Ernesto Mr. T さん プロフィール

  •  
Ernesto Mr. Tさん: スペイン語、英語、+雑学
ハンドル名Ernesto Mr. T さん
ブログタイトルスペイン語、英語、+雑学
ブログURLhttp://ernestomrttoros.blog.fc2.com/
サイト紹介文主にスペイン語・英語という視点から様々な話題を扱っていこうと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/12/29 05:59

Ernesto Mr. T さんのブログ記事

  • いずれ死す Somos mortales We are mortal
  • Ernest Hemingway の Death in the Afternoon /Muerte en la tarde / 午後の死 の 第1章に 以下のような言葉があります。Our bodies all wear out in some way and we die, Nuestro cuerpo se gasta de una forma u otra hasta el momento en que morimos, (Lola de Aguado 訳)ぼくらの肉体はすべて、所詮は擦りへって、死んでゆく。(佐伯彰一・宮本陽吉 訳) [続きを読む]
  • Dos poemas de Manuel Altolaguirre マヌエル・アルトラギーレの詩2編
  • 先日 姉妹サイトに Manuel Altolaguirre マヌエル・アルトラギーレ について記しましたので、ここでは その補遺として実際の詩を2編載せることにしました。MALDAD (悪)El silencio eres tú.Pleno como lo oscuro,incalculablecomo una gran llanuradesierta, desolada (荒廃した,人の住まない),sin palmeras de música,sin flores, sin palabras.Para mi oído atento (聞き耳を立てている僕の聴覚にとって)eres noche profund [続きを読む]
  • ¿Curro って誰?
  • 英語でも Robert が Bob だったり、Betty が Elizabeth だったり、日本人学習者には分かり難いことが屡々ですが、スペイン語の名前にも 初心者には信じられないものがあります。Pepe が José のことだったり、Nacho が Ignacio だったり、Menchu が Carmen のことだったり、etc.四半世紀前、1992年に Sevilla で Expo が開かれましたが,その時の mascota の名前が 次の切手に載っている、Curro という鳥でした。Curro って誰のこ [続きを読む]
  • beef 英語面白表現
  • 私 Ernesto Mr. T は 闘牛も好きですし,スペインでは ほぼ毎昼 ternera (仔牛の肉)を食します。今回は その英語版 beef についてです。(veal ではないので,念のため。)映画 Poseidon Adventure に以下のような場面があります。Cambridge の国際辞典には、以下のような記述が見られます。beef COMPLAIN v [I], n [C] infml (to make) complaint ? He was beefing about having to do shopping .? My main beef about the job i [続きを読む]
  • ¿秘露?
  • 秘露って何だか分かりますか?¿秘(かく)し、露(あらわ)す? 国名です。秘密の露西亜 なんて感じですよね。因みに、大抵の方が御存知のように、スペイン España は西班牙ですが...。答は ペルー Perú です。信じられないかも知れませんが。中国語では 秘? だそうです。この国のノーベル賞作家は ?里奥?巴?加斯?略? となるようです。Mario Vargas Llosa.序でながら、同じスペイン語圏でも Chile は 智利 で分かり易いです。 [続きを読む]
  • オレンジ, naranja, orange
  • スペイン語では naranja なのに、英語では orange です。¿何故、スペイン語には語頭に n があって 英語には無いのでしょう?日本語にはありませんが、西語にも英語にも「不定冠詞」があります。オレンジ1個だったら、それぞれ una naranja, an orange ですね、今では。しかし 昔は 本来は 英語では a norange だったのです。皆さんも御存知のように、発音する場合は an+orange で anorange となります。つまり、いつの間にか 区 [続きを読む]
  • sal 面白スペイン語
  • sal 1 f. Sustancia blanca, en forma de cristal, fácilmente soluble en agua, que se usa para dar sabor a los alimentos: échale un poco de - a la sopa, que está muy sosa; el bacalao se conserva con ~; si te bañas en el mar, luego tienes que duchane para quitane la ~ y la arena. 2 fig. Elegancia o facilidad en el movimiento: tiene tanta ~ cuando anda, que todos se vuelven a mirarla. 3 Capacidad [続きを読む]
  • más bueno que el pan の補遺
  • 姉妹サイトで扱った「御人好し」の補遺です。Un buen hombre (2009) 御人好し (邦題は「友よその罪を葬れ」)Salamanca の辞書によるものです。más bueno que el pan 1 COLOQUIAL: INTENSIFICADOR. Se usa para señalar que una persona tiene mucho atractivo físico: Pepita está más buena que el pan. 2 INTENSIFICADOR. [Personal muy bondadosa: Su padre es más bueno que el pan. 他に以下のような表現もあります。se [続きを読む]
  • 能力 ability crear
  • 岩田一男編訳『英語ユーモア辞典』(研究社、1976)の最初に"ability He who can, does, he who cannot, teaches. 〈能力〉能力ある者は行ない、能力無き者は教える。(G.B. Shaw)"とあります。Wikiquote のスペイン語版では この西訳は "Los que son capaces, crean; los que no son capaces, enseñan." となっています。この¿警句?は Man and Superman (Hombre y superhombre) からのものです。 岩田一男G.B.Shaw Amamoto [続きを読む]
  • sever 切り離す、(関係・縁など)切る
  • 日本では3月は卒業など別れの季節でもあります。「別れる」と言えば、英語では separate という単語を思い浮かべる人もいることでしょう。今では主に「いくつか、数個(の)」を表わす several も原義は separate だったのです。several は 1492年の Coventry Leek Book に文献上は初めて姿を現しましたが、separate の意味で17世紀頃まで普通に用いられていました。several より更に短い sever「切り離す」という語は 更に早く 138 [続きを読む]
  • actual 補 (名詞の前と後)
  • 前回、英語の actual は主に「実際の」という意味で用いられるのに対し、スペイン語の actual は「現在の」という意味で使われることが多いという注意事項を指摘しました。今回は、スペイン語の場合ですが、actual という形容詞が名詞の前に来る場合と後ろに来る場合では意味・ニュアンスの違いが出て来るのかどうか何人かのスペイン人の友人に質問してみました。大半は意味の違いは無く同じだという解答でしたが、Soria の Fernan [続きを読む]
  • actual
  • スペイン語と英語では綴りが全く同じでも意味・用法が異なるものが幾つかあります。今回採り上げる actual も その1つです。意味に入る前に発音・アクセントにも注意しましょう。英語では áctual と語頭の a に強勢が来ますが、スペイン語では actuál という具合に 最後の母音 a に強勢が来ます。本題・意味です。手許の The Bantam New College Spanish & English Dictionary で スペイン語の actual を引くと、adj. present, [続きを読む]
  • 2017年度新規スペイン語生徒募集
  • 私、Ernesto Mr. T は 愛知県常滑市在住の日本人のスペイン語教師です。現在、個人レッスンの生徒さんを募集しています。(グループレッスンや家庭教師方式もOKです。)スペインには31回渡航し、Salamanca、Valladolid、Alcalá de Henares、Madrid など各地の大学や語学文化専門学校などで 生徒として上級コースまで学んだだけでなく、教える立場になってからもスペイン語教育者用コースなどにも参加しました。日本人のような外国人 [続きを読む]
  • 動詞 wrong --- Ainu, Maori, etc.
  • 年末に古い新聞などを整理していて、次のような題名の記事に目が留まりました。Wronged N.Z. Maori get settlement (AP, Tuesday, March 17, 2015)このように wrong には 形容詞(や名詞) だけでなく、動詞の用法もあります。「(人を)不当に扱う、誤解する、濡衣を着せる」などといった意味です。Cambridge International Dictionary of English には 以下のような定義と例文が載っています。wrong obj v [T often passive] fml ● [続きを読む]
  • 岡本太郎、65歳にしてスペイン、スペイン人に感動
  • 姉妹サイトに投稿し、好評をいただいたものの再録・補遺です。岡本太郎は若き日にフランスで暮らしたのだから、当然スペインへも青春時代に訪れたことがあるだろうと思っていましたが、実は65歳になるまで 無かったのです。以下は、『美の世界旅行』に収められています。 今度、やっと念願をはたして訪れたスペインは、言いようなく楽しかった。どの町でも、偶然に逢う土地の人たちと、無条件にとけ合えたからである。まったく信 [続きを読む]
  • 動詞 trump "Trump trumped Clinton. トランプ
  • Ernesto Mr. T が予想したように、Trump trumped Clinton. トランプがクリントンを trump まんまと打ち負かしました。"trump" は "truiumph" が壊れてできた単語で「人を負かす;勝つ」といったような意味があります。Webster Third では、to get the better of : outdo, top と定義されています。Cambridge International Dictionary of English には (fig.) "Their million-pound bid for the company was trumped at the last mo [続きを読む]
  • 「第三セクター」を西・英語にすると
  • 「ホ(ッ)チキス」のようなはカタカナ語は外国語でもそのまま「ホ(ッ)チキス」などとと発音すれば外国人に通じると思っている方が以前いらっしゃいました。正解はスペイン語では grapadora、英語では stapler です。本日取り扱う「第3セクター」も「セクター」sector という語がスペイン語にも英語にもありますので、翻訳の初心者ならずともそれぞれ el tercer sector、the third sector と訳してしまいそうになるでしょうし、それ [続きを読む]
  • La hispanidad
  • 今日・10月12日は Día de la hispsnidad「スペインの日」(祝日)です。1492年にCristobal Colón コロンブスの「新大陸発見(¿原住民からすれば単なる"到達"?)」した日を祝うことから始まった、この¿祝?日ですが、立場によって 思いはいろいろでしょう。Salamanca の 辞書を見てみましょう。hispanidad s. f 1 (no contable) Conjunto de países de cultura o lengua hispánica: Representantes de toda la hispanidad se reuni [続きを読む]
  • 学問の秋です。スペイン語を勉強しましょう。
  • 暑さも和らぎ、学問にぴったりの季節になりました。日本では大半の方が外国語と言えば英語ばかり勉強してこられたと思いますが、日常話者人口では英語を上回る「国際語」スペイン語を勉強すれば、更に世界への視野が広がります。何と言っても 発音面で英語ほど苦労しなくて済み、覚えて直ぐ通じる喜びを味わえます。シエスタのある国の言葉です。あくせくせぬ、豊かな文化も魅力的です。Amigo、amiga、amistad 友情の言語 スペイン [続きを読む]
  • Objection Sustained.
  • 低俗だが非常に面白く勉強になる映画 Ted 2 (Ted の続編)では、人間のように喋りもすれば感情を持ち、愛も感じ、結婚もした筈の縫包みのクマ Teddy bear の Ted が a person (人) が property (所有物) かの裁判の場面があります。荒唐無稽な設定だけに いろいろと Objection (異議有り) と叫びたくなる人も多いでしょう。「異議を認めます」は 今回の表題のように、Objection sustained と言います。Sustained だけでも 「(そのこ [続きを読む]
  • hacer pinitos
  • 姉妹サイトで ペンギンの話を書きましたが、あの歩き方は 赤ん坊の「よちよち歩き」を思い出させます。本当にすごく偶然なことですが、スペイン語辞典で pingüino の 直ぐ後は pinitos 「よちよち歩き」です。Planeta の辞書で 定義と 例文を見てみましょう。pinito n. m. Primeros pasos del niño: El pequeño comenzaba ya a hacer sus pinitos. この pinitos という語は 比喩的な意味での「よちよち歩き」でも使用されます。 [続きを読む]
  • sano 補遺
  • 姉妹サイトに先月初頭、『金山の Bar España で、中国語の天才 Mr. Sano と』という記事を載せ、そこに「☆ スペイン語豆知識---sano (形) 健康な」という註をしましたが、ここでは、スペイン語の単語 sano (女性形は sana) について、もう少し詳しく見てみようと思います。以下、学習用西西辞典 Planeta の解説と例文を更に補足しておきます。sano, a adj. Que goza de buena salud, exento de daño o de enfermedad: La famili [続きを読む]