川守 さくら さん プロフィール

  •  
川守 さくらさん: 川守 さくら(雅楽伎)のブログ
ハンドル名川守 さくら さん
ブログタイトル川守 さくら(雅楽伎)のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kawamori-utagi-sakura/
サイト紹介文箏(琴)・三味線教授、演奏者、小学生2児の母。指導・演奏の様子、子育て生活について書いています。
自由文ついこの前まで兼業でしたが、40歳を前に専業に。芸大卒業とかではないですが、地道に勉強・活動中!
邦楽普及の思いは熱く!興味のある方!観客を増やす!事に地域活動を通して尽力していくつもりです。

素晴らしい演奏をされる皆様を地元で紹介していく事も、していけるようになりたいと野望を抱いております。

今から再スタートです。応援して頂けると有難いです!
http://www.kawamori-utagi-sakura.jp
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/01/14 16:28

川守 さくら さんのブログ記事

  • 「いしかわ伝統芸能音楽祭」
  • 9月10日(日)金沢市文化ホールにて「いしかわ伝統芸能音楽祭」が行なわれました。そちらに社中より8名の参加。本番に不慣れなメンバーもいる中、数回のリハーサルで、小学生、中学生、大人の方まで、それぞれ自分のやれる精一杯を出して貰えたと思います。出張中だったのですが、名取りの永田がサポートしてくれました。(娘もがんばってくれたようです)みなさんのがんばりと協力で、よい演奏だったと聞いています!わたしも嬉し [続きを読む]
  • 出張中です。
  • ドバイにいます。明日にまずは全力を注ぎます。よき仕事になるよう、体調も気持ちもそちらを最優先。あとをお任せしてきた皆さま、よろしくお願いいたします。そちらもよい演奏となりますように、祈念します。 [続きを読む]
  • みんなの演奏会
  • 昨日は、社中として出演予定「いしかわ伝統芸能音楽祭」のリハーサルを行いました。リハーサルの指導とかは、スイッチオンなので(笑)気合いが入りすぎて写真はまたもや撮り忘れ。小さなお弟子さんも、大人のお弟子さんも、同じ重要な存在として舞台を務めてもらいます。わたしこんなところも音楽の好きなところで。年齢関係なく実力が発揮される場を頂ける。ある意味平等。小さなお弟子さんでキャリアの長い方も多く、頼りになるの [続きを読む]
  • パフォーマンスを上げる意識。
  • お弟子さんとのレッスンの中で、自分が間違える箇所をテーマにお話をしていました。楽器や人前でパフォーマンス。となると、「間違えやすい箇所」「自分の中で難しいとなっている箇所」ってありますよね。それってどう対応したらいいの?ってことをレッスンで。正直、研究中な部分はあります。自分に通用するのですが、お弟子さん達にどれほど通用するかは、試して貰った方がいいかな。「間違えやすい箇所」って、なおさら間違える [続きを読む]
  • パフォーマンスを上げる意識。
  • お弟子さんとのレッスンの中で、自分が間違える箇所をテーマにお話をしていました。楽器や人前でパフォーマンス。となると、「間違えやすい箇所」「自分の中で難しいとなっている箇所」ってありますよね。それってどう対応したらいいの?ってことをレッスンで。正直、研究中な部分はあります。自分に通用するのですが、お弟子さん達にどれほど通用するかは、試して貰った方がいいかな。「間違えやすい箇所」って、なおさら間違える [続きを読む]
  • 「夕顔」によせて。
  • こんばんは。ちまちま練習中。今日のレッスンは三弦の古典曲。「夕顔」でしたが、源氏物語ですから歌詞も分かりやすい。やっぱり何度聞いても良い曲。親師匠がいらっしゃった頃お習いした曲。「わたしが死んだら弾いてね」あんまりみんなに言うもんだから、本当に枕元でみんなと弾いて歌った曲。追善・追悼によく使われ、支部の鬼籍に入られた先生方のためにもよく演奏会で弾きます。しっとりと本当に良い曲なの。先生も好きだから [続きを読む]
  • 恒例・師匠に会いに。
  • 昨日は、お墓まいりに。母の里の方は、先日の大雨で道が崩落。遠回りで行ってきました。そして、毎年恒例は、亡き親師匠のお墓まいり。「先生に会いに行く〜」って出掛けます。先生はクリスチャンだから、お盆は無関係。ご命日は、娘の生まれる前日なので、忘れることはないです。出産当時も、大きなお腹でお参りにお伺いしたその日の夜中から陣痛…。なんのご縁だったでしょうか(笑)縁はある子ですよ。干支まで先生と一緒。(わた [続きを読む]
  • 「こども工芸修行 弟子求む!第2弾」2日目
  • こんにちは。お盆の最中ですが、基本身内は新盆(ホントは旧暦の盆?)7月に終わり、8月は親の里方面、ちょっと離れた親族のお盆なので、普通に仕事もしながら、(やりたいことはいっぱいある…)時間はゆっくり目に過ごしています。日本中が夏休みの雰囲気で、これはこれでなんかいいですね。---昨日は、「こども工芸修行 弟子求む!第2弾」わたしは今期参加2回目の「石川県伝統産業工芸館」での、一日箏体験でした。親子で [続きを読む]
  • トルコのみなさんの箏体験でした♪
  • トルコのみなさんの箏体験♪昨日は、お箏体験をトルコの留学生の皆さんに向け、開催しました。楽譜が漢字なので、分かるように書いてはあるのですが、やっぱり「ちょっと難しい」というリアクションの方はいつもいらっしゃいます。でもでも、「難しい」と言う方もいらっしましたが、トルコの皆さんは、実直に挑戦してくれていました。少しのアドバイスで、爪を真っすぐに、押して弾く。それで立派に弾けるようになっちゃった方も何 [続きを読む]
  • 家元先生の講習会でした♪
  • 昨日は、北陸三県 石川・ 富山 ・福井北陸支部主催の「家元講習会」2年に一度、准師範試験前に開催されます。わたしの初参加は、大学生の頃。同期は高校生だった。年齢を重ねて、準備のお手伝いをする側になりましたが、今でもセーラー服のお嬢さんが参加されていると、懐かしくなって、「ふぁいと〜〜?」って萌えますね(笑)一緒に参加していた兄弟弟子が、「家元先生はパワースポットだわ〜?元気出た!」って言ってたのが、なん [続きを読む]
  • 無音のススメ
  • こんばんは〜音楽って面白いですね。わたしに色々な人生の喜びや体験を連れてきてくれる。どんなにか豊かにしてくれているか分かりません。わたしも音楽に恩返ししなくちゃね♪わたしが楽しそうにしていることが一番恩返しになると信じます(笑)先日ふと思ったことは、「豊かな表現、演奏は、自己受容と繋がっている」です。字面でかくと、「なになに?むずかしい哲学的な事言って」って感じかもしれませんが、ざっくり言うと、「カ [続きを読む]
  • 「こども工芸修行 弟子求む!」参加♪
  • こんにちは〜東京の先生に、三味線や歌のお稽古をつけてもらったり、(課題は古典曲です。)「こども工芸修行 弟子求む! 第2弾」(元こどもOK!)こちらに土曜日は「お箏教室」で出店したり、昨日は、流派の東京での演奏会のリハーサルだったりで、日々たんたんと、コツコツとやっております。…よく忙しそうだね〜(これは含みを感じることも多いけど)とか言われますが、間の休憩、一服も大事にしながら、本当にやりたいこと [続きを読む]
  • なんでもない近況♪
  • こんにちは!連休は有意義に過ごしています。遊んだり、勉強したり、レッスンしたり、墓参りに行ったりしています。実家も嫁ぎ先も7月盆。8月も大事な盆、母の里の親戚と、親師匠のご命日。今年もやってくるな〜音楽を主の仕事にして5年目です。箏を始めては29年。三味線始めては26年。長さ自慢のつもりもなく、「年取ったな〜」と(笑)先生がいらっしゃらなくなってからもずいぶん経ってしまった。もしかして15年?時折思い出 [続きを読む]
  • 「集中力は◯◯です。」
  • こんにちは〜!先日、お弟子さんとがっぷりよつで?(笑)レッスンしてた時に、自分でも自分の練習に必要なことだなぁと。言語化して説明してるうちに、「我ながら、ポイントついてていい話しだ。」←自画自賛としみじみしたことがあるので、ちょっとシェアしてみますね。多くの方に指導させてもらうこと、特に学院大の大学生や子ども教室は、入れ替わりで卒業していくので、色々なケースを見せて頂き本当に感謝しております。その傾 [続きを読む]
  • 三味線って面白い♪
  • お箏も好きですが、今日は三味線・三絃の面白さについて書いてみたいと思います。三味線の音は面白いですよ〜三本糸があったら、一本だけ上駒(かみごま)というのに乗っかっていなくて、地歌の場合。さわり山に糸が微妙に触れて、「びりびり…」という雑音めいたものが入るわけですが、このさわりの音が倍音でほかの音やほかの弦にも反響して響くんですね。空気を伝わってるんだな〜音って!!って結構目からウロコの瞬間です。と [続きを読む]
  • 金沢学院大邦楽部☆コツコツ
  • おはようございます^ - ^お稽古場のレッスンも、お互いのコツコツでやっておりますが、「金沢学院大学邦楽部」こちらもコツコツ。新入部員も、4名確定!ありがたいですね〜メンバーが増え、仲良く練習にいそしんでおります。OGなので、かれこれ学生、独身時代から通算どれだけ通ったでしょう?(笑)かつてはいちいち停められた懐かしい顔の警備員さんも、ツーカーで(死語)。慣れっこで通してくれるようになりましたね。ありがた [続きを読む]
  • 箏・三味線習いに行くってどんな感じ?②
  • 「大人の方の学ぶスタイル」について今回は考えてみたいと思います。箏も三味線も、なかなかの大人の趣味ですよね〜(お子さんにももちろんいいのですが)やはり、和ものが好きとか、お着物もちょっと興味あるとか、はたまた、なんとなく邦楽ってかっこいいとか。でも三味線っていっぱい種類があるみたいだけど、分からないからとりあえず来てみたとか。お箏って昔やってみたかったんだけど、大人になるまでご縁がなくって、とか。 [続きを読む]
  • 昨日は東京演奏会のリハーサル♪
  • こんにちは。9月に予定されている、「唯是震一先生追善演奏会」東京の国立劇場大ホールで開催予定。(わたしは世間知らずですが、邦楽界では甲子園のようなところだそうです。誰が言ったのだったか…??)そちらに北陸支部の100人くらいの幹部で出演するので、昨日はリハーサルがありました。わたしは、北陸支部曲「石狩川(秋)」に三弦(三味線)で出演と、唯是スタジオ+弦友会(わたしは弦友会として)「八橋の主題による  [続きを読む]
  • 箏・三味線習いに行くってどんな感じ?①
  • あらためまして、箏・三味線習いに行くってどんな感じ?ちょっとこれで書いてみますね。昨日もお稽古デイ!すき間時間に金沢21世紀美術館に行って、アーティフィシャルな感性をチャージしてきました。現代アートって「よくわからん」と、昔は伝統的な絵画や造形の方が好きでしたが、21世紀美術館が身近になって。「脳みその前提を超える!」感じで、現代アートも面白いなと今は思っています。何でもアートにしてもいい。けどそこに [続きを読む]
  • 習うスタイル。受け取るスタイル。
  • こんばんは。わたしは箏や三味線というややマニアックなものの指導をしながら、自分も30年ほどこのお稽古を今も続けています。30年続いているわけです。人に伝える側になって、続けるコツと言いますか、続くコツについてよく考えます。習い始めのテンションは、新しいことができるようになって嬉しかったり、曲を仕上げていく喜びがあったり。そこは今でもありますね。ここは王道の楽しみ方だと思うので、弾ける曲が増える、難曲が [続きを読む]
  • 久々に弦の彼方♪
  • こんにちは〜5月31日(水)夜「かほく市各種女性団体連絡会」さまにお招き頂き、総会の場にて久々に、クラシックギタリストの垣田 堂さんとユニットで参加。とはいえ、3曲ずつ持ち曲をそれぞれ弾き、コラボで3曲。先日のリハでユニット名を確認するものの、たまーに会うくらいの2人。ユニットでコンサートやったのは去年。「なんだったっけな〜?」な2人。わたしの記憶がなんとか蘇ったのですが、命名者は垣田さんなんですが [続きを読む]
  • ダフネ・ツェライブ ツアーに参加♪
  • 今週はすごく音楽三昧。普段一番やっているのは、お弟子さんのレッスンです。演奏活動は私の中では順番がレッスンの後でした。でも今回の演奏三昧は楽しかった♪月曜日・火曜日にダフネ・ツェさんのライブツアーのサポートメンバーで十七絃を弾かせてもらいました。ちょうど昨年の6月に月曜日の会場 金沢市芸術村でばったりダフネさんに出会い、「来年ツアーの時にご一緒できたらね」という話をしていたのが叶ったのです。音楽的 [続きを読む]
  • インスタントではないこと…
  • こんばんは〜相変わらず、ありがたいペースで演奏するご縁を頂きながら、コツコツみんなと一緒にレッスンさせて頂きながら、日々自分のための精進もさせて頂く…。わたしはこれが好きなので、この感じが。多分何も学びのない毎日はわたしには退屈で。ちょっとMっぽい(笑)ですが、今できていない自分も嫌いではないです。「伸びしろがある」(笑)いい様に言いますが、いい様に言うのはすごくいいことだと思っています。すぐにできな [続きを読む]
  • 29年度「かほく市子どもお箏教室」開始〜
  • こんばんは。先週から、「かほく市子どもお箏教室」29年度開講しました。今年度用の曲も編曲・作曲しました。私は複雑な作曲法は持ち合わせないので、やることはシンプルです。目的は●子どもたちが、箏のテクニックや演奏が面白い!楽しい!と思えること。●子どもたちが、達成感を感じられるレベルにすること●その曲を弾くと、自然に基礎の技術が向上することそう思って毎年一曲作り始めて5年目。最近は、すでに出版されている [続きを読む]
  • 子どもお箏教室☆例年の曲づくり
  • 書いたもののなんとなく寝かしてあった記事(笑)今年も、かほく市の事業、「かほく市子どもお箏教室」が、5月10日(水)より基本第1〜3水曜日19:00〜20:30の予定で、かほく市の小学1年生〜6年生対象に開講いたします。今、参加者募集中です。私がやることと言えば、毎年このころは、今年参加の皆さん用の曲を1曲作ること。ほぼほぼ編曲に近いですが、皆の知っているモチーフを題材に、結構変えてしまうので、違う曲なつもり [続きを読む]