fukuかかし さん プロフィール

  •  
fukuかかしさん: ふくかかしのブログ
ハンドル名fukuかかし さん
ブログタイトルふくかかしのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/fukumanga/
サイト紹介文祖母の国。ロシア小旅記コラム・つぶやきと漫画
自由文祖母が白系ロシア人で四分の一ですが日本生まれの関西人。ついでにおっさんです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/01/04 09:28

fukuかかし さんのブログ記事

  • 帰ってまいりました(^_-)-☆
  • 9日に夫婦共々無事帰国しました。いやあ日本は何と暑いのでしょうか(T_T)帰国早々夏バテになりそう。夫がロシアから帰国する度に暑さにうだっていたのがよくわかりました。いつもなら内陸部のモスクワは30度超えだから暑いと聞いていたのに、今年は冷夏だそうで温度は連日20度あるかないかでとても半袖ではいられませんでした。旅行初日はモスクワ在住のリュドミール君がお出迎えしてくれてモスクワ観光のガイドをしてくれました [続きを読む]
  • ご報告
  • チューチラは来月2日からロシアへ旅立つ準備のために昨日から帰阪しております。今回のロシア旅行にはわたしも同行しますが、わたしの初めてのロシア行きなんです。目的は夫のために建てていただいた夏別荘とお見舞いの来日していただいたジジチェンコの皆さまへ感謝をお伝えするためです。わたしは仕事の関係で一週間の滞在ですがチューチラは長期滞在の予定です。 それでは夫婦共々、行ってきます。 [続きを読む]
  • つげ義春
  • 日本漫画家協会賞でコミック部門の「大賞」は、つげ義春氏が受賞されました。漫画界に新しい一時代を築いたつげ義春氏が再びスポットライトが当たるのは明るいニュースです。水木しげる先生がお亡くなりになり私と漫画の関わりも終わりだなと感じていた矢先だっただけに嬉しい限りです。私のような凡人には理解不能のつげワールドでしたが、友人がつげ義春ファンで作品を熱弁していたことを思い出した青春時代のひとこま回顧。  [続きを読む]
  • 久々のチューチラ
  • この洞窟を発見して私だけの秘密の場所でした。でも、他の子らにも見つかってしまい、いつの間にかおもちゃやお菓子など置いてありさながら集合所になり、プライベートは無くなりましたが、皆んなでワイワイして楽しかった。        少女時代過ごした離島の思い出                                  嫁チューチラ [続きを読む]
  • 故郷の春
  • この絵のモデルは私の生母です。娘時代に故郷ウクライナ・クリミアで撮られた、たった1枚しか現存していない母の写真で季節は春だと思いますが、着飾ったドレスから笑顔がこぼれて母の人柄を偲ばれる写真です。何年か前にジジチェンコ夫妻とウクライナに旅行に行った時に、クリミアに訪れたけれども政情不安定で断念せざるをえなかった…過去ウクライナはロシアよりも入国が容易な親日国だったのに遠い国になってしまたのが悔や [続きを読む]
  • お詫び
  • わたしのミスで記事を削除してしまいました。内容に不備が見つかり編集しようと思いきや、なぜか操作を誤り削除して取り返しのつかないことにしてしまい落ち込んでいます。せっかくいいね!やコメントをしていただいた皆様には本当に申し訳ございません。特にコメントをお寄せいただいた蘇雨 挟壱様、hitoyasumi-hiro様には心より陳謝します。代替えとしてチューチラがロシアで描いた未公開の便りとイラストを更新します。 [続きを読む]
  • 愛のトンネル
  • 愛のトンネルはウクライナ西部のリウネ州、クレーヴェン(クレヴァン)にあるトンネルで、カップルがこのトンネルをくぐると願いが叶うという言い伝えから「愛のトンネル(The Tunnel of Love)」 と呼ばれています。 このトンネルはクレーヴェンとオルツィヴを結ぶ鉄道の線路上にあり、木々に囲まれたトンネルの美しい景観からウクライナでも人気の観光スポットとなっています。1日に3本電車が運行しています。ただこの電車 [続きを読む]
  • 絵物語「母に捧ぐ」
  • チューチラの生母はカザンタタール人と中国人のハーフの人でした。彼が一歳の時に亡くなり、三年後に義父は日本人女性と再婚したのが義母でした。わたしたちが結婚した八年後に義父が逝き、その一年後に義母は他界し兄弟もいないチューチラにとって、嫁のわたしから見て血が繋がらなくても本当に仲の良い母子でした。チューチラは厳しくて恐い存在だったそうですが、西洋人の面立ちの継子を本当の我が子のように、それ以上に彼に [続きを読む]
  • お宝(ではありません)発見
  • チューチラがブロ友あべせつ様の童話の絵を描いている時にふと脳裏をかすめ、 そういえば大昔にチューチラが描いた絵物語があったことを思い出しました。 それは「母に捧ぐ」という三十年も以上前の作品です。 そう思うと気になって、捨てられずに残しとく性格のわたしは心の押し入れから現実の押し入れ から出す作業にとりかかりなんとか発見できました。 せっかく労力を使ったのだからチューチラに承 [続きを読む]
  • 念力放火能力少女
  •  以前も江戸もの「貧乏神」のように今回の四コマはチューチラの下絵をウチクーニが作画したコラボ作品です。チューチラの愛読書お話は宮部みゆき作「クロスフアイヤー」のパロディー化したものです。 デジタル作画/着色・ウチクーニ原案/下絵・チューチラ これにてウチクーニのデジタル4コマvol.3終わりですありがとうございました [続きを読む]
  • ウチクーニのデジタル4コマvol.3-2
  • 報告が遅れましたが、チューチラは今月4日に無事帰国して9日から離島で以前の生活に戻りました。 体調もさほど悪くなく日本はなんて暖かいんだろ暑いぐらいやとほざいておりました。今後はしばらくメディカルチェックを受けて順調にいけば、再びロシアへ赴き6月か7月には就労ビザを取得してロシアで語学学校の講師をする予定です。 & [続きを読む]
  • [チューチラと新聞読者コーナー投稿]
  •  チューチラは年に1〜2度ぐらいふと浮かんだイメージで何の目的もなしに絵を描きます。  何かに使う目的があるのと?質問しても、ただこんな絵を描いたらおもしろいかなと思っただけやと答えました。  たまたま、わたしが新聞の読者欄のイラストが目に入って、この気まぐれ作品らを投稿しようと閃きました。  だいたい1年に一度ぐらい投稿して今まで三大新聞に何度か採用してもらいました。わたしがセレクトした作 [続きを読む]
  • ウチクーニのデジタル4コマvol.3-1
  • シーズン3のスタートです。ロシアのチューチラが漫画にとって絵がうまいとかストーリーが巧みではなく漫画的センスがあることが重要だと思う。彼は絵が描けないけれどウチクーニの作品にはセンスがあると思うと褒めています。身内の身贔屓でしょうか(‐^▽^‐)それはわたしや! Transformチューチラと漫友のasoasoさん”ブログ再開を願っています”と(チューチラより)おっさんイラストレーターの哀愁 [続きを読む]
  • ウクライナ絵本「わらの牛」とロシアの冬定義
  • 読書に没頭しているチューチラですが、彼の読解力では小学高学年向きの本が限界みたいです。本格的なロシア文学を読みたくても殆ど理解できないのが悲しいと嘆いています。これは子育て中のおかあさんが一日中子ども相手に会話をして、大人を相手にしゃべりたい欲求と同じかもですね。(下左の絵はロシアの代表的な雪だるまです) [続きを読む]
  • 続ウチクーニのデジタル4コマ
  • 再びウチクーニの4コマを公開します。原案はチューチラが1ページ物としてネームを作って中断したものですが、ウチクーニがデジタルで4コマ仕様で新たに作成したものです。 弟子などとウチクーニが言っているだけで、彼はチューチラにとってブログのデジタル作成を手伝ってくれる息子ほどの年齢差のパートナーであります。彼がいなければブログの創作活動が広がらなかったと思います。 後継者 妖怪あかなめ [続きを読む]