プリティ中野 さん プロフィール

  •  
プリティ中野さん: プリティ中野の一問入魂
ハンドル名プリティ中野 さん
ブログタイトルプリティ中野の一問入魂
ブログURLhttp://prettyjonathan.blog.fc2.com/
サイト紹介文元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が名古屋から全国の医学部・難関大受験生に贈るエール
自由文ラジオNIKKEI『合格一本勝負』元パーソナリティ、KKロングセラーズ『受験は情熱だ』『合格の絶対法則20』著者中野俊一(名古屋・千種/セント・メプレス)のブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供386回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2013/01/12 02:15

プリティ中野 さんのブログ記事

  • 『英作文講義の実況中継』の間違い
  • 語学春秋社発行の『実況中継』シリーズの英作文に誤りがあったので指摘しておきます。著者はHe never fails to take a bath before going to bed.という例文を挙げてこれは never fail to do というイディオムの誤用であるというような意味のことを言っていますがこのイディオムは例)Longmanの英英辞典より*My grandson never fails to phone me on my birthday.(孫息子は、必ず私の誕生日に電話をかけてくる)のように「きまっ [続きを読む]
  • 東海中学・高校元校長 伊藤公治郎先生講演会 3月16日
  • 東海高校を医学部合格日本一に導いた名校長(現常任理事)伊藤公治郎先生の講演会(無料 主催/セントメプレス)は3月16日17:00より。来年に捲土重来を期す受験生の保護者の皆様大学受験現役合格を目指す中高生の保護者の皆様伊藤先生を慕う東海高校のOBの皆さんぜひぜひ、お越しください!お問い合わせは052-733-3234(セント・メプレス)までお気軽にお電話ください。にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしく [続きを読む]
  • 生半可な気持ちで医学部に行きたいなんて言ってると・・・(3)
  • 良心の全身に充満したる丈夫(ますらお)の起り来(きた)らん事をこれは明治の教育家であり同志社の創立者である新島襄の言葉である。同志社大学の正門を入ったところにこの言葉を刻んだ石碑があり学生運動が苛烈だった時代にもこの石碑だけは学生運動家たちが投石用の石として砕くことは避けたという逸話が今に伝えられている。僕は医学部を目指す人たちを前にするとそして医師や医学生の不祥事をニュースで知る度にこの言葉を思 [続きを読む]
  • 生半可な気持ちで医学部に行きたいなんて言ってると・・・(2)
  • 医師になるという明確な目標がありながらそこに明確な目的意識がついてこない受験生は苦労する。目標はあっても心が伴っていないのである。「医師」の二文字は頭にあるが「どんな医師になりたいか」についてはとんとイメージがないことも多い。本来なら「〜のような医師になりたい」というイメージがあってそこから「医師になる」という決断がなされるべきなのだが悲しいかな初めに「医師になる」があって肝腎のイメージを伴わない [続きを読む]
  • 生半可な気持ちで医学部に行きたいなんて言ってると・・・(1)
  • 明確な目的意識をもって大学に進むことが望ましいことは分かり切ったことではあるが現実はそうでないことが多い。法学部に進む人達の中で司法試験を受験する人が全体としては一握りであるという事実もそのことを示唆するかのようである。たかだか18歳やそこらで人生に明確な目標を立てることのできる人、あるいは立てなければならない人は(幸か不幸かはわからないが)今の日本のように物質的に恵まれた社会ではそもそも原理的に多く [続きを読む]