カルネ さん プロフィール

  •  
カルネさん: 食いしん坊は転勤族
ハンドル名カルネ さん
ブログタイトル食いしん坊は転勤族
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/carnet_c_carnet
サイト紹介文食べ歩きとその土地の素材を使ったお料理を紹介する、全国転勤族の妻のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/01/13 10:36

カルネ さんのブログ記事

  • 粕汁
  • 日中はコートがいらないほど暖かいとは言え、夕方からは冷え込むことが多いので、身体が温まるものを食べたくなります。半端野菜が出てきたので粕汁を作りました。鮭を入れる粕汁もありますが、私は肉や魚を入れて作ることはほどんどありません。あくまでも、数種類の残り野菜が出た時に、それを美味しくいただく為の調理法です。酒粕は固いタイプと柔らかいタイプがありますが、断然柔らかい派です。味噌と同じように味噌こし器を [続きを読む]
  • 鶏そぼろ丼
  • 主人不在第二日目の夕食は鶏そぼろ丼。おから入り鶏つくねハンバーグを作った時、鶏ひき肉を100gほど取り分けて、そぼろを作っていたのです。レンジで温め直して、ご飯(冷凍保存していた)の上に乗せただけ。なんて楽。そぼろの味付けは鶏つくねハンバーグの時にも登場した生姜焼きのタレです。炒り卵はみりんと薄口醤油で味付けし、菜箸4本でかき混ぜて作っています。3月15日の夕食鶏そぼろ丼卯の花(まだまだある)お味噌汁 [続きを読む]
  • れんこん入りお好み焼き
  • 主人の夕食を準備しないでいい日に、自分ひとりの為に食材を買うことが無駄に思えてしまっって。意地でも家にあるものだけで済ませるのだ!火曜、水曜と連続で主人が不在でしたので、当然、冷蔵庫整理デーです。第一日目はれんこん入りお好み焼き。れんこん100gをすりおろし、卵1個とだし汁(大さじ2〜3)を加えてよく混ぜます。小麦粉大さじ3くらいを加えて混ぜます。大きめのみじん切りにしたキャベツ、細かく刻んだこん [続きを読む]
  • おろし生姜が決め手。おから入り鶏つくねハンバーグ
  • たしろ屋さんのおからは、卯の花以外に鶏つくねハンバーグの材料に。半額で買った鶏ひき肉、みじん切りにした玉ねぎ1玉(炒めません)、卵1個、おから、牛乳、塩・こしょうを粘り気が出るまでよーーーく混ぜ、オリーブオイルを引いたフライパンで焼きます。この時、けっこうなお湯を入れて蒸し煮にしています。正解なのかどうなのか分かりませんが、固くならない気がするので。(いい加減)昆布とかつお節でひいた出汁にシイタケの [続きを読む]
  • たしろ屋のおからで卯の花を。
  • お豆腐の成分の多くは水とのこと。言われてみれば、名水の地・京都のお豆腐が美味しいのも納得です。熊本のお豆腐が美味しいのも同じ理由かと。博多阪急地下1階に店舗があるたしろ屋さん。お値段は結構しますが、とても美味しいお豆腐を販売しています。絹揚げ、お揚げ、一生のゆばどうふと一緒に、白雪と名前が付いたおからも買いました。おから自体は100円くらいで買えますが、入れる具を考えると卯の花はけっこう材料費がかかる [続きを読む]
  • 焼き餃子と山芋ステーキで一人宅飲み。
  • 昨晩は一人宅飲み。お付き合いで買った冷凍餃子を焼いてみたら、意外に美味しくてビックリ。静岡に住んで以来、餃子には茹でモヤシがマストなカルネ家です。そして、山芋ステーキはニトスキで。小ぶりで使いやすいので重宝しています。山芋をすって、昆布とかつお節でひいた出汁(塩、みりん、醤油で味をつけて冷蔵庫で保管していた)を加え、卵を1個割入れ、刻み葱をたっぷり投入。食卓で熱々を保てるって何気に嬉しい。かつお節 [続きを読む]
  • (田川市)はちや 
  • 京風のうどんが食べられるお店があるとの情報を仕入れ、年に4、5回行っている京都好きとしては行かねばなるまい!とお邪魔しました。12時過ぎのお昼時だったこともありますが、店内はほぼ満席。お品書きを見ると、「たぬき」と「けいらん」を発見!!京風のうどんという情報に間違いは無かったようです。二人して猛烈にお腹がすいていたので、主人はごぼ天丼(600円 お味噌汁とお新香つき)を注文。ちょっと味見させてもらい [続きを読む]
  • 前日のお鍋のおつゆを使ってキムチ鍋。そして雑炊。
  • 昨日(金曜日)から泊りがけで留守の主人。(イヤッホー!!)こんな日は手抜きの食事に限ります。という訳で、金曜日の夕食は前日の豚バラ肉とほうれん草のお鍋のおつゆを使って、キムチ鍋を作りました。残っていたおつゆに出汁(昆布とかつお節で多めにひき、冷蔵保管しています)を加え、半額で購入したキムチ、鶏肉、大根、キャベツ、エノキ、ネギを放り込み、ビールをグビグビ飲みながらお一人様夕食を堪能しました。そして、 [続きを読む]
  • 豚バラ肉とほうれん草のお鍋
  • 昨日アップした白和えに使ったほうれん草とシメジの残りは、翌日お鍋に。(残った白和えも食べました)ほうれん草は全て茹でて、白和えにしない分は冷蔵庫で保存しておきました。ほうれん草、シメジ、豚バラ肉、大根、ニンジン、豆腐(3分の2は白和えに)、ネギと、冷蔵庫にあったものを適当に入れています。昆布とカツオで出汁を引き、お塩、みりん、薄口しょうゆで味付けしています。(お雑煮の味付けに近い)黒七味を振りかけ [続きを読む]
  • (福岡市中央区)真
  • 天神でランチ時にサラリーマンが吸い込まれていく食事処と言えば、こちらかと。お昼は焼きサバ定食(900円)一本勝負なので、優柔不断な方でも安心してください。注文せずとも座った途端、お茶と一緒に漬物と冷ややっこが出てきますから(笑)お久しぶりです、焼きサバちゃん♪近くの金融機関で独身時代OLをしていた頃、仕事帰りに先輩に連れて行ってもらったのが最初です(夜は他にもメニューがある)社食があったのでお昼にお邪 [続きを読む]
  • 鯖の煮つけと白和えと。
  • 鯖が一匹380円で売っていたので、煮つけにしました。白和えは具沢山が好みなのですが、この日はほうれん草とシメジだけでちょっと寂しい。冷蔵庫にあるもので作るから、そんな時もあります。最近、ブロッコリーを酢味噌で食べるのがブーム♪そして昨日、作り過ぎたポテサラももちろん食卓に。レシピブログに参加しています。 [続きを読む]
  • (福岡市博多区)博多水炊きとり田博多本店
  • 先月、札幌勤務時代の主人の後輩くんが休暇を利用して福岡に遊びにくるということで、とり田博多本店を予約しておりました。ところが、直前になってトラブルが発生したらしく休暇はオジャンに。(なんて可哀そう)キャンセルするのも何だからということで、主人と二人でお邪魔しました。とり田は水炊きのお店以外に担々麺のお店も展開しており、大変人気があります。お邪魔したのは土曜日の昼だったのですが、あっという間に満席。 [続きを読む]
  • 豚肩ロースの生姜焼きと粒マスタード入りポテサラ
  • 半額でゲットした厚みのある豚肩ロースは食べやすい大きさに切り、塩コショウで下味をつけてフライパンで焼き、一味唐辛子を混ぜた作り置きしている生姜焼きのタレを回しかけています。(カブは途中で投入)生姜焼きのタレは日本酒(料理酒は塩分が入っているので使いません)、みりん、濃い口醤油、はちみつ、すりおろし生姜を混ぜて冷蔵庫で保存しています。生姜焼き以外にも使えるので便利です。ポテサラはジャガイモ、ゆで卵、 [続きを読む]
  • ストウブのgohan
  • 17年くらいでしょうか、ずっと炊飯用土釜を愛用していました。二重蓋で、とても美味しく炊飯できる優れもの。しかし、引っ越しの度に欠けたり、内蓋が割れたりと限界が来てしまい、昨年、ストウブのgohanに買い換えました。買った当初は、我が家好みの炊飯ができずに苦労しましたが、今はベストと思える炊飯方法を見つけたような気がします。割れる心配が無いので、いつ引っ越ししても大丈夫!レシピブログに参加しています。 [続きを読む]
  • 3月6日(月)の夕食
  • どうしたカルネ?毎日の連続投稿!しかも複数!!やればできるじゃないかっ!!!超久々に夕食の献立をアップ。カンパチのカマが2つで300円と激安だったので、煮つけにしました。脂が乗っていたのでコックリとした甘目の味付けにしています。蕾菜は天ぷらに。色々な食べ方があるようですが、天ぷらが一番好き。近所のスーパーには産直所コーナーがあり、野菜はこちらで買うことがほとんど。大きな大根が2本で100円とたたき売り状 [続きを読む]
  • 一人分のお弁当の日もある訳で
  • 主人が取引先の方とお昼を一緒にする日も当然あるので、そんな日は私一人分のお弁当です。朝、ネギ入りの卵焼きを焼いただけで、後は作り置きと前日の夕食の残り(モヤシとピーマンのソテー)をレンジで温め直したものです。以前アップしたお弁当の画像を見た友人から「ご飯の上の黒い物体は何だ?100年ものの梅干しか?」とメールが来たのですが、これは大徳寺納豆ですがな。〜作り置き〜キノコの煮びたし大根と人参のナマス焼き [続きを読む]
  • (福岡県東峰村)ほうしゅ楽舎
  • 小石原焼で有名な東峰村に、廃校舎を利用した宿泊施設(ほうしゅ楽舎)があります。五右衛門風呂はある、地元のお母さん達が作ってくれるご飯が食べられる、近くには川を利用したプールがある、満天の星空が見られる。こんな素敵な施設ですから、夏休みは子供たちの利用がとても多いようです。近くに名水100選に選ばれた岩屋湧水があるので、時々汲みに行き、ほうしゅ楽舎でお昼ご飯を食べて帰ってきます。オーダーするのは、お [続きを読む]
  • (山口県山陽小野田市)ドライブインみちしお
  • 昨年11月に20年ぶりにお邪魔しました。大きい看板からも分かるように、こちらの名物は貝汁。ほぼ100%の確率で注文しているのではないかと思うくらい、みんな食べています。タブレットを使った注文になっていたことには驚きました。(時の流れを痛感)貝汁以上に強烈な思い出として残っているのが鯛のお刺身。一切れがとても大きく、ブリブリゴリゴリした歯ごたえで、美味しかったぁ。後ろにうっすら写っていますが、鯛のお刺 [続きを読む]
  • 初釜で着た着物
  • 酉年にちなんで鳳凰の刺繍の付け下げ。袋帯は中賀和 健秀作。グラデーションの織が美しい。普段の関西結びではグラデーションの一番濃い部が前に出てしまいます。初春らしく白い部分を出したくて、ぶっつけ本番で関東巻きにトライしてみました。 [続きを読む]
  • (京都市上京区)竹邑庵太郎敦盛
  • 1月の京都旅行の際に、珍しいお蕎麦を食べさせてくれると聞いていた竹邑庵太郎敦盛にお邪魔しました。あつもり蕎麦を注文。まずは甘めの蕎麦つゆが徳利で運ばれてきます。九条ネギ、卵黄をよく混ぜたら、そこに蕎麦つゆを注ぎ入れ、準備OK。蒸籠で蒸された熱々の蕎麦の登場です。(運ばれてくる時は蓋がしてあります)蕎麦殻が練り込まれているので、見た目が黒いのが特徴です。時間が経つと蕎麦がくっつくので、その時は熱々の [続きを読む]
  • (宮崎市)おぐら本店
  • 昨年12月のことですが、仕事で宮崎に行きました。前泊したので、一人でウロウロしまくり宮崎を満喫。とは言え、翌日の仕事の見直しをしなければならなかったので、お酒は飲めず。(無念)酒を飲まずとも楽しめる宮崎グルメってことで、おぐら本店でチキン南蛮をいただきました。注文する前に周りをジロジロ見ると、テーブルの上にはボリューミーなお皿がズラリ。これは、量を減らしてもらうのが良さそうだと、ご飯は半分でオーダー [続きを読む]