月?宗地 さん プロフィール

  •  
月?宗地さん: 都流茶道教室《月桑庵》
ハンドル名月?宗地 さん
ブログタイトル都流茶道教室《月桑庵》
ブログURLhttps://ameblo.jp/darkpent/
サイト紹介文都流茶道教授 月?宗地のblogです。 茶道に関係ないことも書きますが、最近は茶道のことばかりです。
自由文都流は創流百年弱の流派ですが遠祖は荒木村重(道薫)です。茶風は「流れるような優雅さ」とされています。
初代荒木宗仙が「大衆への普及」を目指して創流されました。

趣味で和歌を詠みます。 月?(げっぽ)が雅号、宗地(そうち)が茶名です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供273回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2013/01/15 17:39

月?宗地 さんのブログ記事

  • 【こよみ|八朔】
  •  本日は旧暦八月一日。とうとう葉月になりました。 八朔とは八月朔日つまり、旧暦の八月一日のことです。 IMEで「ついたち」と変換すると「一日」のほかに「朔日」というのが出てくるかと思います。ついでに「みそか」と入れると「三十日」のほかに「晦日」が出てきますよ♪ この頃、早稲の穂が実るので、農民の間で初穂を恩人などに贈る風習が古くからあったそうです。 このことから、田の実の節句ともいわれ、この「たのみ [続きを読む]
  • 【こよみ|文月末日】
  •  本日は旧暦文月末日、七月廿九日です。 旧暦の一ヶ月は丗(さんじゅう)日か廿(にじゅう)九日。 丗日の月を陽月、廿九日の月を陰月といいます。 他の記事でも書いていますが、末日は「月が隠(こも)る」ことから「つきごもり」→「つごもり」→「晦」と書くようになりました。「晦」の字は「くら-い」という意味があり、月が隠れて夜がくらいことに宛てたものです。 晦は丗日の意味から「みそか」とも呼ばれるようになり [続きを読む]
  • 【文化】「文化を売る」ということ〜旧暦の月の別称は新暦の月の別称ではない〜
  •  そもそも、この旧暦の月の別称(旧月名)は「太陰暦の月の別称」だってご存知ですか?  新暦の月の別称ではありません。  なんでこんなことを言い出したか?というと、明治以降の季節感の混乱に終止符を打ちたいからなんです。  日本の文化は四季に育まれて育ちました。微妙な変化を捉え、その小さな変化を大切にしてきたからこそ、細やかな文化が育ったといえます。  四季折々の自然と日本文化は切って切り離せないものなの [続きを読む]
  • 【道歌】茶道具は茶の道やらぬ子や孫に 残す価値とて露ほどもなく
  • 茶道具は茶の道やらぬ子や孫に残す価値とて露ほどもなく 道舜 私は子供が茶道をやらないなら、道具の一切を(家も)、子供には残す気はありませんね(笑) これは家族にはすでに伝えてあります。 すべて茶道をする人に譲ります。 子供が茶道をするなら、子供に譲りますが。 茶道具は使われてこそ茶道具。 ガラスケースの向こうで使われず展示されているものは、もはや茶道具ではなくなってしまいました。 使わない人には譲ら [続きを読む]
  • 【道歌】茶筅をば振るは穂先を動かさず軸に触りて軸を振るなり
  •  茶筅をば振るは穂先を動かさず 軸に触りて軸を振るなり 道舜  茶筅はどういった道具か?と質問しますと、「抹茶を点てる道具」という方がほとんどかと思います。  それって本当でしょうか?  抹茶は「濃茶」と「薄茶」がありますが、その所作をそれぞれ、濃茶は「煉(ね)る」といい、薄茶は「点てる」といいます。  では、どのようにするのか。  茶盌には、基本的見込みに「茶溜(ちゃだま)り」と呼ばれる凹みがあります。 [続きを読む]
  • 【こよみ|二百二十日】
  •  本日は二百二十日(にひゃくはつか)。 二百二十日は、台風などの災害の特異日(季節点)とされています。 八朔、二百十日、二百二十日は、災害の多い日だそうで、農家の三大厄日とされています。特に二百十日は関東大震災の頃で、現在は防災の日として、避難訓練などが学校で行われていますね^^ で、二百二十日は八朔と並んで台風の特異日だそうですよ。 二百十日は台風よりも、稲の出穂期に当たり、強風が吹くと減収となる [続きを読む]
  • 【道歌】道具とは身の丈ほどの物よりも 背伸びしてこそ相応しき物
  • 道具とは身の丈ほどの物よりも背伸びしてこそ相応しき物 道舜  道具というのは高ければいいと言うものではありません。 一つだけ飛び抜けていいものがあっても、他とのバランスが取れなくなるからです。  飛び抜けていていいのは「釜」。 釜一つ〜と詠われている通りですね。  なので、それ以外の物は「身の丈よりちょっと高いものを買う」のが正解とされています。そしてできるだけ「次第」が整っているもの。  共箱と共布 [続きを読む]
  • 【こよみ|白露】
  •  本日は文月十七日。二十四節気の第十五『白露』。 一気に涼しくなりましたね^^ 『暦便覧』では、「陰気やうやく重りて、露にごりて白色となれば也」とあることから「白露」と名づけられた二十四節気の第十五節気が本日からの約二週間です。 秋が極まる秋分までの最後の夏の名残りになります。 和服の衣更えとしては、本日から「褝(ひとえ)」に変わります。 今年は特に涼しくなるのが早いので我が家でも小千谷縮を仕舞って [続きを読む]
  • 【茶道】木屋町棚 惺斎好のこと
  •  師匠のお宅に置かれている桐木地の木屋町棚。  ずーっと気になっていて、誰の好みものだかわかりませんでした。 調べてもでてこない。  困った。  困ったときは菊池商店の宗春先生にお尋ねするのがいい!ということで、質問いたしましたら、即答(笑) 「惺斎ですよ」  さっさと聞いておけばいいじゃないか?と思う方もいらっしゃるでしょう。  違うんですよ。 自分で調べることが大事なんです。  調べてもわからなかった [続きを読む]
  • 【着物】礼服の意味
  •  礼服というのは「法律で定められているもの」というのが「国際的な共通認識」なんですが、現代だとあまりその認識がありません。  なんででしょうか。  と、FBで書いたら、友人が「興味が無いから!」と返してきまして、納得してしまいました(笑)  興味ないんですかねぇ。  洋服にせよ和服にせよ、TPOによって服装は変わります。 ファッションの発展は「カジュアル化」であるとも言われます。 しかし、伝統的な服装は時代 [続きを読む]
  • 【こよみ|中元】
  •  本日は中元です。 中元とは、道教に由来する年中行事で三元の一つです。 旧暦七月十五日が中元で、贖罪の行事が催され、死者の罪も赦されることを願う行事も催されます。 また、旧暦の盆は七月十五日。中元節を起点に考えます。 御盆というのは七月十五日を中心に行われる仏教の「盂蘭盆会」が神道などの祖先信仰の神事と習合して生まれた日本独特の行事です。 そもそも御盆というのが、盂蘭盆の略称としての「盆」とされま [続きを読む]
  • 【着物×茶道】恰好からみる正客の選び方〜案内の心得〜
  •  巷には、茶道で着る和服についてあれこれ書いているブログがありますが、きちんと基本に立ち返ってみたいと思います。  茶道の根幹には「着物の規矩はない」というのが本来の茶道のあり方です。というのは、そもそも「礼服というものは法律で定められるもの」であるということがあるからです。  古くは養老令によって、江戸時代は法度によって、新しくは明治の服装令によって定められました。これ以後は日本の服装令は改められ [続きを読む]
  • 【教室】第四十六回 喫茶体験教室『長月のお茶会へ行こう』10/29
  • _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/「抹茶は甘い飲み物です」_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ お抹茶に抱くイメージってどんなものがありますか? お茶会ってどんなところでしょ? 茶道ってどんなことしてるんでしょ?■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 実は、お茶会って愉(たの)しいところなんです! 一般的なイメージだとしゃべっちゃいけないみたいな感じですかね? [続きを読む]
  • 【こよみ|二百十日】
  •  今日は雑節の一つ「二百十日」です。  これは、立春から数えて二百十日の雑節で、この日は、八朔(旧暦8月1日)や二百二十日とともに、農家の三大厄日とされていて、災害の多い日と言われています。新暦ですとだいたい9月1日または9月2日で、関東大震災の時は、9月2日が二百十日で、関東大震災は9月1日でした。  季節の移り変わりの目安となる「季節点」のひとつ。台風が来て天気が荒れやすいと言われていますが、台風が多い事 [続きを読む]
  • 【茶道】台目畳の意味
  •  茶室のひとつに「台目席」というものがあります。  この台目席というのは「台目畳」を点前座とした茶席のことで、小間の一種です。  台目席は「台目+○畳」という単位で表され、一畳台目、二畳台目、三畳台目、四畳台目などと呼びます。  台目がつくと必ず小間の扱いで、棚物は用いません。  なんで棚物を用いないか?というとそれは台目の成り立ちに関わりがあります。  台目畳は本畳(京間)の四分の三ほどの大きさと言わ [続きを読む]
  • 【茶道】道具の物語
  •  さて、問題です。 先日「お茶会へ行こう」で用いました、以下の道具はどういったことにちなんで七夕の点前に用いたでしょう?^^ ・習心帰大道(狭間宗義禅師筆) ・短冊箱 ・鼓(大鼓)蓋置 ・竹節水指 ・芋の子茶杓(象牙) ・大渡茶入  お答えは全部でなくてもOKですよ♪  何に因んだかおわかりになられますか?(^^)/ 一番簡単なのは、短冊箱ですね(笑)  私のblogをよーーーーーーーーーーーーく読んでいると答 [続きを読む]
  • 【茶道】茶道を習うということは?
  •  何のために習い、何のために教え、何のために弘めるのか。  あなたは何のために、習うのでしょうか。  あなたは何のために教えるのでしょうか。  あなたは何のために弘めるのでしょうか。  ここで言いたいのは、「『何のために』という目的を忘れないのが重要であるということ」です。  日本の伝統文化を知り、受け継ぎ、伝えていくためではないですか?  この「知る→受け継ぐ→伝える」を端的に言い表した言葉が、以前か [続きを読む]
  • 【こよみ|七夕】
  •  本日は旧暦七月七日、七夕です。 七夕は「棚機(たなばた)」や「棚幡」とも書き、元からあった日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と結びついて、精霊棚とその幡を安置するのが7日の夕方であることから「七夕」と書くようになったのだとか。 棚機津女とは、個人の名前ではなく、村で選ばれた巫女のことで、水辺で神の降臨を待つという「禊ぎ(みそぎ)」の行事があったそうです。 この行事は「雨乞い」の行事でもあり、水 [続きを読む]
  • 【教室】第四十六回 喫茶体験教室『長月のお茶会へ行こう』10/29
  • _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/「抹茶は甘い飲み物です」_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ お抹茶に抱くイメージってどんなものがありますか? お茶会ってどんなところでしょ? 茶道ってどんなことしてるんでしょ?■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 実は、お茶会って愉(たの)しいところなんです! 一般的なイメージだとしゃべっちゃいけないみたいな感じですかね? [続きを読む]
  • 【着物】茶会に小紋はありかなしか?
  •  FBのスレッドに「絽の小紋をお茶会に着ていいか?」というようなスレッドが立ちました。 「客ならあり」とする人たちがいる中で、私は「最低でも一つ紋色無地」と発言します。まぁ、訪問着もナシではないですが、茶道を習っているなら一つ紋色無地ですね。  ハッキリいいまして「客なら小紋でいい」と教えるような先生、私は信用しません。  以前、母がとある方から「(稽古場に)炉を切っていない先生は信用できない」という [続きを読む]
  • 【道歌】 下げし釻に腰の帛紗は捌かずに 上げる釻にては帛紗用ひず
  • 【道歌】下げし釻に腰の帛紗は捌かずに上げる釻にては帛紗用ひず 道舜  鬼面風炉の釻を下げるときは、腰の帛紗を用いますが、この時帛紗は捌かず、たたんで用います。  この時、帛紗を用いるのは、炭が入り、釻が熱くなっているためで、捌かないのは点前に用いるときに道具にあたる部分を釻にあてないためです。  また、点前が終わり釻を上げるときは、釻は冷めていますので、素手で行います。  こうした小さな所作にも、一つ [続きを読む]
  • 【こよみ|処暑】
  •  本日は処暑。 朝夕の秋風が心地よくなってまいりました☆彡☆彡☆彡 処暑は二十四節気の第十四節。『暦便覧』では「陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也」と説明され、台風襲来の特異日とも言われます。 萩の花が咲き、穀物が実り始めます。厳しい暑さが峠を越し、朝夕は涼風が吹き、山間(やまあい)では早朝に白い露が降り始め秋の気配を感じます。 処暑とは「暑さが終わる」ことを意味します。 処は「處」の新字 [続きを読む]
  • 【道歌】点前をばいたす召し物紋付けて 色無地五役無紋の定めに
  • 点前をばいたす召し物紋付けて色無地五役無紋の定めに 道舜  異論はあるとおもいますが、私は点前する人が訪問着や附下を着るというのは、よろしくないと考えています(振袖は別)。  まず、訪問着は「略礼装に準ずる」のであって、「略礼装ではない」という点に注意が必要です。  また、亭主側は、本来客よりも格の高い着物で迎えるべきであるということも大事です。  附下は訪問着の略式です。 訪問着の略式ということは「 [続きを読む]
  • 【道歌】流儀とは流祖の思ふ習ひかな 正しくもあり正しくもなし
  • 流儀とは流祖の思ふ習ひかな正しくもあり正しくもなし 道舜  流儀でこうするからといって、他流ではそうしないかもしれない。これが絶対である……ということはなく、それが何故そうであるのかを知ろうとせずに、他流を貶めてはいけません。  また、そのときに「何故、自流はそうしないのか?」という疑問を持ち、その答えを用意することが大事です。  その上で他流でそうであるのは何故か?という教えを乞うべきです。流儀と [続きを読む]
  • 【教室】第四十五回 喫茶体験教室『お茶会へ行こう』9/24
  • _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/「抹茶は甘い飲み物です」_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ お抹茶に抱くイメージってどんなものがありますか? お茶会ってどんなところでしょ? 茶道ってどんなことしてるんでしょ?■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 実は、お茶会って愉(たの)しいところなんです! 一般的なイメージだとしゃべっちゃいけないみたいな感じですかね? [続きを読む]