ハムケン さん プロフィール

  •  
ハムケンさん: サバーイバル・セカンドライフ
ハンドル名ハムケン さん
ブログタイトルサバーイバル・セカンドライフ
ブログURLhttp://sabai2ndlife.com/
サイト紹介文早期退職した50代親父の一大決心。タイのバンコクで起業を目指したサバイバル奮闘記。
自由文サラリーマンはもう飽きた。折しもリストラで、再就職をやめて、好きなタイで起業することを目指して移住生活を始めます。タイ風物の紹介を織り交ぜ、その過程を公開しちゃいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供331回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2013/01/12 14:01

ハムケン さんのブログ記事

  • たまにはピザ
  • タイ飯にはほとほと飽きたので(正確に言えば、この辺りの安タイ飯に飽きた)、この一週間で2回もピザを食べに行った。テスコロータスに入っているピザカンパニー。キャンペーン中で、一つ注文すると、もう一つタダで付いてくる。パン生地だと、二人で二枚は食べられないが、薄いクリスピー生地だと丁度いい感じ。定番の手羽揚げ。ジューシーで美味い。マシュマロちゃんは以前はピザ嫌いだったのに、何時好きになったのだ [続きを読む]
  • いちごまだある
  • もう終了したかのようなカオヤイ農園だが、まだいちごはある。昨日も今日も、数組のお客さんがキロ単位でいちごを採ってきた。まだまだみずみずしい感じで、糖度も充分。以外にも最盛期のような大きな実もある。半分以上の株に花が咲いているので、ソンクラーンにもいちごが提供出来そうだ。 [続きを読む]
  • 新緑の季節
  • このところ、雨が数回降って、カラカラだった山にみずみずしい新緑が帰ってきた。センナのような黄色の花が咲いている。これは日本でも真夏の花壇に重宝する草花。花の季節でもある。高さ40メートル近くある高木にも緑が。 [続きを読む]
  • ジャム完売 第二弾開始
  • マシュマロちゃんから、「どうせ美味しくなんかできるわけ無いから止めときなさい。」と言われ、従業員からも信用されず、ストリベリーシェイク用のいちごは用意しても、ジャム用のいちごは用意して貰えず、過完熟いちごはゴミ袋に捨てられたものだから、ジャムは60個分しか出来なかった。しかし、実際にはよく売れた。お客さんに試食させると高確率で売れた。そして先週作っておいたジャムが完売した。どうだ、思い知ったか [続きを読む]
  • どうしてこんなに違うのか
  • 日本から持ち込んで試験栽培している期待の品種がある。??今までのイチゴと色も味も香りも全く異なり、タイ人にも品種の違いが判り易い。??病気に強い??樹勢が強く、ランナーがどんどん出る。従来のいちごといちごでない植物との種間雑種なので、野生の強さが戻ってきたという感じだ。その香りの強さはもの凄く、まるで白桃の様。品種名は言うと問題が生じそうなので止めておくが、見る人が見ればすぐ分かる。しかーし!肝心 [続きを読む]
  • D-Max修理完了
  • 自損事故で右前方が大破したマシュマロD-Max号が直って来た。保険のランクの関係で、全部純正品という訳ではないが、一応見た目は元通りに直った。外見で細かいことを言えば、塗装が少し違う。元はパールホワイトだったが、パールホワイトのみ数万バーツ高かったことからして、少し塗装が難しいんじゃないかと思う。修理工場ではそれが出来ず、普通のオフホワイトメタリックのようになった。僕は気にしないが、マシュマロちゃん [続きを読む]
  • 一人と二人
  • もういちごの叩き売りも飽き飽きした。以前は、お客さんが来ると嬉しくて張り切ったが、今じゃ車からこちらの様子を見て、来ようか止めようか決めかねている勇気のない客なんか、来なくて行ってしまった方がホッとする。助っ人の住込み夫婦も皆同様飽き飽きして、農園の事など気にもせずに田舎に帰ってしまった。だから、2つの農園に僕とマシュマロちゃんと、今だけ来ているマシュマロちゃんのお母さんの3人だけだ。土日にはマ [続きを読む]
  • マシュマロちゃんの新スマホ
  • 妹さんの2歳の娘にスマホを使わせるものだから、マシュマロちゃんのスマホはガラスが表も裏も割れてしまっていた。それだけなら良いが、どういう訳か最近はホームボタンが反応しなかったり、妙にレスポンスが悪かったりで使い難くなった為、彼女はスマホを買い替えた。今までの携帯は、サムスンのA5今度のは、OPPOのR9s本当はiPhone7が欲しかったが、高過ぎるので辞めた。OPPOのR9sはOPPOの最新機種で一番高い。約15000バー [続きを読む]
  • 遂にポンプ移動
  • 先週の木曜日、まだラムタコーンに水があり、その水を池に溜めるためオーバーナイトで水を汲んだ。翌朝、マシュマロちゃんはワンナムキアオのマシュマロいちご園にいちごを取りに行った。もうマシュマロいちご園にはお客さんは殆ど来なくなったので、まだ観光客が来るカオヤイでいちごを売る為だ。カオヤイ農園のいちごは、もうあまり多くないので、いちご狩り客のために残しておくようにしている。だから、金曜の朝は僕一人で [続きを読む]
  • マングローブ林でハーブ探索の旅
  • 今は副業となった感がある元本業のハーブビジネスの一環として、タイ南部のマングローブ林に目的のハーブを探しに行って来た。そのハーブは日本の特保食品の原料となる。日本から製薬会社2社計5名を引き連れて、総勢9名の探検だった。空港に着いたら、予約してあったレンタカーが手配出来なかったとの通知が来ていて、予約はキャンセルされていた。こんなことは初めてだ。車無しでどうやってホテルに行き、明日の探検すると言 [続きを読む]
  • いちご第二波終了
  • 先週末で、いちごの第二波が終了した。今年の第二波は、ここカオヤイもワンナムキアオも凄い量のいちごが成って、幾ら採っても採っても採り切れずに、結局60-70%ものいちごが傷んで駄目になってしまった。勿体なく悔しい思いをしたが、最盛期には多くのお客さんに喜んで貰えたし、それなりに稼がせて貰ったので良しとしよう。収穫時期や量がもう少しコントロール出来ると良いのだが、それは今後の課題だ。今はもう、お客さんの [続きを読む]
  • 変な虫
  • 借家に植えてある大きなマンゴーの樹に、余り見たことがない変わった昆虫が居た。体長6センチ。角もたいなのがある。その角の赤地に白い斑点が如何にも不思議。羽の模様も摩訶不思議。何の意味があるんだろう? [続きを読む]
  • 身近な生き物達
  • 最近撮った身近な生き物とてもきれいな声で鳴くハチドリヒマワリの種を食べるハト部屋の中を這い回るナメクジネバネバしてなくて、背中は堅くてザラザラ。トイレの壁にいたカタツムリトイレの排水溝からたくさん出て来た硬いヤスデ怖そうだが無害。僕の??がヤスデに生まれ変わったらしい。あまりにたくさん居て時々踏んづける。取っても取っても出てくる。マシュマロちゃんは大嫌い。僕も好きではないが、見た目 [続きを読む]
  • バスが来た
  • パトゥンタニから高校生を連れてバスが7台やって来た。一気に300人の学生がいちご園になだれ混んで、短時間ながらいちご園は人で溢れた。全員が買い物やいちご狩りをしてくれた訳ではないが、お店はてんやわんやだった。学生の旅行にしては立派なバスを使っている。お金持ちの学校だろう。学生なのにいちごを3箱も買って行く人もいた。僅か30分足らずで8000バーツ程売れた。相手が学生なので普段の半額位で売ったので [続きを読む]
  • 水が来た パート2
  • いちごがたくさん成りだしてから3月上旬まで雨は殆ど降らず、カラカラの天気が続いていたが、この一週間で借家の辺りは4回、カオヤイ農園とマシュマロいちご園は2回土砂降りになった。ヒマワリもカラカララムタコーンの水もいよいよ枯れて、「もうあかん」と思った矢先、昨日のことだが、土砂降りが比較的長く降った。普通、雷雨は極めて局所的で予報も難しいが、昨夜はかなり広範囲に雷雲が拡がって、レーダーでもそれが確 [続きを読む]
  • カオヤイ農園でロケ
  • 今日、クロネコヤマト SCG Expressの宣伝ビデオのロケが僕のカオヤイ農園で行われた。昨夜、激しい雷雨があって、農園は泥んこになってしまったが、雨で砂埃が洗われて緑は綺麗になった。カオヤイいちご園の農家がバンコクからいちごの注文を受けて、クロネコヤマト宅急便でいちごを送るというストーリーのようだ。この人が農家。つまり僕。店の前で注文をネットで受け取ったところ。嬉しそうにいちごを箱詰めしている [続きを読む]
  • 花の季節
  • タイに花の季節がやって来た。ゴールデンシャワーことラーチャプルック タイの国花南洋サルスベリコチョウセンナ4年前、これらの花の季節に僕はタイにやって来た。 [続きを読む]
  • ストロベリー·フィールズ·フォーレバー
  • 成り過ぎて採り切れなかったいちごが傷んで落ちて、それが発酵して、辺り一面にストロベリーの匂いがムンムン立ち込めている。目を閉じて通り掛かっても、そこにいちご園があるのが分かるほど。いちごってこんなに強い香りを持っていたんだと感心する。バラ園でもここ迄香ることはない。梅園のいちご版という感じか。ワンナムキアオもカオヤイも、最盛期は過ぎて、もう大きないちごは皆採られたか傷んだかで、余りなくなってし [続きを読む]
  • マヨンチッド
  • マヨンチッドを知ってるかい?ビワみたいな形でマンゴーみたいな味。それが沢山入ったのでマシュマロいちご園で売り出した。僕の友人が、タイで一番好きなフルーツ。タイのフルーツの中でも、比較的高級で値段も高い。この果肉を贅沢に使って、マヨンチッド·シェークを作ってもらった。甘酸っぱくて美味しかった。一箱100バーツで売り出したら良く売れた。 [続きを読む]
  • 僕のタイ人化現象
  • 自分がだんだんとタイ人化してきた気がする。顔は海水浴に行って来たみたいに真っ黒だし、日本語よりタイ語ばっかり使っているし。最近は、あれ程嫌いだった肛門の手による直洗いも平気になった。指に??の感触があるとゾッとしていたのに何とも思わなくなった。後で良く良く匂いを嗅いでも、??の匂いは微塵もしない。ひび割れた指先や指紋の奥に??が残っていようと、そのままいちごを掴んでお客さんに出しちゃう。あはは。ま [続きを読む]
  • 貧乏日雇い労働者の子供
  • この子供たちが日雇い労働者に付いて来る。一週間はシャワーを浴びてなさそう。服もずっと着替えてないだろう。頭には何か住み着いている。皮膚は赤黒く、目立つ白い眼に子供らしい笑顔がない。父母は栄養失調で、2日前にバイクで転び胸と脇腹を打った。昨日はよく働いてくれたが、今日は2時間でダウン。医者には行ってない。お金がないから。熱があり全身の皮膚に張りがない。エイズか糖尿病か知らないが、何か全身状 [続きを読む]
  • イチゴジャム第一弾
  • 自家製イチゴジャムを売り出した。最終調整の為の加温で一部鍋の底を焦がしてしまい、ジャムに焦げた匂いが着いて大失敗と思ったが、冷めたら焦げ臭さは消えてくれた。瓶を煮沸滅菌して、煮詰めたジャムを素早く入れられれば良いのだが、風が吹いている外でそんな芸当は出来ない。そこで、煮直したジャムを未滅菌の硝子瓶に詰めて固く蓋を締め、それを蓋まで湯に浸かる様にして25分間煮沸してパスチュライゼーションした。砂糖 [続きを読む]
  • 一流ホテルのデザートになった
  • この辺りの一流ホテルのシェフ二人に僕達のいちごが気に入られたようで嬉しい。普通、大きなホテルでは購買部がいちごを調達するのだが、シェフがここのいちごを指定してくれたので注文が入るようになった。医薬品は薬局、薬剤部ではなくて、医師に。研究試薬や研究機器は、調達部門ではなくて研究者に。レストランも購買部ではなくてシェフに宣伝するのが良い。一流のシェフは、わざわざ自分の足でいちご園に来て様子を見る [続きを読む]