神田 裕幸 さん プロフィール

  •  
神田 裕幸さん: ダヴィンチ院長の挑戦
ハンドル名神田 裕幸 さん
ブログタイトルダヴィンチ院長の挑戦
ブログURLhttp://ameblo.jp/ptdavinci/
サイト紹介文町田市、麻生区を中心に訪問リハビリ、訪問マッサージを行うダヴィンチ治療院。治療への情熱を語ります。
自由文訪問リハビリ、訪問マッサージの経営者として、治療家として日々感じたことを『ダヴィンチ院長の独り言』として紹介しています。脳梗塞、パーキンソン病、アルツハイマー性認知症、膠原病、変形性関節症、自律神経失調症など、どんな疾患にも真摯に向き合い、全力で治療に臨んでいます。医療を担う一人のセラピストとして、結果を出せる治療、リハビリを日々研鑚し、患者様の機能改善に努めています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/12/30 20:27

神田 裕幸 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • マッサージ師の可能性
  • もうすぐ3月が終わり、新年度が始まります。 当院も、新たに2名のスタッフを迎え入れることになります。 そうした背景もあり、より良い働き方、働く環境について、最近、ずっと悩んでいます。 その中の一つの結論として、 マッサージ師には、基本的に『枠が無い、枠に縛られない』ということが重要と考えました。 「枠」とは、制限や範囲のことであり、   [続きを読む]
  • 前を向く=向上心
  • 突然ですが、 マラソンで終盤、競い合っている場面を度々目にしますが、そこであることをする選手が、十中八九負けています。 それは、後ろを振り返る行為です。 後ろを気にするようになった時点で、勝機はすごい勢いで失せていくように見えます。 言われれば、当たり前のことなんでしょうが、 マラソンだけでなく、こうしたことが我々においても日常茶飯事的にあ [続きを読む]
  • 今年の抱負
  • 先ほど初詣に行ってきましたが、おみくじで凶を引き、さらに木にくくりつける際に、破れて落ちるという、アクシデント。新年早々から少し動揺しております。 周りの人は〇吉ばかりで、紙も全く破れて無さそうなのに、なぜ、私だけ。という感じです。 まあ、甘酒はタダで飲ませてもらえ、さらにコップいっぱいに注いでもらえたので、良しとします。 さて、 本年ですが、今までで最も忙しい1年になると思 [続きを読む]
  • チームワーク(自衛隊編)
  • 昨日、私が陸教(第3陸曹教育隊)に入校した際の話をしましたが、その中での教訓を一つ紹介します。 3か月間の教育の結果が、今後の出世(昇級)に大きく影響する、ということでしたが、 教育課程では、10人を1班として、全10班ですから、総勢100人の入校性となります。 ですから、3か月後に1位から100位まで順位を付けられる訳です。 入校性はそのことを全員知っていますから、みんな少しでも良い順位 [続きを読む]
  • 理不尽な教育(上限値)
  • もう年末なので、少し変わった話をしようと思います。 陸上自衛隊時代に受けた理不尽な教育についてです。 知っている人もいらっしゃると思いますが、自衛隊には任期隊員と非任期隊員がいます。 簡単に言えば、数年で辞めなければならない人と、定年までいられる人です。 その違いは、陸曹教育課程(プロの過程)を出ているか否か、です。 自衛隊では、入隊して2年ぐらい経つと、陸曹選抜試験を受 [続きを読む]
  • 努力と結果と運
  • 『結果は運だが、挑戦は意思だ』  挑戦をするという意思を持って厳しいトレーニングをし、その場に立った。結果の前にそのことをまず尊敬し、そこから姿勢を学ぼうとする社会であってほしいと私は思う。  何かの記事で見た、元陸上メダリスト、為末大さんのコメントです。  前に見て、「確かに、なるほど。」と思った記憶があります。  ふと、思い出したので、書きました。  私も自論を持っ [続きを読む]
  • 夢のある仕事
  • 久々のブログ更新となります。 最近、フェイスブックの投稿やネット記事などから、強く思うところがあり、自分の考えを書こうと思います。 内容についてですが、 マッサージ師、柔整師、PT等を含めた治療家(セラピスト)の仕事の意義(意味)についてです。 私は、現在、あんまマッサージ指圧師として訪問マッサージの業務に携わっています。 元々は、訪問看護ステー [続きを読む]
  • 企業説明会
  •  明日は、母校での企業説明会に参加します。  昨年は、当院のことを上手くアピールできず、新卒者に来てもらえなかったので、その反省を生かしたいと思います。  幸い、他院からいいタイミングで入職希望者が来てくれ、何とか溝を空けずに済みましたが、  そんなラッキーは、何度も続かないと思うので、  今回は、この機会を上手く活かしたいと思います。  時間に制限が [続きを読む]
  • 急募
  • 突然ですが、当院で訪問スタッフを急募することとなり、この場を借りて告知させて頂きます。以前、求人サイトに掲載したこともありますが、待遇面のことばかりや、自己都合を押しつける方が多かったため、ブログを通すことに致しました。このブログを読んで頂いているセラピストの方は、少なからず、私の考えに共感して頂けているものと、勝手に解釈させて頂いております。さて、今回の募集についてですが、特に離職者がいる訳で [続きを読む]
  • 上司は偉いのか?(敬礼の意味を通して)
  • 今から20年前、自衛隊に入隊し、それから6年半、自衛官として勤めました。自衛隊の特異性と言えば、色々ありますが、常に階級章を付けて勤務しているのも、その一つに挙げられるでしょう。すれ違う人が自分よりも階級が上か、偉い人かが一目で分かります。新隊員時代は、自分よりも階級が上の人に、必ず敬礼しなければならず、一日100回ぐらい敬礼していたかもしれません。今、一法人の代表となり、自衛隊時代を振り返ると、面倒 [続きを読む]
  • 誠意の見せ方
  • 前回、患者様への誠意を示すこと、誠実さを分かってもらうことが、実際の治療技術よりも訪問において重要と伝えましたが、当院のスタッフから、「誠意を見せるとは、具体的にどうすれば良いでしょうか?」という質問がありました。せっかくなので、この場を借り、私なりの答えを述べたいと思います。一言でいうと、『相手に寄り添うこと』です。具体的には、・相手のペースに合わせる(時間づくり)・相手との距離感に配慮する( [続きを読む]
  • 最近スタッフ教育で思うこと:(治療で最初に必要なこと)
  • 前回の記事で、今回、新卒のスタッフを迎え入れることはできなかったと記載しましたが、実は、今、スタッフ教育で大忙しです。当然、新卒者ではありません。他院から移ってきたセラピストの教育をしております。ここ半年で、他院から当院に3名のセラピストが来てくれました。加えて、近々、もう一人、当院に移ってくる予定です。みんな、訪問マッサージの経験者であり、より良い治療サービスの提供、自己の成長を目的として当院に [続きを読む]
  • 訪問マッサージの今後の展望
  • 最近、上腕骨骨折の方の訪問依頼が、立て続けにありました。痛みに対する緩和はもちろん、上肢機能の改善をお願いしたいとの依頼です。介護施設入居者にとって、十分なリハビリを受けることが難しいため、当院に依頼が来ました。その他にも、歩行器か杖かの評価をして欲しい、安定した歩行獲得を行って欲しいなど、機能訓練に対する依頼が増えています。当然、廃用症候群で臥床傾向の方からも依頼がありますが、依頼内容を見ると [続きを読む]
  • 一歩ずつ前進すること
  • ブログを細かく更新しようと、いつも考えるのですが、毎回、数か月空いてしまい、現実に追われ過ぎているなと実感しています。何事にも程々の余裕があることが重要とは分かっているものの、つい目の前の仕事に没頭してしまう。やり残しがあるのが嫌な性格なので、ある程度は仕方ないですが、知らない間に休むことができない性格になっていました。常に何かやることを探すようになり、仕事を自分から作るようになってしまっていま [続きを読む]
  • 仕事の捉え方
  • 昨日は、大晦日にも関わらず、入職希望者がわざわざ治療院に来てくれ、1時間半ほど面接をしました。しかも、スーツで来てくれました。私はラフな格好だったので、かえって申し訳なかったです。面接についてですが、頸部の捻挫(むち打ち症)のため、訪問には出れませんが、今回は、座って話すだけでしたので、色々熱く語ってしまいました。久々に外に出て、しゃべり過ぎたため、帰りのバスと電車でいささか疲れてしまいましたが、 [続きを読む]
  • 出し切った後に
  • 12月17日(木)、仕事を終えた後、近くの日帰り温泉に行きました。そこで私は、人生で初となる、救急搬送を体験してしまいました。入浴中に気分が悪くなり、脱衣所で自分のロッカーに向かい、その途中で倒れたらしいのです。脱衣所まで行ったのは覚えていますが、そこからの記憶が無いのです。気がついたら、施設のスタッフさん達に囲まれており、救急車を手配されておりました。すぐに立とうと思ったのですが、猛烈な頸部の痛み [続きを読む]
  • リーダーシップについて
  • 最近、経営理論やリーダーシップについての本ばっかり読んでいますが、何冊か読んでみると、「内容がかぶっている、どれも本質的には同じことを言っている、」という印象を持ちます。そして、色々な原則・法則などを紹介していますが、結局のところ、それを実践する器量がないと、さほど意味を成さない、ということに気づきます。個人的な意見になってしまいますが、リーダーとは、自分の意志を実行に移せる人であり、目的となる [続きを読む]
  • 人財(人材)という考え方
  • こうしてブログを書くのも、4ヵ月ぶりとなってしまいました。不眠不休の仕事ってやつですね。正直、忙しすぎて体が追い付かない状態でした。ようやく、少し落ち着き、こうしてブログを書いていますが、定期的にできないのがネックです。さて、先週の金曜日から、当院初となる『求人掲載』をしました。様々な求人サイトがある中、考え抜いた結果、「医道の日本」の求人サイトに掲載することに致しました。※もし、当院の仕事に興味 [続きを読む]
  • 理学療法という学問
  • 最近、フェイスブックなどを見ていると、色々な勉強会やセミナー宣伝が多くなってきました。以前もそうしたことをブログで挙げましたが、こうしたものを見ると、情報の多さ、時代の速さ、様々な価値観、などを感じさせられます。知らない間に、そうしたツールに慣れ、情報や環境に、自分も取り込まれている、巻き込まれている感が否めません。今から5年ほど前でしょうか、私がPTとして、何か主軸になる手技療法はないかと、色々 [続きを読む]
  • 過去の記事 …