やなぎしきぶ さん プロフィール

  •  
やなぎしきぶさん: 文化と歴史Diary
ハンドル名やなぎしきぶ さん
ブログタイトル文化と歴史Diary
ブログURLhttp://bunkatorekisi.blog21.fc2.com/
サイト紹介文日々生きていく中で感じ取る“文化と歴史”。日常から古典文学に触れながら知る事の楽しみを綴っています。
自由文日本古典文学研究に従事しているものです。
子育てがほぼ終了という頃に大学院に入学しました。現在は古典文学講座の講師をしています。

こちらのブログには 自然と文化と歴史を感じながら‘知るを楽しむ’日常を記しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供180回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/01/11 02:12

やなぎしきぶ さんのブログ記事

  • わらの文化 「フナノ」の復元
  • 見沼田んぼ に 藁塚「フナノ」         昨日(2017年1月12日)の「朝日新聞」埼玉版に掲載されました。    見沼田んぼに伝わる藁の文化「フナノ」は全国的にもまれな大きさで、    他に例を見ない舟形形状 ということです。   あれは、もう4年も前のことになりますか                     で  → 見沼田んぼのフナノ(藁塚)再現 ">見沼田んぼのフナノ(藁塚)再現       まる [続きを読む]
  • 今年の京都で知ったこと − ①
  • 正月の松飾り               正月、玄関に飾られている松です。  玄関の両側に白い和紙で包み、根が付いたままの小松が飾られていました。               今回、正月の京都を訪れることで初めて目にした「根引きの松」 平安時代、正月初の子(ね)の日に小松を引いて遊ぶ行事がありました。「子(ね)の日の松」は長寿祈願のために愛好されましたが、その習慣から       変遷した「根付き [続きを読む]
  • 春の野 に ・・・        < 百人一首 15>
  • 昨日(10日の日曜日)の朝は、随分冷え込みました。でも、正月明けの休日のためでしょうかウオーキングに励む人の姿も多かったように思います。さ〜て、暫くぶりに 見沼田んぼ を歩こうと西縁(にしべり) に出てみたところ、   霜柱 が立っていました!! それもそのはず、空気は マスクで顔まで覆いたくなるほどの冷たさ。でも、この辺りではまだ 雪 がちらつくということもなく、      紅梅、白梅 の花が開き始めてい [続きを読む]
  • お正月の記録
  • ◎おめでたい が重なって 誕生日 息子と娘の家族  供に過ごして、 最高に楽しい誕生会になりました。 冬の風物詩 として眺めるばかりだった凧揚げ  \(^o^)/   しばし、その風景の中に参加     爽快   京都 で 過ごした お正月 常宿 も 正月仕様   各部屋にも知恩院、円山公園から祇園女御塚、西行庵、芭蕉堂、長楽寺、八坂神社へ神宮道を歩いて青蓮院から平安神宮。 南禅寺、東山一帯。東、西本願寺  [続きを読む]
  • 初 詣             <百人一首 3>
  •   明けまして おめでとうございます       本年もどうぞよろしくお願い申しあげます                                  平成二十九年 元旦        毎年恒例 武蔵の国一宮 氷川女体神社 に初詣しました。                         <受講していただいている M さんの書>  「百人一首」 3 あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の 長々し夜を ひと [続きを読む]
  • 大晦日
  • いよいよ、今年もあと数時間で終わります。大晦日の今日は、陽が差してくると寒さもゆるんできて、穏やかな小春日和となりました。大きなヒヨドリが、枝をゆらして柚子の木に止まり盛んに実を啄んでいきます。  暖かな陽を受けてオキザリスが花を開きます。  一番驚いたのは、お買い物の帰り道梅の蕾が一杯に脹らんで、近づいて見上げてみるともう何輪も咲いているではありませんか。   なるほど、暦の上ではまだ師走、でも [続きを読む]
  • 明け方がうらめしい・・ って?
  • 今年も 残り3日となりました。 昼間は10度を越えて、比較的暖かい日が続いて、助かりますね。 天気が良く、風がなければ小春日和  o(^▽^)o百人一首 52     明けぬれば暮るるものとは知りながらなほ恨めしき朝ぼらけかな   <アケヌレバ クルルモノトワ シリナガラナ オウラメシキ アサボラケカナ>                     藤原道信朝臣 [『後拾遺集』恋二(六七二)]  (夜が明けてしま [続きを読む]
  • 冬枯れ の 蓬 と 51番の歌
  • いよいよ今年最後となる 週のはじまりです。郵便局に行っても、買い物に出かけても混雑し始めました。まだ、御用納め前 少し早いのでは?年配者が増えて休日など関係ないのでしょうか。わたしもそのひとり?急ぎ足の道路脇 冬枯れの雑草に目が留まりました。          これって、蓬(よもぎ)ですね。 春になると新たに芽を出してきますが、それを摘んで、草餅にするーその草です。蓬(よもぎ)の別名  さしも草  [続きを読む]
  • 素敵なプレートに 幸せ気分♪♪
  • こんな素敵なプレートをいただきました。さて、初盛りは何にしようかな?♪♪     【くらしの芽レシピ】 ">  【くらしの芽レシピ】  を 見ながら 冬至の日には かぼちゃパイを焼こうかな →VOL.03ケーキサラダ寿司 だったら華やいでいいだろうな →VOL.13な〜んてプレートを主役に盛り付けるものを想っているだけでも充分 楽しい  +゚。*(*´∀`*)*。゚+    そこに届いたのが、ああちゃんのケーキ    そうだ 初盛り [続きを読む]
  • 冬至 は 夜長
  •     薔薇が咲いています。今日は一年のうちで一番昼間が短い冬至。ということは夜が一番 長い日。 冬至なのに、きょうは暖かい日だったので、外回りの雑事を片づけることができました。半端なものを統合し「寄せ植え」にそう言えば、今日とは逆になりますが、昼が長〜くて夜が短いことを歌った和歌が「百人一首」にありますよ。 夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿るらむ(夏の夜は短くて、まだ宵のうちに [続きを読む]
  • な ん ご み し ?
  •               講座 「よく分かる百人一首の世界」 の終了後、              M さんから頂いた書。これも「さねかずら」のことらしいですが、何と読むのでしょうか」と問われて調べてみたところ、生薬名 が 南五味子(なんごみし)なんですって!滋養強壮、鎮咳(ちんがい)などに、南五味子(なんごみし)1〜2個(約5グラム)を水0.2リットルで煮詰めます。 果実が、どろどろになったら火 [続きを読む]
  • グリーンスープ
  •    <ロウバイ の花が 野菜直売所に並ぶ季節になりました。>先週はプラハ(孫1仮名) と、楽しい3日間を過ごしてきました。今週はドリム(孫2仮名) を 預かっています。どちらも、孫たちの母親が 仕事や研修 に頑張っている中での、ちょっとした手助け、私にとっても孫たちの成長ぶりを実感できる、“うれしい一時預かり” に なっています。幼な子たち とたっぷり触れて、自身の精神面もまた活性化する、楽しい グランマ の [続きを読む]
  • ゆず湯 に ゆず茶
  •      木に残っている柚子を鳥が啄んでいるようです。何個か落ちている柚子を拾って 見たところ、つつかれて、大きな穴ができていました。   (みかんと間違えたのかしら?)きょうから ぼちぼち始めることにした大掃除一番初めに お風呂掃除をして、今夜はゆったりと 「 ゆず湯」に入りました。冬至の「ゆず湯」 には 丁度一週間 早いのですが。冬至にゆずを浮かべて湯船で入浴する習慣は江戸時代のころから始まったとい [続きを読む]
  • おひめさまカルタ
  •    幼子が 「かるた」 と呼ぶものは、様々あるけれど、そして、今お気に入りの 「どうぶつかるた」 は誰よりも早くとれるようになっていたけれど、そろそろ「百人一首かるた」に触れさせてもいいかな・・・  なんて思っていた時に、たまたま見つけた「小倉百人一首かるた」です。ああっ〜 おひめさまかるた!! 幼子の歓声に、 興味を示したこの時とばかり 買い物かごに入れました。実はコレ、ダイソーの    お財布に [続きを読む]
  • あらし吹くみ室の・・・
  •   きょうは晴れ。  なので 陽の差す室内に居ると暖か〜い 小春日和   なのに、聞こえてくるのは ひゅー ひゅー 風の音ばかり  一日中 吹き荒れた嵐に、いよいよ 残る紅葉も少なくなってきました。        落ち葉が “川の流れ”を模っていて、   風に押されては   その流れを 変えるているかのようでした。「百人一首」 69   嵐吹く 三室の山の もみじ葉は 龍田の川の 錦なりけり        [続きを読む]
  • 三日月
  •     12月2日の夕方、5時  もう陽が落ちてあたりが薄暗くなったころです。  あまりに美しく、幻想的な風景になりつつある空に 思わず撮ってみた  のですが、  あの細くて大きな 三日月と、大きく輝く 金星 ー うまく映りません (ノ_<)  蛾眉 ともいう三日月。  美人の眉の形容 なるほど、納得です!  そして、翌 3日です。  浦和レッズ と鹿島アントラーズ のキック-オフ 30分前ー  埼玉スタ [続きを読む]
  • さ ね か ず ら (実葛)
  •      さ ね か ず ら を見つけました!  よく通る散歩道 “見沼たんぼ”の中の 一画です。 サネカズラ(学名: Kadsura japonica)  マツブサ科サネカズラ属の常緑 つる性木本。 ビナンカズラ(美男葛)ともいいます。こんな可愛らしい実をつけるのに、美男 とはふさわしくないないなと思っていたところ、この名は 昔つるから粘液をとって整髪料に使った ところからその名がついたそうです。「百人一首」 25   [続きを読む]
  • アップルパイ
  •    アップルパイが大好き         パイシートの中に包むりんごは「紅玉」を使いたい。そう思いながらスーパーの中を見回してみたけれどやはりここにも「紅玉」は売られていなかった。あの甘酸っぱさがいいんだけどな〜ほかのお店を回る時間もないから、りんごのフィリング にはレモン汁を加えて「紅玉りんご」の代わりにしようかナ と考えて、店内を移動し、冷凍パイシート を カゴ に入れたところで後ろから声がかか [続きを読む]
  • その後の 皇帝ダリア
  •   あまりの 変わり果てた姿に、一瞬気付かず通り過ぎたけれど、  これは、間違いなく 皇帝ダリア            冬将軍の雪攻撃に敗れたのだった。           <無惨やな 雪に敗れて 位降り>  [続きを読む]
  • 54年ぶり 11月の雪
  • 24日(木)、未明に聞こえていた雨音が 明け方には静かになっていた。朝になって、外の様子をみてみると、   ふわふわ雪が、屋根など 物の上には既に5センチほど積もっている。雪は止むことなく降り続け、16時頃になって ようやく止んだ。車道に積もることはなかったので、車での出勤にも支障はなかったけれど、   3階 にある中庭農園にも積雪 学生が入って雪玉を投げあっているのを目にした。雪は、目慣れた風景を [続きを読む]
  • 皇帝ダリア
  •       この花の名は ダリア・インペリアリス  別名 木立ちダリア とも。 でも、やはり もうひとつの別名    皇帝ダリア の名がふさわしいな この花!          ダリアの原種 で メキシコ原産      寒さに弱くて、霜にあたると一発で枯れるとか       天気予報によると、明朝 雪が降るかも・・・            だいじょうぶかなぁ             ******* [続きを読む]
  • 夜 の 浦和
  • 久しぶり 夜の浦和 でお買い物 (*´v`) 駅西口エリアの工事に伴い いつもの定位置から姿を消していた・・  うなこちゃん  な〜んだ ここにいたのね!駅を出てすぐのところから、伊勢丹&CORSO 南 バスロータリー側にたった50mほど 移動されてただけなのに 気づかなかったけれど (^-^)/ ライトアップ で注目度 も アップ 立ち止まって 見る? 、撮る 人も多数    メロディー こそ流れていなかったようだけど、街 [続きを読む]
  • 有明の月
  •          11月25日の朝 撮った月 (旧暦ですと10月、神無月)夜明けになお空に残る月が − 有明の月 −です! (この月 すっかり夜が明けてしまった空に浮かぶ月なので、  歌に詠われるときの 「ありあけのつき」ではないのですが・・)ありあけの つれなく見えし 別れより                  暁ばかり 憂きものはなし <アリアケノ ツレナクミエシ ワカレヨリ アカツキバカリ ウキモノ [続きを読む]