bigkenny7 さん プロフィール

  •  
bigkenny7さん: 鈴木健一 ゴルフブログ
ハンドル名bigkenny7 さん
ブログタイトル鈴木健一 ゴルフブログ
ブログURLhttp://suzukikenichigolf.naganoblog.jp/
サイト紹介文ゴルフ上達法を紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2013/01/15 18:12

bigkenny7 さんのブログ記事

  • グリップを変えたら上手くいく人 、変えたら下手になる人
  • ゴルフのグリップ(持ち方)はとにかく大事 大事だからこそ、グリップを変えたらめちゃめちゃ簡単に打てるようになったりします でも、そのそれだけ大事なので グリップを変えたら全然おかしくなったりします グリップをとても大事ですグリップを変えてもいいのは、 ・ビギナー (簡単に良くなります)・長年やっても上手くいかない方(ポイントをちょっと変えるだけで変わります) グリップを変えてはいけない方・上級者・女性 [続きを読む]
  • ゴルフが上手く行かない方への 基本
  • ゴルフがなかなか思うように行かない方へ 基本からやり直したい方はたくさんいらっしゃると思います そんな方は、ゼロから全部やり直す必要はありません グリップでも気をつけたいポイントだけしっかりやればかなり改善します でもグリップを変えてもよいのは、ゴルフが全然うまく行かないと感じている方だけです 上級者はグリップは変えない方がうまくいきます ゴルフがうまく行かない方、ビギナーはグリップのホントのポイントを [続きを読む]
  • 股関節の痛みや違和感
  • 股関節に痛みや違和感がある方は結構いらっしゃいま 股関節はすこし固くてもスイングには大きな影響はありませただ、痛みや違和感 ずれがあると スイングに大きな影響がありま股関節を痛めて、ゴルフが下手になることはかなりあります股関節がスムーズに動くように、骨盤 腰まわりを動くようにすると股関節の痛みは改善することも多い 昨日もその辺りの改善でかなり打ちやすくなっていたので、股関節に違和感があって、スランプの [続きを読む]
  • 肩甲骨が使えるとなぜ、ゴルフがうまくいくのか
  • 肩甲骨が使えるとゴルフは格段に楽になります 肩甲骨が使える状態にしてあげるだけでも結構かわります何故うまくいくかもというと ① 肩が回りやすくなる②フォローへの振り抜きがスムーズになる③ヘッドが加速するなどの効果があるので 飛距離が出て、曲りづらい 肩甲骨の動きとして、実は上下の動きがとにかく大切です肩甲骨が上下に動きやすい状態を作ってあげるとスイングがかわりまゴルフが楽になります鈴木健一 ゴルフアカ [続きを読む]
  • 雨の日のゴルフをほんきで考える
  • 雨の日に本気でいいスコアにするには ゴルフをはじめたことから雨が得意で 雨の方がスコアがよいということがありました 大事な試合も雨だと成績がよく、ツアーの予選会で四日間競技の時に 3日目までずっと雨がひどくて その間はいいスコアで上位にいて、最終日 すごくいい天気になったら 大叩き いい思い出まず、差がつくのは準備段階 ① タオルもしくはキッチンペーパーを携帯 キッチンペーパーがホントに便利 常にバックに入れ [続きを読む]
  • つま先上がりから上手く打つ方法
  • つま先上がりから 距離を飛ばしたい時は、 まず、2番手大きめのクラブを持つ 短くクラブを持つ ターゲットより5ヤード右を狙う スタンスは狭くする ボールに近づく すこし棒立ち気味にアドレスをするこれでいままでよりかなり上手く行きますよ鈴木健一 ゴルフアカデミー 公式ホームページwww.suzuki-kenichi.comお問合せ フォームTEL 09042113004 鈴木info@suzuki-kenichi.com [続きを読む]
  • バンカーが上手くなっちゃう方法②(毎回同じところにヘッドが落ちます)
  • 続き アドレスを変えると毎回同じところへヘッドが落ちるようになります②アドレスの取り方 スタンスは少し広めにして、 左のつま先は15度くらい外へ広げて、 右足のつま先はほぼまっすぐ前をむけますそして、右の腰を左へ寄せます そうすると、左脚の膝つま先と 右足の膝の内側足裏の内側に力が入るようになります ③アドレスで左に寄せた右腰が 右へ流れないようにバックスイングをして打ちますこれができれば、ヘッドは同じと [続きを読む]
  • バンカーが上手くなっちゃう方法(毎回同じところにヘッドが落ちます)
  • バンカーが上手くなるには 今まで、バンカーから一発で脱出したり、上手くバンスを使って打てるようにする方法など いろいろ開発して来ましたが 今回発見した新しいやり方は、上級者のようなバンカーの出し方ができる プロが無意識にやってる下半身の使い方で これをやれば ボールの手前を打ちすぎたり トップしたりがかなり減ります練習方法 ①練習場のマットでバンカーのつもりで素振りを5回します この時 毎回同じところにヘッ [続きを読む]
  • ショットはボールの位置で決まる
  • ボールの位置によって、球の飛び方 当たり方は かなり変わってきます 球が低くなってきたら、少し左に置こう 球が弱く 高くなってきたら 、少し右に置こう これだけでも結構かわりますよ自分のボールの位置をみつけて、コースでも同じ位置におけるように工夫しましょう鈴木健一 ゴルフアカデミー 公式ホームページwww.suzuki-kenichi.comお問合せ フォームTEL 09042113004 鈴木info@suzuki-kenichi.com [続きを読む]
  • アプローチの距離感
  • アプローチの距離感に悩んでいる方 これをやればかならず距離感がよくなる方法があります 少し面倒で 少し時間がかかりますがかならず距離感がよくなります ① 歩測をして、ピンまで何歩あるか をかならず測る②落としたいところを決めて、そこまで何歩か測る これを徹底的にやります 練習場では、落としたいところへ落とす練習を徹底的に練習します これをやればかならず距離感はよくなります ぜひ、続けてください落とし場所を見 [続きを読む]
  • ロングパットの距離感を合わせる方法
  • 人間の目は奥行きが掴みづらい構造です つまり、距離感を掴むのは結構難しい ロングパットはほぼ全員ショートしてしまいます解決方法は二つあります ①は先ほどの記事に書いた 球を浮かす②「いち に 」 といいながら 早いリズムで打つこれがすごーく重要 みなさん、ロングパットは振り幅を大きくしたいのでゆっくりになってしまう ゆっくりでは飛ばない 早くすれば簡単に飛ばせます 勇気を出して 「いち に」で振っちゃいま [続きを読む]
  • グリーンの外からパターを使って 距離を合わせる方法
  • これは、コースレッスンでやると驚くほど効果がある ロングパットの距離感もかなりよくなる意外にレッスン書には書いていない内容かも ポイントは、球をとにかく浮かすように打つ そんなことできるのかと思う方も多いけど意外にみんなできる 球が浮けば芝の抵抗は格段に減る10分の1 くらいになる 打ち方は 球を目一杯左におく手首を使って、球をあげるように打つ これをたくさん練習しよう そしたら グリーンの外からでも簡単に距 [続きを読む]
  • スコアがいい人の共通点 これはほぼ全員に当てはまる
  • スコアがいい人の共通点 、ゴルフか上手い人の共通点筋力がなくても、上手い人はいる体が固くても 上手い人はいる 飛ばなくても上手い人がいる でも、これはほぼ間違いない共通点は ゴルフが上手い人は、コースをよく覚えているコースを覚えられない人で ゴルフが上手い人もまずいない青木功さんは、昔の試合のショットまで全部覚えているとかみなさんもコースをよく見て、コースを覚えられるようにしましょう あと、肩甲骨が動か [続きを読む]
  • 将棋とゴルフ
  • 将棋のプロは、よく100手以上読んでいるって聞きますよね 藤井聡太四段とか 若いし、瞬時にたくさん読んじゃうんでしょうね 羽生善治 三冠は、たくさん読まないでも 大局観というやつ いわゆる雰囲気でなんとなくわかるらしい ゴルフの場合、あんまり先のことまで考えたら上手くいかないのだ 雰囲気で戦略を立てるのも大切だけど、グリーンまで行くのに 何ヤードずつ どのルートで行こうかなあくらいは前もって 戦略を立てておくの [続きを読む]
  • 肩甲骨が動くと楽だよね
  • 具体的な話は置いといて、 肩甲骨が動きやすい状態を作ってからゴルフをすると格段にゴルフは易しくなります 普通振れば上手く行くって感じになる 肩甲骨が動きづらい状況で、ゴルフをすると結構複雑なスイングをしないといけない 肩甲骨が動く状態にすること めちゃめちゃ重要です鈴木健一 ゴルフアカデミー 公式ホームページwww.suzuki-kenichi.comお問合せ フォームTEL 09042113004 鈴木info@suzuki-kenichi.com [続きを読む]
  • 深いラフから距離を稼ぎたいとき
  • 深いラフから距離を稼ぎたい時7番ウッドを持って、アドレスでフェースいつもよりちょこっと右へ向けます (3°くらい) アドレスした時に、ボールの一番下と クラブフェースの一番下の高さを合わせます ラフが深くなるとこの高さを合わせるのが難しいボールを沈み具合をよく観察して 高さを合わせようそれができたら、あとはとにかく力まないように振り抜くこと力むと芝の抵抗が強くなり 力まない方が芝の抵抗は減りますそれができ [続きを読む]
  • バンカーから 距離を飛ばしたい アマチュア編
  • グリーンから少し離れたバンカーで、グリーンまで届かせたい時 つまり、30ヤードから40ヤードのバンカーショット まず、大切なことは このバンカーには絶対にいらないようにコース戦略を立てること これがまず第一 次に、距離があっても脱出できれば良いと思って打つそれでも少し飛ばしたいときは、 ①ピッチングウエッジでバンカーショットをする②フェースを返しながら フツクするように打つのどちらかをしてみましょう これをや [続きを読む]
  • バンカーで距離を飛ばしたい時 上級編
  • バンカーから距離を飛ばしたい時 30ヤードから 40ヤードのバンカー タイガーウッズもゴルフでもっとも難しいショットと表現していました。 ①アドレスで手を下げないようにする 少し手を出し高めにする② バンスのトウ寄りが地面に当たるように コックを使わないで打つこれでかなり距離がでます ただ、トウ寄りで地面を打つと、バンスが強くはねて 飛ぶように設計されているサンドウェッジを使うことが前提です うまく作られている [続きを読む]
  • ラフから打つとタップしてしまう方
  • だいぶラフが伸びてきましたね コースレッスンで、よくあるお悩みが ラフでトップしてしまう チョロが出てしまう というお悩みです多くの方がラフの抵抗に負けていると思って、もっとしっかり振らなきゃとか 短いアイアンで打たなきゃと考えている方が多いです もちろん、ラフの抵抗に負けて飛ばないこともありますが、結構多いのが ボールの頭を打ってしまっている場合です ラフが長くなって、ボールが芝の中に沈むと ボールの頭 [続きを読む]
  • 最短でコースデビューするには?
  • 最短でコースデビューするには?① 合理的な持ち方② クラブヘッドを動かす感覚をつかむ③ ボールに当てる感覚、タイミングをつかむ④ パターでまっすぐ打てる動きを覚える⑤ グリーンに乗せられるアプローチ⑥ ドライバーでそこそこ飛ばすポイント⑦ 最低限のマナー⑧ コースで楽しくプレーするためのポイントここまで、抑えておけば 最短でコースデビューできます。同伴者の協力があれば、9ホールのハーフプレーまでは [続きを読む]
  • グリーンの読み
  • コースレッスンで、どんなことをテーマにやりましょうかねって、聞くと最近グリーンの読み方を知りたいです というのが、よくあります 『すぐにパット数を減らせるグリーンの読み方』を作成しました。 昨日は、それを見ながら解説しながらコースレッスンをしました。コースレッスンをやりながらおもうことは、パターはまっすぐ打てて 読みが外れて 入らなかったのか そもそも読みと違うところへ打ってしまったのか どちらが原因か [続きを読む]
  • ゴルフバランスがあるか
  • ゴルフにおいて、身体のバランスはとても大切です 身体のバランスが、ゴルフでよいスイングができる状態にあるかを 「ゴルフバランスがあるか」 といい呼びます ゴルフバランスがあるかをチェックする方法 椅子に座って、左右に上半身ねじります 右は捻った時に自然に右のお尻に体重がのり、左へ捻った時に左のお尻に体重が自然になる方はまずは ゴルフバランス 骨盤編は合格ですもし、これで左のお尻に自然にならないなどの問題が [続きを読む]
  • 飛距離アップには自分のパワーの発生するポジションを知ろう
  • 飛距離を伸ばすには、自分のパワーが出るポジションを知ることがとても大切 自分のパワーの発生するポジションにバックスイングで持っていけるとそこからヘッドを加速できます 加速できる場所は、人によって変わりますので 自分の位置を、見つけるようにアドバイスしていきますが 大きく分けて、二種類のパワーポジションがありますこの2つは、全然違うスイングなので、自分のポジションと反対のスイングをすると加速できなくなり [続きを読む]
  • 飛距離アップには自分のパワーの発生するポジションを知ろう
  • 飛距離を伸ばすには、自分のパワーが出るポジションを知ることがとても大切 自分のパワーの発生するポジションにバックスイングで持っていけるとそこからヘッドを加速できます 加速できる場所は、人によって変わりますので 自分の位置を、見つけるようにアドバイスしていきますが 大きく分けて、二種類のパワーポジションがありますこの2つは、全然違うスイングなので、自分のポジションと反対のスイングをすると加速できなくなり [続きを読む]