amenouzmet さん プロフィール

  •  
amenouzmetさん: 雲は完璧な姿だと思う。。
ハンドル名amenouzmet さん
ブログタイトル雲は完璧な姿だと思う。。
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/amenouzmet
サイト紹介文千変万化自由自在。現れ消える雲さんが好き。晴れ、のち珈琲。所により神社。トトロ時々アインシュタイン。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/01/12 13:54

amenouzmet さんのブログ記事

  • チタンダブルマグ
  • スノーピーク(snow peak)社さんのチタン ダブル マグ 300(Titan Double Mug 300)僕さん溺愛の逸品(^^)元々、「外でおいちーお手製コーヒーが飲みたいのぉー。。挽きたてのハワイコナさんとかで♪」なんて思ってた時に、このカップさんとお知り合いになったのですが、それからというもの、気がつくと野外は勿論、家の中でも、このマグ以外は全くと言っていいほど使わなくなってしまった......なんていうシロモノ。このカッ [続きを読む]
  • 逢坂徒然
  • 是れやこの 行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関――――――蝉丸<概意>これがあの東国に下る人も都へ上がる人も知り合い同士もそうでない人も皆が行き交う逢坂の関なのだな......誰もが知る「百人一首」の中にある一首。元来、百人一首(ひゃくにんいっしゅ)とは、100人の歌人の和歌を一人一首ずつ選んでつくった秀歌選集であって、幾種かの書が存在していたようなのですが、今に伝わる「いわゆる一般的な意味での百人 [続きを読む]
  • Gut Feeling
  • 日本語の「直感」を英語で言うと「gut feeling=ガット・フィーリング」「gut」は腸。「feeling」は感覚。英語では「直感とは腸で感じる感覚のことだ」と。そう言っているわけなのです。直感とは言わば「腸感覚」だと。いや、超感覚じゃ!......とか、なんとか。第六感とか、虫の知らせとか、なんとか。「腑に落ちる」なんてこともそんなことなのでしょうか。日本語には文字一つ一つに意味を持つ漢字が入り込んでいます。これを「 [続きを読む]
  • カウアイ珈琲
  • プロフィール含め、これまでもケッコウ記してきた僕さんの「コナ珈琲」愛。自宅で本を読んだり、ウェブやビデオを見たりしながらユックリと飲む大好きなコーヒーというのはなんだか宝物のような感覚で。そんな時間というのは、僕にとっては学生の頃から今に至るまでとても大切な時間であって。自宅で過ごす時間では一番好きなひと時でもあって。いつも「ホッ......」と心、癒される時間でもあります。キッチンに立って、大好きな豆 [続きを読む]
  • 金地螺鈿毛抜形太刀
  • 今週の日曜までやっているようなのですが、1月から東京、上野公園の国立博物館で「春日大社 千年の至宝」という特別展が開かれていました。なんでも、大社では昨年「式年造替(しきねんぞうたい)」と呼ばれる20年に一度の社殿の建て替えや修繕が行われ、それがちょうど60回目という節目だったようで。それを記念しての展覧会の様でした。春日大社といえば、平安の昔より天下を治めた「藤原氏」の氏神を祀る本拠。現在の茨城県、 [続きを読む]
  • ハワイ島徒然
  • 「――――偶然にも来月、ハワイ島に行きます!初めて行くのですが、マウナラニベイに4泊します。来週から行くのに、まだ何も決めていなくて。。。お友達のリクエストはマウナケアの星空と、キラウェアの溶岩のみなんです。これから計画をするので、uzmetさんのブログで予習して、できれば国武さんに行けたらいいなぁと、思っております――――」......という様なメールをブログ読者の「hiroさん♀」から頂きまして。ちょーどこ [続きを読む]
  • (//∇//) ポッ?
  • 「タクシードライバー(TAXI DRIVER)」僕が名優「ロバート・デニーロ=Robert De Niro」さんを最初に知った映画です。この作品に胸を打たれた僕は、見終わった後すぐ、上の写真と同じポスターを購入。そのポスターはホンノつい最近まで、ずーーーっと、20年以上もの長きに渡り、自分の部屋の片隅に飾られていました。今現在は実家の部屋に飾られています。そして、この映画ではもう一人、僕が強力なインプットを受けた人と出会え [続きを読む]
  • 朝ラー
  • ハイハイハイー。。みんな席に着いてねー。授業始めるよぉぉーーー(。・o・。)ノおしゃべりはやめてねー。はいぃ!そこ!ケンタッキー君!モス子ちゃんも!おしゃべりやめてねー。いくよー。始めるよー。じゅぎょーだよー。よろしくぅー。今日はですね、「寒い地域の社会学」ですねー。よろしくねー。ではテキストの38ページを開いて下さーい......ページのタイトルは、「寒い日の朝はラーメンが食べたい!」ですねー。。。ハイ!ソコ! [続きを読む]
  • 特別だと、思ってます。
  • ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、オランダ語、英語......ヨーロッパではお隣の国と言語が全く違うということが当たり前のようです。日本で言えば、隣り合う都道府県で公用語が違う、と言った状態でしょうか。そんな地域において作られるプロダクトというのは必然的に多言語、多文化をマーケットとしていくこととなり、それは様々な背景を持った人々にも直感的に理解出来て、使うことも出来る様なデザインが生まれ、 [続きを読む]
  • 網走徒然 2
  • 次回。昭和の大名優、高倉健さんの大ヒット映画「網走番外地」ゆかりの地へと。。つづくのです......「わしゃぁ、不器用ですけん。。」......なーーんていう朝一番の網走市役所でのミーティングを終えて、その後、市役所の方々がセットしてくれた網走刑務所へと、一路、向いまする。。正確には「博物館 網走監獄」と言うのだそうです。刑務所施設としては日本最古、同木造では世界最古となる建物は放射状に作られていて、中央の「 [続きを読む]
  • 網走徒然
  • 「......もう、ココには戻ってくるなよ」「ヘイ......お世話になりやした。。」そんなこんなの「網走徒然」( ̄^ ̄)ゞビシッ!......しばらく前、「あ、どもども。札幌のWですぅぅー。お疲れ様ですぅー。uzmetさん。ちょっと相談があるんですけど、、、カクカク、シカジカ、、で、網走(あばしり)に来てもらえませんか?」「へ?( ˙-˙ ) あばしり!?」「ええ。すごく寒いですけど。今。でも、ちょっと会って頂きたい人がいま [続きを読む]
  • 香取徒然
  • 「突然ですが、妻が、いつものごとく、突然 “佐原の香取神宮に行く” とほざきまして、来週末行くことになりました。どこをお参りすれば良いか、アドバイスあれば......」......なんていう質問が来まちて。先日。ほーほー。。そーとーカンの鋭い奥様ですのー。本人の自覚は至って薄めのようなのですが、実わ!?いま香取の神様は動きまくっておりまする。確かに。チョー珍しいことですけど。ええ。ええ。奥さんは香取さんに縁が深 [続きを読む]
  • カルテ
  • 「3年ぶり、ですか。。ほぉ。。」と、白衣の女医さんが、久方ぶりの健康診断面接で僕のカルテを眺めながらつぶやく様におっしゃっております。そこにツッコンでいく僕さん......「ええ。ええ。そーなんですよ。ええ。」「まぁ、あまり感心はしませんけど。出来れば毎年ちゃんと受けて欲しいですね」「ええ。ええ。会社のそーむ部のおねいさんにもそー言われましたのです。ええ(*´ω`*)こっぴどく怒られまちて。いい歳こいて。ええ [続きを読む]
  • 「8」を巡る旅 5
  • ここまで記したので、こんなポンチキ記事に最後までお付き合いして頂いた貴重なる皆様への御礼として、おそらくネットだろうが、本だろうが、なんだろうが、きっとどこにも記されていないであろう「神魂神社の穴」についての話を、もう一回、次回の「5」で記しておこうかと思います......この穴、なんかヤベェェーーー!?( ̄д ̄;)ッス。この穴。「ビンカン」な人であれば誰しもが気になり、惹かれ、時におののき、時に畏怖し。ど [続きを読む]
  • 「8」を巡る旅 4
  • 「日本代表をW杯に出場させるために帰ってきました」日本サッカーのプロリーグ化に際し、プロサッカー選手のキング「カズ」さんがブラジルのプロチームから移籍、帰国した時の記者会見で言った言葉です。その数年後。日本は本当にワールドカップ初出場を果たしましたが、そこに、日本プロサッカー黎明期における最大功労者の一人であったカズさんの姿はありませんでした。68年にも及ぶ長い間、サッカーファンと関係者の夢であったW [続きを読む]
  • 消え入りそーな午後
  • イヤハヤ。。驚きで。またまたこーーーーーーんなお届きモノが。。知多半島の「海の幸」詰め合わせ......コレまたアノ、荒熊神社さんから。なんでも、今年の正月は、これまで神社を運営して来た中でも段違いに!驚くほど沢山の方々が参拝に訪れてくれたとのことで。毎年チャンと社殿の中に入れていた元旦祭の御祈祷の方々も、今年は入りきれなかったらしく、それどころか境内にも入りきれないくらいの人数だったとのこと。今回はそ [続きを読む]
  • 限りなくグレイ
  • 仕事帰りの電車で、乗降ドアの窓ガラスに某出版社の「新刊!絶賛発売中!」という宣伝ステッカーが貼られていました。その宣伝文句には「AI(人工知能)、SF、出雲神話、、、」なんていうニワカにソソラレる文字が並んでいて、そんなチョイとポンポコな言葉の組合せに多少の違和感と作意も感じつつ、しかし、ついつい目を惹かれてしまった僕さんは、自宅のある街の駅を降りて、そのまま駅ビルの中にある大きな本屋さんに立ち寄って [続きを読む]
  • かんぱかぱーん
  • 寒波かぱーん!おちゃむいですなー、おちゃむいですなーー(*´ω`*)ブルってます。ブルって。こたつ満開。エアコン全開。ジーンズのチャックも全開。床暖もイッチャオーかのぉー。。ブルってるニャンコ状態じゃ。。ニャーニャーニャーニャー。こー寒いとですね、やっぱり温泉なんぞに行きたくなるってのが人情ですのなーー。。行きたいなー。。温泉。。いそがしーなー。。仕事。。来季予算なんてなくなればいいんだぁぁぁーーーー [続きを読む]
  • 金陵、金刀比羅
  • 「金陵=きんりょう」の「煌=きらめき」うまいっす(^^)スムースでフルーティ。ワイングラスで出されても「飲みやすい白ワイン!」と思って飲んじゃう感じ。日本酒が苦手な僕さんでもウマウマで飲めちゃう♪よっちゃう?本当に日本酒が好きな方々にはちょっとあるまじき!?嗜好性かもしれませんが、ヤワでフニャフニャな僕にはとても美味しく、優しくも感じられます。「僕さん好みの日本酒チャート」で久々のヒット!こんな個 [続きを読む]
  • オニギリの顔した...
  • 「......正月って太るんだよねぇぇ〜(*´ω`*)動かないで美味しいものばっか食べちゃってさぁー。。」「わかるわ〜。。つーか、美味いものに限って体に良くないしなー。。」「だよな〜。体に悪いからウマイのかもしんねーしなー。。」「おれなんかタバコもカナリ吸っちゃってさー。すげー本数なんだよ。コトシィ。マダやめらんねーんだよなぁ。。」「知ってる?〇〇さん糖尿病になっちゃったんだって。。」「マジか!?怖いなぁ。 [続きを読む]
  • コタツとミカン
  • そーですねぇ......例えば、ですよ。例えば、海の無い南の島を想像してみてください。。............ソレ!(=゚ω゚)ノソレですよ!コタツの無い冬って。僕にとってわ。ええ。ええ。ソレですよ。。(*´ω`*)うむうむ......さむーい外から帰って来て、服をユタ〜リとした部屋着に着替えて、暖房入れて、ソレで、コタツのスイッチを入れて。コタツの側に置かれたお気に入りの大きめの鮮やかなライトグリーンのフカフカ座椅子に一目散に [続きを読む]
  • Sunrise −サンライズ−
  • あけました!おめでとうございます!なにとぞ!良き一年どころか、一生を過ごせちゃいますよーにー。。( ̄▼ ̄*)どかどか。そこんとこ。ひとつ、神様よろしくですの。ええ。ええ。そんなこんなで、なんとか無事に過ごせている僕さんの新年ですが、なんでしょう......今年の年始は、個人的に、なんだかとてーーーーーも「静か」に過ごせているのです。ホントに。なんなのだろーか。。驚きます......自分に。幸いなことに、これまで [続きを読む]
  • The Year of Ghost
  • 例によって、例のごとく。地球の摂理的には一年の本当の区切りであろう「冬至」のあたりから、来たる2017年の大枠イメージみたいなものが湧き降りて来ています。干支(えと)に絡まる新年のイメージ話というのは、このブログではもう数年来、定型的な記事ともなっている感じなので、今年も最後に、「バカジャネーノ!?(´・д・`)」なんて言われつつ、そんな来年に向けての「key=キー」みたいなコトをウダウダと書き記しておこうか [続きを読む]
  • ベツレヘムの星
  • ――――――――――よく、よく、見るのです。その辛さと向き合う人は、おそらく笑っているでしょう。もし、そうでない人がいるのならば、それはまだ生きる辛さと本当の意味で向き合う前なのです。全てを受け入れる心が固まっていないのです。よくよく見るのです。暗闇の底でもがき、出ようとするとき、そこには希望が必要なのです。そこには光が必要なのです。それが例え幻の光であったとしても、人はその時、笑って進むことでし [続きを読む]