ロージア さん プロフィール

  •  
ロージアさん: それはすべての薔薇
ハンドル名ロージア さん
ブログタイトルそれはすべての薔薇
ブログURLhttp://rosiergarden.blog.fc2.com/
サイト紹介文BL小説を中心に、BLコミックス、BLCDなどの感想記事を書いてます。毎日更新目指してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2013/01/18 11:41

ロージア さんのブログ記事

  • 扇ゆずは「ジュリアが首ったけ3」
  • 扇ゆずは「ジュリアが首ったけ3」ビーボーイコミックス2017/5/10続きが出ました!前の巻の感想は→こちらそしてこの巻で終わってません!読まれた方の感想が、「続きがきになる!」というのが多かったので、あら、話が終わってないのか・・どうしよう待とうかなあ、なんて思ったけど、やっぱり気になって読んでしまいました。確かに、これは続きが気になる!どーなるんだろう・・でも「安全ベルト」があるそうです。ハッピーエン [続きを読む]
  • 大和名瀬「彼が俺を好きすぎて困る」
  • 大和名瀬「彼が俺を好きすぎて困る」ガッシュコミックス2017/5/10異性に好かれすぎてトラブル多発でうんざりして生きている完璧なイケメンが恋をした!という、ラブコメ。とーっても笑っちゃいました、楽しかった〜。名瀬さんのラブコメは可愛いし楽しいしでお得気分♪弟の友人の那月のカメラの被写体になったことがきっかけで那月に恋をし、それ以降「残念なイケメン」道まっしぐら。SNSで恋心を込めたセンスのないポエムを発信し [続きを読む]
  • 小林典雅「国民的スターと熱愛中です」
  • 小林典雅「国民的スターと熱愛中です」ディアプラス文庫2017/6/9大好きな作品の続編が出たので早速購入しました。前作の感想は→こちらタイトルどおり、前作で運命の出会いをして、国民的スターの旬は、葛生さんと恋人同士になれたお話のその後。前半ではバイのカメラマンに誘われたり、それが週刊誌の記事になったり、葛生さんが嫉妬したりといろいろありますが、基本的にはバカップルになり果てた二人のその後のいちゃいちゃ、と [続きを読む]
  • 安西リカ「ふたりでつくるハッピーエンド」
  • 安西リカ「ふたりでつくるハッピーエンド」ディアプラス文庫2017/6/9中堅俳優の岩舘さんと、ぴちぴち大学1年生役者志望くんの年の差恋愛ものです。とても良い年の差ものでした、こういうの好き♪ふたりとも性格が良いです。芸能界に子供の時からいる岩舘さん、息をするように演技できる人ですけど、おおらかで素敵な人ですわ〜。40歳になる、としきりに気にしてますが、きっとそう見えないんだろうな。でも相手が18歳となると、さ [続きを読む]
  • 月村奎「きみはまだ恋を知らない」
  • 月村奎「きみはまだ恋を知らない」SHYノベルズ2017/5/31大好き作家の月村先生新作です。SHYノベルズだとラブコメっぽいのが多かったけど、今回はしっとり系のお話。主人公受・司は、絵本作家。賞をもらって10代でデビューしたけど、その後は絵本作家では生活できず、家事代行サービスのアルバイトをして暮らしていた。指名で仕事を受けた先、藤谷と出会い、孤独な生活の中で初めて親しいともいえる相手ができた司は、優しく穏やか [続きを読む]
  • 遠野春日「時間巡る恋」
  • 遠野春日「時間巡る恋」ビーボーイノベルズ2017/4/19タイムスリップものなんですけど、SFというよりはおとぎ話のようでした。主人公受・斉希は、遠野さんの受らしい感じ、上品で穏やか、かつウブなんだけど、恋には一途。お相手のドイツ人作家、ヴィクターも紳士的なんだけど、とても謎めいていました。悪い奴なのか、イイ人なのか〜?恋愛的にもあっさりうまくいくし、タイムスリップも解決するし、切なさはあまりなかったかも。 [続きを読む]
  • 名倉和希「恋のついでに御曹司」
  • 名倉和希「恋のついでに御曹司」シャレード文庫2017/4/24名倉さんのラブコメはいつも笑えて楽しい♪これも面白かったです。未婚の母とふたりの生活にある日弁護士がやってきて、大企業社長である実の父が引き取りたいと言ってきた、というお話。当事者である笙真は、父親にも金持ちになることにも興味はないけど、迎えにきた運転手兼ボディガードの森下に一目で強く惹かれ、父のもとへ行くことにしたのでした。笙真はカッコいい男 [続きを読む]
  • 妃川螢「猫又の恩返し」
  • 妃川螢「猫又の恩返し」2017/3/29リンクスロマンス発売当初スルーしてましたが、さらっと読める可愛いお話に飢えたので、読んでみました。うん、予想通り!可愛いお話でした!ユキが健気で可愛い。おじいさん、おばあさんと暮らしてた普通の猫だったのが、一人残ってしまったおじいさんへの想いが強すぎて、猫又になったのですね。世話になったことがある獣医師の爵也のところへお礼を言いに来て、居心地の良いそこにいつくお話で [続きを読む]
  • its「ぼくらが恋を失う理由」
  • its「ぼくらが恋を失う理由」シャルルコミックス2017/3/25初読み漫画家さん。前作があってのスピンオフ作品のようです、知らないで読んだけど大丈夫でした。本屋さんサイトでBLで評判よいもの、みたいな検索してて見つけたもの。深く考えずどんなんかな?と思って注文したんですが、とても良かったです〜。絵がとてもきれいで、心の動きを繊細に追うような作品にぴったりでした。幼馴染同級生コバにずっと恋をしてるおーちゃん。 [続きを読む]
  • 2017年6月の購入予定
  • 5月GWなどを利用して、積本をちまちま消化してきたはずですけども、なぜかここのとこまた増えてるような。やはり読書時間が減っています。なにせ貴重な読書タイムが通勤電車なのに、激混みすぎて本も読めないことが多くなって。まあ、首都圏ワースト混雑区間近くに居住してるので仕方ないですわ。それとGWから始めたスマホゲームも影響が・・。すぐに挫折はしたくないからしばらくは頑張ることにしてるので、アニメ視聴時間を減ら [続きを読む]
  • 風緒「ロングロングロスタイム」
  • 風緒「ロングロングロスタイム」バンブーコミックス2015/5/7絵が気に入っていて最近ずっとハマってる漫画家さんです。過去作品で読んでないのをアレコレ探しております。これは結構前に読んだんですけど、たぶん、感想書いてなかったな?と思って。表題作。高校のときのサッカー部の同級生同士。耕太は膝を故障し、さらに親の夜逃げ、で健一には何も言わずに別れてそれっきり。健一は有名なプロサッカー選手になってて。子供たちに [続きを読む]
  • 水壬楓子「最凶の恋人〜10DaysParty〜」
  • 水壬楓子「最凶の恋人〜10DaysParty」ビーボーイスラッシュノベルズ2017/5/19なんとシリーズ10作目だそうです。ここまで続くとは思わなかったけど、征鷹は職業柄いろいろ危険なことと背中合わせな人生ですし、ネタは尽きることないのかも。遙さんも当然巻き込まれるわけですし。今作はなんと、新婚旅行編??もちろん新婚旅行などと浮かれてるのは征鷹だけですけども。なんだかんだ付き合う遙さんもお約束。飛行機はダメな征鷹だけ [続きを読む]
  • 高遠琉加「紳士と野蛮」「スーツとストロベリー」
  • 高遠琉加「紳士と野蛮」ガッシュ文庫2017/3/28高遠琉加「スーツとストロベリー」ガッシュ文庫2017/4/28タイトルだけ見るとちっともわかりませんけど、これは続きものですので注意が必要です。というわけで、久しぶりに高遠さんの作品を読みました。宝生学院の教師をしている義己は、理事長だった祖父の死後、その遺言により、祖父に認知していない子供が生まれていたことを知らされます。遺言では、その男・誠吾を宝生学院に迎え入 [続きを読む]
  • 樋口美沙緒「愛の在り処に誓え!」
  • 樋口美沙緒「愛の在り処に誓え!」花丸文庫2017/4/19虫シリーズ、前作「愛の在り処をさがせ!」の続編となります。前作の感想は→こちら前作感想記事で、甘々な続編希望!なんて書いておりますね、私。そして希望通りの続編が!と喜び勇んで読んだところ・・・甘くはなかった。むしろさらなる試練の連続だった!えー、どうして、前作ラストシーンは感動的でしたのに。いやきっとすぐに甘くなるはずだ、と思って読んでも。読んでも [続きを読む]
  • つばき深玲「軍神皇帝の寵花」
  • 更新滞りがちですみません。ススマホゲームのスマボ、に夢中です♪楽しい。しかし。目が疲れます・・・・アラフィフはやっちゃいかん、ってやつかも。つばき深玲「軍神皇帝の寵花」ルビー文庫2016/12/28中華ファンタジーです。この作家さんはお初だろうか?面白かったです。不思議な力を持つ伶藍はその力ゆえに時の皇帝に、男ながら后として嫁いだ。しかし国は北方の国に攻められ、その国・隗の皇帝、汪凱のモノにされた。軍神が憑 [続きを読む]
  • 妃川螢「金獅子の王と漆黒の騎士〜婚礼の儀」
  • 妃川螢「金獅子の王と漆黒の騎士〜婚礼の儀」ガッシュ文庫2017/2/285月の新刊を一冊も買わずに我慢したら、今年に入ってからの積本がだいぶ消化できました。これもその一冊。前作を読んで復習してからだから、余計に時間も探す手間もかかります・・・。というわけで前作の感想は→こちら仔獣も加わって仲良く暮らしてる王と騎士カップルのその後。続編が出たのは意外でしたが、後日談的甘々な雰囲気でした。隣国の政変も絡んでき [続きを読む]
  • 朝霞月子「第八王子と約束の恋」
  • 朝霞月子「第八王子と約束の恋」リンクスロマンス2017/3/29朝霞さんのファンタジーでは同性婚も普通にある世界観なので、ハードルが低い分、この作品では「結婚して幸せになる」がメインテーマになってきててなかなか面白いなあと思いました。主人公受のフランは顔よし性格よし、バックボーンも完璧なのに9回も結婚に失敗。そして10回目のお相手が今回のお話の攻・ルネ。初夜に失敗したせいで、本当の意味の夫婦になるまでのお話 [続きを読む]
  • GWオタク的過ごし方
  • GWが終わりました〜今日から仕事。皆様はどのおようにお過ごしでしたでしょうか。私はオタク生活が充実してたかな〜けっこう満足度が高かったです。なにせ、家族が大学受験や資格試験の勉強をしており、私は暇になってしまったのです。かといって私一人ふらふら遊びに出かけるのもはばかられたので、出かけたのはスパコミと実家くらいで、あとは家にいました。おかげさまで、たまってたアニメを視聴したり、マンガを読んだりは充実 [続きを読む]
  • 楢崎壮太「ねこねこダーリン3」
  • 楢崎壮太「ねこねこダーリン3」ビーボーイコミックス2017/3/10発売からちょっと時間たっちゃいましたが、紗以ちゃん編ラストです。2巻の感想は→こちらねこアレルギーの善治との恋愛はツンデレ属性の紗以ちゃんにはハードルが高いですねえ。ふれあうのはもちろん、デートひとつ、キスひとつで大変ですwwでも、善治が大人っぽくて、猫になってしまったときの紗以の思いも、ちゃんと理解してくれてて、良かったねー!善治がアレル [続きを読む]
  • 栗城偲「玉の輿ご用意しました」
  • 栗城偲「玉の輿ご用意しました」キャラ文庫2017/3/25当たり屋稼業をしていた青依はある日高級車に乗った男にそれを見破られてしまいます。その男、印南は警察に突き出さないかわりに、恋人のフリをしろと要求されます。そうした日々のアレコレを描いた、一種のラブコメですかね。面白かったです。青依のやってることは詐欺だし、犯罪ですが、中学卒業と同時に家族はバラバラ、高校へも行けず、働き先でもうまくいかない。ヒモ、に [続きを読む]
  • 朝丘戻「窓辺のヒナタ」
  • 朝丘戻「窓辺のヒナタ」ダリア文庫2017/2/13坂道のソラ、という作品のスピンオフですが、読まなくても問題ありません。世界観が同じで、前作カップルがちらりと出るくらいですので。坂道のソラの感想記事は→こちら高校生の日向はネットゲームで知り合った年上の男性・シンに惹かれますが、思わず女の子ヒナタと名乗ってしまいました。母親の再婚相手である義父にゲイと知られて以来、酷い言葉でののしられ続け、必死に勉強を頑張 [続きを読む]
  • 市川けい「ブルースカイコンプレックス3」
  • 市川けい「ブルースカイコンプレックス3」マーブルコミックス2017/4/2110冊目のコミックスだそうです。あまり感想書いてませんが、全部読んでますし、大好き漫画家さんなんです。この作品はなんと第3巻。高校の同級生同士のお話なんですけど、じっくり描いてくれてるので、ハラハラドキドキしながらも二人の恋愛を見守ってきました。この巻でついに卒業!楢崎は優等生っぽく、寺島は不良っぽい外見。確かにそうなんですけどね [続きを読む]
  • 2017年5月の購入予定
  • もう4月が終わろうとしてる・・・呆然。4月あまりお買い物してないのに、読みたい本が積まれてるのはなぜだろう。ここで買ってしまうとまた増えてしまうし、悩みどころです。GWには少し本の整理しなきゃ。いつものように、ほぼ買うの決定なものをあげています。間違いがあるかもしれません、すみません!(BL小説)5/6 井上ハルヲ「Break Through デンパ男とオトメ野郎ex」 B‐PRINCE文庫5/10 華藤えれな「死神狼の求婚譚」 [続きを読む]