ロージア さん プロフィール

  •  
ロージアさん: それはすべての薔薇
ハンドル名ロージア さん
ブログタイトルそれはすべての薔薇
ブログURLhttp://rosiergarden.blog.fc2.com/
サイト紹介文BL小説を中心に、BLコミックス、BLCDなどの感想記事を書いてます。毎日更新目指してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2013/01/18 11:41

ロージア さんのブログ記事

  • 2017年5月の購入予定
  • もう4月が終わろうとしてる・・・呆然。4月あまりお買い物してないのに、読みたい本が積まれてるのはなぜだろう。ここで買ってしまうとまた増えてしまうし、悩みどころです。GWには少し本の整理しなきゃ。いつものように、ほぼ買うの決定なものをあげています。間違いがあるかもしれません、すみません!(BL小説)5/6 井上ハルヲ「Break Through デンパ男とオトメ野郎ex」 B‐PRINCE文庫5/10 華藤えれな「死神狼の求婚譚」 [続きを読む]
  • 和泉桂「子爵と冷たい華」
  • 和泉桂「子爵と冷たい華」ガッシュ文庫2017/2/28ふたつお話が入っています。ひとつめは、男であることを隠し、かつて母を捨てた父を探し出し復讐するため芸者になった志季と、華族の青年、穂積のお話。志季はツンツンしてる子なんですけど、世間知らずなうえに、案外尽くすタイプなこともあって、穂積にすぐ惹かれてるし、健気受側面もありました。穂積は志季の父親の関係者だろうと予想はつきますけど、姓がわかったとき、おお! [続きを読む]
  • 安西リカ「恋みたいな、愛みたいな〜好きで、好きで2」
  • 安西リカ「恋みたいな、愛みたいな〜好きで、好きで2」ディアプラス文庫2017/4/10サラリーマン同士の同級生カップルのその後、ですね。前作の感想は→こちら同棲している二人、友人たちを招いてにぎやかに鍋パーディーしたり、楽しく順調な感じに始まりますけども。甥っ子を預かることになり、子供好きの仕方の様子を見て、穂木には思うところができてしまったり、小さなさざ波が立った感じですね。でも実際にはこのことでお互い [続きを読む]
  • BLCD「年頃のオトコノコとアレ」
  • ルボーサウンドコレクション「年頃のオトコノコとアレ」原作:左京亜也2015/8/26桜井:斉藤壮馬篠原:増田俊樹鈴木:逢坂良太言うまでもなく、壮馬くんファンになったので聴いた1枚。原作は新刊で出たとき読んでるのですが、すごくエロエロしい作品だったと記憶が。ストーリーはほぼ忘れてる状態で聴いたけど、複雑なストーリーは全然ありません!高校生の友達同士、桜井が篠原にひとりエッチを見られて、なぜかそのあと二人でや [続きを読む]
  • 志水ゆき「花鳥風月6」
  • 志水ゆき「花鳥風月6」ディアプラスコミックス2017/4/16巻です。火弦くんが、幸せにならないわけがない、と思ってたけど予想以上の甘さにうっとりしました♪志水さんは非情な描き方もするけど、甘いときはとことん甘くて嬉しい。しかもラブラブシーンもページ数多いですよ〜エロいし、最高。曜明さんはいつも無表情ですけど、「犬」たる火弦には情がありました。見かけに反し(?)あんまり欲望のない人ですけども、犬は可愛がる [続きを読む]
  • 月村奎「恋は甘くない?」
  • 月村奎「恋は甘くない?」ディアプラス文庫2017/4/10大好き月村さんの新刊です。ウジウジした受が多い月村さん作品ですけども、今回の受、睦月くんは「ノーと言えない」流されやすいタイプ。大学の講義の代返を頼まれ断れない、とか、ノートコピーを頼まれ断れない、とか。同級生の女子に頼まれスイーツ研究会サークルの見学の同行も断れず。そして自分は勧誘に応じて入っちゃったりして。いろいろ断れないけど、同級生の川久保く [続きを読む]
  • 水壬楓子「晴れの日は神父と朝食を」
  • 水壬楓子「晴れの日は神父と朝食を」リンクスロマンス2017/3/29シリーズ2作目ですね。前作の感想は→こちら今回は神父×吸血鬼。神父の可以は大人、かつ保護者。血を与え、ベッドもともにする。ディディは同族も知らず、可以のそばで育ってるので、年の割に箱入りかも、可愛いタイプですね。可以は教師もしており、とても厳しいので、ディディは一心に慕ってるけど、可以の気持ちがわからなくて、切ないです。ディディが終始可愛 [続きを読む]
  • 風緒「アヒルの王子様」
  • 風緒「アヒルの王子様」ガッシュコミックス2017/2/10絵がとっても好みなので、最近、この方の作品は見かければ買っています。これは2作品入ってて、どちらも幼馴染もの。表題作は、小学生時代以降会っていなかった相手が、キラキラした王子様になって、今は冴えないサラリーマンになってた主人公受の前に現れました!というもの。冴えないからとコンプレックスはもってるけど、ウジウジはしてなくて男前だと思う。営業職で、失敗 [続きを読む]
  • S.E.ジェイクス「不在の痕〜ヘルオアハイウオーター2」
  • S・E・ジェイクス「不在の痕〜ヘルオアハイウオーター2」モノクロームロマンス文庫2016/9/10更新してなくてすみませんでした。週末、この分厚い本読んでました。今気づいたけど、これ去年の9月刊でしたのね・・・・。だいぶ積んでましたね。前作とても面白かったのに。ただちょっと疲れる、というのがあったから。でももっと早く読めばよかったー!!すごく面白かったです。前作の感想は→こちら前作で組んでいたのに、結局パート [続きを読む]
  • 夏目イサク「花恋つらね2」
  • 夏目イサク「花恋つらね2」ディアプラスコミックス2017/3/1BLコミックスは家にすっかり増えちゃって、続き物の2巻以降を買ったとき、「前の巻を読んで復習してから〜」なんて思っても、前のが見つかりません・・。これも見つからなかった。どこにあるんだーっ!?あら、すんなりうまくまとまるのかな、思ってたけど、展開は違いました。源介は歌舞伎の相方として惣五郎を望んでいた、だけだったのおー!!??惣五郎は乙女チック [続きを読む]
  • 三田織「僕らの食卓」
  • 三田織「僕らの食卓」バーズコミックスルチルコレクション 2017/1/24各所で評判が良かったみたいだったので、読んでみました。途中までほんわかした話だけど、泣くほどじゃ・・・と思ってたのに結局、涙腺やられました。泣けだけどいい話だった、好評なのもわかります。一人での食事が苦手な豊、ですが一人公園で昼食をとろうとしてて出会った兄弟・穣と種にせがまれ(豊としては目つきの悪い兄に脅されると感じたww)、おにぎり [続きを読む]
  • 夕映月子「楽園暮らしはどうですか」
  • 夕映月子「楽園暮らしはどうですか」シャレード文庫2017/2/24この前読んだ夕映さんの本が面白かったので、また買ってみました。面白かった!!楽園、ってなんのことかな、と思ったのですが、鉄道オタクの朝霞が、地方の鉄道会社で働いているので、好きなことを仕事にしているという意味での楽園、だったのですね。でも、彼は現実には、赤字路線の廃止や、なまじっか東大卒で頭が切れて仕事もできるため、周りと打ち解けられてない [続きを読む]
  • 蓮川愛 藤崎都「トラップ×トラップ」
  • 更新遅くてすみません〜。この記事も何日かけてるんだか、って感じです。PC開くとなぜか眠くなって、気づくと意識が・・・。近年こんなに仕事が忙しいってなかったからかも。蓮川愛 藤崎都 「トラップ×トラップ」 あすかコミックスCLDX 2017/2/1ルビー文庫のトラップシリーズの集大成というのか、ファン向け本というのか。蓮川さんの絵も美しい1冊です。トラップシリーズ、読んでるはずだけど、最初のほうはちょっと忘れてま [続きを読む]
  • 2017年4月の購入予定
  • 月末発売のものを予約注文しようと思ってネット書店の発売一覧を見てましたが、なんか眩暈してきました。何を買ったらいいかわからないとか、私もうダメか??ほしいものすべてを買ってたら破産するし、家の床が抜けるwwといって厳選して買おうと思っても選べなくて眩暈がしたのでした!こういうときはおとなしく買い控え。だって、積んである本たくさんあるんだから、それを読めっていう天の思し召しかもしれない。とはいえ、4 [続きを読む]
  • ロベルト!
  • 今日はアニメの話です。今日の夕方はPCに張り付いて、キャスト発表を待ってました。アニメジャパンのステージで発表だったのです。私の大好きな「バチカン奇跡調査官」のアニメ化におけるキャスト!前々からロベルトはすわべさんがいーなーと思ってましたが。叶った!!!嬉しい。イタリア人らしく色っぽいロベルト希望♪平賀は岡本さんですって。こちらも大好き声優さんなのでとっても嬉しい。アニメが始まる7月が楽しみです。ど [続きを読む]
  • 秋山みち花「皇子と刀剣の舞姫」
  • 秋山みち花「皇子と刀剣の舞姫」B-PRINCE文庫2017/3/7和風ファンタジーとでも言うんでしょうか、明治〜大正っぽい架空歴史という感じの設定。軍人になるべく士官学校に入学した榛名は、上級生で第三皇子の大和と寮で同室になる。皇家うぃ守る一族出身の榛名は大和を守ろうとひそかに決意をしますけれども。攻たる皇子・大和がたいそうなツンツン攻でした〜(;゜0゜)不愉快になるのは嫉妬ですよ!!と耳元で叫んであげたかったわww [続きを読む]
  • 松幸かほ「狐の婿取り〜イケメン稲荷、はじめて子育て」
  • 松幸かほ「狐の婿取り〜イケメン稲荷、はじめて子育て」クロスノベルズ2017/3/10大好きシリーズの新作が次々出てくれるので嬉しいです〜。今回はメインの二人のお話ではなく、別カップルのお話ではありますけども。陽ちゃんとは別の新しいちっちゃい子が出てくるのね?LOVEはどうなるんだ?とかいろいろ読む前に気になっていたんですが、ああ、そういうことか!と。LOVEもちゃんとありました!子育てメインなお話ではあるけども。 [続きを読む]
  • 梶ヶ谷ミチル「おはようからおやすみまで」
  • 梶ヶ谷ミチル「おはようからおやすみまで」オンブルーコミックス2017/1/25大好きな作品、「放課後の不純」の続編です!!高校生同士の恋愛ものらしい作品でしたが、大学生になった二人の話が読めるなんてっ!とうことで。「放課後の不純」の感想は→こちらスピンオフ作品「夜まで待てない」の感想は→こちら水谷くんが相変わらず可愛いです。同じ大学に通うことになり、同居(同棲)生活を始めたふたり。やっぱりソファ欲しいな、 [続きを読む]
  • 夕映月子「運命の転機は三十歳でした」
  • 夕映月子「運命の転機は三十歳でした」クロスノベルズ2017/1/10三十歳になっても独身だったら一緒に住もう、と約束したのは大学生時代。実際に三十になってみて残ってたのは多岐川と東元。多岐川はジャイアン、というあだ名のとおりの自己中人間ですけども、そのせいか独身w東元のほうは、研究職。酔って東元の誘いのままに多岐川は同居を承諾して、二人は一緒に暮らし始めます。あっという間に東元なしでいられなくなった多岐川の [続きを読む]
  • ジョシュ・ラニヨン「フェア・プレイ」
  • ジョシュ・ラニヨン「フェア・プレイ」モノクロームロマンス文庫2016/12/14前作が出てからもう3年・・・内容は忘れてましたww自分の感想記事読んでようやくなんとなく思い出したり。前作の感想記事は→こちら海外BLというより、ほぼ翻訳ミステリーですね、ジャンルとして。とても面白かったです!!元FBIで今は大学教授のエリオットと、現FBIのタッカー。前作すったもんだあった二人、同棲はしていますし、ベッドの中も [続きを読む]
  • 波真田かもめ「放課後はちみつ」
  • 波真田かもめ「放課後はちみつ」ダイトコミックスBL2016/12/23高校生同士です。初々しい!可愛い♪クラスメイト蜂谷が気に入らないミツオくん。イケメンで友達たくさん、目立つ生徒、見ててイライラ。でも思いがけず優しくされ、親しくなって、今度はとても気になる存在に!イケメンクラスメイトにキスされてドキドキなミツオくん可愛い!でも、蜂谷の気持ちは描かれてないので、読んでるほうもドキドキします。真剣なの?遊びやか [続きを読む]
  • 凪良ゆう「闇を呼ぶ声ー周と西門ー」
  • 凪良ゆう「闇を呼ぶ声ー周と西門ー」プラチナ文庫2017/1/12ホラーテイストなこちらの作品、とても面白かったです。霊を祓う一族なのに、今はその仕事をせず、所有不動産の管理人業務をしてる周。そこへ、同じ一族のひとり、西門がやってきて一緒に仕事をすることになる。人懐こくて話しやすい雰囲気の西門は、高齢者の見守りに近い管理人業務もそつなくできる。仕事がなければひきこもっちゃいそうな周は面倒と思いつつ相手をして [続きを読む]
  • BLCD「きこえる?」
  • ドラマCD「きこえる?」フィフスアベニュー2016/10/12桜橋樹  小林裕介湯之口新 山中真尋井田拓真 古川慎調子に乗って、BLCDの感想を続けて書いてみます。これ、原作の感想は→こちら原作コミックスはけっこうお気に入りでした。で、CDも期待たっぷりで聴いてみました。少々辛口なとこもあるので、ご注意を。 [続きを読む]
  • BLCD「妓楼の軍人」
  • ドラマCD「妓楼の軍人」Ginger Records 2015/11/27キャスト月里蓮 斉藤壮馬藍芙輝 平川大輔李元帥 成田剣桂木  代永翼久しぶりにBLドラマCDの感想です。アニメブログの方にはたまーに書いてたんですが、こっちではお初暴露ですかね・・、私、実は、最近すっかり壮馬くんファンでして。彼の出演作、アニメはチェックしてますが、CDまではなかなかできてなかったので、これからボチボチ聴いていきたい。そんなわけで壮 [続きを読む]