仁保裕介 さん プロフィール

  •  
仁保裕介さん: 真実なクリスチャンライフを求めて〜自由な祈りのため
ハンドル名仁保裕介 さん
ブログタイトル真実なクリスチャンライフを求めて〜自由な祈りのため
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/chlife/
サイト紹介文キリストへの祈りは生活の現場から誰にでも自由にできます。キリストは呼び求める人と共に居る方です。
自由文このブログでは、痛みの連鎖のある世界について、祈りを共有し、見るべきこと知るべきことを探していきます。皆がぶつかって考え込むような共通のことを書いています。
クリスチャン2世として、教会の問題、カルト化の問題について、傷を受けた皆さんと共に祈り、教会・教派主義からの脱出と信仰について、自立を目指す現実的視点で触れていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/01/20 12:52

仁保裕介 さんのブログ記事

  • お勧めする「自立」について
  • このブログは、信仰に名を借りた支配や欲や願望の応酬を取り上げ、そんなことがまかり通っている世界や、教会の人間関係からの自立をお勧めしています。どちらかといえば、組織の正常化よりも、個人について、人生、自立、主が召しているその人らしさ、祈り、心の願い、本音の発見、キリストの個人的伴い交わりの発見による回復を願うものになっています。ご自分の真の姿の発見と、キリストとの出会い発見はセットであり、キリスト [続きを読む]
  • 私のすべてが新しくなり、福音を委ねられた。
  • そして、彼がすべての人のために死んだのは、生きている者がもはや自分のためにではなく、自分のために死んでよみがえったかたのために、生きるためである。それだから、わたしたちは今後、だれをも肉によって知ることはすまい。かつてはキリストを肉によって知っていたとしても、今はもうそのような知り方をすまい。 だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しく [続きを読む]
  • 人の思いは肉に傾き、聖霊は風のよう
  • 私たちは、もはやこの世の肉の願いではなく、キリストにある霊的な命に生きたいのですが、私たちは、いつも神の時を待ち切れず、様々にうごめいています。実際の行動で、さまよい、心も落ち着かずあれこれと心配します。現実の仕事の中では、私たちがいろいろ気づくことは業務の必要な対応ですが、信仰では、主の導きとはほとんど違う発想や期待を持つことが多いです。キリストが共に居る証しは、キリストを呼び求める 私たちの 心 [続きを読む]
  • 何のための献身か 何のための試練か
  • 神に献身する、と言いながら、実際何に献身しているのか。『神キリストだけを見つめ追い求めて生きる』と言えば、潔さそうですが、イエス・キリストは天から降り人の間に住み人に仕え、十字架の傷を残したまま復活し昇天され、今も人と共に居られて人のすべての罪痛みに伴われています。キリストは呼び求める人の所に、遅れずに確実に来られ、共に居る方です。私たちが求め知っている神は、果たしてどこにいる神で、私たちは神の何 [続きを読む]
  • 霊は見えないのに、どうやって霊的に戦うのか 「霊の戦い」とは
  • ''見えないものを追うよりも、目の前の問題を見て見ぬふりの方が、神様は悲しむのでは?''25年前ごろ、私も盛んに『◎◎の霊を縛る!』『勝利を宣言する!』とやっていました。『この霊の戦いでリバイバルが来る』と期待で満たされながら。油こそ撒きませんでしたが…。悪霊にフォーカスするよりも、神の支配を信仰として宣言することで、主が来られ圧倒的な勝利をすでに十字架で収められていることが確かになり、人生や世界の現実 [続きを読む]
  • イエス様と一言つぶやくだけで、私たちは救われます。
  • イエス様と一言つぶやくだけで、私たちは救われます。どんなに、悩み深くても、不信仰でも、恵みや救いが見えなくても。何もできなくても、一言、イエスの名を呼ぶだけで、そこに確実にキリストは居ます。安心とか、平安とか、分からなくても、共にいるイエス・キリストだけで十分です。教会や、ネットや、信仰本で与えられる、こうするべき、こう祈るべきといった条件付けは、すべて忘れて良いのです。ただ、心が助けてほしいと叫 [続きを読む]
  • 福音派聖霊派の信仰という名の虐待問題は、被害者が負うべき十字架か
  • 神が目を留めて、被害を受けた信仰の子どもたちの心を見、子たちに福音を伝えながら子たちの霊を意のままに殺す大人たちを見ている。福音のためにと、子たちを従わせ、発想を条件付けて自由を縛り、罪を裁き裁かせ、人の間にあるべき信頼感を奪い、自分たちこそ聖書信仰と救いの守護者と自称している。これは、信仰と人を裏切るものですが、ただの人間的満足、単なる人の欲求の結果に過ぎません。しかし、あまりに頑なな今ある『使 [続きを読む]
  • 貧すれば鈍することの信仰的価値
  • 貧して鈍すれば、少しのことでイライラして当たり散らしたくなったりします。暑かったり寒かったり、車や家電が不調だったり、誰かのしたことが気に入らなかったり、自分で小さなことまで手間や時間をとられて、身近な人の親切さえ目に入らなくなります。それでも神を信頼し、祈り、その場に留まり続けられるのは、この一生が神なしには考えられないからです。『貧することは悪いこと』のように、今の日本の豊かな社会では言います [続きを読む]
  • 誰もその子を助けられなかったし、事実、誰も助けてくれなかった。
  • そこに主が私を置かれ、私が主を求めるようにされた。『その子は自信があるようだったし、プライドが高すぎた』という指摘もあるかもしれない。しかし、私は子供の頃から主を求めていたので、主が将来まで見極めてそうされたと信じている。人には、それぞれに負わされた十字架があるのだ、と思います。だから、私は、それぞれの現実を尊重したい。孤独に求めることには、意味がある、金の価値がある、と信じています。それを証明す [続きを読む]
  • 今の心の擦り切れ様…結局私は
  • 結局私は、自分の信仰の生い立ちから来るこの心の怒りで自分の人生を呪っている時があり、騙されるのではないかと他人を警戒し、心から親身ではなく、その時の冷たい心は、あふれる愛などには満ちていない。しかし、誰かに出会う瞬間に、自分が必要とされ役立てる部分で助けになろうとしている。これは、ほとんど無意識で、自動的な衝動と言えば良いのか。ここまではやっと回復させられていて、これだけで人間の外面をやっと保って [続きを読む]
  • 夏になると
  • 夏になれば皆エアコンの効いた場所を求めます。そこに行って、ほっと一息つきます。そしてまた外に出ると、避けられない灼熱です。どちらが自然かと言えば、夏は灼熱が自然です。しかし、私たちは快適こそが普通にあるべきと考えるようになっています。願望はもちろん快適さに向かいます。愛や信仰の前提が快適さだと思っていたら、私たちは間違えるかもしれません。愛や信仰と違うものを握って、自然の灼熱を地獄呼ばわりし、人生 [続きを読む]
  • 祈りは逃げではなく、人を生かす愛の重荷を負うこと
  • キリストのように、ただ人に仕え人を生かす姿勢になり、隣人を生かすためにこの人生を使うことは、すべての人を神様が創造した理由であり、すべての人の人生の導きです。キリストが私たちを愛し、仕えられ、死んで葬られ、黄泉に下り、復活したことで、私たちは命を与えられ、今、人生を生きることができています。私自身を生かし、隣人を生かす「愛」は、キリストから来ます。どんな人の内側にも、キリストが来て語りかけ、人生の [続きを読む]
  • 交わり、守り、包まれる感覚
  • 20年間、人間の横暴の支配と自立への視点をなんとか持ち続け、生き続けられ、守られました。その間に、世で、様々な人と出会い、 愛や助け を受け 、欺きや搾取に遭い、 現実の人の生き方、関わり、処世術を学ばされました。祈りで神に会い、交わり、神ご自身を欲する私の心の思いは、20年前から何も変わらず、守られ、動機を与えられ続けています。しかし、時に深い焦りを感じます。無力感に襲われ、いま何もできていないと感じ [続きを読む]
  • 語られ方、示され方、受け取り方の理想や型を捨てる
  • わたしが、それらの日の後、イスラエルの家と立てようとする契約はこれである、と主が言われる。すなわち、わたしの律法を彼らの思いの中に入れ、彼らの心に書きつけよう。こうして、わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となるであろう。 彼らは、それぞれ、その同胞に、また、それぞれ、その兄弟に、主を知れ、と言って教えることはなくなる。なぜなら、大なる者から小なる者に至るまで、彼らはことごとく、わたしを知るよ [続きを読む]
  • 牧師のことばを切り分けて、取捨選択できることが健全な信仰です。(1)
  • 牧師の持つ結論に合わせる必要は、まったくありません。この世にいる間は誰も、牧師も、救いの完成の全貌を知らないからです。教会に真面目で忠実すぎて、「牧師の意図をなぞることで神と同じ思いになりたい、そういう人生を送りたい」とまで思いました。それで週に一度の礼拝に、その飢え渇いた心を満たされたいと期待して、しっかり祈って臨みました。牧師と教会を信じすぎていたのでしょう。牧師と教会は、神のことをすべて教え [続きを読む]
  • 負わないで良いものは負わないで良い
  • あなたがたも、主の来臨が近づいているから、耐え忍びなさい。心を強くしていなさい。ヤコブの手紙 5:8 口語訳http://bible.com/81/jas.5.8.JA1955どう心を強くするか。世の価値観では「他人より優れた完全な姿を見せること」になりがちです。キリストは、「人に負えないもの」を負ってくださいました。それで私たちには「もう負わなくて良い重荷がある」のです。聖書によれば、耐えきれない苦難は、負うべき重荷ではなく、脱出す [続きを読む]