陶じゃみん さん プロフィール

  •  
陶じゃみんさん: 陶king for JAMMIN'
ハンドル名陶じゃみん さん
ブログタイトル陶king for JAMMIN'
ブログURLhttp://toujamin.blog.fc2.com/
サイト紹介文やきもンちゅうのは面白い。焼くっちゅーのが堪らん。陶芸教室もやりながら陶の魅力にはまり込む!
自由文焼き上がりが面白い物、面白くなりそうな物、誰かが創作した作品、教室の生徒が頑張ってる様子、体験人が奮闘してる様、完成したら意外と面白かったりする力作。

個展やイベントへの参加情報はもちろん
困難な注文(高級品の補修だったり、人が作ったピッチャーの蓋だったり・・・)を「できません」と言うのが癪で絶対断らない!(知り合いonlyです)
こんなの載せます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/01/14 22:48

陶じゃみん さんのブログ記事

  • 花器の制作
  • まず4kgほどの土で厚めに挽き土紐を継ぎ足すためと変形させるため、縁が乾かないようにラップする1日置いて叩いて変形させながら上に継ぎ足したり土を盛ったり はたまたろくろで仕上げたりその後さらに乾かしひたすら削る素焼き後、内側に施釉・外側は無釉で還元炎焼成これが完成品土は信楽の細かい白土通常、陶器の土は透水性が有るため焼成後 防水加工を施すが、この土はそれが必要無いとこがグッド!下の3種も同じ過程全部で6種 [続きを読む]
  • 練り上げ楕円小皿の制作
  • 信楽の細かい土、白と黒のみ使用つまりモノクロツートンの練り上げ練り上げ技法はこの準備する土をいかに合わせるかで、模様が決まる。あまり計算が得意ではないので出たとこ勝負が残念な結果になることも多いが数をこなしていくと、「出たとこ勝負」も面白い方向にいくことが多くなった。幾つ作るかも計算しないので 土を合わせただけ作るけど今回は13枚分と少々少ないがこれが終わればまた新しいものが作れるんで、今回は勘弁し [続きを読む]
  • 米国出張レポートその13最終回
  • 2/19(日)・オースチン16日目今日こそ帰国するがオースチン空港発ロスアンゼルス行きが夕方のためしかも日曜日で小野さんも休日のため3人 Mihoさん宅でまったり過ごし、昼過ぎから送ってもらうオースチン空港でお二人と別れ今度こそは帰路へなぜか前日よりセキュリティチェックが厳しくでかい検査官にボディーチェックをバンバンやられると9・11以来仕方ないとはいえこの国の物騒さを思い知る。16:35ロスアンゼルスへ向け、今度は無 [続きを読む]
  • 米国出張レポートその12
  • 2/18(土)・オースチン15日目まだ夜明け前5時半ごろSachikoさんにオースチン空港まで送ってもらう搭乗手続きをやってもらい7:35のサンフランシスコ行きに乗り込みさあとうとう帰国・・・のはずだった待てど暮らせど、ユナイテッド航空UA868便は動かない1度エンジン音が高まったあと、静かになり それっきりなのでどうやらエンジントラブルらしい。時々あるアナウンスは英語とスペイン語でわからないし日本人は1人もいないそのうち1 [続きを読む]
  • 米国出張レポートその11
  • 前回に続き2/17(金)夜・オースチン14日目帰国前日・オースチン大分姉妹都市委員会主催のお別れ会はテキサスらしいカントリーなレストラン 姉妹都市委員会のメンバー中心にDAC関係者や大分に関わりある方などで楽しいパーティーとなった。右写真手前は歓迎夕食会や展示会にも来てくださったDanielLopezさん 左写真、アーティストのMaryAnnVaca-Lambertはわざわざ作品をプレゼントしてくれ右写真、LauraEsparzaさんからは超カラフ [続きを読む]
  • 米国出張レポートその10
  • 2/17(金)・オースチン14日目この日は11日の歓迎夕食会でお会いした姉妹都市委員会のメンバー岩田美香さんに夕方まで観光案内していただいた。最初はハミルトンプール地下水脈が通る洞窟があるところ、数千年前 浸食による崩壊で屋根のように残った。そこに川の水が流れ落ち、天然のプールになったそうな。 右の写真は拝借したもの 次に向かったのは歓迎夕食会と東京エレクトロンの展示会にも来てくれた木版画家の ダリル・ハワ [続きを読む]
  • 米国出張レポートその9
  • 2/16(木)・オースチン13日目の続きSachikoさんと一緒に、展示会をしてくださる東京エレクトロン社へ広いアメリカは、郊外に行けば土地はいくらでもあるのだろう高いビルにする必要がない美しい建物は2階建受付のかっこいいロゴは“TEL”と覚えやすい入ってすぐのロビーで行われる展示の最終確認 こんなカッコ良いパネルを作ってもらった・・・欲しい 展示は大分から一緒に送った、荒金大琳さん荒金節子さん中村清香さん(1週 [続きを読む]
  • 米国出張レポートその8
  • 前日、DACスタジオでの仕事を終えた後夕方 ガードナーさん家族に、夕陽絶景レストランへ連れて来ていただいたテキサスらしいウェスタンな室内で肉の味が凝縮したスペアリブにかぶりつく 食事しながらこの眺め、週末はいっぱいで席が無いらしい 外に出ると、地平線に沈む夕陽が改めてアメリカの広さを感じさせる2/16(木)・オースチン13日目この日から東京エレクトロン社で展示会を始めてもらうにあたり2つのレセプションに出席す [続きを読む]
  • 米国出張レポートその7
  • 2/14(火)・オースチン11日目今日と明日はDACスタジオでワークショップ2日間で3種類の技法を行うためかなりハードで段取りを上手く考えないといけないまず造形的な器を作るためのろくろから ろくろ成形した物を乾かしながら、練上げ土を作る それを使い手びねり・ろくろ併用成形の手本皆それを作ると、今度は最初ろくろ成形した物の変形 1日目はここまででこれからワークショップ2日目オースチン4日目から制作してた作品が焼 [続きを読む]
  • 米国出張レポートその6
  • オースチン・10日目サラが素焼きをうまく焼いてくれてる今日のDACスタジオではこれに施釉し、窯積み本焼きをサラにお願いするとこまでオースチンには街中にテキサス大というマンモス大学があるがもう一つ、セントエドワード大という緑に囲まれた総合大学がある。これからそこへ行き実演することになってるここがその綺麗な大学 さっそくろくろの実演だが、全身に目一杯力が入るなぜかと言うと・・・ここの電動ろくろはみな左回転 [続きを読む]
  • 米国出張レポートその5
  • 2/12(日)・オースチン9日目この日は唯一 丸一日休みであらかじめリクエストしてた、ヒューストンのジョンソン宇宙センターへアメリカでアラスカ州に次ぐ面積を誇るテキサス州は広いひとたび郊外へ出るとだだっ広い平原が広がるハイウェイの両側は、牧場と荒野休憩のため一般道に下りると、敷地がどこまであるかわからない人家があるしかしテキサス州最大の都市ヒューストンが近づくと一気に車が増えカーブが大きいジャンクションや [続きを読む]
  • 米国出張レポートその3
  • 2/9(木)・オースチン6日目16時ぐらいまでDACスタジオで作業して「KOME」という日本食レストランに連れて来てもらい、姉妹都市委員会のメンバーと夕食ここは DACで通訳してもらってるKayoさん夫妻が経営してる3軒のレストランの一つ 初めてお会いするメンバーも皆楽しくて素敵な方々だった刺身や寿司と純日本食をベースに少しアメリカ風にアレンジしたものまで手ごろな価格で食べられるので 大人気のレストラン。 夕食後は皆 [続きを読む]
  • 米国出張レポートその2
  • 2/6(月)、オースチン3日目はあいにくの雨今日は滞在中の活動拠点となるドハティアーツセンター(以下DAC)から見学緊張の中お世話になる人達へ挨拶しながら素晴らしい施設内を見て回るも 余裕無しで写真も無しこれからの制作はここの材料を使うので担当者と打ち合わせする次に制作やワークショップで必要な陶材仕入れに“アルマジロクレイ”という陶材店へ向かう大きな店でオースチンでは陶芸が盛んなことがわかる佇まいがおしゃれ [続きを読む]
  • 米国出張レポートその1
  • 2/4(土) アメリカ・テキサス州オースチンへ向け出発大分市とオースチン市は姉妹都市以前 大分市国際推進室から電話がありある方の紹介で陶じゃみんを視察したいとおっしゃるので気軽に了解すると後日オースチンの姉妹都市委員会の方々を引き連れここを訪れた。この中のおひとりはオースチンのアート施設を統括されてる方でそのアート施設は陶芸に力をいれている。通訳通して「オースチンへぜひ来てください」とおっしゃるので「ぜ [続きを読む]
  • 米国出張レポートその4
  • 2/10(木)・オースチン7日目この日は作品制作、最終日のため一日中みっちり作業明日までに乾かし、素焼きしてもらわないと14・15のワークショップと16の展示会に間に合わない昼食も通訳のKanaさんにファストフードを買ってきてもらいかき込んだ2/11(土)・オースチン8日目1週間ホームステイさせてもらったMihoさん宅もこの日が最後・・・と思いきや後にもう一泊させていただくことになるとは・・・詳しくは最終回で前日一緒に泊まっ [続きを読む]
  • 地元百貨店での個展、無事終了
  • 毎年3月恒例の展示会昔に比べると随分お客さんが少なくなりはしたがここでしかお会いできないお客さんがいらっしゃる以上決して外せない会場のひとつガラスと白い壁が基調の美術サロンは綺麗で見栄えがする今回はいつもの粉引きの器に加え造形的な花器と練上げの器を中心に制作した巻貝ちっくな花器と小さくて丸っこい一輪挿しこの花器は3方向から撮影全て違う形だけど、全て尖った形ちょっと蛸っぽい? 「えぐれ花 [続きを読む]
  • 個展
  • お久しぶりの更新!米国出張レポートをアップしなけりゃならんのだけれどいっぱいありすぎて、なかなかまとまらない。加えてこの個展準備やプライベートが忙しくて・・なのでまず個展のお知らせ3/9〜15 地元百貨店で開催毎年この時期に開催してるけど今回で・・何回めか数えてない有様こんなんでも興味ある方、待っちょります!できればおひとつ!人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 2/4〜19、米国出張のため連絡とれなくなります
  • 大分市とアメリカテキサス州オースチンは姉妹都市で昨年秋にある人の紹介でオースチンから視察に訪れた。そのうちパークス&レクリエーション部歴史芸術自然課課長からオースチンに招きたいと言われ2度とないかもしれないこの機会を逃したくなく単身渡米することにしたのだ。滞在中は主に作品制作とワークショップ それに小学生向けの体験・デモンストレーションなどで観光は3度の日曜日(渡米直後の日曜日は宿泊先近所の公園あたり [続きを読む]
  • 使いこまれたフリーカップ
  • 本当は10年も経ってないけど材料の土がザックリした唐津で粉引してるので、染み込みやすくしかも家内が毎日これで珈琲飲むのでたいそう色が変化してしまった。これが嫌な人もいるだろうが自分は“面白くて素敵な変幻”と感じるのだよ。できればおひとつ!人気ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 今年最後のろくろ体験
  • 12月30日、14時今年最後のろくろ体験予約が2件入ってたが一組がドタキャンで、福岡からのカップルがじっくり行うこととなった。クールな彼とおきゃっぴーな彼女この組み合わせが絶妙で楽しませてもらった。片や慎重に丁寧に、片や思い切りよく大胆に 一緒に湯呑みから始め、次も一緒に飯碗に取り組むけど同じ形を目指しながらかくも違う物へと出来上がる一組ドタキャンがあったおかげで賑やかに右往左往するカップルと一緒にじ [続きを読む]
  • 2カポー
  • 年の瀬に2組のカップルがろくろ体験に来られた一組目は宮崎からのカップルふたりとも黒い服に黒い帽子なれどすこぶる明るく礼儀正しいのでスムーズに体験は始まるそれぞれ丸っこい湯呑みと飯碗?を上手いこと完成宮崎とは高速道路が繋がり気楽にドライブできるようになったねまたいらっしゃい!二組目は熊本の大学生カップルストリートダンスのサークルに所属してるせいかそれともただ若いせいか指導したことを着実にこなしてゆく [続きを読む]
  • クリスマスと その次の日のろくろ体験
  • スマホで写真撮ると、一気に大量の写真を送れるので記念に写真撮りのサービスをすることがありその写真を了解得てここに使わせてもらうわけだ。忙しい時は撮れないこともあり申し訳ないけど余裕ある時はなるべく撮って送信すると大概喜んでくれる。このお二人は最初 ブログ掲載NGだったが彼女が指定する写真ならOKということでこの3枚を使用・・指定されたの初めてやけど大阪から大分・宮崎旅行のついでに立ち寄ったろくろ体験意外 [続きを読む]
  • 理学療法士が念願のろくろ体験
  • 子供の頃から夢だったと言う理学療法士(リハビリする人)お二人がいらしてくれた。このお仕事、最近若い方が富に多くなった。つまり 超高齢社会により需要が高まったせいだと思われるが自分の両親もしっかりお世話になってるのでつくづくありがたいお仕事だと思いながら他のお仕事の方と同等、公平に指導するじゃみんだった。 なかなかのみこみが早いお二人少しずつ 感覚を覚えていき3個ずつ別の種類の器を楽しみながら完成したよ [続きを読む]