マック さん プロフィール

  •  
マックさん: 地方銀行員から公務員への転職
ハンドル名マック さん
ブログタイトル地方銀行員から公務員への転職
ブログURLhttp://orew.seesaa.net/
サイト紹介文30代 地方銀行員から公務員への 転職ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/01/07 20:36

マック さんのブログ記事

  • 地方銀行と県庁、働いている層の違い
  • 前の職場(地方銀行)と今の職場(県庁)で働いている方々の、キャラクターの違いを感じます。ざっくり区分すると、学者肌で温厚な方が県庁の方が多い。緻密に仕事をするんだけど、押しが弱くて業務が進まないとか、ものすごく法律に詳しいとか。前の職場では、そういう方は、なかなか日の目を見ない。勢いがあって、声が大きい方の方が、出世コースに乗りやすい。勢いがある方は、多少のミスも周りは気にしない。(もちろん、仕事 [続きを読む]
  • 事務作業が多く、このごろ目が痛い
  • 今日は、外にでることなく、定時まで、調査と資料づくり。県庁に入って、PCを使っての作業が多くなり、このごろ目が痛い。県庁職員になると、地方銀行員だったころ、あまりやらなかった作業をするようになります。イメージでいうと、融資の約定返済表や、投信の運用実績などを自分で打ち出して発送する。ような作業。転職したてのころは、そのような単純作業で、一日を終えたとき、罪悪感のようなものを感じましたが。地方公務員と [続きを読む]
  • イベントのため休日出勤
  • 3連休は、出勤することなく普通に休んでいます。4月に異動になってからは、残業もなければ、休日出勤もない。県庁では、観光部みたなところは、休日にイベントのため出勤する場合があるみたいです。道の駅などで、観光客向けに、県内の観光情報のパンフレットを配ったり、地域産品の出店ブースに付き添ったり、いろいろやっています。観光部は、異動希望の職員が多く(特に若手)人気がある異動先です。公務員試験に確実に受かる [続きを読む]
  • 自分のビジネスの組み立て
  • 昨日は、子供が大きくなってきたので、ベットを買おうと家具屋さんへ、行きました。総額20万円近くの出費。やはり、子供が大きくなるにつれて、出費が多くなります。これから、10年は「稼ぐ」ことに、軸を置いた時間の使い方をします。自分のビジネスをどう組み立てるか。土日と平日の空いた時間はこれに使うことになります。 [続きを読む]
  • もう少しがんばって、休暇をとる
  • 明日から3連休ですが、台風が来ますね。県庁では部署によっては、大雨や強風などの警報が出てる場合、当直みたいな感じで、事務所へ出勤します。といっても、よほどのことがない限り、机に座ってぼーっとしてますが。今日は、調査や書類作成業務にほとんどの時間を充てることができ、コーヒーを飲みながら集中できました。あと2、3日この調子でやれば、休みがとれそうな状況です(順調にやればですが)。こういった、自分で仕事 [続きを読む]
  • 正義感が強い方は、おすすめか。
  • 今日は、木曜日。今週もあと少し。今日も、定時で終了ですが、異動して半年目まだ完全に業務に慣れてないことも、あるのでしょうか、歳のせいでしょうか、疲れがたまります。同僚のなかには、明日休みをとって、4連休にする同僚もいます。金曜日に休みをとるのは、よくある光景です。地方公務員のやりがいってふと考えてみたのですが、正直、よく実感できないです。たぶん、正義感が強い方は、より実感できるかもしれないです。法 [続きを読む]
  • スルガ銀行の不動産ローン
  • 今日も、定時で退庁。(ちなみに、異動した4月から残業というものをしたことがありません。)このごろ仕事柄、スルガ銀行の不動産ローンの抵当権をよく目にします。地方銀行員ならもちろん知っている、地銀とは思えないフットワークの軽さ、ノンバンクのような金利と審査速度で、ちまたで、はやりの個人不動産投資家の資金ニーズをグッと掴んでいます。個人の不動産投資ブームが、落ち着いたころは、また、新しいニーズを掴む商品 [続きを読む]
  • 今日はしんどい。
  • 今日は、仕事がはかどらず少しイライラする一日。必要な資料が足りなかったり、書類の記載にミスがあったり、集中力が足りない。仕事での交渉事も思うように進展せず、こういったときは、しんどい。毎日、楽しい訳ではないです。よく寝ます。それでも、明後日までには、後れを取り戻せる。 [続きを読む]
  • 昼休みを趣味や運動の時間として計画できる。
  • 今日は、月曜日。週末に子供と遊びすぎて、やや体調がだるく午前中は正直眠かったです。ですので、昼休みになったとたん、とっとと食事をすませ。自分のデスクで、13時まで爆睡。そのおかげで、午後は集中できました。地方公務員へ転職して、9割方、昼休みは1時間きっちりとれています。昼休みに、友人と食事に行く、図書館に行く、寝る、ジョギングするなど、使い方はさまざま。地方公務員になってから、生活の設計がしやすい [続きを読む]
  • 地方銀行員のエクセルスキルはあまり高くない
  • 地方公務員として働いてみて感じたことですが、地方銀行員時代は、業務のなかで、エクセルを使う機会があまりなかったということです。ほとんど、銀行の端末をつかっていて、端末の様式にない、収支計算をつくるときにエクセルと使う程度でした。地方公務員になると、集計やら引数やらエクセルの便利な機能をよく使います。たぶんほとんどの地方銀行も、同じようにエクセルは計算ために使う程度だと思います(業績表彰などを集計す [続きを読む]
  • 地方銀行の将来性の見極め
  • 地方銀行のビジネスモデルってどうなって行くのでしょう?仕事から解放される金曜日は、そんなことが、酒のさかなになるときもあると思います。私がもと所属していた地方銀行は、このままいけば、あと5年もすると、貸出金利息だけを考えたコア業務純益は、なんと赤字になります。マイナス金利の導入という短期的なものでなく、デフレ継続という長期的なものが主な要因の一つだと思います。法人融資といっても、決算書の数字を入力 [続きを読む]
  • 今日はバトミントン大会
  • 今日は、バトミントン大会。1回戦でそうそうに負けたので、帰宅です。仕事にはみんないきません。あまりにもはやく負けたので、昼食にも行かず、飲みにも行かずですが、明日は、今日の話題で職場が盛り上がりそうです。普段できない、家の片づけをやっています。 [続きを読む]
  • 水爆実験の対応
  • 北朝鮮のミサイル発射で、国防という点に論点があたっておりますが、県庁でも、防災を担当する課は対応に追われています。その課の職員は2週間交代の泊まり込み体制になっているそうです。ミサイルの発射や核実験のときなど、すぐに職場に集合して、市町村への連絡や知事のコメント文をつっくているそうです。県としてのミサイル対策の指針みたいなものを、その課でつくる必要があります。責任をもって指針をつくるわけですが、そ [続きを読む]
  • 今日は、バトミントンの練習
  • 今日は、明後日にスポーツ大会(バトミントン)を控えているので、その練習のため、1時間程、時間休を取得し、20時くらいまで、職場の仲間と練習。自分はバトミントンはど素人ですが、仕事が終わったあとに、職場の仲間と、スポーツするのがすごく楽しい。居酒屋で仕事の愚痴をぐちぐちやってるよりは、だいぶ健康的(ぐちぐちやるのも、ある面楽しいですが)。なにより、明日、仕事にいけば、明後日、スポーツ大会のため、一日 [続きを読む]
  • 業務マニュアルを30分熟読
  • 月曜日、無難にこなして、定時に退庁。定時の鐘とともに、PCを切って「おつかれさま。」です。もちろん、銀行とは違い夕礼はありませんので、個々気ままに帰ります。今日は、予定した仕事が早めに終わったので、30分くらい業務マニュアルを読み返していました。たまに、こういう時間をつくると、自分のやっている業務知識の再確認や意義を改めて理解できるので、仕事が楽しくなります。ただ、銀行だと業務マニュアルを30分も [続きを読む]
  • 残業時間はいまのところ0。
  • 異動になり、今年の4月から、新しい職場で働いています。出先機関といわれるところで、本庁勤務と比べると基本的に業務量は少ないです。私の異動した部署も、その例にもれず業務量は少なめです。毎日定時に帰り、残業時間はいまのところ0時間です。出先機関とは、○○合同庁とか、地域に存在する県の機関。保健事務所とか土木事務所とかがそれにあたります。本庁と比べると、業務量の格差が基本的に大きい。そうでない、ところも [続きを読む]
  • 仕事のやり残しがなかったか、余計な心配がよぎるとき
  • 地方で就職する場合、地方銀行員と地方公務員という選択肢は、結構の割合で選択を考える方が多いのではないでしょうか。両方ともお堅いイメージがありますが、堅さでは、地方銀行員のほうが、圧倒的に勝利です。手形の決済を期日どおりに、当座口座から引き落としをする、お客さんの希望する融資の実行日に、間に合うように稟議書を作成する。そういえば、「お客さんの融資希望日明日だったけ。」とか「自動引き落としの設定のやり [続きを読む]
  • 転職する準備として「株式投資」
  • 地方公務員へ転職してから、副収入を得るため、地方銀行員時代とくらべ、株式投資に割く時間を増やしました。ちなみに、平日のうち時間の配分は、多いものの順から、県庁の仕事→睡眠→資格試験(将来の本業)→家族との時間→スポーツ→株式投資ですので、そんなに、時間を多く割いているわけではないです。株式投資の売買益と配当の合計は、1年目10万円、2年目100万円3年目△40万円、4年目40万円5年目30万円、6 [続きを読む]
  • 来年度いっぱいで公務員を辞めます。
  • 自分が地方公務員としての職を、どのように考えているかというと、恥ずかしながら、生活の糧としての安定収入という部分があります。家族を養う必要があるので、地方にいながら、比較的、時間と収入にゆとりが持てるという職として選んでいます。その生活も5年で見切りをつけ、独立しようと当初は考えていましたが、資格試験に落ち続け、いまは6年目です。資格に受かろうが落ちようが、来年度いっぱい(7年間)で、公務員をやめ [続きを読む]
  • 自分の望むキャリアを公然とできる、おおらかな環境
  • 県庁を退職すること前提で、資格試験を受験していることは、職場の同僚の間では、半ば公然としています。「試験が近いので、休みます。」とか。(かといって、担当してる業務は普通の職員以上に、手は抜いていないつもりです。)私のもといた地方銀行では、そんなことはとてもできません。(たぶん、銀行に限らず、民間企業では、そんななめたことは、できないのでしょう)県庁へ転職して6年目となりますが、銀行を退職するときに [続きを読む]
  • 国税専門官の仕事について
  • 国税専門官の仕事について、聞きかじったことを少し(正確でないこともあると思います)。国税専門官は、優秀な職員は国税局に集められ、巨額脱税者と対峙し、普通の職員は地方の税務署でのびのびと、仕事ができるそうです。脱税額を算定するとき、専門官の裁量で税金の額(課税額)が結構変わるらしく、ここに、国税あがりの税理士の活躍の場があるそうです。国税専門官の立場がわかる税理士は、脱税者の交渉の代理人として、課税 [続きを読む]
  • 「国税専門官」という選択肢
  • 地方銀行員から地方公務員へ転職するメリットとして、お金をあつかう銀行独特のプレッシャーから解放されることが一番(自分は時間が欲しくて退職しましたが、必ずしも正解ではないようです。銀行より労働時間が多い部署が稀にあり、当然そういったところへ配属される可能性はあります。)。机に鍵をかけなくて帰ってOK、朝礼・夕礼だって無し、私用があれば自分の仕事片づけて時間休とって帰っても誰も気にしない(普通のことな [続きを読む]
  • 地方銀行の将来性(転職を視野にいれ、少しでも行動すべき)
  • 東京商工リサーチの国内銀行92行「平均年間給与」調査(2017年3月期)によると、スルガ銀行など一部の金融機関を除いて、銀行員の給料が低下しているようです。この低下は、マイナス金利の影響もありますが、構造的な銀行の収益性の低下だと思います。10年以上前から、人口あたりに対する銀行員の数が多いという、オーバーバンキングの状態のなか、ネット銀行の台頭、イオン銀行、セブン銀行のような、小売りと金融とネットの合 [続きを読む]
  • 地方公務員の夏休み
  • お盆のシーズンになると、職場の仲間と予定を繰り合わせながら、夏休みを取ります。今の職場では、エクセルの共有ファイルでお互いに夏休みが、あまりかぶらないように調整をしています。子供がいる人は、子供が夏休みに入っている7〜8月に優先的に夏休み。夏休みは、有給休暇とは別に5日間。昔働いていた地方銀行は、強制的に連続5日間とらされましたが、今の職場では、連続でとっても良いし、飛び石的にとっても良いです。私 [続きを読む]
  • 元いた地方銀行の働き方が変わってきている
  • 先週ですが、久しぶりに地方銀行員時代の同期と飲む機会がありました。銀行の方は、定時退行が徹底されて、パソコンのログで業務管理がされるみたいで、残業をつける時間がなくほとんどの行員は定時に帰っているようです。私のいたころは、支店勤務の場合、20時くらいまで、本部勤務の場合、21時くらい、土日のどっちかは出勤という状態でした。職場全体ではやく帰れば、その分、根回し的な内部の仕事がへりますので、業務量は [続きを読む]