minochi さん プロフィール

  •  
minochiさん: minochiのブログ 童話作家への道
ハンドル名minochi さん
ブログタイトルminochiのブログ 童話作家への道
ブログURLhttp://ameblo.jp/douwa-minochi/
サイト紹介文童話作家・児童文学作家を目指しています。 ぜひ、読んでみてください!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/01/01 22:21

minochi さんのブログ記事

  • いつかみんながスポットライトの下に
  • ずいぶん久しぶりの投稿です。 先日、作家が集まるパーティーに参加してきました。日本児童文学者協会が開いた、贈呈式&懇親会です。出版社の方々も大勢来てくださっていて、わたしも数社の出版社の方にご挨拶させていただきました。 日本児童文学者協会の会員になったわたしは、初の参加でした。 キラキラした世界でしたよ!表彰されていた作家さんの中にはひこ・田中さんのような、超有名大作家さんもいれば、わたしと同じ新入 [続きを読む]
  • 春。
  • 台風のような雨風だった深夜。季節が荒れると、春だなぁと思います。鳥がチュンと鳴き、新たな命が芽吹き、ピンクや緑が溢れ…こういった一般的な春のイメージはあまり持たない私です。春といえば、青臭さ、花粉で霞んだ空気、荒れる肌に目のかゆみ、そして落ち着かない天気と変質者。笑……お気づきかと思いますが、わたしは春が嫌いです(きっぱり)。そんな中で、ディズニーシーに行ってまいりました!イースター!まったく、な [続きを読む]
  • 文学性。
  • お久しぶりです。 このところ何かと忙しくしておりましたが、少し余裕ができたのでブログ更新です。創作のほうも仕事のほうも、ゆっくりではありますがコツコツ続けております。仲間の受賞・出版の話題もあり、嬉しいことが山盛りのここ最近でした。 このところは、勉強会に出す作品を書いておりました。今まで何度もこのブログで登場していた「ナンセンス」という分野の作品。もう何度書き直したでしょうか……。一番最初の原稿か [続きを読む]
  • 【創作メモを兼ねて】ナンセンスの世界
  • フットワーク軽く、いろんな経験をしてみたい。そんなことを思っているこの頃。本を読むことはもちろん楽しんでいますが、そのほかにもいろんな世界を覗いてみよう、動いてみようと意識しています。本も、これまで自分が好きで手に取っていたもの以外のものにも触れてみようと。創作の仲間が本を何冊か送ってくれたので、それを読もうと思っています。 さて。今月も、創作の勉強会があったのですが、何度も書き直しをしている作品 [続きを読む]
  • 立ち止まって考えること
  • 2017年に入り、いろんなことを考えているのですが、最も考えているのは、今後の書き手としてのあり方です。比較的早い段階でデビューを果たしたわたし。ただ「書きたい」という気持ちだけではダメになってきました。わたしは今、何が書きたいんだろう、という気持ちが堂々巡りをしています。ブラックユーモアを書きたい気持ちは変わらずあります。ノンセンス作品に魅了され、わたしにも書けたら……と憧れる気持ちもあるのです。け [続きを読む]
  • ようこそ、2017年。
  • あけましておめでとうございます。新年になって早6日目。早い早い。ぼやぼやしていたら、世界に置いてかれちゃう。別の次元に逃避するのはまだ先でいいのだから、必死に食らいついていかねば。 さて。新年は、なんだかゆるゆるゆる〜と迎えました。大きな目標を立てたり、今年こそ!と気負ったりすることがなかったのです。毎年、力みのある年末年始を迎えるタイプだったので、自分でも拍子抜け。笑でも、きっと「もう少し肩の力を [続きを読む]
  • 創作のバランス感覚と思想
  • 昨日は創作の勉強会&忘年会でした。今年デビューした方がわたし以外にも数人いらっしゃるのですが、昨日の参加はわたしのみ。みなさんからお花をいただきました。デビューが決まったあとから参加している会なので、まさかお祝いしていただけるとは思わず、嬉しかったです。合評のほうは…つらかった…(´;ω;`)ナンセンスの難しさを痛感中。『ロジックのないファンタジーで、子ども騙しに思える。私はこういう作品は書きたくな [続きを読む]
  • なぜ書くのか。
  • ずいぶん前のことになりますが、作家の西加奈子さんのトークショーに参加したとき、発想の源の話がありました。物語が生まれるきっかけ、です。西加奈子さんは、ニュースなどの報道を見て作品を発想することが多いといっていました。西加奈子さんの作品には、確かに社会が描かれています。世界情勢であったり、人を取り囲む現実であったり。作中を生きる人物が生々しく感じられるのはそのためかもしれません。そういう意味で、西加 [続きを読む]
  • ファンタジー講座
  • 1日だけのファンタジー講座に参加してきました!ファンタジーの書き方を教えてもらえるのです。人気作家さんが講師でした。もちろん努力もなさっているのですが、元々文才があり、私にしてみればトントン拍子すぎると思える方です。私とはタイプがちがう、とも感じました。(そして凹む。。)ただ、書くことが好き、という思いはやはり同じです。翻訳家の先生による講義では、海外ファンタジーについても少し学べて、有意義すぎる [続きを読む]
  • ありがたきアドバイス。
  • 連日投稿。決して暇なのではありません。12月なんて年末進行だから焦る上に今年MAXの仕事量(´;ω;`)あたし、ぶっ倒れるかも。笑ネットにこのような記事が出てまして、「あっ!」と思ったのです。↓http://beauty.yahoo.co.jp/beauty/articles/593126実はこれ、某病院の先生から勧められております。その病院には皮膚科でお世話になっているのですが、数年前、猛烈な蕁麻疹に襲われた際に駆け込んで以来のお付き合いです。穏や [続きを読む]
  • 楽しむ読書、たまにはね。
  • アメトーーク!の読書芸人の回が、出版界に大きな影響を持っています。有名人がおすすめするとその宣伝効果たるや。書店には、アメトーークで紹介された本のコーナーができていますね。 読んだことのある本が紹介されると、嬉しくなるものです。ですが、読んだことのない本が紹介されていると、「むきーーーー。読んでない!」となる私。さっそく二冊、ゲットです。どちらも、又吉さん推薦本! マチネの終わりに1,836円Amazon 『マ [続きを読む]
  • 「知らないうちに」の怖さ。そして反省。
  • 「知らない」というのは怖いことです。今日は(いや、今日も)、少しまじめなお話です。 わたしたちはさまざまな「法」によって守られて生活をしています。たくさんありすぎて、そして、教えてもらう機会もなくて知らない法律もたくさん存在します。そのうちのひとつ、「著作権」についてのお話です。作家になったわたしには、とても身近な「法」「権利」となりました。 考えてみてください。あなたが好きな作家の新刊を手に入れま [続きを読む]
  • 「月に一度、挑戦してみてください」
  • 数日前、久しぶりのかかってきた電話は、某病院からでした。先生ではなく事務の女性からで、ときどきこうして電話をくれ、忙しい先生に代わって話してくれます。 遠方に住んでいる患者さんには、こうして連絡を入れることがあるらしいです。「まあ、規則で考えればあんまりよくないけどね」と、苦笑いをしていた先生の顔、今でもよく覚えております。笑 最近は電話もなくて、先生のこと、さっぱり忘れ去っていた私。←恩もへったく [続きを読む]
  • 海外文学
  • 作家・西加奈子さんのトークショーに参加したとき思ったのは、《名作と言われている作品に触れていない》ということでした。大学は文学部だったので、ある程度は勉強しました。でも、その頃興味があったのは、とりわけ平安文学(王朝文学)。近世、近現代の日本の作品や、ましてや海外文学には、さほど情熱がわかなかったのです。ですが!西加奈子さんは違った。遠藤周作に感銘を受け、トニモリスンに衝撃を受け…そんな幅広い読書 [続きを読む]
  • 会いたい人には会っとけ!
  • 久しぶりのブログ更新です。毎日暑いけれど、なんとか生きてます。ほんと、なんとか……ι(´Д`υ)アツィー私には会いたい人がいました。(唐突)大好きな作家、西加奈子さん?渋谷の本屋さんでトークショーをするという情報をいただき、すぐさま申し込んだ結果、あ…あ…会えたーーーーー!7月末頃に、お会いしてきました?テレビで見るよりもキレイ!そして、やっぱりおもしろい人でした。その西加奈子さんが、いってました。「会 [続きを読む]
  • MISOJI!
  • 昨日、6月14日。30歳になりました!三十路ってやつです。いえーい、MISOJI☆ 我が家には、《30歳までに生き方を決める》というルールがありまして。。。すっかり忘れてたけど。29歳で作家デビューを果たしたわたし、ぎりぎりセーフです。笑まだ、親に甘えてばかりの身ではありますが、《私はこれで生きていく》という決意(?)を見せられたかなって思います。はい。 ちょっと前まで、正直なところ、頼れる人というのが家 [続きを読む]
  • これからも、ずっと書く。
  • 初の単行本『食いしんぼうカレンダー なっちゃんのおいしい12か月』地元新聞に載せてもらったことをきっかけに、なんと、ラジオに出させてもらいました〜!収録だったので、噛んでも平気。笑その放送が、本日11時半からありました。↑完璧な事後報告。。本を一冊出版させてもらえるだけでも大きな経験。それに加え、新聞社で取材を受けたり、ラジオに出たり……。次々に初体験をさせていただけて、わたしはとっても幸せです。頑張 [続きを読む]
  • 新聞社で取材を受ける!
  • にゃーーーっ!なんと!この度ついに、念願の作家デビューが現実にー!パチパチ〜☆てってれ〜☆うれしいなぁ。さて、デビューを喜んでいた中、地元の新聞社に記事を載せていただくことが決まりました。今日、取材を受けてきましたが。。いやー、話した!とっちらかったお話を「まとめてくれ!」と言わんばかりに。宣伝部長の母を引き連れて行って来ました。本も献本しましたよー。幼い頃の話とか、創作を始めたときの話、今回の出版 [続きを読む]
  • 頑張る人たち
  • 昨日は創作の勉強会でした。作品提出は出来なかったのですが、みなさんの作品はすごいし勉強になるので、参加してきました。勉強会の会長さんと初めてお話しました。(前回は緊張していたので…)てっきり作家さんだと思ってたら、「会長だけど、おれ、素人なんで…」と頭をかきながら。びっくりしたよぉ〜だって、200枚超えの大作を提出されてたんだもの。会長がその会に参加するようになった後から参加した人たちが、次々にデビ [続きを読む]
  • 尊敬する人
  • 刺激的な時間を過ごした、たった今。同郷の先輩で、経営者として活躍されている方にお会いしてきました。なんと中学生ぶり!!笑でも、変わってなかったです。(わたしも変わってないと言われました。笑)単行本発売の話、会社のお話、昔の話。。。いろいろ話ができました。行くまでは緊張でおなか痛かったけど、結果、会いに行ってよかった!!!!私の、作家としての展望(?)みたいな話にまで会話は発展しましたが、わたし、気 [続きを読む]
  • 読む力。
  • 3月になりましたね。あっという間だなあ。計画的に物事を進めないと、なんだかすべてが中途半端になりそう。ということで、時間刻みで動くことを決めた三月初日です。在宅ワーカーとはいえね、ちゃんとしなくちゃ。午前中ライティングして、お昼にはご飯食べて、15時にはおやつ食べて。笑会社勤めをされている人と同じように夕方18時くらいまではパソコンに向かう。ライティングの仕事が早めに終わったときは、こうしてブログを書 [続きを読む]
  • 1年間。
  • 童話連載をしている『子どものしあわせ』。3月号が完成しました。2015年4月から2016年3月までの1年間。無事に12個のお話を生むことが出来ました。食べることが大好きなわたし。連載の話をいただいて、すぐに思い浮かんだテーマが「食べもの」でした。それから、毎月のように食べ物について思いを巡らせて……。とても楽しかったです。書くことの先に、読者がいること。それが、何よりもうれしかったです。どれだけの人の目に、作 [続きを読む]
  • バレンタインに、神さまと再会。
  • 14日はバレンタインでしたねー。みなさん、チョコ買ったんでしょうか?さて。毎年足を運んでいる東京大神宮。暖かくなってきた頃に行っていたのですが、今年は少し早めに御礼参り。昨年買ったお守りを返納して、新たなお守りを買ってきました。(ついでに、神楽坂で、神楽坂おこしを買ってきた。笑)東京大神宮の心願成就守は、数年前、友人にいただいたのがきっかけで持ち続けています。心願成就。わたしの心願は……。書き続けたい [続きを読む]
  • ロック!┌(・∀・)┐└(・∀・)┘
  • きのうのこと。幕張メッセに行ってきたのです。いやー、遠かった。。わたし、いちおう関東圏に住んでるのですが、普段あまり遠出しないので、一時間くらいかかる電車旅にヘトヘト。。で、何のためにヘトヘトになったのかと言いますと!BUMP OF CHICKENの20周年記念ライブだったのです(・∀・)bしかもタダで参戦。←!!!友だちが大ファンで、ticketを2枚取ったはいいものの一緒に行く人を誘うのをギリギリまで忘れていたらしい。 [続きを読む]
  • 厚切りジェイソンのネタにシビれた!
  • NHKの番組、switch。達人×達人の対談。この番組が私は大好きでよく見ます。今、テレビでもよく見かけるようになった芸人の厚切りジェイソン。言語学者(?)の金田一先生。この2人の回を、わたしは我を忘れて集中してみていたみたいです。厚切りジェイソンに、金田一先生はこう言いました。「あなたは自分のことが好きですか?」その問いに対する厚切りジェイソンのアンサー。「えっ?あ、はい。…え、なんで…? ボク、そんな悪 [続きを読む]