はやしけんきゅうしつ さん プロフィール

  •  
はやしけんきゅうしつさん: ニャンコと月下美人と花火
ハンドル名はやしけんきゅうしつ さん
ブログタイトルニャンコと月下美人と花火
ブログURLhttp://hayashi618132ken.blog.fc2.com/
サイト紹介文我が家のまわりのニャンコの紹介と月下美人とその他の花の紹介と花火の紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2012/12/30 14:41

はやしけんきゅうしつ さんのブログ記事

  • チビトラの出迎えは?
  • わたしが帰宅したときのチビトラの出迎え風景です。自分の部屋を飛び出した後、床にコテン・コテン・クネ・クネ とご主人はそっちのけです。「こんなに床が好きだったの?」「自分の部屋でやったら!」そうではありません。わたしが、そばにいること。そして、この仕草を見せるときっと反応するであろうご主人のパフォーマンスを完全に読んでの行動であります。 [続きを読む]
  • いたずらの果て
  • 一見、何でもないような障子の風景に見えますが・・・・・・。実は・・・。チビトラの障子へのいたずらというべきか、チビトラのストレスの発散場所というべきか、・・・・きっと両方の影響でしょうね。さらに、先日までの発情期の仕業でもあります。チビトラには、何ら罪がないのは言うまでもありません。ご主人「トホホホ。」 [続きを読む]
  • 平行線
  • チビトラとトラコの間柄の関係はその後もあまり進展しておりません。わたしと猫とのスキンシップが十分取れない日々が続いております。『平行線』の関係が続いています。だから、たまに一緒にしてみても、何かよそよそしい態度。チビトラ 「何っ?この太ったおばさん。」トラコ 「なによ。それはこっちのセリフ。生意気な小娘だこと」警戒感を強めるトラコです。(向こう側のランランの目の猫。)トラコ 「まったく、面白みのな [続きを読む]
  • サツマイモ定植
  • サツマイモのつるの定植の季節です。店先ものいろいろなサツマイモのつるが並んでおります。(今年は、4月頃の冷えによってサツマイモのつるの生育が遅れているそうです。)さて、先日の土曜日。この日は、1日中雨模様でした。ということは、サツマイモのつるにとっては絶好の定植時期の到来。雨合羽を羽織って、畑に繰り出しました。地元の農協での店先にて。ここの畑は、紅はるか。定植後のすがた。ここの畑は、紅東。定植後のす [続きを読む]
  • ねこ検定結果
  • 3月に行われた『ねこ検定』の結果が来ました。100点満点中、80点という成績でした。わたしの苦手とする分野が多かったなかで、80問も合っていたのは、健闘したと言えるのではないでしょうか。ますます、ねこへの愛情と理解を注ぐことになりそうです。 [続きを読む]
  • 変化は続く!
  • 学内横の野池の変化はさらに続いております。浮かんでいた枯れたホテイアオイの姿は、ほとんど見えなくなりました。腐りながら湖底へと沈んでいったのか・・・。池の周囲は、気のせいかもしれませんが、草の腐臭の匂いがしています。思えば、今年の1月。枯れあがったホテイアオイが、野池を占領しています。昨年の12月の風景。これからどうなるだろうかと不安げな野池です。さらに、もう一つの話題が。コガモのたぶんメスが二匹い [続きを読む]
  • 逆転の発想
  • カラスの駆逐作戦から、一転 逆の発想の記事です。わがやの家の近くでも、電信棒に勝手にカラスが巣を作って、電力会社に連絡したことがあります。駆逐作戦では、なかなか効果が出ないようで、それならばということで「愛の巣」をこちらから提供することで効果をあげているという「記事です。カラスにとっては、まったく悪気のない生きるための営みに過ぎないわけですが。 [続きを読む]
  • 実験風景
  • 昨日の引き続き、授業風景です。機械システム工学科3年生の実験です。わたしの担当は、メカトロニクスの基礎のデジタル回路実験です。実験は3年生を7班のショップに分けての実施されています。学生たちは、プリントに書かれたデジタル回路を見て理解を深めながら、実際に回路を組んで動作を確認します。写真は実際に回路を組んで、完成させたものです。慣れてくると、割と手際よく回路を組めるようになります。 [続きを読む]
  • 継手フランジ設計のその後
  • 機械システム設計製図の継手フランジのその後です。今回の授業で、設計の計算が終了です。来週より製図室へ移動して、課題作成が始まります。黒板も比較的小さな字で、4面すべて埋めくつしました。いかにも『機械』の授業を思わせる黒板の内容です。 [続きを読む]
  • 急激な野池の変化
  • このところの暖かさで、学校東側の野池の変化がすごいです。5月7日の野池。うっすらと野池の水面全体が表れてきました。これは、本日12日の野池です。完全に多くの部分で水面が表れてきました。元気なコイたちの遊ぶ姿がここかしこで見られます。今もって、冬の一面枯れあがったホテイアオイの行方はわかりません。 [続きを読む]
  • 落ち着かないチビトラ
  • 発情期は、とうに終わったと思ったチビトラなわけですが、家の中で飼うメスというのは、こんなに落ち着きがないものでしょうか?避妊手術をしていないことを差し引いても、それにしても落ち着きがありません。やはり、早めの手術が必要なのかもしれません。わたしが個人的に思うに発情している相手というのが、オス猫ではなく、ひょっとしてご主人の『わたし』ではないかと思ったりします。置いてある座布団に粗相もしました。真夜 [続きを読む]
  • 学内のツツジ満開
  • 学内のツツジの満開の様子です。撮影は、5月7日です。連休中ということで、学内は閑散としておりせっかくのツツジの満開風情を見る人が少なくて残念な気がしました。本日、10日はすでに2割から3割の花弁が枯れています。サクラと同じで最盛期の期間は、2日くらいでしょうか。毎年しっかり咲いてくれるのは、何と言っても定期的な剪定作業があってからこその賜物です。 [続きを読む]
  • 生育著しい春野菜
  • 春野菜の成長は目を見張ります。太陽の日差しを浴びて、どんどん成長しています。というわけで、春野菜の第2段階の作業を施ました。すでにはみ出しているトマトの株。キュウリだって、こんなに大きくなりました。今年もスイカとマクワウリは、地ばえではなく、網仕立てで上方向に成長させることにしました。 [続きを読む]
  • 野良のたしなみ
  • 野良ねこの宿命。いつお腹いっぱいご飯を食べることができるかわからない人生。いつ怖い敵に出会うかわからない不安。それは、野良のたしなみでもあります。そんな宿命を背負いながらも、精一杯生きている野良ねこ・シロキチであります。健気にご飯をまつシロキチ。「いつなのかね。美味しいご飯は?」「さてっと、ようやく出てきた、ご飯。」「大事なご飯タイム。邪魔せんといてんか。」邪魔するつもりはなくても、近くに行くと逃 [続きを読む]
  • いつもの眺め?
  • トラコが、春の一日、いつもの場所から外を眺めております。わたしから見たらいつもの風景。「どっこい違うのよね。」「毎日見る場所は同じでも、見える風景は違っているのよね。」「庭先の雑草が伸び放題に伸びて、見えにくくなってはいるんだけどね。」「ほら、地域猫のシロキチどんも最近痩せて心配しておるのよね。」「アタイときたら、太ったまんま!」 [続きを読む]
  • 生きているコイ
  • 学内東側の野池の続報です。春が到来して、野池はわずかな変化があります。昨年枯れた茎がたぶん腐ったかあるいは分解して水面上に出ている枯れ茎が少なくなりました。そして、場所によっては水面が顔をのぞかせています。腐植が進むホテイアオイの茎。『そして、コイ発見!』腐った茎が途切れた水面にコイが顔を出していました。コイは生きておりました!この先、ホテイアオイが昨年のように勢力を伸ばしていくのでしょうか。 [続きを読む]
  • ひざうえのチビ
  • チビトラが、わたしのひざうえでご休憩です。まだ、小さい?せいかおとなしくしているときとやんちゃなときのギャップが激しいです。やんちゃなときにちょっかいをすると激しい反撃をくらいます。おかげでわたしの身体は生傷が絶えません。ひざうえのチビは、非常に扱いやすいです。「別にね。悪気はないわけよね。」「おとなしいのもアタイだけど、その反対もアタイなわけ。」「人の都合に合わせて、こちらは生活してるわけじゃあ [続きを読む]
  • ツツジ満開
  • 蒲郡クラッシックホテルのツツジが満開を迎えています。昨年は、開花が早すぎてわたしが訪れた時はすでにかなりの花が散ったあとでした。今年のツツジは例年以上に見事な花を見せております。わたしの撮影は5月3日のものです。記事は、5月2日の中日新聞の朝刊です。 [続きを読む]
  • やりたい放題?
  • さてっと、チビトラはまだまだ元気過ぎて、次から次へとやりたい放題し放題。茶色の断片は、段ボールを食い散らかした跡です。ずいぶん丈夫な歯の力ですよね。上方で、くつろぐチビトラ。「本日も、かなり充実した日であったことよ。」 [続きを読む]
  • 恐竜よみがえる!
  • 東山動植物園の恐竜像がよみがえりました。昭和13年に鉄筋コンクリート製で作られました。老朽化のためしばらく立ち入り禁止でしたが、修復され往時の雄姿を取り戻しました。この恐竜たちと私とは、むかし父と同園を訪れたとき以来の友人関係です。復活するのを心待ちにしていました。4月27日 中日新聞夕刊の記事です。イグアノドン。手前、ブロントザウルス。真ん中、トリケラトプス。右奥、イグアノドン。 [続きを読む]
  • 潮干狩り 大ピンチ!
  • 本日より5月到来。しかし、心配なことがあります。日本一のアサリ漁獲量を誇る愛知県。今年は、大ピンチです。4月30日 中日新聞朝刊。4月28日 日本経済新聞夕刊。蒲郡近辺の潮干狩り予定表。今年は、明日からの連休日に潮干狩りの予定が入っていません。昨年のゴールデンウィーク時の竹島での盛況ぶり。 [続きを読む]
  • のそのそと
  • トラコが、庭先をのそのそ歩いています。「本日も晴天なり。こんな日の散歩は最高!」「しかーし、気になるもんがあるわけよね。」「チビトラは元気かや?」 と振り返るトラコ。「お〜い。違うってばぁ。」「上だってば。ココにいるってばぁ。」 [続きを読む]
  • 部屋の汚れ
  • チビトラが、自分の部屋の中を覗いています。そっと、こちらの作業を観察しています。ご主人「毎日まいにち、部屋の汚れはかなりのもんね。」    「もうちょっと何とかならんもんかね。」「う〜ん。汚れてなんかいないハズ。」「清潔な部屋はアタイのモットーだからね。」ご主人「でも、ウンチがおまるからはみ出てるいることもあるわけ。」「それはね。ウンチを砂の中へ隠そうとして、手でカキカキが過ぎたわけなのよね。」「 [続きを読む]
  • 修学形成
  • 昨日の2限目の修学形成は、1年生と3年生との合同のグループワークでした。先輩である3年生と入学したばかりの1年生との交流です。1年生が抱えている不安や疑問点の洗い出し、3年生からのアドバイスや失敗談などを各グループに分かれて話し合いました。最初はどうなることかと思いましたが、思いのほか和気あいあいとした雰囲気でした。最後は、くじに当たった幸運な?グループが成果を発表しました。 [続きを読む]
  • 成長著しい
  • このところの陽気に誘われて、春野菜の成長も目を見張るものがあります。太陽の有難みを感じますね。収穫まではもう少しかかりますが、旬のイチゴの美味しさは格別です。トマトの苗もこんなに大きくなりました。キュウリの株もかなりの大きさに。これから最も早く成長するのがこのキュウリです。エンドウの株の間から顔を出してるポピー。 [続きを読む]