charme さん プロフィール

  •  
charmeさん: Charme de la Fleur
ハンドル名charme さん
ブログタイトルCharme de la Fleur
ブログURLhttp://ameblo.jp/charmedelafleur/
サイト紹介文シャルム・ドゥ・ラ・フルール?花の魅惑?☆大阪から発信☆四季のフレッシュフラワーレッスン・手仕事展☆
自由文Charme de la Fleur 

花の魅惑 シャルム•ドゥ•ラ•フルール
お花のこと、日々のこと、旅先で出会った素敵なモノ・コトについて綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2013/01/09 14:03

charme さんのブログ記事

  • 【Charme】ボクらの時代
  • 先週、「ボクらの時代」というテレビ番組を見ていました。3人のゲストが、気ままなトークを繰り広げる番組です。 作家で、ミュージシャンの町田康さんが出ておられました。 「先の事を意識しすぎたり、心配しすぎると、今やっている事を失敗する」 というような事を仰っていました。 確かにそうやな〜と思いました。 何か考え事をしながら家の鍵を閉めて、歩き出す。すると、あれ?鍵閉めたっけ? [続きを読む]
  • 【Charme】今日もまたまた、空の風景。
  • 連日、空の風景が続いております。 ここ最近、空の様子が気になって仕方がなく、その思いをそのままブログにアップしています。 5月の連休、母の日が終わった辺りから、首がバキバキに痛くなり、肩こりに効く湿布薬などを貼って過ごしていました。 5月25日に、「この痛み、マックス!」みたいな痛みを感じ、限界かも〜と思っていたのですが、今日辺りから、漸く楽になってきました。 何か [続きを読む]
  • 【Charme】今日もまた、空の風景。
  • 最近、空がとても気になります。 植物と接するのも、空を眺めるのも、私にとっては「自然」に目を向けるという意味で同じなのですが、 ここ最近の空の様子は、本当に目が離せない状態です。 星なども、全然詳しくないのですが、眺めるのは好きなんですよね。 お月様の満ち欠けの様子を見るのも好きで、全然詳しくはないのですが、「今日は新月だ」とか、「明 [続きを読む]
  • 【Charme】花の奥に光は届くのか。
  • この花たちを、一体どうしようというのか。 水の滴る台の上で。 蝋燭の灯が照らし出す花たちは、あまりにも赤く、あまりにも無防備。 密集している、花一つ一つのその奥迄は、光は到底届くまい。 いや、果たしてそうだろうか。本当に光は届いていないのか。 この先、誰かによって見つけられるかもしれない花の奥に届いた光。 その光を見つけたとき、この世の全ての無頓着な感情は、一斉 [続きを読む]
  • 【Charme】SORAのフウケイ
  • 先日、西の空を見ていると、強い風が吹きました。 大きな日暈が見えて、雲の動きも賑やかでした。 右の方には、うっすらと虹のようなものも現れました。 一瞬一瞬、姿を変えていく空。目が離せなくて、ずっと見ていると、段々と畏怖の念が込み上げてきました。 自然の風景は芸術です。 小さくなって、深く、赤くなって沈む太陽。 夜が明けると、太 [続きを読む]
  • 【Charme】ライラックとスカビオサのブーケ
  • 初夏の花は瑞々しくて、水分をたっぷり含んでいるような印象です。 「ライラックが好きなんです」と仰っていたので、この日は、ぜひともライラックをご準備したいなと思っていました。 リョウブとライラックのフサフサした感じと、コロンとしながらも繊細な茎を持つスカビオサの表情を上手く使いながら、非常に動きのあるブーケに仕上げてくださいました。 いつも思う事 [続きを読む]
  • 【Charme】KYOTO GRAPHIE 2017
  • 第5回 京都国際写真際 KYOTO GRAPHIE 2017.4.15〜5.14 この暖簾からして、もう、カッコいいこと間違い無しのKYOTO GRAPHIE2017 今年のテーマは「LOVE」 ◆美術館「えき」KYOTO  アニエスベー フォトコレクション ◆虎屋京都ギャラリー フランス国立ギメ東洋美術館写真コレクション ◆嶋臺ギャラリー ハンネ・ファン・デル・ワウデ Emmy's World ◆ [続きを読む]
  • 【Charme】思い立ったが吉日。
  • 労働によって、疲れがピークに達したとしても、《今日撮った写真》があると、「そうそう、今日撮った写真はどんな感じかな〜?」と、PCを立ち上げ、写真を取り込み、ウキウキしながら確認をする。それが至福の時間。 写真を撮る行為によって、心が解放され、癒やされる感じがするのだ。 上手いか下手かは別にして、自分が撮りたいように、撮りたいものを撮っているから、満足度が高いのかもしれない。 [続きを読む]
  • 【Charme】都忘れ、再び。
  • 生まれたての蝶が、透明な空気に舞う季節。 私にとって、昨日はとても大切なことを笑顔で終えることができて、気持ちよく目覚めることが出来た今日です。 自分を取り巻く世界が、全てキラキラと輝いて見えます。 一つ手放すと、一つ新しいことが入ってくるようで、20代初めにほんの少しだけお勉強した習い事を、長〜い年月を経て、先月4月から(ゆる〜く)再開しました。 あの時、 [続きを読む]
  • 【Charme】谷間の姫百合を、あなたに。
  • 小さなベルが可憐に揺れるお花。スズラン。 この時期にだけ出会えるお花ですね。 4月のフラワーレッスンにお越しいただいた素敵な方々に、スズランをプレゼントさせていただきました。 昨日、今日くらいまで、楽しんでいただけたかな。。。?と、思っていますが、いかがでしたでしょうか。 お花には芳香があり、思わずクンクンしてしまいます。 美しい葉の奥に、ひっそりと隠れている [続きを読む]
  • 【Charme】バイモユリとアルテルナンテラのブーケ
  • 熱心にレッスンに通ってくださっている、T様の作品です。 繊細な花材ばかりの花束。 お花が、有るべき場所に収まっていく感覚は、何度も何度も練習すれば、段々と分ってきます。 一つ一つの花材によって扱い方は変わりますし、合わせる花材によっても、扱い方が変わります。 たくさんたくさん、色々なお花に触って、その扱い方に慣れていっていただきたいなと思います。 最終、手直し [続きを読む]
  • 【Charme】いつまでも黄色い太陽
  • 私は空を見るのが好きで、特に西の空が好きなのですが、 新居を探すにしても、「西の空が見えること」が、第一条件になりそうです。 いつまでも黄色い太陽は、黄金の輝きを放ち、 人工の建物群は影となり、黒く佇む無言の姿が際立ちます。 人は常に何かを作り出し、壊していく。その繰り返しによって、今迄どれだけの景観が変化して来たことでしょう。 [続きを読む]
  • 【Charme】ドライユーカリとバラの花冠
  • カメラのシャッターを切る度に、自分が解放されていく感覚があります。 自分が何かを作り出す時にも、同じような感覚を味わいます。 この手を通さないと、何も作り出せないし、何も世に出せないのです。そう、この手を通して作り出す事が、私には必要なのです。 ずっと畑仕事をしてきた祖母の手は、体の割りにとても大きくて、ゴツゴツしていました。 生前、祖母と [続きを読む]
  • 【Charme】これから大きく変わっていく。
  • 駅のホームでは、真新しい制服に身を包んだ、まだどこか幼さの残る若人の群れ。 社会人1年生も、なんだか初々しい。 この時期は、新しい環境へと向かうフレッシュなエネルギーが満ちあふれている。 そんな彼らの姿を見ていると、こちらもドキドキ・ワクワク・ウキウキしてきます。 私と言えば、昨年末から、今迄の人間関係が整理され、今は穏やかな環境の中で過ごせています。 それに [続きを読む]
  • 【Charme】SAKURA、今年もありがとう。
  • ゆるりと訪れた公園の桜。(4月初旬撮影)素晴らしく咲き誇っていました。 見頃を迎えた自宅の八重桜は雨にしっとり濡れています。 花びら一枚一枚がフリフリしていて、桜吹雪の時も「魅せて」くれる桜です。 これから膨らんでいこうとするお花を見ると、桜は「バラ科」の植物なんだなと再認識。 スプレーバラのような雰囲気がありますよね。 ・ [続きを読む]
  • 【Charme】さて、一人の夜。
  • 『ラ・ラ・ランド』 2度、見にいきました。 同じ映画を2度見にいったのは、人生初です。 ゆっくり映画を・・・という生活は、最近やっと出来るようになって、というか、そういう時間を作るようにしていると言った方がいいかもしれません。 「この日は、完全OFF!」という日を作る。これは、本当に大切な取り組みです。 さて、一人の夜。 夜の静けさは、私を内へ内へと向かわせます。 [続きを読む]
  • 【Charme】お気に入りの花器と今日の夕日。
  • お気に入りが増えました。 西野詩織さんの作品です。(西野さんのインスタグラムはこちら☆) 焼き物の花器で、お気に入りのものがなかったので、とても嬉しいです。 何を生けても、「そのように」お花が馴染みます。 満開を迎えた、フリージアと。 プリザーブドフラワーの壁掛けフレームとも、相性が良い事がわかりました。 今日は、北西の [続きを読む]
  • 【Charme】夜にきこえる詩
  • 先日、素敵なマルシェにいってきました。 ずっと会いたかった、陶芸作家さんに会いに。 西野詩織さんとおっしゃいます。 FBはこちら→☆ 昨年末、私は陶器の青い十字架に出会いました。 その場で手に取らせてもらい、作品から感じる作家さんの思いを確かめるための時間を、とらせていただきました。 これほど、心を打たれる陶器に出会った事がなかった私は、とても嬉しかったのです。 [続きを読む]
  • 【Charme】天使がつくる、個性炸裂の花束。vol.2
  • 親子でご参加頂きました、レッスンの様子をご紹介させていただいています。 今日ご紹介させていただくのは、とっても可愛いE君の、個性炸裂!!天使の花束。 お母様(Erikoさん)のブーケ記事はこちら→☆お姉さん(Rちゃん)のブーケ記事はこちら→☆ お姉ちゃんのRちゃんと同じ花材で、花束をお作り頂きました。 スッとした形状のチューリップマトリカリアグリーンベルユーカリ [続きを読む]
  • 【Charme】天使がつくる、春踊る花束。vol.1
  • 前回ご紹介させていただいた、素敵な女性のお嬢さんです!(あんな素敵なお母さん、いいよね〜?) 前回のブログはこちら→☆ 一度にご紹介できないくらい私には思う所がありましたので、お一人ずつご紹介させてください。 これから花時を迎えようとしている、純白の百合の花を思わせるRちゃん。 今回、小学生のお嬢さんには少し大人っぽいかしら?と思いながら選んだお花は、色付き [続きを読む]
  • 【Charme】芍薬とフリージアの魅惑の色。
  • 姿勢の美しい女性。 彼女を思う時、「エレガント」という言葉が真っ先に浮かびます。 学生時代から笑顔が素敵で、今は、ヨガ教室を主催されています。 この日も、笑顔を忘れずに、持って来てくれました。 彼女の生きる姿勢、考え方。毎回、刺激をいただいて、自己を省みております・・・。 さて、季節は少し早いですが、芍薬(皐月)の深い色をポイントに、利休梅とコデマ [続きを読む]
  • 【Charme】筋力をつけたい。
  • お花の仕事といっても、その仕事内容は多岐にわたります。 まだまだ経験していない事が沢山あって、その経験をさせていただく機会がある事のありがたさを、最近特に感じます。 私はブライダルの仕事がしたくて、フラワーアレンジメントを始めました。 ゲストハウスのブライダル装花やホテルのブライダル装花などの経験をするなかで、沢山の事を学ばせていただきました。 でもでも、まだまだ学ぶ事 [続きを読む]