レコスケ さん プロフィール

  •  
レコスケさん: YANGON CALLING
ハンドル名レコスケ さん
ブログタイトルYANGON CALLING
ブログURLhttp://ygncalling.blogspot.com/
サイト紹介文ミャンマー、ヤンゴン在住です。ビジネスから生活情報まで、その時々の出来事を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2012/12/24 15:38

レコスケ さんのブログ記事

  • 今週末、サンチャウンに行くべき二つの理由【9月編】
  • 今週末に、サンチャウンを訪れる方へお知らせです。まずは、日本のNGO AAR Japanさんが運営するテーラー・ショップ Princess Tailoring Shopの情報です。 9月24日(日)10:30~12:30の間、日本のNGO AAR Japanさんが運営するテイラー・ショップのPrincess Tailoring Shopに、日本語通訳ボランティアのLさんが入ります。ロンジーやワンピースなどのオーダーメイドの服をミャンマーで作ってみたいけれど、言葉の壁でためらっていた方 [続きを読む]
  • 新デザインのドレス入荷しました
  • お客様からご要望のあったロング・シャツ・タイプの新作ドレスを作りました。生地は味わいのある、ざっくりしたシャン州産のコットンを使用しています。商品はLサイズ:45,000MMK サイズ違い、色違いをご希望の場合は、以下のお店で、スタイル・ブックからお客様に合うサイズと、お好きなカラーを選んで注文できます。KOKO Home StoreNo 5 Ground Floor, Kyaung Kone Street Kyaung Kone Street, Sanchaung Township, Yangon Phone [続きを読む]
  • ミャンマーの英語圏と日本語圏の市場規模の違いを考えた
  • 先日、Princess Tailoring Shopでロンジー用生地を使って作るワンピースの製作料金の改訂を、日本語と英語で当ブログで告知しました。言語が違うだけで、内容はまったく同じです。日本語版は新たに投稿を作成し、英語版は以前の投稿を変更しました。言語圏毎の市場規模を比較する、ちょうどいい機会だったので、それぞれの投稿へのアクセス統計を取り出してみました。日本語版の投稿から48時間後の記事へのアクセス数が100 英語版 [続きを読む]
  • ヤンゴンで読書会を計画しています
  • ミャンマーの本好きの有志を募って読書会を計画しています。第一回は、来月10月の第二週の10月14日(土)か10月15日(日)の午後を予定しています。開催地は未定ですが、たぶんサンチャウンのカフェになります。読書会は、以下の二つのルールを守っていただけたら、どなたでも参加できます。・課題図書を読了していること 読書会なので、課題の本を読み終わっていることは必須です。・原則として、他の人の発言に対して、批判的な [続きを読む]
  • ロンジー生地で作るワンピースの料金を改定しました
  • 2017年9月14日より下記の通り、料金を改定しました。・通常サービス(採寸後、1週間から2週間でお受け取りできます): 30,000MMK(裏地なし) 35,000MMK(裏地あり) ・特急サービス(採寸後、3日から1週間でお受け取りできます): 40,000MMK(裏地なし) 45,000MMK(裏地あり)Princess Tailoring Shopでのロンジー用生地を使ったオリジナル・ワンピースの作り方をご紹介します。1. 生地を選びますお店にお気に入りのロ [続きを読む]
  • ミャンマーの奥の細道〜ミャンマーの翻訳出版事情について考えた
  • 定期的にミャンマーの本屋を回って、どんな本が翻訳されているのかをチェックしています。最近、新たに村上春樹の『1973年のピンボール』と『めくらやなぎと眠る女』のミャンマー語訳が出ているのを見つけました。長編に関しては、ほとんどの村上作品がミャンマー語に訳されて出版されています。ただし、短編集に関しては『象の消滅』と『めくらやなぎと眠る女』しか見たことがありません。この二冊はアメリカ市場向けに編まれたア [続きを読む]
  • 今週末はサンチャウンに行くべき二つの理由
  • サンチャウンに住んで約5年になります。出不精なので、普段はほとんどサンチャウンから出ることなく生活しています。もともとヤンゴンの中産階級の居住区だったサンチャウンですが、ダウンタウン・エリアの賃料の高騰のため、このエリアに3年程前から外国人の居住者が増えてきています。外国人の居住者の増加に伴い、外国人のテイストに合うカフェやバーも増えつつあります。飲食店以外のショップに関しては、まだ洗練されたお店は [続きを読む]
  • 【Princess Tailoring Shop】ニューアイテムのモデル着用写真です
  • 前回の投稿でご紹介したニューアイテムのモデル着用写真をアップします。ツートーン・ワンピースブルーxネイビーとグレーxブラックの二パターンがあります。ミャンマーのシャン州産のコットンを使用しています。襟付きブラウス ギャザーを寄せた大きめな襟と背中に入ったタックが特徴です。ロンジー生地を使用しています。Princess Tailoring Shop 【No.8 Ground Floor, Nyaung Tone Road, Sanchaung Township, Yangon (レストラ [続きを読む]
  • ミャンマーのモード雑誌『POSH』がものすごく攻めている件について
  • 以前の投稿でご紹介したミャンマーのファッション雑誌『POSH』の8月号が発売されました。いままで四ヶ月毎の発行で、最新号が12月だったため次号は4月に出ると予想していましたが、4月号は発売されませんでした。廃刊になったのかなと心配していたのですが、8月号が無事に発刊されて嬉しいです。ミャンマーのファッション雑誌、とくにモード寄りの雑誌の場合は、『VOGUE』あたりの欧米のモード雑誌を参考にグラビアページが作られ [続きを読む]
  • 【YANGON CALLING】新しいデザインのワンピース入荷しました
  • ショップに新しいデザインのワンピースを入荷しました。バックに大きめのタックを入れて、肩から裾にかけて綺麗なAラインができるデザインです。素材は、味あいのあるシャン州産のコットンを使用しています。Mサイズ(バスト120cm、着丈105cm):45000MMKいま店頭にあるのは、Mサイズです。今後、S~LLまでサイズ展開する予定です。一点物ですので、気になったらお早めにお店でのチェックをお勧めします。Princess Tailoring Shop [続きを読む]
  • ミャンマー的でない商品を作ったら予想外に反響があった
  • 前回の日本への一時帰国が6月中旬で、ショップの店頭に夏物の服がたくさん並んでいる時期でした。ミャンマーの気候で着れる服がたくさん見れるため、おそらく百軒以上のショップを回りました。ユニクロ・しまむらから、ディオール・プラダまで、センスやテイストや価格帯を絞らずに、とにかく目に入るすべてのお店に入りました。ミャンマーの素材を使用した服を作っている自分にとって、参考になるかなと思ったのが、ヨーガンレー [続きを読む]
  • 【YANGON CALLING】新しいコンセプトで作ったドレスのモデル着用写真
  • 前回の投稿でお知らせした通り、いままでロンジー向けの生地で生産していた洋服を、デザインの可能性を広げるため、サイズに制限のあるロンジー用の生地に限らずに、ミャンマー産の生地を使用して洋服を作ることにしました。出来上がったサンプルを、Princess Tailoring Shop で日本語通訳のボランティアをしていただいているLさんに着てもらいました。素材はシャン州産の良質なコットンを使用しています。 いずれのサンプルもフリ [続きを読む]