美雪 さん プロフィール

  •  
美雪さん: ファレノプシス原種・水耕栽培(Semi Hydroponics)
ハンドル名美雪 さん
ブログタイトルファレノプシス原種・水耕栽培(Semi Hydroponics)
ブログURLhttp://birdshit.hamazo.tv/
サイト紹介文ファレノプシス原種の水耕栽培に挑戦しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2013/01/06 15:01

美雪 さんのブログ記事

  • 春蘭:応急処置はミズゴケ植え
  • 春蘭ってむかーしは木に着生していた着生ランだったんだそうです着生ランとして生涯を全うするには乾燥に耐えうる耐性が必要となりますがバルブや葉を太らせて貯水場所を作るという道を選ばず葉を落として根だけで生きる「無葉ラン」という道も選ばすよいっしょ、こらしょ!と地面に移動したっていう・・・(笑)そこのあなた、歩いて地面に降りたと思ったでしょ(^O^)うん、私もその場に立会いたかったですま、そんなモーソーも栽 [続きを読む]
  • 日本春蘭:植え替え
  • 気になっていた雪山の植え替えをしましたやっぱり・・・根がとぐろ巻いてます案の定、そう簡単に抜けなくて一苦労しましたよ根がガチガチだったのでこの状態でバリダシンに漬けて少し根を柔らかくし、ハケを使って綺麗に根っ子を洗いましたフカフカの腐ったような根は意外となくて!カットする根はありませんでした株分けしようと思ったのですがどこを?どう?切り取っていいのか途方にくれてしまいました一応、本も持っているので [続きを読む]
  • 4月アツモリソウ:チベチカム
  • 今年4ポット購入したアツモリソウチベチカムの状況です肥料が多いと蕾が正露丸になる温度が18℃超えると蕾がだめになる以上2点に気をつけて栽培していたつもりですが結果は見事に裏切られましたこの子もこの子もそしてこの子も3株共に蕾らしきは正露丸のようにコロコロっと茶色になって枯れたようなしぼんだようなそんな状態で出てきました希望の光の残り1株もどうだかなぁこの状態からつぼみが膨らめば咲くかもですがどうも?こ [続きを読む]
  • 満開:Phal.speciosa
  • 満開となりしだれ状態のスペシオサですファレノプシス原種の中でひときわ鮮明な赤色が出る品種は珍しいと思っていますポット栽培だと花茎をはりがねで上向きに固定するのも有りかと思いますが自然に花茎を放置すると花の重みで垂れ下がります好みはあるかと思いますが私はこちらの方が好みですC1よりこちらのスペシオサは花が一回り大きく、花弁も幅がありますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 日本春蘭「雪山」
  • 日本春蘭の「雪山」です九州天草出身です。九州産は遅咲きが多いと聞きましたが本当に出遅れての開花です6つ蕾がありましたが、開花したのは3つ・・・のみすべての蕾を開花させるのってなかなか難しいのですね咲かなかった3つの蕾は茶色く変色してもうダメになっていると思います私は今年に入ってから日本春蘭栽培を始めたので甘く見ておりました・・・反省でごじゃいますm(_ _)m展示会などで多数輪開花しているのを見てきました [続きを読む]
  • Phal.parishii
  • マンホールカードってご存知ですか?これは八王子市のですカードに印刷されている座標を頼りに行くとスペシャルなマンホールに出会えるのだそうです実はジミーに流行しているらしくヤフオクやメルカリ等でレア物は高値で取引されてるらしいです残念ながら、日野市では発行してないみたいそういう部分は日野市って波に乗れないドンクサイ市です(苦笑)おひとりさま1枚無料でもらえるらしく、水道局などで配布しているそーですその [続きを読む]
  • 日本細辛栽培:古葉を刈る
  • 日本細辛に興味を持ってくださった方々、ググってみると意外と販売数が少ないってことに気がつかれたました?価格は1ポット1000〜2000円程度です。十分、良いものが買える敷居の低い世界ですのでご安心くださいネット販売の中には数万円するものもありますがそれはちょっと「盛り過ぎ気味」のような気がします(*^_^*) 私も高くても2000円程度の株です(レアものは高額になると思われますが・・)ただ入手方法が困難ですので今時期 [続きを読む]
  • 細辛を育ててみよう
  • 日本細辛(江戸細辛)の新入りちゃんの紹介です六歌仙(ろっかせん)全盛貴品 亀甲・蝶・白のかすみ錦丹頂(きんたんちょう)全盛貴品 谷一文字・蝶金牡丹(きんぼたん)全盛 段ひげ・蝶黒牡丹(こくぼたん)貴品 無地・経験を積んで作り込むと黒っぽい緑葉ご縁で我が家に来ましたメモ文はその方にお願いして付けて頂いた文をそのまま使わせて頂きましたm(_ _)m初心者で品種に対してのコメントなんか書けるわけごじゃりましぇ [続きを読む]
  • ザックリ・細辛の世界
  • ザックリ・細辛とは!?週末はちょうど西伊豆に行く予定でしたので思い切って足を伸ばして愛知県あま市まで行ってきましたまずは実際に細辛を見てきました百聞は一見に如かず「竜錦丹」まずは、茎が青く、素心花であること※花は終わってしまっていましたんで。葉の芸を愛でるのでございます(メ・ん・)? どれが芸だってかい?展示即売会で良いのは初日で売れてしまったそうでその中でも、お勧めされたのがこの子でございます葉の [続きを読む]
  • ザックリ・カンアオイの世界
  • 先月まで日本春蘭の世界を研究してたと思いきやふと散策中に出会ったカンアオイにどっぷりザックリ・カンアオイの世界を現段階で理解した部分を紹介しますなぞなぞです風蘭 ⇒ 富貴蘭セッコク ⇒ 長生蘭カンアオイ ⇒ 細辛(さいしん)ささ、上記の図の共通わかりましたか?正解は左側は花を楽しむ、右側は葉や茎を楽しむもの(富貴蘭はルビー色の根を楽しむとか)☆彡でごじゃります、つまーり!カンアオイは花を楽しみ、細 [続きを読む]
  • 多摩の寒葵(たまのかんあおい)開花したよん
  • 今朝は前回、野良春蘭が咲いていた里山に行きタマノカンアオイを探してきましたこちらの山にもタマノカンアオイは自生していて、それなりの株数があり各々、蕾を抱えていましたでも、どうやらこちらの山のカンアオイはノーマルというか?葉に斑は入っていませんでした多摩丘陵はかなり植栽豊かで、日当たりの悪い場所の春蘭たちが今まさに花ざかりであちこちで咲いてましたさて、採取してきたタマノカンアオイちゃん、キモイお花を [続きを読む]
  • きもかわカンアオイ
  • 今日はうららかな陽気で気持ちよい日でごじゃりましたいぬっ子連れて今回は別の里山にガソゴソ不審者のように徘徊してましたお目当ては「えびね」でしたでも、えびねが「カンアオイ」になりました初めて見る草ですが、肉厚で葉が綺麗ですぐ、「あ、きっと珍しい山野草だ!」と気がつくほどキレイな葉でしたお花、見たことあります?きもいんだよぉほらぁ・・人食い花みたいでしょ?(? ? ?)実物はもっと赤が強い、赤紫の花です [続きを読む]
  • ミズゴケに潜り込むナメクジ
  • Phal. fimbriataにナメクジと思われるフンが付いていて前から気になっていましたしかーしっっ何度も何度もじっくりと見てもナメクジの姿がなく・・・・おかしいなあ?程度でのんびり過ごしていたらっっ今朝、花茎の一部がかじられてました(ToT)(`・ω・´)むっきぃいいこれは絶対にミズゴケの中にいるに違いない!!!意を決してミズゴケをピンセット等でホジホジとほぐしていくといました!!2匹捕殺しましたよ卵もあったので結 [続きを読む]
  • Phal.spesiosa
  • 昨晩の「人間の証明」ドラマ観ましたか?すっごい良かったわ鈴木京香の熱演素晴らしかったし!藤原君もよかったわ!久しぶりに見た緒形拳の息子さんの直人さんもだんだんお父さんに似てきちゃって素敵だった「人間の証明」は松田優作主演で当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった角川映画だったけど私はまだ小学校低学年で主題歌と麦わら帽子が飛ぶ場面は覚えていたけど・・・詳しい内容は幼かったアダスには理解不能でしたあらためて映画を [続きを読む]
  • 日本春蘭:黄宝(きほう)
  • 昨日・今日と東京は雨で、とても寒いです!はやくダウンジャケットを脱ぎ捨てたいところです日本春蘭の「黄宝(きほう)」が開花しましたが、まだ本開花していません九州産は温度に鈍感でガッツリと暖かくならないと目を覚まさないらしく遅咲きが多いらしいです花びらに赤い筋が入るのが特徴です淡い黄色ですが咲き進むと黄色が濃くなるそうです葉も薄い緑でとても可憐な春蘭です表土にミズゴケを置いたところグングン花茎が伸びま [続きを読む]
  • 春蘭の潅水方法:私流
  • ネット上、本しかり!春蘭の栽培方法ではよく、「鉢は乾かし気味に〜?」と良く言われていますでも、乾かし気味って本当に曖昧でどこまでが?!が結構難しい表土は十分乾ききっております思わずこのタイミングで!お水を与えたくなりますが・・「ちょいと待ったほうがいい」・・どこからかささやきが・・・?(・ω・*≡*・ω・)?ここで与えていいのか?根っ子腐るんじゃない?!なので、わたくし流ですが、つぶつぶ用土をいいことに、ざ [続きを読む]
  • Phal.appendiclataずーっと咲いてます
  • 1月、サンシャインらん展にて購入したアペンディキュラタちゃん?ずーっと・ずーっと!絶え間なく咲いてくれておりますもう3ヶ月間蕾を付け、そして開花という繰り返しをしておりますいちばん小さなバスケットが丁度良い大きさでこじんまりと・すみっこで咲いてます可愛いです!すみれみたいで花を見るとこれが胡蝶蘭?って思うかもですが、胡蝶蘭の原種の原種で今のご贈答用の胡蝶蘭のご先祖様でございます簡単にいうと、奄美大島 [続きを読む]
  • アツモリソウ・チベチカム3月下旬の様子
  • ドライブ好きですか?私は苦手です運転している人はナビみたり、四方八方注意を払っているので飽きることがないのでしょうけどひたすら「座っている状態」を維持するだけで修行僧のような気分になるからですでも「慣らし運転1000km」突破を(なるはやで)目指す旦那ちゃんはことあるごとに「どこどこまで行かない?(´∀`)」はぁ・・・ε=(・д・`*)ハァ… 結局つきあうのですが。助手席はもっとも苦手なポジションなので後部席にい [続きを読む]
  • 日本春蘭「清姫」
  • まだまだ奥深いシュンランの世界紐解くのには時間がかかりそうですが、基本は植物であり、ランでありラン栽培という点では洋ラン栽培と思いはなんら変わりはありませんね「清姫」です、ミズゴケを表土に置き湿り気を保ったおかげで花茎が2cmほどさらに伸びてくれてなんとかスッキリとした姿になりましたリップはくるん?と巻いてます花はスッキリと整っていて花も大きく美人さんです左「女雛」右「清姫」こんな撮り方をするのはや [続きを読む]
  • 野良春蘭を探しに探索行ってきたよ
  • 上野で開催されていた春蘭展の帰りの根津駅で「おっナニを買ったの?(^-^)」・・・とお声をかけてくれたおじさまと知り合いになりましたちょうどウチの駅の隣駅の方で帰りの電車内でずーっと春蘭話に花を咲かせて帰路につきましたそこで「たぶん、今頃は(ウチの近く)春蘭咲いてるよ〜」そうかなぁ?確かに里山が多い地区ではありますがどうもここ近辺の野山は下草が笹だらけなので自生は難しいのではないか?と思ってましたでも [続きを読む]
  • 皆が大好物の即売所!2017全国春蘭展上野グリーンクラブ
  • さあさあ!みなさんが大好物の即売所ですよんわたくし初めての場所だったので入口入ってすぐこの盛況だったので「(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-展示会がすごい人だ」と驚いたのですが入ってすぐの1Fが即売所、2Fが展示場でカメラを持ち人ごみをかき分けて見た春蘭たちに値札がついていたのでコレマタおったまげー(笑) いやいや、わたくしめ勘違いをして恥をかきましたお・・・お値段もピンキリです、まずはざざっと拝見させていただきまし [続きを読む]
  • 2017全国春蘭展示大会(上野グリーンクラブ)その2
  • 今日もさらにぽかぽか陽気な関東ですベランダ植物たちで植え替えしなくちゃいけない子とか家の掃除だとかいろいろと差し迫った用事があるのですが・・・ま、365日自由時間な主婦なので気が向いたらやるとします(;´∀`)春蘭展の続きです先週、今週と連続して春蘭展を見ていていろいろと気がついたことがありますそれは、「花を愛でる人」と「葉の柄」を愛でる人とミニサイズの「豆」とか「ちゃぼ」とか呼ばれる葉の変種?花の変 [続きを読む]
  • 2017全国春蘭展示大会(上野):その1
  • 行ってきました〜〜?2017全国春蘭展示大会上野なんだけど最寄駅は千代田線「根津」が近いです、初めて使った駅でございました!上野と言ったら・・・中尾彬&しのぉ〜?ですよね(笑)キョロキョロ(・_・ ) ( ・_・)グルグルしている人いるかな?って探したけどいませんでした残念3/18の開園は午後1時〜でしたがすでに人でいっぱい!ひな壇上の受賞春蘭から気になった子をUPしますね1位の内閣総理大臣賞は「黒水晶」でしたちょっ [続きを読む]
  • 日本春蘭:清姫開花途中
  • 今日は真冬みたいに寒いです〜〜〜{{ (>_そんな中、日本春蘭の「清姫」のツボミが開き始めちゃってあれれ、もっと花茎が伸びて欲しかったのに色は赤系とよく?言われる系統ですけど実際は、私たちが良く言う「赤」とはちがい、オレンジです信号機の色は緑なのに「青」というのと同じなのかな?ダンボールで遮光しておけば花茎が伸びるというひとつの方法も雪山でやってましたが欠点は、まったく鉢の様子がわからず、ダンボールとい [続きを読む]
  • 春蘭展:八王子春蘭寒蘭愛好会2017その2
  • 撮影してきた春蘭をざ〜〜っとUPしておきますね(・∀・)「日晃」 本当はもっと薄いオレンジなのですが(肉眼で見ると)でも撮影すると黄色に写ってしまいますどうしてかなぁ・・「対馬産大輪黄花」「老文団素」「瑞晃」「冨貴の光」「紀の白帆」ほっそり美人で綺麗な可憐なシュンランでした「女雛」の全体の感じですカトレアのような豪華さはないしファレノプシスのような花形フォームの違いを楽しめないしバンダのような青色もな [続きを読む]