マック さん プロフィール

  •  
マックさん: 地方銀行員から公務員への転職
ハンドル名マック さん
ブログタイトル地方銀行員から公務員への転職
ブログURLhttp://orew.seesaa.net/
サイト紹介文30代 地方銀行員から公務員への 転職ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/01/07 20:36

マック さんのブログ記事

  • 「大変」部分もあります。人事異動。
  • 県庁の仕事は「楽」な部分も多いが、「大変」な部分も多いです。今回は「大変」な部分について、県庁はだいたい2〜3年の周期で人事異動があります。技術職ではない総合職はいろんな部署への移動があります。税金の徴収、内部管理として予算・決算、学校への補助金交付など、まったく違う部署へ回されることがほとんどで異動のたびに一から業務を覚えます。業務が体に染みついてきたなと思ったころには、異動です。県庁の仕事が外 [続きを読む]
  • 地方公務員 5年目の残業時間
  • 地方公務員(県庁)へ転職して5年が過ぎました。5年目の残業時間は500時間程。日平均で2時間程の残業です。10月〜2月にほとんどの残業が集中するような業務でしたので、毎日帰りが24時のような時期もありました。他部署との調整がメインの業務でしたので、効率的にやろうとしても、他部署の回答待ちなど、なかなか自分の力ではどうすることもできない事も多く、最後の方は、早く帰ることを半ばあきらめてしまった状態で [続きを読む]
  • 県庁で一番ブラックな課
  • 県庁の仕事の中には、内部管理的な業務があります。これは、つまらない県庁の業務の中でも特につまらない。法制管理、財務管理、人事管理、議会管理などがそれにあたります。基本的に、他の部署がやったことを取りまとめて、チェックして、議会などへ報告するという作業。例えば、財務管理では財政課という課が、予算のとりまとめをしています。他の部署が来年度の事業に必要な予算を財政課へ申請します。財政課はその申請された内 [続きを読む]
  • 県の仕事は必要性がよくわからないものが多い
  • 転職する前は、地方公務員は暇だというイメージがありました。確かに暇なときは暇です(やることがない日もある)。いま自分が担当している仕事は、波があります。忙しい時期が半年くらい続きます。その間の月平均の残業時間は70時間くらい。遅いときは、朝の5時に仕事が終わったときもあります。やっていることは、資料をつくったり、コピーをしたり、あまり面白くない。行政という業務は、本当に必要かどうかわからないことを [続きを読む]
  • 転職して5年目
  • 地方銀行員から地方公務員へ転職して5年目になります。将来の独立へ向けた準備として、地方公務員へ転職したところがあります。当たり前のことですが、思うようにことが進みません。転職して2年目までに資格をとって、転職して5年目までには独立をなんて考えていたのですが。。。もうすでに、5年目になろうとしています。予定を立てて、それを確実に淡々とこなす。ことを、しっかりやっていきたいと思います。地方銀行員から地 [続きを読む]
  • これから1年のなかで忙しい時期を迎えます
  • わたしの担当している業務は、季節労働的なところがあり、9月〜1月くらいが、忙しいです。忙しいといっても、月平均残業時間は、50時間くらいだと思います。去年は、1月の正月休みも出勤していました。ここから5カ月くらい、息を止めたつもりで我慢すると、おだやかな2月3月を迎えるころができます。そして、4月になると異動となります。営業目標がないなど、仕事の刺激は少ないが、先の予定が見こせるのは、地方公務員の [続きを読む]
  • 銀行と比べると、中堅の女性がおおい
  • 私の働いていた地方銀行と、今、働いている県庁との違いの一つに、女性の管理職が多いという点があります。いまの職場でも女性の上司が数人います。地方銀行でも女性はいるのですが、窓口担当の若い子だったり、金融商品を販売する中堅の子だったり、女性が活躍する場は特定されていました。法人融資は男性がほとんどで、女性の上司などあたったことがありません。女性は、比較的、メンツみたいなものこだわらず、物事がスムーズに [続きを読む]
  • 自分のレアさを探し表現する
  • 今日は、月曜日なので、仕事はほどほどに、6時くらいに退庁(このくらいの時間だと、残業はつきません)。国家試験が近くなってきたので、昼休みも昼寝をせず、試験勉強にあてています。運よく、国家試験が合格となれば、時期をみて、県庁を退職することを考えています(妄想のレベルです)。ビジネス書みたいなものには、稼ぐ力を養うには、自分のレアさを探し表現すること、のようなことがよく書かれています。銀行員としての経 [続きを読む]
  • 受験する県の出題傾向をつかむ
  • 地方公務員試験の願書が配られる時期になっています。申し込みの期限が5月。試験が6月というスケジュールをとっている都道府県が多いです。地方公務員試験の受験を考えている方は、そろそろ筆記試験の対策を始めるべき時期です。試験対策とすると、やはり、過去問題集をひたすら解くという方法が、合格への近道だと感じます。試験対策といっても、一日の何時間を必要とするものでは、ないと思います。(確実に受かりたいという方 [続きを読む]
  • 税理士事務所からの求人
  • 今週のリクナビNEXTに載っている求人は、心なしか、税理士事務所の求人が多い気がします。地方銀行員と税理士の、仕事の相性は良いと思います。地方銀行のお客さんは、地元の中小企業。税理士のお客さんも、地元の中小企業。地方銀行からお客さんを紹介してもらう、税理士もいたり、反対に、税理士からお客さんを紹介してもらうこともありました。これからの税理士は、単に確定申告の作成だけをするだけでは、なかなか業績を伸 [続きを読む]
  • 新しい業務が2つ増える
  • 3月も末日が迫ってきており、4月からは、新年度が始まります。まえまえからわかっていたことですが、自分は異動なく、まったく新しい業務に振り回されることはないです。ただ、新しい業務が2つほど入れ替えで私の担当になりました。楽しみなところがありますが、資格試験の時間を捻出するために、県庁へ転職した自分としますと、あまり歓迎できないところもあります。その二つの業務をいかに効率的に回そうかと計画を練った一日 [続きを読む]
  • 変わってくる地方銀行と「SMBC信託銀行」の求人
  • 合併加速化、マイナス金利など、地方銀行業界も変化点が訪れてきています。住宅ローンなどの個人ローンは、ネットバンクやイオン銀行などのような新興銀行に市場を奪われ。中小企業向け融資などの法人金融は、三菱東京UFJなどの都銀や、オリックスなどの情報戦略に強いところに奪われる。私が勤めていた10年前から、その流れは変わっていません。ほとんどの地方銀行は、融資残高は年々減少が続いています。資金の運用先は国債 [続きを読む]
  • 地方公務員のほうが、気楽に働ける確率が非常に高い
  • 週半ばになり、疲れが少したまってきたところで、予定した仕事が一旦(「確実」に仕留めなくてよいところがお気楽)片付いたので、定時に帰りました。地方銀行員から地方公務員へ転職して4年が経とうとしています。4年前のいまごろは、つらいことでしたが、銀行を退職する届けを受理してもらい、職場の同僚にも銀行を辞めることのアナウンスが終わり、通常業務をしながら、引継書をつくっていました。そのころは、県庁にいるのも [続きを読む]
  • 異動のタイミングがわかる
  • 3月に入り、年度末の作業で少しバタバタしてきました。自分の場合は、異動はほぼ無いので、手が空いた時間は、来年度に向けて準備を進めているところです。自分の異動のタイミングがわかるというのは、公務員の良い点だと思います。自分の場合は、あと1年はいまの業務をすることになると思います。来年度になると、2年目になるので、1年目と比べるとだいぶなれてきて、仕事以外の時間がもっとつくれる予測。来年度は、独立に向 [続きを読む]
  • 作業を効率化する
  • 急な仕事が発生し、20:30ころの業務終了となってしまいました。今日は、朝早く起きれなかったため、資格試験の勉強もできず。だめな一日です。さすがに、毎日が予定でおりの、最高に日にはなりません。こういう日を、なるべくなくすように、分単位にこだわった、作業の効率化をしていきます。【関連記事】理想的な日 [続きを読む]
  • たんたんと事務処理
  • 今日は、月曜日。あまり調子が上がらないので、仕事は定時に切り上げるようにしています。コーヒーを飲みながら、他部署と業務調整のやりとりをして、たんたんと事務処理をこなして終了です。4月の業務にも少し手が付けたれたところは、小さいながらの収穫。【関連記事】生き方がより自由になる [続きを読む]
  • リクルートエージェントの記事 稼ぐ収納方法
  • リクナビNEXTの、本気化したようなサイト。リクルートエージェントへ登録すると、サイト内の更新記事が自分のメールに通知されます。今週は、「稼ぐ人がやっている整理・収納「5つのルール」」という内容でした。仕事ができる人は、自分の基準ができていて、それに基づいて、日々の生活や仕事を整理して収納して、効率化しているので、成果がでるという内容です。これから、シリーズもので掲載されるそうです。この類の本は、 [続きを読む]
  • 議会対応というスキル
  • 2月議会が始まり、来年度の予算などが審議されます。県会議員の質問に、知事などが答えます。議員の質問に対する回答を用意するために、いまの時期は多くの時間を割いています。回答を考えるのは、基本的には、上層部が考えますので、若い職員は、回答を考える時間に業務時間を割くということはないです。銀行では、いかに稼ぐかという点に主眼が置かれていましたが、県庁では、いかに納得のいく説明ができるかという点に主眼がお [続きを読む]
  • あまり一人で考えない
  • 今日は、9時近くまで残業。解決策を出すのに、時間がかかり、残業です。新しい業務について、1年たっていないので、解法パターンみたいなもの蓄積が、まだ未熟。というのと、解決策をもってそうな人を、思いつかない、という組織内人脈が未熟。この2点が、仕事が遅くなってしまう原因です。今日は、とくに一人で考える割合が多くなったことが敗因だと思います。明日から、がんばります。【関連記事】重要なことに時間をさけてい [続きを読む]
  • 事務職という考え
  • リクナビNEXTでワークライフバランスについての掲載があります。残業をしたくないのであれば、事務職というのが基本だけど、内勤営業をいう選択肢もあるという内容。事務職ははやく帰れるが、やりがいは、感じれれない。そのデメリットを、内勤営業は解消するので、選択すべし。内勤営業はなにかというと、店舗に来たお客さんに対応する営業を指しています。こういう考え方からすると、地方公務員の仕事とは、もろに、事務職。 [続きを読む]
  • 「昼寝」がとれるというメリット
  • 今日は木曜日、だんだん一週間の疲れがたまってくるころです。地方公務員になってから、この週半ば過ぎの疲れをとる方法として、「昼寝」という選択をできるようになりました。公務員は、12:00〜13:00を昼休みとして、1時間休みをとります。その間、自分の机のうえで、寝ることができます。自分の場合は、15分くらい睡眠ですが、リフレッシュがかなりできるので、午後からの仕事の効率があまり落ちないです。前職の地 [続きを読む]
  • 来週は休みが取り放題か?
  • 今日は、定時少しすぎに退庁。今週順調に業務が進めば、来週の業務は、ほとんどなくなってしまうような状態です。先月までの、忙しさが嘘のようです。地方公務員の仕事はこのように波があります。毎年一定のルーチンな仕事が多いので、波が発生するようです。議会の開催にしても、6月、9月、12月、2月と決まってるので、それに合わせて忙しくなるといった具合。【関連記事】悪循環の1週間 [続きを読む]
  • 求人情報
  • 今週のリクナビNEXTの求人情報です。全部で、1,575件。金融機関の経験がすぐに活かせる職としては、「帝国データバンク」、よく営業店に同社の担当がきて、情報交換などをしたのを覚えています。企業の信用状況を情報にする仕事なので、金融機関経験者にはピッタリの仕事。年収は、30歳で500万円(モデル)、たぶん地方公務員よりも良いです。公的機関の募集で、金融機関の経験が職は、「道路整備保全公社」、道路整 [続きを読む]
  • 地方銀行の転換点
  • 日銀のマイナス金利が導入されて、金融機関の対応が忙しいと思います。金融機関を離れて、3年以上がたちますので、あまり想像ができなくなっていますが、多くの地方銀行は、預金大幅超過で、あまった資金は、国債で運用しています。優良中小企業向けへの融資競争がさらに激化です。ただ、セブン銀行など、国債の運用に収益を頼っていない金融機関もあります。まえまえから言われていることですが、地方銀行も経営構造の変革へ向け [続きを読む]
  • 重要なことに時間をさけていない
  • 定時に帰ることができました。一日の時間をなにに使ったかを、メモすると、自然と無駄な時間を使わない意識が芽生えます。あと一週間ほど続けてみれば、なにか、改善がみられるかもしれない。やはり、ほとんどの時間が雑事になっていて、仕事以外にも重要なことにあまり時間がさけていないことがわかります。【関連記事】時間の使い方を記録する [続きを読む]