sagansakai さん プロフィール

  •  
sagansakaiさん: [月/水]ゲッスイSAKAI-class絵画教室アトリエ・サガン
ハンドル名sagansakai さん
ブログタイトル[月/水]ゲッスイSAKAI-class絵画教室アトリエ・サガン
ブログURLhttp://gessui.jugem.jp/
サイト紹介文東京恵比寿の絵画教室アトリエ・サガンの月曜・水曜担当のサカイ講師の日常と会員の作品を発表します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2012/12/21 00:28

sagansakai さんのブログ記事

  • ヌード人物画
  •  田辺さん、2日間水彩。手前の腕と奥の腕の違いが必要。前後の距離感ね!  佐藤さんの鉛筆デッサン。組んだ足の出方が難しかったけれど、描ききったね。緻密です!  小松君、パステル画。彼は、こだわるとつまらなくなる。ざっくりと描くといい感じなので、方向転換必要ね。  これがササッと描いたクロッキー。上の絵より魅力在り。  初めてのヌードパステル。ザックリと [続きを読む]
  • 着衣人物画
  •  先週終了したコスチュームモデルクラスの作品から。まず金子さん、高原の一室に収まりました。色調子統一感あり、難しい椅子に目が行かないように苦心しましたね。 田辺さんの透明水彩。これは2枚目の小サイズ作品。こちらの方が、フレッシュで勢いがある。得てしてこんなものね。 布施さんの鉛筆デッサン。続ける事で、こんなにしっかりと描けるようになった。しかし、椅子が幅広い。しょうがないね。 小松君、ちゃちゃっと [続きを読む]
  • 「八雲展」終了
  •  本日、大崎のO美術館で最終日を迎えた同窓生のグループ展「第35回八雲展」です。昨年から出品している田辺さん、力作2点。若手として頑張っているらしい。それほど歴史があるという事ね。作品は、B2サイズだけれどもB全の額縁に入るとそれなりに大きく、見栄えします。入口のいい場所に展示されてました。出世したのかな? ともあれお疲れ様。さあ、今日も新しい作品作りです。頑張りましょ。 ※ブログランキ [続きを読む]
  • 仕上げるときは
  •  青いバラか? 川内さんの新作です。下半分に注目です、いい感じですよね。メリハリがあって新鮮です。実際、描き始めの状態が維持されてます。結局、手数の多い上部が潰れていくわけです。何度も描き直し、剥いだりしていくが、うまくいかない。仕上げとは、なんだろうか? 統一感の調整かな。下に使っている色を上にも使う、下のような面の切り返しを上にも、大きな改造は必要ない。仕上げとは、整理整頓!だよ。離れて [続きを読む]
  • 今日の3点
  •  及川さんの正方形キャンバス、4点同時制作進行中です。同時に制作すると、上手くいっていない作品とバッチリの作品とが、よーくわかります。よいところを他にも踏襲する。改造開始だ。スクラップ&ビルトで偶然の効果があらわれる。使おう! こうやって、余計なモノが排除される。削がれて作品はよくなっていくのだ。この経験を忘れずに積み重ねていく。制作は、経験という時間の蓄積。それが作品になっていく。 &nb [続きを読む]
  • 連休も終わったし、がんばるべ!!!
  •  久しぶりのフジヤマワールドの紹介です。モチーフを選んで、セッティングして、描き始めるわけです。どこで、その描き手のワールド(世界)になるか。それは、紛れもなく周りの世界。バックです。結局絵って、背景ありきだよねって思う。モナリザと同じポーズで無地の背景の絵があるが、何とも味気ない。モナリザの背景には、無限の情報が収まっている玉手箱。見る側も、背景に眼を向けるようになれば、一人前だ。 &n [続きを読む]
  • 「行為の積み重ね」
  •  月曜午後クラスの塩見さん、春陽展に入選したので見て下さいというので、行ってきました。(5/1で修了)版画部門で出品していて、右の絵が賞候補となっていた。なかなかの出来でよかったです。左より右の方が濃い色があるので、その分パンチが効いている。今日、本人と作品の話になって、構図がどうの、地の色を見せた方がいいの、と意見を言う人が居ると。その様なことは、なんとなく気にとめておけばいい。  さて [続きを読む]
  • モノとの関係
  •  中村さんの新作です。どこのドーモでしょう? 量感があって荘厳な感じであがりました。建物は、苦手と本人は言うが、ちょっとぐらいパースがくるったって、作品の意図が表現できればいいのである。いままでの旅先の風景シリーズ、次は台湾らしい。楽しみです。  松井(和)さんの鉛筆デッサン。これは、先週仕上がらなかったので30分ほど加筆しました。3つの関係、繋がり、前後、色味の違い、相当難易度の高い [続きを読む]
  • 繋がり、関係性は、ルールを守ること。
  •  野沢さんの新作です。スッキリと自立した気持ちの良い作品になりました。さて、どのようなことをしたか? 中のモチーフ自体は、最初からあまり変わってません。このように大きく面取した描写です。しかし、途中まで、床とバックが中と呼応していなくて、中のモチーフが寂しそうに、、、。  自分で作ったルールは、最後まで通すこと。絵は、これを通さずして成り立たない。青いビンに呼応してバックにも青を。それで [続きを読む]
  • 平常に戻った月曜日
  •  柳澤さんの新作「桜咲くまえ」です。じっさい、桜が咲く前にスケッチに行ったわけで、嘘がないのですが、あとで桜を入れようとの魂胆だった。でもうまくいかないので、桜は咲かせなかった。遊歩道のタイルが桜色だったりして、カラーリングしている。余計なことをしてくれると思っちゃうのですが、幹の影とカラーリングの舗装で絵になっちゃうのです。自治体の係の方は、桜がキレイなところだからと、色々考えるのだろう。 [続きを読む]
  • サカイトシノリ個展始まる
  •  画廊がオープンと同時に駆けつけてくれた、月曜午前クラスのメンバー。ありがとう!さあ、始まる、一週間。がんばるべ。※ブログランキングに参加しています。下記のいずれかのボタンを いただければ幸いです。にほんブログ村にほんブログ村【東京恵比寿の絵画教室アトリエサガンの公式サイト】 [続きを読む]
  • 来週はサカイ個展で教室は休みです。
  •  金子さんの新作です。ブルーとオレンジの寒暖対比、きれいにまとまりました。構図が少々右寄りだったので、左にポスターを入れました。ちょっと控えめだったかな、もう少し目立たないとバランスが取れないね。  松井(和)さんの鉛筆デッサン新作です。ドライフラワーとビン、レモン。このようなシンプルな物をしっかり描くのは難しい。でも、高密度でいい感じです。  そして、宣伝です。---4/17か [続きを読む]
  • 今日の3点
  •  豊島さんが大阪時代のマンションからの眺めらしい。淀川かしらね。細かいところを一生懸命頑張ってましたよ。近景・遠景の違いも段々分かってきました。しかし、紅葉なのか川沿いの樹木の色が少々きついですね。青系の色味で仕上げているので、反対色はとても目立ってしまう。すごし、グレイを混ぜて彩度をおさえるべきだった。もうひとつ、紅葉と若葉の対比もきつい。だいたい、こんなに、若々しいいろじゃないだろ。コン [続きを読む]
  • 人物クラスから
  •  先週の人物クラスから、撮影できたものを紹介します。まず、原田さん。珍しく黄色!なんだけれど、これから、いつものように黒くしようかどうしようかと終わった作品。手直し続ける模様です。  田辺さんの水彩画。ポーズのたびに、少々違う難しい位置。こういうときは、フォルムではなく前後の奥行きを中心に制作すること。肘と向こうの肩、椅子の背もたれと膝から足へと距離が感じられます。前後の関係は、背 [続きを読む]
  • 今日の完成から
  •  まず最初の作品、神山さんの「雪原のトナカイ」。。。雄大な自然の営み、険しさ、壮大な空、孤独なシカ?トナカイ?、、、物語がありますね。最後は、空の黄色が映えるように調整して修了です。主役の動物が、羊から鹿に変わったようです。  次が、路地シリーズの野上さん。今回は、階段ですね。登った先には何があるのでしょう?狭い路地の先には希望なのか。恐怖なのか、イメージが膨らめば絵が成功というこ [続きを読む]
  • 仕上げるとは
  •  尾中さんの30号油彩、スイスの村だそうです。グループ展の出品作で今日までとのこと、急遽、仕上げることに。仕上げるとは、どういうことか?細かいところを描く事ではない。絵全体の統一感つながりを確認することです。写真を見て描いているので、影が真っ黒です。これでは、青い遠景・空と合いません。遠景、近景を青という共通点を持たせます。何回も言っていることだけれど、写真を移しちゃダメ、写真を読み解かなくて [続きを読む]
  • 今日の3点
  •  豊島(幸)さんの新作です。たぶんヨーロッパの田舎町?古城を中心に集落が集まってます。かたまり、近景遠景の違い、強い日射しを感じますね。上手くいきました。最後のチェックは、影の色。焦げ茶では乾いた日射しは表現できませんし、色の調和は半減します。こういうときは、青紫に限ります。色の響き合いがでるんですよね〜〜。  次に、飯嶋さん。地上の大気シリーズも洗練されてきました。大胆に潔く、アク [続きを読む]
  • 今日の3点
  •  桜が咲いたとの報道がありましたが、まだまだモクレン健在なりで、及川さんが今日描き始めたスクエアー作品。よいでしょ? 正方形キャンバスは、対象を切り抜く感じがちょうど良い。ドンピシャの構図でいっちょ上がり〜〜てなもんです。この雰囲気を忘れないために記録に残したところです。離れて見て、いいね〜〜で、近くに行ってがっかりじゃ困ります。近くで見て、な〜〜るほど〜〜と唸らせるような仕上がりにしたいも [続きを読む]
  • 連休最後の日
  •  おなじみのダーツ板、山嵜さんの新作です。ピエロを中心に赤緑の補色対比構図ですね。帽子が実際水色だったのだろうけれど、こういうときには、緑味にしてあげたほうがよい。鳥の水色が一つだけの方がアクセントになる。間違いなく、緑の方に目が行くのだけれど、次にどこに行くか?水色に目が行くだろう。その時、迷うよね。次から次へと連なる順番が大切。制作中、トイレに出た後、新鮮な目で自作を見つめる。順番の確認 [続きを読む]
  • ここに来て、寒の戻り
  •  川内さんのお花の絵が上がりました。絵の具の剥離剤が大好きで、気に入らないと剥いで再スタートする。何度も行ったり来たりしながら、やっと完成するのです。モチーフに対する執着心がないので、そのモチーフに気が取られるとすぐに絵が壊れていく。得意とする青のバリュエーションにチカラを注ぐよう、いつも声をかける。その人の得意、特徴を伸ばすことが講師の役目だ。逆に言うと、余計なことを削ぐ事ね。ここに来て、 [続きを読む]
  • 「勢い」
  •  最近入会された渡辺さんです。花を持ってきて、「今日はこれを描きます」とはじめ、あれよあれよとこんな感じ。絵には、緻密さとかテーマ性とか、いろいろあるが、これは色彩と言うより「勢い」です。躊躇しない潔さで、絵になっていくことを直に目にすることが出来ます。すごいよね〜と感心しつつ、ここは絵画教室、「乾いてからもう一回加筆してみようね」と話すが、よくなる保証はなし。今が一番輝いているのかも知れな [続きを読む]
  • 今日の2枚
  •  金子さんの新作「思い馳せるオンナ」です。架空のシチュエーションなのだけれど、なんだろうね??? 本当にクエッションだらけの絵だ。だけど、ちょっと欲張った構図で、なんだろうね?というクエッションよりも、僕には違和感が先行する。絵を描いていて、この余ったスペースに何かを描かなければという脅迫概念に陥ったことはないだろうか? それは、スペース恐怖症候群みたいなもので、よい癖とは言い切れない。この [続きを読む]
  • 春の日射し
  •  温かくなったり、ふたたび寒くなったり。そんな感じで3月、春の予感ありです。アトリエは、熱気が立つほどでもなく、淡々と制作するいつものメンバー。その一人、柳澤さんの新作です。これはサガンの屋上からの景色で、西日が横殴りに当たってます。光と影によって街が強調されていますね。描き始めたときの動機付けは何だったのだろう?何に興味を持ったのだろう?その様なことがテーマの本質になります。けっして、それ [続きを読む]
  • 今日から3月
  •  鈴木さんのコラージュ作品新作です。白樺だろうか、白っぽい老木に魅力を感じ、青空とともに組み合わせました。季節は、秋。紅葉の中の躍動感。良い感じね!  ダーツ板シリーズ描き続ける山嵜さん。赤の印象が強い仕上げになりました。俯瞰構図の難しさ、勉強になったかな?ダーツ板を寄せた構図、トランプでなんとかバランスを取ろうとしました。ちょっと無理かな。今やっている、部分的に新聞紙を敷いて、地 [続きを読む]
  • 今日の絵
  •  豊島幸子さん、2枚同時に仕上がりました。牧場風景は、近景→中景→遠景とコントラストが段階を得て奥行きが出ています。来れさえ踏まえていれば、オッケー。描きたかった奥の牧草地に目が行きます。静物画は、床が明るく立ち上がっている面が暗い。最低限のおさえどころです。  豊島久真男さん、水路と蔵という日本の風景ですね。水辺に映り込む景色がよいですね。そして、同じく上の面が明る [続きを読む]