ペナコ さん プロフィール

  •  
ペナコさん: 認知症だから?〜我が母の記録〜
ハンドル名ペナコ さん
ブログタイトル認知症だから?〜我が母の記録〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/penaco/
サイト紹介文レビー小体型認知症だった母。脳出血後、老人ホームへ。そして、平成28年1月3日。母は天国へ。
自由文アルツハイマーと診断された母がふと正気に戻ったときに「お母さんの言葉書いておいたらいいわ。」との一言で、ブログ始めました。昔、勉強した頃に「書くことは心を解放すること」というフレーズがあったことを思い出しました。毎日、職場と実家の往復。遊ぶ時間もないし、好きなことも我慢しっぱなし。こんなことでは、介護鬱になってしまう。だからここで愚痴を書きます。いつか、これが明るい介護記録なる日を目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/12/26 06:28

ペナコ さんのブログ記事

  • いってきます
  • にほんブログ村 二人が愛したペナン島にこれから行ってきます。Eチケットの発行日は6月18日父は元気でした 二人を思い出しながら 涙を流すかもしれませんでも、姉たちと思い切り楽しんできます 父が座るはずだったシートに私が座ります窓側の席は好きじゃないけど、父が望んだ席だから 父が望んだ和食をオーダーします 4年ぶりのペナン楽しんできます [続きを読む]
  • 父を偲んで
  • 父の急逝から3週間がたちます昨日、最期の日に一緒だったお友達が、父が倒れた浅草に連れて行ってくださいました相撲が終わって、国技館からタクシーで「駒形どぜう」に向かいました大好きなどじょう鍋は全部平らげたそうですビールは軽く一杯程度ごはんは全部は食べられずに残したそうです昔話に花が咲き楽しい時間を過ごしてお店をでました目の前の横断歩道をわたって、ゆっくりと都営浅草駅に向かって歩いていましたお隣には、 [続きを読む]
  • 喪失感
  • 父の最後の様子を少しずつ知ることができましたその日の朝、姉と二人で買い物にいったそうですベルトを購入しましたたった1000円のベルトもともとしていたベルトの上に、茶目っ気たっぷりで、新しいベルトをして、姉に見せたそうです。姉も笑いながら、ベルトをつけた写真を撮ったそうです。なぜか、顔は入れずに。出がけには、小さな折りたたみの傘をもっていたので、「大きなのにしたら?」と声をかけたら「うん?大丈夫」っ [続きを読む]
  • 父 急逝
  • 夏に入ってから実家の階段がますます大変になった父はほぼ、毎日、私の家で過ごしていました「いってきます」と声をかけると「いってこいよ!」と返事をしてくれていました冬休みのペナン島旅行の飛行機の予約、ラササヤンホテルの予約パスポートの申請もすませていました「今度は、さすがに、10年はいらないよね」と自分で言ったものの最近は、毎日のように「楽しみだ。早く行きたい」と申していました9月12日に教会の敬老会 [続きを読む]
  • 父もまた?
  • 「明日は、お絵描きだから。お昼はいらないよ」「明日は当番だから、何か描く物を持って行かなくちゃ」父は、月に2回絵画教室に通っていますゆうべ、楽しみに準備をしていました。なのに、先ほど起きて来て「今日、どこか行くんだったかな?」と…「あれ、お絵描きに行くっていっていたよ」「ああ、そうだった。忘れてた」って最近、こんな会話がふえてきました物忘れが多くなっていてとっても気になっています…もしかしたら父も [続きを読む]
  • 新盆?
  • 我が家はキリスト教ですですから 正式に言えば 新盆という風習はありませんでも 今日は、教会の合同慰霊祭でした13:00からスタートで父も参加しました大きな花束をもって 霊安堂に行きそのあとの礼拝なんだかしんみりとしていましたミサの後に、父と姉とニューヨークから一時帰国している姪と姪3号と一緒に横浜へ父のパスポートを受け取ったあと中華街で飲茶を母と何度か行ったことがあるお店でしたそこは、香港形式の飲 [続きを読む]
  • 半年が立ちました
  • 母が逝ってから ちょうど半年が経ちました日曜日だったので、父と教会にいって、お墓参りにいってと計画を立てていましたが朝から 高温熱中症予防のために 父には家にいてもらいました汗だくになって教会まで歩き 霊安堂へ1ヶ月ぶりでしたその後 ミサに預かり いろいろなことを思い出していましたやっと 母のいない生活に慣れてきましたまだ、時々、電車を乗り過ごしていますが…今から思えば、毎日、仕事帰りに通い続けて [続きを読む]
  • 夢の中の二人
  • 母の夢を見た笑顔で台所に立っていたテーブルについている父に向かって何か楽しそうに話をしていた私と姉は 食事が出てくるのを待っている母の横に立った私は 何やら話しかけているふと 気がつくと母がベッドに横たわっていた毛布をめくり足を見ると あのうっ血斑がたくさんできている「あー。やっぱり」と嘆いていたら父が何気なく 母の隣に添い寝していた突然、笑い出した母が父をベッドの外に追いやる父はベッドから落ちた [続きを読む]
  • 叔母よ どこへいく?
  • 珍しく叔母の部屋にクーラーが入っていましたでも、来ている物はセーターの上にカーディガンしかも、来ている赤いカーディガンは、シミだらけお気に入りのカーディガンは、出っ張ったお腹を隠すためなのよって叔母はいいますやはり 認知症着替えるの能力もなくなってきているようです夏物のブラウスを三枚持って行った代わりに着ていた冬物を脱がそうとしたのですが失敗「クリーニングの技術が低いから」って怒りだすし「一度、脱 [続きを読む]
  • 父の電話
  • 実家に父宛のサクランボのお中元が届いたそうです毎年、届くサクランボ私たち家族にとってとても大切な方からです最近は疎遠になっていますが、お中元が元気な印と思っていますひょうんなことから、その方が亡くなったのではないかという話が聞こえて来ていて、心配していました。確かめようがなくて…。そして、今週に入ってからサクランボが届きました「元気ですよ」って印です御礼の電話を父がかけていました「どうもありがとう [続きを読む]
  • 父の日常
  • 88歳の父妻ロスからだいぶ立ち直っているようです先日の北海道旅行も楽しかったようでニコニコしております帰って来てからも毎日、ハーゲンダッツを食べ朝も昼も夜もしっかりと食べています好きなときに好きな物を食べ後はテレビを見て本を読んで大好きな絵を描いて過ごしていますそうは言っても 歳を重ねているので毎日のようにDVDのリモコン操作の確認をしクーラーの付け方を確認します時々、日付が分からなくなるようですが [続きを読む]
  • 久しぶりに
  • 出張がありました母が倒れたときに勤めていた学校でした認知症かな?って思い始めた頃いきなりの妄想で大変だった頃四六時中電話でヘルプを求められた頃たくさんの仕事を抱えながらも5時に学校を出て、小走りで駅に向かっていた頃目的地は実家緊急搬送先の病院リハビリ病院老人ホームって変わったけど いつもいつも走っていた頃を思い出しました今から思えば 本当に走り続けていたんだなあって感じです久しぶりに 走っていた毎 [続きを読む]
  • 最後の外食
  • 父の日父は友人たちと北海道旅行中ですこの2ヶ月ほど抜け殻だった父が やっと動き始めましたちょっと心配でしたが好きなことを好きなだけやってほしいなあと思っていますそして 久しぶりにホームへ行ってきましたこの1ヶ月ほど 遠ざかっていました叔母がいるのだから 行かないといけないとはわかっていてもどうしても 足が遠のいてしまうのですなぜでしょう母と過ごした日は ホームより実家の方が遥かに長いのに思い出すの [続きを読む]
  • 父もまた
  • 一昨日、仕事で帰りが遅くなってしまいました父が待っているのに、ご飯をたくのも忘れているしどーしようそうだ!お寿司でもかって帰ろう!たまには手抜きだ!母も倒れる前料理が面倒なときには駅ビルに行って お寿司を買って来たり お弁当買ってくることもありましたでも、買って帰った物は、母の大好きな食器たちに美しく飾られることでものすごーく美味しく感じていましたまねっこして、母の大好きな織部の大皿にお寿司を並べ [続きを読む]
  • もし…
  • 母ロスをたっぷり味わっている私です先日も、姪が大学の課題に書いた英作文を読んで号泣しました日本語に訳すとこんな感じです「もし、もう一度会えるなら」姪は語っていましたもし、もう一度会えるなら、おばあちゃんに会いたいおばあちゃんはとても料理が上手だったきっと今の私をみたら「だめねー」って笑われちゃうでもきっと優しく丁寧に教えてくれるはずそうしたら 私の人生変わってくるかももし、もう一度会えるなら、おば [続きを読む]
  • 母のいない母の日
  • 生まれて初めて母のいない母の日を迎えました渡すことができないカーネーション教会の納骨堂に飾りにいきました母への想いを持っている方がたくさんいるようでカーネーションがたくさん飾ってありました家の祭壇にも飾ったらそれを見た父が「おかあさん、良かったね。お花大好きだもんね」って涙がでてきました母はもういないんだなあ って実感していますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 4か月
  • 母が逝ってから 今日で丸4ヶ月です朝から母が大好きな薔薇の花をもって、教会の霊安堂へいってきました母の大好きな青空の下 教会まで15分歩きながら母の声を思い出そうとして努力してみましたけど全く思い出せませんでした母の温かい手のぬくもりも忘れ始めています最近は時々夢に出てくるようになりました夢に出てくる母は 病気になる前の元気な母ですあんなに毎日会っていた病気の母ではなく元気な母なので救われています [続きを読む]
  • 初めての誕生日
  • 昨日 誕生日でした母のいない初めての誕生日彼とゆっくりとコース料理を食べるのは何年ぶりだったのでしょうなぜかワインにも酔えずに上の空母のことばかり考えていましたあの日なんで母のところにとまらなかったのか未だに自分を責めてしまう私です何となく おかしいって予感があったのに母を一人で逝かせてしまったのは私です食べるのが大好きだった母に胃瘻を作ったのも私昨日夢に出て来た母はホームのベッドに寝ていました部 [続きを読む]
  • 終わったんだ
  • 先週の日曜日思い立って飛行機の予約をとりました26日から2泊3日でタイペイに行ってきました2013年1月に家族でペナンに行って以来ですあれからずっと、母とともに歩んで来た毎日でした実家か自宅かで過ごした日々離れる時は仕事の時のみ自由に好き勝手に出かけたことありませんでした急に、どこかに行きたくなっての一人旅2泊3日一人で異国の地で過ごしていたらあー。終わったんだっていう気持ちになりました。好きなと [続きを読む]
  • 運営協議会
  • 昨日はホームの運営協議会でした。母が亡くなっても叔母の保証人となっているので、案内も来るし、参加もします。ほんとは…、ホームへ行くのはまだ気持ちの整理が出来ないのでさけたかったのですが。昨年は、母のフロアーの部に参加をしましたが、今年は叔母のフロアーの部です。ホームはフロアーごとのユニット制をとっています。母のいたフロアーは認知症の方のフロアーだったので、ご家族からの要望や意見も何点かでていました [続きを読む]
  • 3月11日
  • 朝から、3.11の番組が流れていますあの日からもう5年、いえ、まだ5年ですあの頃、母はまだとても元気でした時折、変だなって感じることはあっても日常生活に何不自由なく暮らしていましただから、あの日も、仕事場からやっとつながった電話にでた母は「無理して、帰ってこなくていいよ。こっちは大丈夫だから。」と何度も繰り返していましたそして、翌朝、家に帰った私は、母に抱きつきました母も受け止めてくれてしっかりと [続きを読む]
  • いざ、除菌へ
  • 年度末をむかえ、ものすごーく忙しい日々ですが、今日から、ピロリ君撲滅作戦、決行します成功しますようにそれにしても姉にはいないピロリ菌、どうして私の胃に住み着いているのでしょうかこまったなあにほんブログ村 [続きを読む]
  • ブログで ブログに救われた私
  • 母のアルツハイマーの診断が出た後、アリセプトを服用し、毎日が地獄に陥りましたその少し前から、妄想、特に父への浮気疑惑、暴言、たまに暴力がひどくて私は毎日が憂鬱でした地域ケアプラザや区役所や認知症家族会に電話相談をしても帰ってくる答えはいつも同じ「さびしいのですから、優しくしてあげてください」とでも、何かが違うと、悩んでいたある日、あるブログに出会いましたそのブログに登場するお母様は、まるで私の母を [続きを読む]
  • 私フランス行くのよ
  • 母が亡くなってからホームに毎日行くことはなくなりました普通の場合なら、これは当たり前なのですが、我が家は、叔母が同じホームに入居しているので、ホームと全く縁が切れている訳ではないのです一週間に一度は行こうと思っていても、一月中は、土日ごとに何かと忙しいことを口実に二月中は、なんとなく疲れてしまっていることを口実に本音は、どうしても母のいないホームにいくというのができずにいました心が整理できていなく [続きを読む]
  • ピロリ菌除菌失敗!
  • 実は、私、ピロリ菌がいたんです子供の頃から胃の調子が悪いことが度々あったのですが大人になってからは飲み過ぎなのか〜くらいに思っていたのですが人間ドックのバリウムの度に、慢性胃炎って診断されていました3年前の人間ドックのときに、胃カメラでの精密検査を受けて、ピロリ菌が発見されましたそして、一次除菌をしたのです一次除菌では80パーセントくらいの方が除菌成功ですよ って言われていました一週間薬を飲んで、 [続きを読む]