ロージア さん プロフィール

  •  
ロージアさん: それはすべての薔薇
ハンドル名ロージア さん
ブログタイトルそれはすべての薔薇
ブログURLhttp://rosiergarden.blog.fc2.com/
サイト紹介文BL小説を中心に、BLコミックス、BLCDなどの感想記事を書いてます。毎日更新目指してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2013/01/18 11:41

ロージア さんのブログ記事

  • 松幸かほ「狐の婿取り〜イケメン稲荷、はじめて子育て」
  • 松幸かほ「狐の婿取り〜イケメン稲荷、はじめて子育て」クロスノベルズ2017/3/10大好きシリーズの新作が次々出てくれるので嬉しいです〜。今回はメインの二人のお話ではなく、別カップルのお話ではありますけども。陽ちゃんとは別の新しいちっちゃい子が出てくるのね?LOVEはどうなるんだ?とかいろいろ読む前に気になっていたんですが、ああ、そういうことか!と。LOVEもちゃんとありました!子育てメインなお話ではあるけども。 [続きを読む]
  • 梶ヶ谷ミチル「おはようからおやすみまで」
  • 梶ヶ谷ミチル「おはようからおやすみまで」オンブルーコミックス2017/1/25大好きな作品、「放課後の不純」の続編です!!高校生同士の恋愛ものらしい作品でしたが、大学生になった二人の話が読めるなんてっ!とうことで。「放課後の不純」の感想は→こちらスピンオフ作品「夜まで待てない」の感想は→こちら水谷くんが相変わらず可愛いです。同じ大学に通うことになり、同居(同棲)生活を始めたふたり。やっぱりソファ欲しいな、 [続きを読む]
  • 夕映月子「運命の転機は三十歳でした」
  • 夕映月子「運命の転機は三十歳でした」クロスノベルズ2017/1/10三十歳になっても独身だったら一緒に住もう、と約束したのは大学生時代。実際に三十になってみて残ってたのは多岐川と東元。多岐川はジャイアン、というあだ名のとおりの自己中人間ですけども、そのせいか独身w東元のほうは、研究職。酔って東元の誘いのままに多岐川は同居を承諾して、二人は一緒に暮らし始めます。あっという間に東元なしでいられなくなった多岐川の [続きを読む]
  • ジョシュ・ラニヨン「フェア・プレイ」
  • ジョシュ・ラニヨン「フェア・プレイ」モノクロームロマンス文庫2016/12/14前作が出てからもう3年・・・内容は忘れてましたww自分の感想記事読んでようやくなんとなく思い出したり。前作の感想記事は→こちら海外BLというより、ほぼ翻訳ミステリーですね、ジャンルとして。とても面白かったです!!元FBIで今は大学教授のエリオットと、現FBIのタッカー。前作すったもんだあった二人、同棲はしていますし、ベッドの中も [続きを読む]
  • 波真田かもめ「放課後はちみつ」
  • 波真田かもめ「放課後はちみつ」ダイトコミックスBL2016/12/23高校生同士です。初々しい!可愛い♪クラスメイト蜂谷が気に入らないミツオくん。イケメンで友達たくさん、目立つ生徒、見ててイライラ。でも思いがけず優しくされ、親しくなって、今度はとても気になる存在に!イケメンクラスメイトにキスされてドキドキなミツオくん可愛い!でも、蜂谷の気持ちは描かれてないので、読んでるほうもドキドキします。真剣なの?遊びやか [続きを読む]
  • 凪良ゆう「闇を呼ぶ声ー周と西門ー」
  • 凪良ゆう「闇を呼ぶ声ー周と西門ー」プラチナ文庫2017/1/12ホラーテイストなこちらの作品、とても面白かったです。霊を祓う一族なのに、今はその仕事をせず、所有不動産の管理人業務をしてる周。そこへ、同じ一族のひとり、西門がやってきて一緒に仕事をすることになる。人懐こくて話しやすい雰囲気の西門は、高齢者の見守りに近い管理人業務もそつなくできる。仕事がなければひきこもっちゃいそうな周は面倒と思いつつ相手をして [続きを読む]
  • BLCD「きこえる?」
  • ドラマCD「きこえる?」フィフスアベニュー2016/10/12桜橋樹  小林裕介湯之口新 山中真尋井田拓真 古川慎調子に乗って、BLCDの感想を続けて書いてみます。これ、原作の感想は→こちら原作コミックスはけっこうお気に入りでした。で、CDも期待たっぷりで聴いてみました。少々辛口なとこもあるので、ご注意を。 [続きを読む]
  • BLCD「妓楼の軍人」
  • ドラマCD「妓楼の軍人」Ginger Records 2015/11/27キャスト月里蓮 斉藤壮馬藍芙輝 平川大輔李元帥 成田剣桂木  代永翼久しぶりにBLドラマCDの感想です。アニメブログの方にはたまーに書いてたんですが、こっちではお初暴露ですかね・・、私、実は、最近すっかり壮馬くんファンでして。彼の出演作、アニメはチェックしてますが、CDまではなかなかできてなかったので、これからボチボチ聴いていきたい。そんなわけで壮 [続きを読む]
  • 葦原大介「ワールドトリガー18」
  • 花粉症シーズン真っ只中。今日は家にこもっております。明日もこもる予定です。というわけでJ庭は参加しません・・・。寂しいけど、今のところ会社がものすごい状況で、疲れ果てたうえに花粉症発症で、この土日は完全お休みとしました。行かれる方お気をつけて楽しんで行ってらっしゃいませ!!花粉症で発熱とか頭痛とか経験ありますけど、最近知った話では、自律神経も乱れるとか。そーなの!?思い当たる節とってもあるんですけ [続きを読む]
  • 宮緒葵「華は褥に咲き狂う〜鬼と剣〜」
  • 宮緒葵「華は褥に咲き狂う〜鬼と剣〜」ガッシュ文庫 2017/1/27前作がけっこうツボでしたので、続きが出たというので買ってみました。前作の感想は→こちら時代劇ファンならずとも知ってるだろう、某暴れん坊なんちゃらみたいな感じなのが楽しいシリーズ。将軍家正室たる御台さま、純皓が攻。受である八代将軍光彬さんはこの妻とラブラブイチャイチャな毎日ですが、仕事はしっかりしています。今回は、恵渡(えど)での連続辻斬り [続きを読む]
  • 砂原糖子「毎日カノン、日日カノン」
  • 砂原糖子「毎日カノン、日日カノン」ディアプラス文庫 2017/2/10ディアプラスの雑誌に載ってたのを見て、面白そうと思って読んでみました。表紙イラストやタイトルから想像するとおりの、可愛いお話!ほんわか癒されました。名家のお坊ちゃま、澄一が家を出て独立する際、一緒に来てくれと望まれて同居に至った可音。代々主家にお仕えする使用人の家柄だったため、まったく疑いもなく「住み込み使用人」の依頼だと思いこんだ可音 [続きを読む]
  • 2017年3月の購入予定
  • 2月はあっという間に月末ですね・・・この土日はフルに動いてお疲れモードで更新しなくてすみません。3月の購入予定です。なんだかたくさんありますね。この中から厳選になるかな。間違いがありましたら申し訳ありません。(BL小説)3/1  浅見茉莉「狼伯爵のごちそう花嫁」 ルビー文庫3/1   鴇六連「一角獣は楽園にまどろむ」 ルビー文庫3/7  月東湊「偽りの花嫁と真実の恋」 B-PRINCE文庫3/7   秋山みち花「皇子と刀 [続きを読む]
  • 砂原糖子「猫屋敷先生と縁側の編集者」
  • 砂原糖子「猫屋敷先生と縁側の編集者」キャラ文庫2017/1/27小説家と編集者のお話です。ファッション誌の編集をやっていた晶川は雑誌が休刊となり文芸誌に異動。馴染みのない文芸に加え、気難しい作家・本屋敷を担当することになりました。訪ねてみると、人間は出て来ず、猫に迎えられるばかり。しかも本屋敷は全然原稿を書かない人。成り行きで、いわゆる「身体で原稿をとる」関係になった二人なんですけども。この猫屋敷先生が年 [続きを読む]
  • 華藤えれな「獣王の貢ぎ嫁」
  • 華藤えれな「獣王の貢ぎ嫁」B-PRINCE文庫2017/2/7今回はアイルランドを舞台にしたお話です。いろいろな国を舞台にしても、それらしさがあるのがえれな先生のお話の特徴でして、私が大好きな点でもあります。アイルランドは妖精の伝説とかいろいろ不思議な物語の宝庫というイメージです。このお話もそういった関連から。呪いのかかった島や集落。町から送られる生贄の花嫁。ホラーっぽい怖い話系と思いきや、おとぎ話のような雰囲気 [続きを読む]
  • 村上左知「僕のかわいい王子様」
  • 村上左知「僕のかわいい王子様」KARENコミックス 2017/1/28村上さんといえば、百合百合しい受同士のカップリング。この作品もそのジャンル(?)です。本当に二人とも可愛くて、受と受でそのままいて!と言いたくなりました。舞台は男子校。世界史担当高森先生は、ゲイネコとしていつもお肌を手入れし、努力を怠らない。もう一人は物理教師の千原先生、天然系ネコ。同類はわかるらしい。同じ部活の顧問になったことで、近づいてい [続きを読む]
  • 沙野風結子「帝は獣王に降嫁する」
  • 今日は「劇場版黒執事」を友人と観に行ってきました。原作読んでるんで話は知ってたけど、劇場の大きい画面にはふさわしいドラマチックなお話でした!池袋の映画館に行ったので、映画のあとはアニメイトや乙女ロードをふらふらしていろいろと本をゲットしました。今月入ってから、仕事でいろいろイやなことが多くもやもやしてましたけど、今日一日とても楽しかったので少し浮上できました!映画の感想はそのうちアニメブログのほう [続きを読む]
  • 月東湊「聖王騎士の甘い溺愛〜異世界の恋人〜」
  • 月東湊「聖王騎士の甘い溺愛〜異世界の恋人〜」ルビー文庫 2017/2/1異世界トリップもの。主人公の航と、友人の健太が、公園で知り合った異世界からきた騎士・キースが帰るとき巻き込まれて一緒に異世界にトリップしてしまうというもの。ファンタジーらしい雰囲気があってとても面白かったです。異世界との転送そのものが魔術師によるもので、異世界での生活が安泰にいかないのも、ハラハラはしましたが、起伏に富んだ物語になって [続きを読む]
  • 安曇ひかる「やさしい鬼とひとつ屋根」
  • 安曇ひかる「やさしい鬼とひとつ屋根」ルチル文庫 2016/11/25皆様の評判が良いみたいなので読んでみました。ほのぼの〜とした前半から、後半、いきなり暗く重い展開になったので、いったいどーなるんだ!?とハラハラしてしまいました。「鬼」が見える特異体質(?)な史遠が、ダーツの旅(笑)で行った先の田舎で、世話になった何でも屋の親子とのほのぼの交流話が前半。この子ども、楽が可愛いのです。保育園不登園になった原因 [続きを読む]
  • 水壬楓子「誓いをどうぞ」
  • 水壬楓子「誓いをどうぞ」ガッシュ文庫 2017/1/28シリーズ4作目の最終巻。今までは新装版でしたが、これは新作ですね。BL王道のゴージャス攻にマイフェアレディされたモデルのお話。今回はニューヨーク舞台に、ファッション業界でこれからどう生きていくかという暁斗くん。それを見守る桐原氏は、相変わらずとっても心が狭いwww前作までも読んでて、大人げなくて可愛く思えた桐原氏、頑張って我慢もしようとしてるところは評 [続きを読む]
  • 水壬楓子「満月の夜は吸血鬼とディナーを」
  • 水壬楓子「満月の夜は吸血鬼とディナーを」リンクスロマンス 2017/1/27ファンタジー新作です。とっても面白かった〜!魔物を狩る役目を担ってる神父の真凪と、一緒に魔物狩りをする契約を交わした吸血鬼のヒース。神父と吸血鬼だなんて厨二精神がウズウズしますわ♪大司教やら騎士やらも登場歓迎です。何百年も生きてるヒースはオッサン攻にカテゴライズがちょうど良さそうです。飄々としていながらも、真凪には大人しく従ってた [続きを読む]
  • 高久尚子「僕はすべてを知っている5」
  • 高久尚子「僕はすべてを知っている 5」 キャラコミックス2017/1/25二人の恋の行方が気になって仕方ないので、待ちわびた新刊です。4巻の感想は→こちらあああ、またこんなとこで待て次巻ですか〜!!どうなっちゃうのか気になって仕方ないところで終わりです。ううう、これは雑誌を読むしかありません。お互い「好き」という自覚がはっきりしただけで何歩も前進しましたね、良かったです。その前に、耐久レースみたいな長いい [続きを読む]
  • 佳門サエコ「ふたりの息子に狙われています 2」
  • 佳門サエコ「ふたりの息子に狙われています 2」 ディアプラスコミックス 2016/12/1まさか2巻が出るとは・・・。さんぴーエロエロな双子(攻)と、受の義父のお話第二弾です。前作の感想は→こちら今作での大きなできごとは、双子の母親、が現れたことですね。今まで放っておいて突然って何かあるでしょ、って感じですが、啓一は動揺してしまいます。普通の親子なら、血はつながってなくても、ずっと一緒にいたから・・とかの [続きを読む]
  • 2017年2月の購入予定
  • 毎年のことですが、来月早々、我が家でホームパーティー開催が決まりました。・・・そうです。毎年頭を悩ませられる、アレですわ。BL本、どうしよう、です。オタクグッズはこの際、問題はない。今までアニメ柄のカレンダー飾ってても何も言われたことないし。でもBL本はやっぱり隠したい。頑張ろう・・・。(BL小説)2/1  月東湊 「聖王騎士の甘い溺愛〜異世界の恋人」 ルビー文庫2/7  華藤えれな 「獣王の貢ぎ嫁」 B-PRIN [続きを読む]