浜ちゃん さん プロフィール

  •  
浜ちゃんさん: 浜ちゃんの小豆島写真日記
ハンドル名浜ちゃん さん
ブログタイトル浜ちゃんの小豆島写真日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/gototadashi1
サイト紹介文94歳の爺さんですが、小豆島の情報・写真をお届けします。
自由文1922年生まれです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/01/03 18:44

浜ちゃん さんのブログ記事

  • 明石海峡大橋
  • 先週の三連休の最終日に神戸発のジャンボフェリーで小豆島に帰ってきた。台風18号が通り過ぎたものの、連休最終日ということで、乗客は少ないのかと思いきや、若者たちで結構賑わってました。小豆島でも観光客風の乗客が結構下船したんやけど、平日に観光するんやろか?それとも、なにかイベントでもあるんやろか?神戸港を出港して約1時間後に明石海峡大橋の下をくぐります。好天だったので屋上デッキは大勢集まってましたね。2 [続きを読む]
  • 四海幼稚園のプール
  • 四海幼稚園の横を通っていると、夏休み中と思っていた幼稚園のプールが賑やかでした。保母さんに話を聞いてみたら、今日は四海幼稚園児だけでなく、大部や北浦の幼稚園児も一緒に水浴びをしているそうです。なんでも、こちらのプールが大きいのでやってきたそうです。子供たちの賑やかな声が響くのはいいもんですねえ。2017-8-18 長浜 四海幼稚園「大部(おおべ)幼稚園の子、手を挙げて!」と声をかけたところ。 「はーい」と [続きを読む]
  • 精霊流し 小豆島長浜
  • 今夜、長浜の浜辺で精霊流しがありました。精霊舟を携え、家の者皆で19時過ぎに浜に出かけると、すでに大勢の人が集まってました。ちょうど浜辺に並べたろうそくの灯をともし始めるところでした。ろうそくの灯が灯ったところで御詠歌が唱される中、精霊舟を浮かべていきます。引き波と風で精霊舟は沖へ沖へと静かに流れてきました。2017-8-15 小豆島長浜にて [続きを読む]
  • 小豆島から豊島を臨む
  • 今日も穏やかな海が拡がっています。青空も拡がって鮮やかです。いつもの小豊島、豊島を前に見る伊喜末〜大谷間の坂道を一番上ったところで撮影です。正面が豊島です。フェリーは一隻も見えませんが、土庄港を出航した高速艇が前を横切りました。右手の島が豊島です。 [続きを読む]
  • 小豆島から牛窓方面を望む  浮島現象も見えます
  • 昨夜、最終のジャンボフェリーで小豆島に帰ってきました。本当はおとといの昼便を予約していたのに、西宮〜神戸間の国道43号線で大渋滞に巻き込まれ、出航に間に合わず、再度予約が取れたのが昨日の19時20分神戸港発の便であった。昨夜は雲の多い月夜でしたが、夜中の2時を過ぎたあたりからすっきり晴れてきた。今朝、岡山の方を見ると、すっきりとした岡山方面の山並み、海岸線が見えました。昨夜から空気が澄んでいたんですねえ [続きを読む]
  • ジャンボフェリーの船窓より
  • 小豆島からの帰りのジャンボフェリーは2Fの椅子席で進行方向を向いて座ってました。すると、すれ違う船の中で気になる船にちょくちょく出会います。今回は自動車運搬船らしきでっかい船と、鮮やかな帆船。帰ってから写真に写っている船の名を頼りに調べてみると、でっかい船はやはりノルウェー船籍でWALLENIUS WILHELMSEN社のTIRRANA号という自動車運搬船でした。https://en.wikipedia.org/wiki/Wilh._Wilhelmsen (wikipedia)帆 [続きを読む]
  • オリーブの実
  • 1ヶ月ぶりに島に帰ってきました。2ヶ月前に開花していた裏庭のオリーブの木を見ると、それぞれの木は実を付けていました。剪定の仕方が悪かったのか、豊作には程遠いですが。オリーブの木の上の電線ではツバメが羽を休めています。この時期は裏庭の天体観測所の周りに草が生い茂っており、草刈作業を覚悟してましたが、三代目がまめに草刈をやっていてくれてました。生垣がこのような状態であったので、草刈の代わりに今回は生垣 [続きを読む]
  • そろそろオリーブの開花
  • おとといのりっちゃんのブログではオリーブがいっせいに開花している、との情報であったが、我が家のオリーブはこれから、といったところです。さてさて、今年はオリーブの実がどれだけ収穫できるのであろうか?3月に剪定したオリーブ、もうすっかり生い茂ってます。少しだけ開花しているのもあるけれど、ほとんどは蕾です。 [続きを読む]
  • 金色の海、オレンジ色の海
  • 昨日、高松市のあじ竜王山公園に行ってきました。小豆島の前島の真南の四国側の対岸になります。屋島の東側の半島。墓石として有名な庵治石の産地です。夕刻の海の色が輝いていました。最初は金色、そしてオレンジ色に変わっていきました。小豆島ではないけれど、同じ瀬戸内、やはり小豆島から見る海と変わらない風景でした。向こうに横たわっているのは女木島です。中央左側が女木島、右側が男木島です。右端手前に山陰から少し [続きを読む]
  • 旧戸形小学校前の浜の鯉のぼり
  • 土庄町小瀬の戸形小学校跡(2005年に廃校)のすぐ前の浜には、この時期鯉のぼりが泳いでいます。この行事自体は、廃校になる前から続いているそうです。鯉のぼりの向こうに船が行き交う景色、なかよろいしよ。2017-5-3撮影  小豆島 土庄町小瀬 旧戸形小学校にて高松から土庄港へ向かうフェリー2000年の夏にこの砂浜で海がめの産卵があったそうで、瀬戸内海で始めての産卵の確認であったとのこと。その記念碑が建っています。 [続きを読む]
  • 千振島(ちぶりじま)
  • 小豆島の北西端の小江集落の沖に無人島が二つ(千振島、葛島)と有人島(沖之島)が一つの計三つの島があります。そのうちのひとつ、もっとも北に位置するのが千振島。ひょこりひょうたん島のような形の島で、さらにその北の端に地続きで小さな島があり、そこに灯台が設置されている。海岸線もきれいです。カヤックをお持ちの方、お勧めです。2017-5-2撮影千振島です。灯台があります。灯台にトビが止まっていました。向こう側の [続きを読む]
  • 神戸港 ジャンボフェリー乗り場
  • 大阪から小豆島に帰るときは、普通乗用車(運転手込み)で片道6000円弱で済むので、もっぱら神戸からジャンボフェリーを利用しています。新港第三突堤が発着場で、高松行きが途中小豆島坂手港に寄航してくれます。第三突堤では別に九州宮崎便の宮崎カーフェリーも発着場になっています。ゴールデンウィーク中には船内は満席で混在しますが、ゴールデンウィーク突入前の平日に乗ったので、旅客船内はガラガラでした。ターミナルビ [続きを読む]
  • フェリーのある風景
  • 伊喜末から大谷に向かう坂道で、土庄港に出入りするフェリーを眺めることができます。親父と一緒にフェリーの写真を撮りに、よく出かけたものです。よく晴れた日の青い空、青い海、そして白いフェリー。大好きな風景です。向こうに見える島は小豊島、豊島。その北側で二隻のフェリーがすれ違おうとしているので、どちらも岡山航路のフェリーですね。 [続きを読む]
  • オリーブの木の剪定です
  • 墓参りで皆が揃った機に、皆で裏庭のオリーブの木の枝を剪定しました。思い切ってバッサリやったので、大分すっきりしました。大きく成長した木が2本、まだ成長途中の木が4本ほどあります。この時期の恒例行事になりましたね。去年の我が家のオリーブの実の収穫は少なかったので、今年はもっと豊作を期待です。(剪定前)(上下、剪定後) 菜ばなも抜いてきれいにしました。オリーブ剪定のあとは、別の箇所の切り株の掘り起 [続きを読む]
  • 洞雲山、碁石山
  • 今日、姉たち、息子とで小豆島の東南端に位置する洞雲山、洞雲山、碁石山に登山してきました。暖かい一日で防寒着は不要でしたが、晴れているものの、残念ながら霞で遠くがぼんやりとしか見えません。洞雲山側から入りましたが、登山道の道案内がさっぱりないので、結構道の選択に迷いました。登山口の案内すらなかったです。重要な分かれ道、迷いそうな箇所には案内がほしいですね。そうすれば、もっと小豆島登山に人気がでると思 [続きを読む]
  • 宇宙
  • 昨年、小豆島の実家の裏庭の一角に小さな天体観測所を建てました。ときどき島に帰って、晴れた夜には観測所に入り浸ってます。岡山市や高松市の街明かり、長浜の集落の街灯の影響で、抜群の星空というわけにはいきませんが、そこに天体望遠鏡を設置して、いつでもすぐに天体写真を撮ったり、望遠鏡を覗いたりすることができるようになりました。写真を撮っている間、床に寝っ転がって夜空の星々をぼんやり眺めていると、なんか心が [続きを読む]
  • 庭先にやってきた野鳥 小豆島
  • 冬の季節は野鳥観察の適期です。長浜の実家の庭先にも10種類以上の野鳥がやってきます。写真には撮れなかったが、ここに載せた鳥以外にもウグイス、シジュウカラなどもやってきます。大阪にいると、万博公園など広い緑地に行かないと、なかなか数は見れないです。メジロは群れで庭先の梅や椿にしょっちゅうやってきます。天体観測所の脇の椿ではすぐ眼の前でさえずってくれます。珍しくコゲラがやってきました。キツツキの一種です [続きを読む]
  • 四海幼稚園の節分
  • 昨日から島に帰ってきています。今日、裏庭にいると、にぎやかな子供たちの声が近づいてきました。すると、子供たちは向かいの家の中へ入っていきます。四海幼稚園の園児たちでした。保母さんに伺うと、節分の豆まきで園児の中で長浜の子の家を回っているとのこと。紙袋にとんがりを付けて鬼の扮装です。おうちのお母さん、おばあちゃんが豆まき役です。豆まきが終わった後は、みんなで豆をちゃんと拾って、ごみは残しません。 [続きを読む]
  • 小豆島より牛窓を望む
  • 昨年の年末は空気が澄んでいて、小豆島長浜から岡山側が実にはっきりと見えました。写真に撮って、あとでわかったのですが、こんなにもはっきりと牛窓の様子がわかったのは初めてです。この時期、水平線近くは浮島現象(蜃気楼の一種)で蜃気楼となり、ゆらいで見えるのですが、この日(12/27)は一切なし。小豆島の長浜から11kmも離れているのに、まるで牛窓のそばで撮影したかのような写真となり、驚きました。おかげで、グーグル [続きを読む]
  • 小瀬の重ね岩
  • 元日は小瀬の重ね岩に登ってきました。中腹に駐車スペースはあるのですが、登り口近くの駐車場に車を止めて、そこから徒歩で行くことにしました。例年の重ね岩は寒い印象しかないのに、今年はぽかぽかの日和。ただし、そのせいか、遠くが霞んでました。                       二代目 浜(大阪の次男坊)下に見えるのが小瀬の集落右手前が小豊島、その奥が豊島。そして左手に男木島、女木島これが重ね岩。 [続きを読む]
  • 島影 豊島、男木島、女木島、犬島
  • このところ、晴れの日は小豆島からの周りの島々がはっきりと見えています。今日も小豆島の西側に位置する島々の島影がきれいでした。大阪の次男坊伊喜末から西南方向を望む。右の大きな島影が豊島。その手前左手の濃い島影が小豊島。その左手の富士山状に見えている島(手前に船影があります)が男木島。その左の島が女木島。左端の途切れた濃い島影は小豆島の前島になります。小江より北西の犬島を望む。コンパクトデジカメでの [続きを読む]
  • 明石海峡大橋
  • ジャンボフェリーからの明石海峡大橋です。フェリーは神戸港第三突堤から出て、通常は小豆島坂手港を経由して高松に向かいます。自動車でもヒトでも阪神から小豆島へ行く最安のコースになるので、毎度このフェリーを利用しています。今日は風が強く、フェリー最上階のデッキは立ち入り禁止になってました。11時15分発の船に乗りました。3連休の初日ですが、季節はずれなので、フェリーは空いてましたね。年末年始はいつも混み [続きを読む]