プリティ中野 さん プロフィール

  •  
プリティ中野さん: プリティ中野の一問入魂
ハンドル名プリティ中野 さん
ブログタイトルプリティ中野の一問入魂
ブログURLhttp://prettyjonathan.blog.fc2.com/
サイト紹介文元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が名古屋から全国の医学部・難関大受験生に贈るエール
自由文ラジオNIKKEI『合格一本勝負』元パーソナリティ、KKロングセラーズ『受験は情熱だ』『合格の絶対法則20』著者中野俊一(名古屋・千種/セント・メプレス)のブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供388回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2013/01/12 02:15

プリティ中野 さんのブログ記事

  • 時々肩の力を抜くことの大切さ
  • ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)の『中野俊一の合格一本勝負』より5月でゴー!!と気合を入れたのはほんの昨日のことだったが今日は時々肩の力を抜くことも大切だと言いたい僕である。頭を休めると同時に心を休めてあげるのである。マインドとハートの両方に休憩時間をプレゼントするのである。頭は胃袋と同じで詰め込むだけでは消化できないし心は筋肉のように働かせるだけではくたびれるだけだから。どんなに過激なスポ根ドラマで [続きを読む]
  • 明日5月1日は吉田つねひこ特別講義第二回
  • セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義★医療問題と現代社会★吉田統彦自身の体験をふまえ、現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。医学部受験生はもちろん、理系文系を問わず大学受験生全般にとって、将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。このコースはまた面接試験での発言能力を育て、小論文作成にあたっての背景知識 [続きを読む]
  • 安達雄大の受験雑考その16〜「文学」体験を始めます。
  • 突然ですが、自白します。国語屋さんをやっている身として恥ずかしい(?)ことに、僕は「文学」…特に「純文学」と呼ばれているものと、ちゃんと向き合ったことが。ほぼ一度もありません。「文学史」で紹介されているような作品と向き合ったのは、高校1年生で読む芥川の「羅生門」と、高校2年生で読む漱石の「こゝろ」だけ。あとは一切、読んでません。そりゃあもちろん、本は読んださ。ああ読んださ。でも、歴史小説、ミステリー [続きを読む]
  • 周囲が見ている自分を守ろうとして変われない人もいる。
  • ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)の『中野俊一の合格一本勝負』よりたとえば君はジーパンが似合ね、ジーンズ姿がかっこいいね、と周囲から言われることが多いとしよう。だとするとおそらく君はジーンズを着用することが増えるだろう。ひょっとしたらほとんど毎日ジーンズ姿でいるかもしれない。何が言いたいかと言うと人間は周りからいい評価をもらうとそれを失いたくないので周りが自分に期待するように振る舞うようになりやすいとい [続きを読む]
  • 自分が変わらなければ何も変わらない
  • ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)の『中野俊一の合格一本勝負』より心機一転がんばると言う。大いに結構なことだと思う。手元の辞書で調べてみると心機一転とはある動機をきっかけとして、すっかり気持ちがよい方向に変わること。 また、あることをきっかけに、すっかり気持ちや心をよいほうに入れかえること。ということだ。要するに自分が変わるということである。周囲環境に変わってもらいたいということではない。自分が変わらな [続きを読む]
  • 食べることが楽しみでいい。
  • ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)の『中野俊一の合格一本勝負』より若いんだから病的なまでに肥満することはもちろんNGだけどそこまでのことではないなら太ることをあまり気にせずにムシャムシャもぐもぐ食べてパワーをつけるとよいと思う。受験勉強はお腹が減るのである。頭脳のカロリー消費は相当なものだ。人の脳の重さはだいたい1400グラムでこれは体重70キロの人の2パーセントでしかないがその消費カロリーは全消費カロリーの2 [続きを読む]
  • 設定年齢を25歳にする効果
  • ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)の『中野俊一の合格一本勝負』より僕は本当は1956年生まれなんです。でも設定年齢は25歳にしています。何年も前から25歳です。今後もそれで通すつもりです。だから実年齢が100歳になっても僕は25歳だと言ってみせます。なんでこんな設定をするのかというと心に張りができるからです。疲れたな〜とかめんどくさいなーとか思うそのつどあ、自分はまだ25歳なんだ!と思い出すことで気持ちを切り替えてよ [続きを読む]
  • 脳の力は無限大⑨☆ラ講リバイバル〜受験生に贈る言葉
  • ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)の『中野俊一の合格一本勝負』より君の心の中に本来の君の力を発揮させない見えない鎖があるとすれば勇気を振り絞って断ち切ってしまいましょう。自分の潜在能力にふたをするようなことはやめましょう。自分に秘められた能力を開発していくのに何の遠慮も要りません。君の脳の力は無限大なのだから。『道は開ける』という著書で有名なデール・カーネギーは言いました。「恐怖を克服する決心をしさえす [続きを読む]
  • 脳の力は無限大⑧☆ラ講リバイバル〜受験生に贈る言葉
  • ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)の『中野俊一の合格一本勝負』よりサーカスの花形の動物としてライオンと並ぶものといえばやはり象でしょう。サーカス団ではたいていの場合親象と子象をペアで飼っているようですが興味深い話があるので紹介しましょう。二頭の象は当然放し飼いになんかはされていません。鎖で杭につながれているわけですが不思議なことに大きな親象をつないでいる杭と鎖より子象をつないでいる杭と鎖の方がずっと頑丈 [続きを読む]
  • 脳の力は無限大⑦☆ラ講リバイバル〜受験生に贈る言葉
  • ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)の『中野俊一の合格一本勝負』より苦手科目だからって絶対に諦めないことですね。諦めずに取り組み続ければ必ず苦手科目ではなくなります。第一志望突破に必要な頭脳は間違いなく自分にあるのだと信じることです。君の今の偏差値や学力、あるいは特定の科目に対する苦手意識、それらは君が認識する通り現実です。しかしその現実とは決して君の能力の全体ではないのです。君の能力全体を氷山に例えるな [続きを読む]
  • 脳の力は無限大⑥☆ラ講リバイバル〜受験生に贈る言葉
  • ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)の『中野俊一の合格一本勝負』よりネバー・ギブ・アップの精神はだから大切なんです。君が英語や数学や国語その他いろんな教科や科目に取り組んでいくうえでちょっと考えてわからなかったらすぐに投げ出しちょっとうまく暗記できなければすぐに放り出すなんてことをしていたら君のシナプスはしょっちゅうオフになってしまって脳回路拡大の恩恵にあずかれません。これこそ宝の持ち腐れだと言うべきでし [続きを読む]
  • 脳の力は無限大⑤☆ラ講リバイバル〜受験生に贈る言葉
  • ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)の『中野俊一の合格一本勝負』より脳細胞について極めて大切なことは生体反応というべきなのかそのように神の手によってプログラムされているということなのかどう表現していいのか僕にはわかりませんが今の脳回路では解決できない問題に遭遇すると本人が諦めない限りニューロンは周辺のまだ脳回路に組み込まれていないつまり遊んでいるニューロンに神経線維を伸ばしていってそれを巻き込んでいくとい [続きを読む]
  • 脳の力は無限大④☆ラ講リバイバル〜受験生に贈る言葉
  • ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)の『中野俊一の合格一本勝負』より脳細胞からは神経線維というヒモみたいなものが伸びていてそのヒモが別の脳細胞にくっついていく。それを次から次へと繰り返していってニューロン・ネットワークなる回路ができあがるわけです。この神経線維がくっついたところにコブができる。このコブをシナプスというんですがこの役割はスイッチなんです。要するに、脳回路を駆け巡る電流のようなもの(インパルス [続きを読む]
  • 脳の力は無限大③☆ラ講リバイバル〜受験生に贈る言葉
  • ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)の『中野俊一の合格一本勝負』よりでは具体的にどうすれば脳回路を拡大するのかというと結局のところそれは「頭を使いまくれ」ということに帰着するんです。いろんなことに興味をもって問題にぶちあたっても諦めないで解決策を考えぬいていくことが求められます。使えば使うほど脳回路は拡大し取り組むテーマを増やせば増やすほど脳回路の数が増えていきます。筋肉みたいなもんです。使えば使うほど発 [続きを読む]
  • 脳の力は無限大②☆ラ講リバイバル〜受験生に贈る言葉
  • ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)の『中野俊一の合格一本勝負』より脳をもっと使えるようにするにはつまり脳の性能を高めるためには脳回路を拡大し、かつその数を増やしていくことが必要となります。脳回路とは脳神経細胞(ニューロン)のネットワークのことでありこのネットワーク内でニューロンが連携して力を発揮するのです。単独では何の力もないが集まれば大きな素晴らしい力を発揮できる。このネットワークこそ私たち人間の知力 [続きを読む]
  • 脳の力は無限大①☆ラ講リバイバル〜受験生に贈る言葉
  • ラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)の『中野俊一の合格一本勝負』よりウィリアム・フェザーという合衆国の著述家の言葉にこんなのがあります。「自分を激励する秘訣は、自分にこう言い聞かせることだ。自分とたいして知能の違わない普通の出来の人間さえ難問題を解決した者が数え切れないほどいるのに自分にできないことがあるものか」なかなか負けん気の強い人ですね。こういう心意気とか意地のようなものは受験でも必要だと思います。 [続きを読む]