はやしけんきゅうしつ さん プロフィール

  •  
はやしけんきゅうしつさん: ニャンコと月下美人と花火
ハンドル名はやしけんきゅうしつ さん
ブログタイトルニャンコと月下美人と花火
ブログURLhttp://hayashi618132ken.blog.fc2.com/
サイト紹介文我が家のまわりのニャンコの紹介と月下美人とその他の花の紹介と花火の紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/12/30 14:41

はやしけんきゅうしつ さんのブログ記事

  • 「設計製図」
  • 数年ぶりに担当する「機械システム設計製図」。該当学生は、機械2年生A組です。大学ならではの4面の黒板をフルに活用した授業。学生たちは、黒板と配布プリントを見比べながら自分の設計を進めていきます。今、設計しているのは「固定軸フランジ継手」。機械でいうと定番中の定番の設計です。ひと通り設計すると、レポート提出が待ってます。それに合格すると始めて製図室に移動して、各自の作品作りに取り掛かります。 [続きを読む]
  • 八重桜
  • 学内の八重桜が見頃を迎えています。毎年当たり前のように豪華に咲いてくれます。そして、数日後の散り際もまったく見事です。中庭には、可愛いチューリップが咲いています。果たして、何人の学生が気づいてくれるでしょうか。 [続きを読む]
  • 緊迫の度を増す
  • 本日の日本経済新聞の記事です。緊迫の度を増す北朝鮮情勢。強硬姿勢を崩さない北朝鮮に対して、3つの方針で臨むというものです。「軍事力行使も辞さない方針」「原則は平和解決で臨む」「中国をどう動かすか」隣国の日本のおいてもまったく他人事ではない事態です。先が読めません。思うに、中国の出方次第で、事態解決に向かうプロセスが開けそうです。何とかうまく事が運んでほしいと思います。 [続きを読む]
  • 他人の部屋で
  • 始めて、チビトラの部屋に入ったトラコです。『何やらブツブツ』。不満顔のご様子。「何だね。この恵まれ過ぎた環境は?!」「まるで、どこかのお姫様かね?」「明るいし。暖かいし。」「ったく。不公平このうえなしだわ。」 [続きを読む]
  • 新入生学外研修
  • 本日は、新入生学外研日でした。30班のうちわたしの担当は13班から15班。この3班は、『フタバ産業(株) 幸田工場』を訪問しました。学生みな真剣な面持ちで、担当者の話を聞いて、工場内を見学しました。訪問終了後の玄関での集合写真。学生たちは得るべきものが多かったという顔をしてます。総勢200名の昼食風景。13班の食事風景。今年も豪華な昼食が出ました。食後のグループ研修風景。いよいよ大学生活も授業も本格的になって [続きを読む]
  • 「出会い」
  • いつもは、窓越しで互いに見てるだけのトラコとチビトラでしたが、同じ部屋の中にとうとう入れました。「相性はいいはず」と思いつつ、二匹とも野良出身の我がまま放題?な性格なので心配していました。結局大きな喧嘩もなく、この日の出会いは ほぼ成功。ほぼチビトラを無視した感じで何気なく近づくトラコ。急に態度を変えて、警戒しつつもほぼ臨戦態勢のトラコ。わけの分からない声をしぼりだすトラコでありました。おっと。逃 [続きを読む]
  • 春野菜苗の定植
  • いよいよというより例年通り春野菜の定植の時期がまいりました。届けられた国華園で頼んだ春野菜の苗たち。まったく慌てて、畝を作り直して黒マルチを敷きました。苗たちを定植して、寒さよけのビニルを被せた状態です。 [続きを読む]
  • 警戒の顔
  • チビトラを今まで、入れなかったキッチンに誘ってみました。隣の部屋には文鳥がいるので、これまでは入室禁止でした。少しづつ慣れさせていこうというわけです。すると、『警戒』の顔色ありあり。「何だか、いつもと雰囲気違うみたいよ!妙な手も伸びてるしぃ。」「いろいろと興味ありそうな気もするけどね。」「やっぱり隣の文鳥が非常に気になるワケよね。」 [続きを読む]
  • じっくり観察
  • トラコは、当たり前と言えば当たり前ですが、典型的なトラネコ。わたしと付き合って何年になるでしょうか。チビトラみたいに騒ぐこともなく、落ち着いて生活してくれてます。こちらが、落ち込んでいるときもいつもと変わらずゴロゴロ・スリスリ。わたしの髪の毛を舐めるのが習慣です。外へ放し飼いにして勝手に散歩をさせてもしばらくすると もう飽きたという顔をして戻ってきます。決して威張らず謙虚な姿は、見習うことが多いで [続きを読む]
  • 「AUT教育入門」
  • 昨日より、新1年生への「AUT教育入門」の授業が始まりました。総勢30班からなる大所帯で、熱気とやる気で大いに盛り上がりました。自己紹介や工場見学の目的やマナーなど内容も盛りだくさん。結構 学生はグループ学習に慣れてる感じ。わたしの担当の13班のメンバーです。同じく、わたしの担当の14班のメンバー。これからの学生たちの成長が楽しみです。 [続きを読む]
  • 晴れのサクラ
  • ようやく本日は晴れました。サクラもまだ散り急いでおりません。天気の元での学内のサクラを撮ることができました。いやぁ、サクラは青空がよく似合います。 [続きを読む]
  • 雨中の桜
  • せっかくの満開のサクラも、雨にはかないません。大学の運動場は、散り落ちたサクラが雨つぶとともに流れ出て模様というか紋様を作っていました。そうそう、私の研究室の引越しが一応片付きました。2号館から7号館の9階への引越し。部屋の整理はこれからです。さらに実験室の整理はまだまだ。 [続きを読む]
  • 学内桜
  • 学内の桜が満開を迎えています。いつもより1週間程度遅い開花でしょうか。このところ、ずっと天気がぐずついています。からっとした晴れの天気がありません。桜は青空の下でこそ一層映えるのに残念です。本日もずっと曇りでした。明日も雨の予報です。新年度の授業が、本日より始まりました。 [続きを読む]
  • 「サクラに浮かれない」
  • 「ニャンコの世界は、サクラなんかに浮かれてる暇なんてないわけよね。」「人間とはまた違った感性が、いろいろと備わっているの。」「外のサクラも今は満開。しかしそれもいつかは散ってしまう運命。」「その散り際というか節目というか、そんなものを大事にしたいと思う今日このごろ。」 [続きを読む]
  • 落ち着き
  • トラコの落ち着きと貫禄は大したものです。と、飼い主のご主人は思っています。土・日くらいしかまともに世話してあげることが出来ないのに、不平不満ひとつ言うでもなく、真面目に生活しています。その真面目さは、見習うべき点が多々あります。「そうなのよね。人と猫の関係は、たかだか3000年の歴史しかないのよね。」「これからの相互理解についての発展に大いに期待するってもんだわね。」 [続きを読む]
  • コブシとモクレン
  • ご紹介が少し遅くなってしまいました。サクラが咲き誇り主役になる直前にわれわれの目を楽しませてくれる花の紹介。それは、コブシとモクレンです。清楚なたたずまいのコブシ。豪快で男性的な白モクレン。名古屋もサクラ満開宣言が出ました。あすからの土・日、サクラの花園は、さぞかし賑わいを見せてくれることでしょう。 [続きを読む]
  • 「献血」
  • 新入生の登校も本日で4日目。すこしは学校に慣れてきたでしょうか。ところで、担任の仕事は、いろいろ有りの目白押しであたふた状態です。本日は、各種アンケートに始まり、Web履修登録、教科書一覧確認、教科書購入、学生データ確認、通学方法調査、等々・・・。そして、献血車が午後から学内へ来ました。わたしのクラスで、これまで献血をしたことある学生を聞いたところ何と何と一名しかいませんでした。「わたしを見よ。これま [続きを読む]
  • 春の落ち着き
  • チビトラの発情はいったん治まったかにみえましたが、再度発情いたしました。このところようやく落ち着きを取り戻したチビトラです。「アゴが、かい〜のよね。カキカキ。」「春は、のんびりに限るわ。」「桜の開花は遅れているようだけど、春の日差しを日一日と実感するのよね。」「さぁ!これからの季節。のんびりもいいけど、どこかいに行きたい気分もするしね。」 [続きを読む]
  • オットセイ?
  • ついついこの前、「プライモ-ディアルポーチ」のことで、ホントは肥満児ではないとほめたばかりでございましたが、しかしどうしてどう見ても、やっぱり太っているトラコであります。ご主人「そう、まるでオットセイな姿なのは事実でありますな。」トラコ「違うってば。そう見えるのは何かの錯覚だってば。」ご主人「日本猫特有な手足も短いわ。トラコはさらに胴も短い!」 [続きを読む]
  • 入学式
  • 本日は、本学の入学式。新一年生が、期待と不安を胸に登校しました。わたしとしても、この一年生の担任です。機械システム工学科の1Aの担任。いつもは、満開近くで新入生を迎えるサクラですが、今年は開花が遅れております。「学長告辞」「新入生宣誓」式後、学科別に分かれて、新入生とご父兄への説明がありました。本日より、新年度がスタートです。 [続きを読む]
  • 「プライモーディアルポーチ」
  • トラコに謝らなければならないことがあります。ねこ検定で勉強してわかりました。それは、「プライモーディアルポーチ」余分にたるんでいるように見えるお腹の皮のことです。それは、理由がわかっていませんが肥満していなくても必ずあるものです。腹部を守るためとか、後ろ足をスムーズに動かすためとか、エサをたくさん食べるためなどの仮説があります。要するになぜあるのかよくわかっていないのです。トラコでいうと、縞模様が [続きを読む]
  • 4月のつくし
  • 4月です。新年度です。新しい一年生との出会いです。大学の東側の土手にもう姿を消したと思っていたツクシが顔を出していました。アスファルトのすき間から元気に伸びるツクシ。菜の花畑から学校を望む。 [続きを読む]
  • 再発情!
  • チビトラの発情は、先週で終わったハズでした。しかーし、また再発情しています。身体がきっと妊娠に失敗したと判断して、それならと再発情したようです。賢いと言えば、賢い仕組みです。「子孫繁栄」のためのメカニズム。チビトラは何も悪くないことはわかっておりますが・・・・・・。「そうなのよね。」「アタイは、人生に正直に生きてるだけなのよね。」 [続きを読む]
  • 家の月下美人移動
  • ちょっと早めかもしれませんが、家内の月下美人を外へ移動させました。冬の間は、まったく水もやらず休眠状態だったですが、思いのほか株は元気そうでした。鉢棚にならべたところ。たっぷり水をあげました。サボテン類は冬の間はこんなふうでした。サボテンは寒さにはまったく平気です。家の中から様子を伺うチビトラ。「お〜い。アタイはのけ者かぁ〜。」「手伝うちゅ〜の。」 [続きを読む]
  • ねこ検定
  • 26日の日曜日に開催された「ねこ検定」試験の内容をお知らせします。初級・中級とあり、1時間で100問を解きます。70点以上で『合格』とあります。名古屋地区では、名古屋女子大学が試験会場となりました。7割以上が女性のだったような感じでした。ここの会場だけで、4〜5百名くらいの受験者だったでしょうか。小学生の受験者もおり、多くの方が初級・中級を併願していました。試験は、猫の生態、猫の暮らし、猫の歴史、猫と文 [続きを読む]