Kpapa! さん プロフィール

  •  
Kpapa!さん: しったかぶりぶり
ハンドル名Kpapa! さん
ブログタイトルしったかぶりぶり
ブログURLhttp://ameblo.jp/hosannahs/
サイト紹介文まあ、タイトルのとおり、色々知ったかぶってます(^^;
自由文クリスチャンです。
でも、結構、クリスチャン内での一般論に、
反発してます(^^;
例えば、進化論と想像論の関係とか。

議論は好きです。暴論もちょっと好きw
でも、ただのののしり、罵声、恫喝はNG。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/01/08 01:43

Kpapa! さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「雨」
  • 朝今にも振り出しそうな空ママが傘を持たせくれようとしたけど邪魔だからいらないと走り出すでも本当の理由は違う雨が降ってくれたらママが傘を持って迎えに来てくれるそれがとっても楽しみだからそれがとってもうれしいから振り出した雨傘を開いて学校を出て行くクラスメイト誰かのママが迎えに来ている僕のママはまだかないつの間にか止んだ雨ママはきっと お仕事が忙しいから 来ることができないパパがいなくなってママは忙 [続きを読む]
  • NHKか何かで、公開されたものらしいのだけど、 ある女性の手紙
  • 天国のあなたへ  秋田県 柳原タケ  娘を背に日の丸の小旗を振ってあなたを見送ってからもう半世紀がすぎてしまいました。 たくましいあなたの腕に抱かれたのはほんのつかの間でした。 三十二歳で英霊となって天国に行ってしまったあなたは今どうしていますか。 私も宇宙船に乗ってあなたのおそばに行きたい。 あなたは三十二歳の青年、私は傘寿を迎えている年です。 おそばに行った時おまえはどこの [続きを読む]
  • サラウドン
  • DVDをレンタルすると、音声のメニュー画面で、『5.1』とか『2.1』とか書いてあることがあるっしょや?  ずっと、何のことだべなぁ〜?と思っちょったんだぁ。  まあ、それでもきっと数字の多い方がいい音なんじゃねぇべかということで、『5.1』を選んだりしてみたりw  先日、アウトレットのボーズさで、案内のあんちゃんが、「これは『5.1』ですので。」とか言ってぎたのよ。  田舎もんだべなぁ〜と [続きを読む]
  • 今、幸せかい?
  • マサオは止まったままの電車を恨めしそうに見た。ホームに駅員の案内の声が響いている。立った今、人身事故があったため、この電車は動かないという。迷惑な話だ。マサオは舌打ちしながら混んでいるホームのあたりを見た。そこに見覚えのある顔があった。高校時代同じクラスで、よく遊んだマナミが立っていた。マナミもマサオの視線に気が付いて、手を振って走り寄ってきた。「久しぶりぃ」「元気だった?」「卒業以来、だよね? [続きを読む]
  • 『沈黙 -サイレンス-』映画感想文
  • 原作は遠藤周作、監督は「タクシードライバー」「シャッター・アイランド」のマーティン・スコセッシ。いわゆる、江戸初期(17世紀)の長崎を舞台にした、島原の乱が鎮圧されて間もない頃、キリスト教弾圧を主題にした、その渦中に揺れるイエズス会宣教師のお話。 主題は違うところにある。といわれてしまえばそれまでだが、何故日本が禁教令に至ったかを説明なしで、本題に入っちゃうのは、ちょっと卑怯じゃない?という気 [続きを読む]
  • ひとりという群衆
  • ひとりでいることには慣れた?ああ、慣れたよ。誰にも縛られない。誰にも気を使わない。ああそうだね。でもひとりでいることは孤独だ。孤独?誰かといても孤独なのに?そう。誰かといても孤独だ。僕は誰かの為にいるのだろうか?そうではないはず。それなのに誰かとかかわっていたい。かかわっていたい? どんな風に?わからない。肌の距離。気持ちの距離。踏み込める距離。なんで距離を気にするの?今ある距離のままでいじゃな [続きを読む]
  • 摂取後10分でウサギが死亡するほどの危険な原料
  • こんなサイトがあった。スーパーに潜む添加物と砂糖が人体に与える影響とは。摂取後10分でウサギが死亡するほどの危険な原料も。http://macrobiotic-daisuki.jp/satou-tenkabutsu-kodomo-eikyou-14675.htmlで、思った。「犬に食べさせては行けないモノ」では以下の結果が出ます。http://standardpoodle1.sakura.ne.jp/.../poodle.../xfood.html「猫が食べてはいけないもの・注意すべきもの」ではhttp://www.nekohon.jp/neko/donte [続きを読む]
  • 胆嚢切除
  • 22日の晩入院、29日退院。胆嚢切除してきました。胆嚢の中には結構でかい石と小さい石がいくつか。入院にして三日は断食令がでて時間の感覚が狂うこと狂うこと。なぜ22日晩入院になってしまったかというと、23日が祭日で24日25日が休みなので、入院受付がお休みになってしまうから。と、その間に胆石が悪さをしてまた痛くなって通院というのは、僕的にしんどかったのでいっその事入院と。だから月曜の緊急手術に間に合わ [続きを読む]
  • 『韓民族こそ歴史の加害者である』石平著 読書感想文
  • 逆に、反韓思想の強い人なら、承知な内容が多いのじゃないかと思う感じ。僕としては、大まかなな流れは知っているけど、細部は分からなかったので、勉強になったという感想。ただ気になったのはなぜ、豊臣秀吉の文禄・慶長の役に置いて、やはり李氏朝鮮が明に助けを求めたことには触れなかったのだろうか? 気になる。あと、伊藤博文を暗殺した安重根の思想にも触れてよかったのじゃないかなぁと個人的には思う。 [続きを読む]
  • 忠臣蔵グラ
  • 忠臣蔵が史実を捻じ曲げた美談であることは、そうだろうなと思っていた。何しろ殿中で抜刀沙汰が禁令なのは浅野の殿様もご存じだろうし、それをすると領地取り上げお家断絶で、多くの部下が職を失うということなのだから、吉良の意地悪程度で、切りかかるなんてのはなかろうもん。これを『逆説の日本史』の著者井沢さんは、浅野さんの統合失調症だったと結論づけている。まあ、悪く言えば発作的なキチガイ状態だったというわけだ [続きを読む]
  • 遠藤周作「イエス・キリスト」読書感想
  • 「イエス・キリスト」という作品は遠藤周作の「イエスの生涯」「キリストの誕生」という二つの本をひとつにまとめたモノなわけだが、いささか読みにくい内容だなと、いや漢字がね(^^;一応、著者はクリスチャンということになっているのだけど、微妙な香り。奇跡を信じず、復活も信じてない状況でそれでもクリスチャンというのは、いささか乱暴ではないかなと?本文の中で、ユダヤ民族の期待には答えず、愛をのみ説くイエスに [続きを読む]
  • 百田尚樹「大放言」読書感想文
  • 【言葉狩りの時代】今ってまさにそうだよなぁと思う。昔ドリフターズに荒井注が客に向かって「なんだばかやろう」と言ってステージ立ち去るってギャグがあったわけだけど、今同じことをしたら袋叩きだろうなぁと。まったくつまらない世の中になったもんだと思う。再放送中止といえば、ほかには「みなじ子ハッチ」(みつばちハッチに改題して映画化された)「タイガーマスク」(みなし子ハウスがテレビコードにひっかかる)なんか [続きを読む]
  • 又吉直樹「火花」読書感想
  • やっぱり純文学とラノベの何が違うのか分からない。又吉節が文章の随所に見られるが、巧い文章なのか?は微妙な気がする。やっぱり○○賞とか言うのはお手盛りなんだなぁと。全文読んでも思った。買って24時間以内に読み終わるれるのは、珍しい。よっぽど面白い時くらいしかありえないのだけど、理由はページ数の少なさ。正直途中でほろっときたけど、全体的には騒ぐほどの内容ではない。という感じ。ラストにそれを持ってきた [続きを読む]
  • ケムトレイル
  • まずケムトレイルとは何ぞ?という人のために簡単に説明すると、ドイツや米国などが、開発した微細粒子による兵器で、それが実験的に空に撒かれまくっている。という物質。 見分け方としては飛行機雲に見えるけど、飛行機雲より消えるのが遅いとかの特徴があるとか。それについてある人(M氏)が警戒を呼びかけているので、ちょっとだけ絡んでみた。M氏日本にも各地域にくまなく行き渡るように、在日米軍によるケムトレイルの [続きを読む]
  • 図書カード事件
  • 昔勤めていたO広告代理店でのこと、営業が結構規模の大きい案件を持って来た。図書券をプリペイドにして発売するというプロジャクトだ。テレフォンカードのようにデザインを色々なものにしてプレミアム感を出す予定で話は進行した。図書カード用のロゴマークを造り、ポスターから取り扱い書店の看板までデザインした。まだ、図書券協会が図書カードを発行する前の話だ。クライアントも、営業も、僕もこれは下手したら大当たりに [続きを読む]
  • 「イスラム教の本」ブックスエステリカ読書感想
  • 一番謎だったのが、イスラム教だったのだけど、イスラム教のことって、悪く書くと懸賞金つけられて殺されるので、悪く書けないってのがやっぱ影響してるんかなぁ〜?と。なんせ、「イスラム教の本」の内容、他のキリスト教の本やユダヤ教の本と比べても、腫れ物に触る書き方だったし(^^;ユダヤ教の亜種みたいな?とか思ったけど、それとも違うようで、どうやら積極的に布教してるんだなと。本を読む限り最後の預言者とされる [続きを読む]
  • 「キリスト教の本」ブックスエストリカ読書感想
  • クリスチャンたるもの一番知ってなきゃいけないキリスト教について、絶対的に知らないことのほうが多いという事実w「ユダヤ教の本」の時にも書いたけど、経典の一部は、ユダヤ教、イスラム教とかぶっているわけですな。旧約という名称で語られるそれは、神様と人が直接の約束を行っていた時代の物語で、イエス・キリストが生まれるちょっと前までを書いた本。ある聖書学者はこれを約5000年前からの物語だと解釈したりしてい [続きを読む]
  • 「ユダヤ教の本」ブックスエストリカ読書感想
  • 世界三大宗教といえば、キリスト教、仏教、イスラム教となるのだろうが、世界三大一神教といえば、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教ということになるのじゃないかと思う(他にも一神教がないわけじゃないが)。そして、この三大一神教が実は母体は同じ神であるということはわりと有名だろうし、それなのになぜか滅茶苦茶仲が悪いことでも有名だろう。さらにいえば、イスラム教とユダヤ教によれば、この他の一神教について一定の [続きを読む]
  • 過去の記事 …