようになれば、一人前だ。  もう一点 [続きを読む]
  • 「行為の積み重ね」
  •  月曜午後クラスの塩見さん、春陽展に入選したので見て下さいというので、行ってきました。(5/1で修了)版画部門で出品していて、右の絵が賞候補となっていた。なかなかの出来でよかったです。左より右の方が濃い色があるので、その分パンチが効いている。今日、本人と作品の話になって、構図がどうの、地の色を見せた方がいいの、と意見を言う人が居ると。その様なことは、なんとなく気にとめておけばいい。  さて、彼女の絵 [続きを読む]
  • モノとの関係
  •  中村さんの新作です。どこのドーモでしょう? 量感があって荘厳な感じであがりました。建物は、苦手と本人は言うが、ちょっとぐらいパースがくるったって、作品の意図が表現できればいいのである。いままでの旅先の風景シリーズ、次は台湾らしい。楽しみです。  松井(和)さんの鉛筆デッサン。これは、先週仕上がらなかったので30分ほど加筆しました。3つの関係、繋がり、前後、色味の違い、相当難易度の高いモチーフです。置 [続きを読む]
  • 繋がり、関係性は、ルールを守ること。
  •  野沢さんの新作です。スッキリと自立した気持ちの良い作品になりました。さて、どのようなことをしたか? 中のモチーフ自体は、最初からあまり変わってません。このように大きく面取した描写です。しかし、途中まで、床とバックが中と呼応していなくて、中のモチーフが寂しそうに、、、。  自分で作ったルールは、最後まで通すこと。絵は、これを通さずして成り立たない。青いビンに呼応してバックにも青を。それで、赤のビン [続きを読む]
  • 平常に戻った月曜日
  •  柳澤さんの新作「桜咲くまえ」です。じっさい、桜が咲く前にスケッチに行ったわけで、嘘がないのですが、あとで桜を入れようとの魂胆だった。でもうまくいかないので、桜は咲かせなかった。遊歩道のタイルが桜色だったりして、カラーリングしている。余計なことをしてくれると思っちゃうのですが、幹の影とカラーリングの舗装で絵になっちゃうのです。自治体の係の方は、桜がキレイなところだからと、色々考えるのだろう。だか [続きを読む]
  • サカイトシノリ個展始まる
  •  画廊がオープンと同時に駆けつけてくれた、月曜午前クラスのメンバー。ありがとう!さあ、始まる、一週間。がんばるべ。※ブログランキングに参加しています。下記のいずれかのボタンを いただければ幸いです。にほんブログ村にほんブログ村【東京恵比寿の絵画教室アトリエサガンの公式サイト】 [続きを読む]