yasu さん プロフィール

  •  
yasuさん: メモーる
ハンドル名yasu さん
ブログタイトルメモーる
ブログURLhttp://memoyasu.blogspot.jp/
サイト紹介文日々獲得した知識をメモメモしていく。 どんなに忙しくても、一日一回更新を目標に。。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/01/13 18:54

yasu さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Spring Tool Suite (STS)をつかってみる
  • 統合開発環境に Spring Tool Suite(STS)を利用し、 Spring MVC + Spring Boot のWebアプリケーションを動かしてみます。WebサーバはTomcatを使います(Tomcatがインストール済みであることが前提)<Tomcatのダウンロード先>http://tomcat.apache.org/download-80.cgi以下のサイトからSTSをダウンロードする。https://spring.io/tools/sts/allZIPファイルを解凍する。「STS.exe」を実行し、STSを起動する。File メニュー > New [続きを読む]
  • Hyperdeger Fabric 1.0.0 のソースからDockerイメージを作成してみる
  • Hyperdeger Fabric 1.0.0がリリースしたということで、ソースからDockerイメージを作成してみます。OSはUbuntu 16.04を利用します(Google Cloud Platformの1年お試し無料を使いました)。前提条件Git clientGo - 1.7 or later (for releases before v1.0, 1.6 or later)Docker - 1.12 or laterDocker Compose - 1.8.1 or laterPipGOPATHの設定export GOPATH=/usr/lib/go-1.8FafbricのDockerイメージを作成するmkdir -p $GOPATH/sr [続きを読む]
  • 人工知能OSS TensorFlowをインストールしてみる
  • Googleが提供している人工知能OSSである「TensorFlow」をインストールする。pipとvirtualenvをインストールする。$ apt-get install python-pip python-dev python-virtualenvvirtualenv環境を構築する。$ mkdir /home/bushidoyasu/tensorflow$ virtualenv --system-site-packages /home/bushidoyasu/tensorflowvirtualenv環境をアクティベートする。$ source /home/bushidoyasu/tensorflow/bin/activatevirtualenv環境上でTens [続きを読む]
  • Ethereumで独自ネットワークをたちあげる
  • Ethereumで独自のブロックチェーンネットワークを構築するための手順を説明する。内部ネットワーク用のノード情報などを格納するディレクトリを作成する。 $ mkdir /home/bushidoyasu/test_eジェネシスブロックを定義したファイルを作成する。ファイル名は「myjenesis.json」とする。{ "config": { "chainId": 15, "homesteadBlock": 0, "eip155Block": 0, "eip158Block": 0 }, "nonce": "0x0000 [続きを読む]
  • Ethereumを動かしてみた
  • ブロックチェーン基盤の1つであるEtheruemを動かしてみる。本番用ネットワークではなく、テスト用のネットワーク(通称:テストネット)につないでみる。構築環境はUbuntu OSを利用する。最初に、必要なパッケージ一式をダウンロードする。$ apt-get install software-properties-commonレポジトリにEtheruemを追加する。$ add-apt-repository -y ppa:ethereum/ethereum$ add-apt-repository -y ppa:ethereum/ethereum-devEtherue [続きを読む]
  • Dashingをつかってみた
  • 簡単にダッシュボード画面を作成できるフレームワーク「Dashing」を使ってみる。Rubyで実装されている。Rubyをインストールする。$ apt-get install ruby ruby-dev ruby-bundlergemコマンドを実行し、Dashingをインストールする。$ gem install dashingサンプルプロジェクト「sample-dashboard」を作成する。$ dashing new sample-dashboardbundleコマンドを実行する。$ cd sample-dashboard/$ bundledashingサービスを起動する。 [続きを読む]
  • FTPサーバを立ち上げる
  • vsftpdというOSSを使ってFTPサーバを立ち上げる。vsftpdをインストールする。$ apt-get update$ apt-get install vsftpd/etc/vsftpd.confを開き、以下を変更する。listen=NO↓listen=YESwrite_enable=NO↓write_enable=YESlisten_ipv6=YESをコメントアウトする。vsftpdサービスを再起動する。$ service vsftpd restartftpコマンドを実行できることを確認する。$ ftp localhostftp: connect to address ::1: Connection refusedTryi [続きを読む]
  • Grafanaを使ってみた
  • Grafanaで簡単にダッシュボードを作ってみる。必要なパッケージをダウンロードする。$ wget https://
    s3-us-west-2.amazonaws.com/grafana-releases/release/grafana_4.3.1_amd64.deb$ sudo apt-get install -y adduser libfontconfig$ sudo d
    pkg -i grafana_4.3.1_amd64.deb「/etc/apt/sources.list」に以下を追記する。deb https://packagecloud.io/grafana/stable/deb
    ian/ jessie mainPackage Could Keyをインストールする。curl [続きを読む]
  • Hyperledger Fabric V1.0 β のインストール方法
  • ブロックチェーン基盤であるFabric V1.0 β のインストール方法について説明する。Ubuntu OSには、Dockcer及びDocker-composeをインストール済みであること。(参照元URL)https://hyperledger-fabric.readthedocs.io/en/latest/getting_started.htmlUbuntu OSにTeratermでログインする。以下のフォルダを作成する。$ mkdir fabric-sample$ cd fabric-sample以下のコマンドを実行する。このコマンドを実行すると、インストールに [続きを読む]
  • Git bashプロンプト上でdockerコマンドが使えないときの対処
  • Git bashとDocker for windowsをインストール済みの状態。Git bashプロンプトを起動し、docker ps コマンド
    を実行すると、以下のエラーが表示された。$ docker psAn error occurred trying to connect: Get http://%2F%2F.%2Fpi
    pe%2Fdocker_engine/v1.24/images/json: open //./pipe/docker_engine: The system cannot find the file specified.上記のエラーを
    解決する手順を説明する。参考URLhttps://github.com/moby/moby/issues [続きを読む]
  • 簡単に個人間送金ができる Interledger
  • 簡単に個人間送金ができるアプリとして、「Interledger」 なるものがあるらしい。デモがあるということなので、さっそくアカウントを登録して(ウォレットを作成)、ログインしてみた。デザインが非常にシンプル。わかったことInterledgerでは、Interledger Protocol(略してILP)というプロトコルを使って送金を実現しているらしい。このプロトコルは、 RFC 1122, RFC 1123 、RFC 1009といったRFC規約に強く準拠して [続きを読む]
  • Dockerを使ってWindows OS上でUbuntu OSを動かしてみる
  • 自宅のWindows OSにDocker for windowsをインストールした。ついでに、DockerリポジトリからUbuntu OSイメージをダウンロードして動かしてみる。Dockerプロンプトを起動する。dockerコマンドを実行してUbuntu OSをダウンロードする。docker pull でダウンロードできる。Ubuntuイメージがダウンロードされていることを確認する。docker imagesコマンドで確認できる。Ubuntuコンテナを作成する。docker runコマンドを実行する。-iオ [続きを読む]
  • Hyperledger FabricのDockerイメージの作成手順
  • ブロックチェーン基盤のOSSであるHyperledger Fabricのソースをビルドし、Dockerイメージを作成する。Fabricのバージョンは0.6.1preview版。①以下のサイトからソースをダウンロードする。https://github.com/hyperledger/fabric$ unzip fabric-0.6.1-preview.zip$ mkdir -p /opt/gopath/src/github.com/hyperledger/fabric$ cp -rf fabric-0.6.1-preview/* /opt/gopath/src/github.com/hyperledger/fabric$ cd /o [続きを読む]
  • Tomcatのマルチインスタンス化
  • Tomcatではマルチインスタンスをサポートしている。異なるIPとポート番号で複数のインスタンスを起動させることが可能である。事前にインストールしたTomcatフォルダ直下にインスタンスフォルダを作成する。<フォルダ構成>C:Program FilesApache Software FoundationTomcat 9.0instance      instance1      instance2instance1とintance2のフォルダには、Tomcatインストールフォルダから以下のフ [続きを読む]
  • Tomcat 9 をインストール
  • 最新版である9.0.0.M9をインストールしてみる。以下のサイトからWindows用インストーラをダウンロードする。https://tomcat.apache.org/download-90.cgiダウンロードしたインストーラをダブル する。セットアップ画面が表示されるため、「Next」ボタンを押す。ライセンス許諾画面が表示されるため、「I Agree」ボタンを押す。インストールするコンポーネントを選択する。適宜設定し、「Next」ボタンを押す。ポート番号や管 [続きを読む]
  • R言語のインストール
  • 以下のサイトにアクセスし、「Getting Started」の「download R」リンクを する。https://www.r-project.org/インストールするマシンが存在する場所に最も近いミラーサイトを選択する。Linux、MacまたはWindows用の基本パッケージを選択する。「 install R for the first time」を選択する。「Download R 3.3.0 for Windows」を選択する。ダウンロードしたexeファイルをダブル すると、インストールが開始され [続きを読む]
  • Go言語 開発環境の構築手順
  • Eclipseを使って、Go言語の開発環境を構築する。なお、Go言語を開発するためには、Eclipse用プラグイン(GoClipse)を事前に入手・設定する必要がある。また、オートコンプリート機能(*)を使う際には、別途gocodeが必要となる。(*)自動的に、関数のメソッドやフィールドの候補を補ってくれる機能。Eclipseのインストール以下のサイトからEclipseのインストール媒体をダウンロードする(最新のNEONシリーズを選択)。https://mergedoc [続きを読む]
  • Go言語のインストール
  • 以下のURLにアクセスする。https://golang.org/dl/「Microsoft Windows」版をダウンロードする。ダウンロードした「go1.6.2.windows-amd64.msi」をダブル する。Windows画面が立ち上がるため、「Next」ボタンを押す。ライセンス許諾画面に遷移するため、チェックボタンを押し、「Next」ボタンを押す。インストール先フォルダを指定し、「Next」ボタンを押す。次に、「Install」ボタンを押せば、インストールが開始される [続きを読む]
  • OpenAM 13.0.0 ソースのビルド
  • OpenAM13.0.0のソースをビルドする手順を説明する。なお、ビルドする際には、Maven v3.1.0以上が必要である。以下のサイトからOpenAMソース一式をダウンロードする。(事前にアカウント登録が必要である)https://stash.forgerock.org/projects/OPENAMSecureID認証モジュールで使ってるjarの中にはPUBLICに公開されていないものがある模様。そのため、SecureID認証モジュールを含めてOpenAMをコンパイルしたい場合は、別途mvnのリ [続きを読む]
  • OpenAM13.0.0でStateless Sessionを使ってみた。
  • OpenAM13.0.0の新機能の1つであるStateless Session(ステートレスセッション)を使ってみた。V12までは、認証クッキーにセッション情報と紐づくセッションIDを格納していた(OpenAM本体(正確にはOpenDJ)でセッション情報を管理)そのため、冗長構成の場合、各OpenAMサーバ間でセッション情報を共有するために、OpenDJのレプリケーション機能が使われていた。この方法だと、大規模になるにつれて、セッションの共有処理が性 [続きを読む]
  • Windows10でhostsファイルを編集もしくは上書きできない。。。。
  • 先週、Windows7からWindow10にアップグレードした。独自のFQDNを定義しようとしてhostsファイルを編集しようとしたら、他のプロセスがつかっていると警告がでて編集ができない問題が発生した。。。ネットでいろいろ調べてみると、可能性としては以下が考えられるとのこと。管理者権限で実行していない。Windows Defenderにプロセスをにぎられている。セキュリティ製品(マカフィーやWebrootなど)に編集をブロックされている。調べ [続きを読む]
  • OpenAM13.0.0のインストール
  • 2016年2月にリリースされたOpenAM13.0.0のインストール手順を説明する。なお、Tomcat7.0.68(Windows版)上に配備する。以下のForgeRock社サイトからOpenAM媒体をダウンロードする。(あらかじめIDとパスワードの登録が必要)https://backstage.forgerock.com/#!/downloads/OpenAM/OpenAM%20Enterprise/13.0.0/OpenAM%2013/zip#listダウンロードしたOpenAM-13.0.0.zipを解凍する。「OpenAM-13.0.0.war」がOpenAMのwarファイルであ [続きを読む]
  • 過去の記事 …