青亀 さん プロフィール

  •  
青亀さん: 青亀の「幸運を呼ぶ黄色い亀達」
ハンドル名青亀 さん
ブログタイトル青亀の「幸運を呼ぶ黄色い亀達」
ブログURLhttp://albino-pastel-redeared-slider.com/
サイト紹介文「幸運を呼ぶ黄色い亀達」色変アカミミ大集合!14年目に突入したポータルサイト管理人ブログトップページ
自由文ハイイエローアルビノ・スノー・アルティメットパラドックスなどの色彩変異アカミミマニア必見の画像満載ブログです。最新の正しい情報を提供し、また自家繁殖状況・販売状況もお知らせします。なお、初心者の方の飼育相談等も大歓迎です。この個性豊かで魅力溢れる色変アカミミを皆さまに紹介し、少しでも多くの皆さまに興味をもっていただけるように頑張っていますので応援クリックよろしくお願いします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/01/10 17:41

青亀 さんのブログ記事

  • ポニーテール
  • 何気に拙ブログ初登場の「ポニーテール」という名前の観葉植物です。その名前の如く、「子馬の尾」のように葉がカールします。クワズイモと共にうちに来てからもうかれこれ10年以上になりますが、まだまだ綺麗です。 それとブリーディングページを更新しましたのでお知らせです。アルビノ♂販売中です。パステルは売れてしまいました。今日はまだ寒いですが、だんだんと暖かくなるこれからの時期に飼い始めるのが良いです。他個 [続きを読む]
  • 【幻亀】アルビノリューシスティック♂七変化?
  • スノーよりももっと白い、アルビノリューシスティック=パターンレスです。 また、蔵から出してきましたが、ベビーの頃の画像が少ないです。 いろいろと呼び名がややこしいのですが、ピューター系統の二重劣性をそう呼ぶのが正しいです。スノー系統ではありません。スノー系統のスノーヘテロアルビノ表現体(アルテビノ)とは別物です。国内に何匹いるのか?というぐらいの幻亀で、自分の知る限りでは3匹ぐらい?ではないかと [続きを読む]
  • イミテーション
  • 以前、小樽に行ったときに「北一硝子」で購入した土産物です。 ダイヤモンドカットのペーパーウエイト(ダイヤモンドイミテーション)ですが綺麗ですね。1,000円ぐらいだったと記憶していますが充分楽しめます。 今に始まった訳ではないのですが、「透明感のある光輝くもの」が実は好きだったりします。黄色い亀に通ずるものは何もなさそうですが、何故でしょうね。 そうそう、スノーはあれから、卵をポロリポロリと産んでいま [続きを読む]
  • こんなのもいました
  • これは、「アルビノインドシナオオスッポン」です。「アルビノシナスッポン」とは違いますが両方飼育していた記憶があります。「アルビノシナスッポン」は♀になり現在は知人宅のペットとなっています。この画像の「アルビノインドシナオオスッポン」は、その後どうしたのか全く記憶がありません。「アルビノインドシナオオスッポン」は球数が少ないので今でもちょっと高価ですね。スッポンって動きがコミカルで見ていて飽きないで [続きを読む]
  • いきなりポロリ
  • 3月6日23時頃、ポロリと水中に落ちている「卵」を発見しました。今年最初の卵です。いくらなんでも少し早いのではないかと思いましたが、ノーマークでした。冬眠中の個体が産むはずもなく・・・そう、室内加温中のスノー♀が産卵したのです。何も準備をしていなかったので、いきなりで大慌てでしたよ。無精卵かも知れませんが、幸先良しとしましょう。 [続きを読む]
  • 木彫り亀
  • 亀置物シリーズです。 リビングを掃除しましたら、テレビの脇から出て来ました。インドネシア?辺りの民芸品だと思いますが、1つの木から削り出したもののようです。まるで蛙に見えますが、亀です。実は、あともう1つ購入予定の木彫り亀がありますが、北の玄関口「新千歳空港」の土産物屋さんにあります。まだ、買いに行けていません。 [続きを読む]
  • スノー♀七変化?
  • スノー♂と同時にスノー♀の画像も蔵出ししてみましたが、少し育って拳大ぐらいの画像が非常に少ないのです。ベビーから少し成長してからうちに来たため、ベビーの画像は無いのは当然なのですが、それにしても少なすぎる!撮影者の怠慢ですね。早くからコケが生えてしまったので撮影を躊躇したのだと思います。長い期間脱皮不全であったことも理由の1つかと・・・2回続けて脱皮したとき(下から2枚目の画像)は正直大喜びをしま [続きを読む]
  • 絵画
  • 現在の家に引越しをした際にリビングに置く絵画を探していて購入した2点の絵画です。シファー・マイルスという人の作品で、色違いで揃えるのが非常に好きなので2点とも購入しました。上の絵画が「春夏バージョン」で下の絵画が「秋冬バージョン」という感じです。眺めているだけでも癒されます。縦60センチ?横90センチと大きな絵画で2点の画像とも良く撮れていると自画自賛していますが、実は本物の油絵ではありません。2 [続きを読む]
  • 冬眠明け?
  • 一昨日は雪でした。まだ水は冷たいですが、少しずつ動き始めています。 全個体異常もなく元気そうです。これで一安心ですね。 3月になり水温が上がれば、本格的に冬眠明けとなります。立ち上がりが肝心ですので、気を抜かすことがないようにしなければならないです。 さて、今年の繁殖計画と作戦はどうしようかと思案中です。 春はもうすぐですね。 [続きを読む]
  • ♂と♀の見分け方
  • アカミミの♂と♀の見分け方を教えて欲しいという方がいらっしゃいましたので、以前掲示板に掲載した記憶がありますが、こちらの拙ブログに再掲載します。上の画像が♂で下が♀です。あくまでも典型的な例です。♂は前足の爪が長くなります。普通は甲長8センチぐらいで判別可能ですが、その大きさぐらいから急激に尾が太くなり♂になる個体もいます。性転換をすることはありませんので・・・この画像のようになったら確定で良いと [続きを読む]
  • 思い出のアルビノ
  • 以前に画像を公開したかも知れませんが、再度蔵出しします。 画像の個体は、20年近く前に飼育していたアルビノ♀です。カメラは当時デジタルではなかったのでネガをデジタル化してもらいました。最近はこういうアルビノは見なくなりましたね。全体的に白っぽくてオレンジのラインが細かく入るタイプです。 残念ながらこの個体は、水槽に激突をしてしまった事故で★になってしまいました。 今いたら凄く綺麗な個体になっていたと [続きを読む]
  • スノー♂七変化
  • 昔の画像を夜中に眺めていたところ・・・スノー♂の可愛い盛りの画像が出てきましたので成長過程の画像とアダルトサイズでの変化の画像を集めてみました。可愛い盛りの画像はなぜか少なかったです。うちに連れて来た当時のことは記憶が曖昧でよく覚えていませんが、あまり触らず早く安心サイズにしたくて良いエサばかりをあげていたような気がします。 ベビーのとき(1枚目画像の左の個体)と比較すると随分と変化していました [続きを読む]
  • 黄金郷
  • 「黄金郷」=「エルドラド」という品種の洋梨を購入しました。 正直どれがどのぐらい美味いのかを調べているのですが、よくわからなくなってきてしまいました(笑)。 これは、初めてですが、いつものように追熟させます。果皮が黄色くなってきたものから食べてみましたが、安っぽいメロンのような味がしました。ちょっと中途半端な味です。だから人気が出ないのだと思います。やはり美味いのは、「ドゥワイアンヌ・デュ・コミス [続きを読む]
  • 看板非売品
  • 看板非売品と言っても亀の話ではなくて、大好きな「ペンドルトン」の看板です。 実は以前から看板が欲しくて狙っていました。本来は店舗に置かれている物が、何故かヤフ○クに出品されていました。材質は木製で横30センチ、縦16センチです。もちろん元は非売品です。まさか潰れた店から仕入れたのか?なぞですが、迷わず競り落としました。こんなの買うのはマニアですよね。オレゴン州ポートランドに1度は行ってみたくなりま [続きを読む]
  • 肺炎その後
  • スノー♀の肺炎その後ですが、今回は治療が早かったせいか数日で体の傾きが治りました。エサのエビを自力で食べていますが、用心してあともう少し薬を飲ませて完全に炎症が収まるまで継続したいと思います。まったく世話が焼けますが、過保護にしています。産卵はしているようですが、このスノー♀からは繁殖は難しいかも知れません。青亀コレクションの1匹として大切に飼育しています。 [続きを読む]
  • カナタの仲間
  • 1着のつもりが3着になりました。オークション落札ですので格安です。この冬はかなり冷え込んでいるので、そこら辺で買い物をする時には重宝しそうです。改めて思うのですが、ハンドニットは凄いですね。このセーターを手で縫っているのかと思うと感慨深いです。100年も保つと言われるほど丈夫な作りです。これから100年も生きませんが、大切に着て行こうと思います。 [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • 皆様、新年明けましておめでとうございます。 本年も青亀ブログをよろしくお願い申し上げます。 ということで、今年もゆるーいスタートとなりました。 まずは、スノーでご挨拶ですが、昨年と同様のカットを撮影してみましたがいかがでしょうか?(1枚目と4枚目)少しスノーらしく白くなってきたかと思いますが、実際の見た目はあまり変化がありません。食べるエサにもよりますが、甲の色は日々変化します。昨年の画像の方が数段 [続きを読む]
  • クリスマス
  • 今年最後のブログ更新です。クリスマスなので、久しぶりに水換えをして、健康状態をチェックしました。パステル♂、スノー♂、ハイイエローアルビノ♂元気です。他の個体も問題なしでしたが、スノー♀だけ、また肺炎っぽいので隔離しました。なんか肺炎癖が付いてしまったみたいですので、少し様子を見ることにしました。スノー♂の前足の爪がほとんど折られていましたが、少しずつ伸びてきました。きっとこの冬場に活躍をしてくれ [続きを読む]
  • ル・レクチェ
  • 今年は豊作のようで飽きずにまた洋梨シリーズですが、「ル・レクチェ」が安く買えました。ご家庭用ですので形も悪いですが、まるで瓢箪みたいな形の「ル・レクチェ」を久しぶりに食べてみました。お味のほうは、もう一歩というところでした。もう少し追熟させてみます。「ル・レクチェ」は以前は、もっと香水みたいな香りが特徴的でした。最近のは品種改良されたのか、あまり鼻につく香りではなくなりました。これが好きだと言う人 [続きを読む]
  • 再びコミス
  • 前回と同じく山形県産の「ドゥワイアンヌ・デュ・コミス」を今回は安いところを探し出したので再び購入しました。まあ、飽きずに食べてしまうものです。今度は小ぶりな8玉で化粧箱ではなくてご家庭用です。洋梨は、どうも食べるタイミングが難しいですが、常温で追熟させることにしました。1週間ほど追熟させて食べてみると、先日と同じ味が口の中に広がります。やはり、「ドゥワイアンヌ・デュ・コミス」は美味いです。来年もリ [続きを読む]
  • 今年はイレギュラー
  • 例年は、年末年始にカニを食べていますが、今年は少し早く注文してしまいました。その代わり、年末年始は無しということで・・・本日、北海道の根室から冷蔵で届きました。オークション落札ですが、今年は3.0キロのタラバガニ超特大サイズのため、予算をかなりオーバー。。。さすがに過去最高記録なのででかいと思いました。カニは、冷凍か冷蔵かでかなり味が違います。やはり冷蔵はボイル後3日ぐらいまでと日持ちがしないです [続きを読む]
  • カナダのカナタ
  • 知る人ぞ知る「カナダ」の「カナタ」です。ハンドニットのカウチンセーターで有名なブランドですが、ネイビーカラーベースのセーターがなかったので、ついに衝動買いしてしまいました。また、イーグルのトーテムポールのブランドのロゴが良いですね。「カナタ=Kanata」の意味は原住民の言葉で「集落」や「村」を意味し、ジャック・カルティエが大西洋を横断し、北米に辿り着いたその時からその土地を「カナダ=Canada」と呼ぶよう [続きを読む]
  • マフラー
  • 先週は、まだ11月であるにもかかわらず、東京でも雪が降りました。亀も冬支度、飼育者も冬支度です。寒くなり通勤にコートを着るようになったので、マフラーも引っ張り出しました。その日に着て行くコートなどの色に合わせて同系色のマフラーを巻くようにしています。冬場にしか出来ない嗜みです。オークションで競り落としたものとショップなどで自分で購入したものとで半々ぐらいですが、大好きなペンドルトンで揃えています。 [続きを読む]
  • 冬支度
  • 朝晩は冷え込むようになりましたが、日中は亀達も元気に活動しています。いつも迷うのですがエサを少しでも与えたほうが良いのかどうかです。この気温なので水温も下がっているためほとんどエサは食べないのですが、冬眠中の体力が果たして持つのかということです。冬眠中はほとんど体力は使わないのかも知れませんが、そのあたり難しいですね。 [続きを読む]
  • メロウリッチ
  • 山形から「メロウリッチ」が届きました。見た目は「ラ・フランス」ですが、サビと呼ばれる茶色い皮と皮の表面のブツブツ(気孔)が特徴的です。「メロウリッチ」は親が「ラ・フランス」と他の洋梨から出来た品種で、山形で生まれてまだ間もないそうです。「ラ・フランス」との違いは、糖度であり「ラ・フランス」が12〜13度、「メロウリッチ」が15〜16度で甘いようです。まだ栽培している農家さんも少なくて幻です。先日の [続きを読む]