豆大福 さん プロフィール

  •  
豆大福さん: おひとり様の断酒日記 
ハンドル名豆大福 さん
ブログタイトルおひとり様の断酒日記 
ブログURLhttp://ameblo.jp/8314511yz15/
サイト紹介文一人暮らしのアル中が、断酒を始めました。 穏やかに暮らせるようになれば、ブログは自然消滅します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2012/12/25 17:15

豆大福 さんのブログ記事

  • 行って良かった奈良・天平乾漆群像展(興福寺)。
  • 先日、奈良の興福寺(阿修羅・天平乾漆群像展)、それから奈良国立博物館(特別展・快慶)を見てきました。 ヨカッタ・・・・。( ´ ▽ ` )ノ 興福寺の国宝特別公開は、ふだん非公開の仮講堂にて、阿修羅像をはじめ、八部衆、十大弟子、金剛力士など国宝館の主要な国宝を春と秋に公開するものです。(国宝館が耐震補強工事中の為。) 仮講堂で見る阿修羅像は、思っていたより小さいお像、しかし実際の大きさを超える [続きを読む]
  • 結果が全てと言うけれど。(アルコール依存症)
  • アルコール依存症は、完全断酒しかありません。 節酒とか、程々(一日一合)とか、健常者ならいざ知らず、アルコール依存症には、「問題の先送り」、意味をなさないのであります。 つまり一旦アルコール依存症になった以上、「死ぬまでお酒は、一滴もやらない。」この結果のみが全てなのであります。  私なんか、お酒をやめたいと悩み、節酒・休肝日、最終的には、呑んだお酒を毎日吐くという奇策まで講じま [続きを読む]
  • 残ってたのね、お酒の種火。(アルコール依存症)
  • 私も間もなく断酒満5年、日常では、酒を呑みたいと思う事はなくなりました。 強いて言うなら、親しい友人との飲み会、これだけは今でも飲みたいと思いますが、それ以外では、断酒の苦しみはほぼゼロなのであります。 しかし今回5連休、「久方ぶりに呑みたいと思いました。」    まずお酒は、手っ取り早い楽しみ、スーパーへ行って、好きな肴とお酒を買って来さえすればすぐ飲めます。    煩わしい人と [続きを読む]
  • お酒無くても5月の連休。(アルコール依存症)
  • 酒飲みのおっさんが断酒した時、「余った時間を持て余す。」 、これが一番辛いです。  アル中とは、仕事中も酒を考え、晩酌の計画を練る。  休みの日はもちろん、酒の肴作り、買い出しに午後2時頃まで使い、昼過ぎには、まだ日の明るい内から、「チビチビ」やりだす。    これが以前の私の休日の過ごし方。(つまり呑むことだけが楽しみ。) ですが豆大福も、間もなく断酒満5年、呑まない毎日の過ごし方 [続きを読む]
  • 住む世界も変わる、アルコール依存症。
  • 生物学者のユクスキュルは、「昆虫や動物は、その生物固有の持つ知覚と脳により、それぞれ異なる世界を持つ。」  と言っております。 つまり地球上の生物は、同じ地球上にいても、感覚や知能・感受性が異なりますから、それぞれ独自の世界に生きているという理論です。 なるほど同じ一人の人間でも、年齢だけでも世界は異なります。 無垢な心の幼児は、世界を美しく感じますし、感受性が強い小中校生までは、時間 [続きを読む]
  • 体は忘れぬ酒の味。(アルコール依存症)
  • 私が、アルコール依存症になった切っ掛けは仕事でした。 30代で昇進・本社へ栄転となり、重要な仕事を任された時、身の丈超える生き方に、限界を感じました。 現場ではそこそこ評価されていた私も、本社ではスカタンのおっさん。 先の見えない課題に、不安とプレッシャーで追い詰められました。 「降格で良いから現場に戻してくれ!」と思いましたが、組織の中でそんな我儘は通りません。 30代で出勤拒否症と [続きを読む]
  • 断酒の2本柱。(アルコール依存症)
  • 断酒する為に、是非とも必要なものが二つあります。 まず一つ目は、底つき。 アル中の飲酒欲求は、普通の人の「酒呑みたい!」とは違います。   呑みたくて・呑みたくて堪らない飲みたさ。 意思の力で止めることは、まず無理でしょう、飲酒欲求を超える、飲み続けた場合に訪れる結果に対する恐怖(底つき。)、これを感じなければ、なんぼ断酒しようと思ってもまず出来ないのであります。 但しこれは、 [続きを読む]
  • 酒に取り憑かれる。(アルコール依存症)
  • 私が断酒する直前の頃、アルコール依存症が精神的依存から身体的依存へと重症化する兆しが見られました。 具体的には、連続飲酒の始まり、それ以前には飲んでも一度醒めたら酒を飲みませんでした。 しかし長期の多量飲酒で酒の効きが悪くなり、睡眠途中ですぐ覚醒する。 アル中の私は、そこから眠れません、「イライラ」するし、だんだん二度呑みするようになりました。 そしてこうなると、家のお酒が切れるこ [続きを読む]
  • 逃げるお酒は、身を亡ぼす。(アルコール依存症)
  • アルコール依存症のお酒を一言で言うならば、「誤魔化し」、或は「逃避」。だと思うのです。 〇 異性との付き合い下手を誤魔化す。〇 仕事の不安を誤魔化す。〇 嫌な上司を忘れる。〇 家庭内の揉め事を忘れる。(浮気・嫁姑・子育て。)〇 失恋等、辛いことを忘れる。(一時的) これら全て現実からの逃避・誤魔化しなのであります。 今の自分を変えず、酒で気持ちを高揚させ、或は不安・緊張を和らげる、何ら [続きを読む]
  • お酒とは努力の放棄。(アルコール依存症)
  • 昨日学生時代の友人とお茶しましたが、同世代の友人の仕事・家庭・介護、色んな苦労の話となりました。 低成長の時代で、少子高齢化、親の介護はあるし、給料減るし、子供はなかなか自立してくれない、家庭に問題抱えてる人が多いです。 そこで出てきた話は、やはりお酒とお薬。 普通悩みやストレスの発散・気分転換と言っても、時間とお金が掛かり、本人の努力が必要です。 しかし仕事に病み疲れた場合、そん [続きを読む]
  • 断酒は、難しいというけれど・・・。(アルコール依存症)
  • 私は以前から断酒は難しいと書いてきました。 私自身、お酒を止めたいと思いつつ10数年・・・。  アルコール依存症は、断酒したいと思っても、止まらないからこそアル中なのであります。 ただし個人的意見で言うならば、難治性であろうが無かろうが、自分の断酒には無関係であります。 お酒を呑むことに誰かが責任取ってくれる訳でなし、断酒は、所詮二者択一、例え一般的に、断酒率が低かったとしても、断酒 [続きを読む]
  • アルコール依存症になる前に壊れてる。
  • 菊池真理子さんの漫画、「酔うと化け物になる父がつらい。」(秋田書店のWebサイト・チャンピオンクロス連載)第一話を読んでみましたが、結構キツイ話ですよ。 ノンフィクションエッセイということは、菊池さんの実体験なんでしょうか? しかし普段は無口で大人しい親が酔うと豹変する。 日頃の鬱屈が酒でストッパーが取れてこぼれ出すんでしょうが、一緒に暮らす家族は堪らんだろうとは思います。  しかも [続きを読む]
  • 断酒に辿り着くにはどうしたら?(アルコール依存症)
  • お酒を止める為には、底つきが必要だと言われます。 しかし「飲みたくて・飲みたくて堪らん。」アル中が、簡単に底つきするのでしょうか?     仮に底つきしたと思っても、不完全な底つきはまず続かない。   ならばこの「底つき」、どうしたら訪れるのでしょうか? 落ちるとこまで落ちるとか、全て失うとか言いますが、私の知ってる限り、嫁に自殺されて、失職・破産しても気づかん者は、気づきません。 [続きを読む]
  • 人生トラブルの連続。(アルコール依存症)
  • 最近色んなトラブルが起こります、自分のミスはもちろん、相手のミスに基ずくものも多いです。 自分が原因の場合は、仕方ありませんが、他人のミスによる場合は、防ぎようがありません。 昔の私だったら理詰めで腹立てるとこですが、さすがに歳往ってそれは減りました。(しかしなんぼか、残ってる。) 「怒ってもしゃーない。」「相手を責めても、解決にはならない。」 アルコール依存症になって、断酒へ辿り [続きを読む]
  • バブル崩壊に気づかぬアルコール依存症。
  • 私は、昭和50年代末に働き始めましたから、景気は上昇基調でありました。 当時は、給料も必ず上がり、打ち上げ・社内旅行、お酒にお金を使うことも必要経費と思っておりました。 年号が変わり平成元年、ここを境として景気は急速に悪化します。 しかし私を含む殆どの方は、「どこかで反転する。」 ・ 「下がりぱなしの筈ない。」そない思っておりました。 ところが、「山高ければ谷深し。」  景気は底 [続きを読む]
  • 体の不調。(アルコール依存症)
  • 最近、体の調子が悪いです。 ここがというよりも、あちらこちら。 例えば、〇 胃がもたれる。 〇 寝つきが悪い。 〇 仕事の夢に魘(うな)される。   (これだけは治らない。)〇 ミゾオチが痛い。  こういうのを、不定愁訴というのでしょうか? 何れにしろ大酒食らって二十数余年、いまだ生きてるだけでも有り難いのかもしれません。  しかしよくあれだけ好きだったお酒を止めれたなぁ・・。 [続きを読む]
  • 何を今更、政治とお金。
  • 森友学園の小学校建設に絡む疑惑。 連日テレビを賑わしておりますが、聞いててアホらしくなります。 こういう手合いと政治家との馴れ合いは、昔からやないですか。 支援者が支援(お金)の見返りに政治家に便宜を要求する。 今時、「世の為人の為に働く政治家はいてません。」「見返りを求めない支援者(国民)もいてません。」皆さん何かをしてもらいたいから、特定の政治家を応援するのであります。 〇 [続きを読む]
  • 生きていれば色々起こる。(アルコール依存症)
  • 以前も書きましたが、断酒しても、急にバラ色の毎日となる訳ではありません。 私も今年に入って、親しい友人が大怪我し病気する、仕舞には自分の病が悪化してしまいました。   他にも色んな問題が起こって来ます。(ホンマ鬱陶しい。)  「何でやねん、静かに暮らしてんのに!」「酒も止めたし、そっとしとってくれ!」 とか思います。 友人の苦労は寝てても気になるし、自分の体が痛むのは、外堀埋められ [続きを読む]
  • 暴飲暴食のツケが来る。(アルコール依存症)
  • 私は、アルコール依存症と共に過食も病んでましたから、思いっきりお酒を呑んで過食(嘔吐)する。   若い頃は、それでも平気でした。 胃痛も当然ありましたが、多少のことは、胃薬で誤魔化してました。 しかし、痛みとは体の警告音。 「そのぐらいで止めときや!」 の合図です。 今思えば胃薬飲みながらの飲酒は誤りで、その時止める(酒)べきでした。  暴飲暴食して20年気づくのが遅かったです、 [続きを読む]
  • なぜ断酒は、続かないの?(アルコール依存症)
  • アル中が底つきし、断酒してもそのまま続くとは限りません。 そこで、「なぜ断酒は、続かないの?」。 理由は、簡単、例えお酒をやめても、楽しい毎日とはならないからです。 だいたい一部の人を除くなら、アルコール依存症になる方は、苦労なり何らかの悩みを抱えています。 だからこそ、尋常ではない量のお酒を呑む。    まあ言うたら痛み止めですね。  然るに痛み止めのお酒をやめて、現実に [続きを読む]
  • 断酒も人生も諦めたらイカン。(アルコール依存症)
  • 私は、50歳を越えて酒をやめましたが、大酒飲んでた後遺症が、歳取るにつれ少しずつ出てきました。 最近特に胃が痛い、 今までの薬では、痛みが取れなくなってきました。(他にも膵臓の劣化等、色々ある。) 親の看取りに自分の病気、もし入院中に母が他界したらどうしたらいいんでしょう・・。 今までも一人で入院・手術したり、おひとりさまやから、仕方ないとは思ってきましたが、「病気の段取りするのもしんど [続きを読む]
  • アル中の不都合な真実。(断酒)
  • 断酒してアルコール依存症から離れた今、「酒飲んでた頃は、全て悪かった!」こない言うた方が断酒を続けるには都合が良いです。 しかし、そうでしょうか? 飲んでた方が良いことも幾つかあります。(断酒にとって、不都合な真実。) 〇 善玉コレステロールが増え悪玉コレステロールが減る。   (経験的に実証済です。)〇 仕事が円滑に行く。   (ヤヤコシイ人間関係も、お酒が入ると会話が進みます。)〇 [続きを読む]