仁保裕介 さん プロフィール

  •  
仁保裕介さん: 真実なクリスチャンライフを求めて〜自由な祈りのため
ハンドル名仁保裕介 さん
ブログタイトル真実なクリスチャンライフを求めて〜自由な祈りのため
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/chlife/
サイト紹介文キリストへの祈りは生活の現場から誰にでも自由にできます。キリストは呼び求める人と共に居る方です。
自由文このブログでは、痛みの連鎖のある世界について、祈りを共有し、見るべきこと知るべきことを探していきます。皆がぶつかって考え込むような共通のことを書いています。
クリスチャン2世として、教会の問題、カルト化の問題について、傷を受けた皆さんと共に祈り、教会・教派主義からの脱出と信仰について、自立を目指す現実的視点で触れていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/01/20 12:52

仁保裕介 さんのブログ記事

  • 牧師のことばを切り分けて、取捨選択できることが健全な信仰です。(1)
  • 牧師の持つ結論に合わせる必要は、まったくありません。この世にいる間は誰も、牧師も、救いの完成の全貌を知らないからです。教会に真面目で忠実すぎて、「牧師の意図をなぞることで神と同じ思いになりたい、そういう人生を送りたい」とまで思いました。それで週に一度の礼拝に、その飢え渇いた心を満たされたいと期待して、しっかり祈って臨みました。牧師と教会を信じすぎていたのでしょう。牧師と教会は、神のことをすべて教え [続きを読む]
  • 負わないで良いものは負わないで良い
  • あなたがたも、主の来臨が近づいているから、耐え忍びなさい。心を強くしていなさい。ヤコブの手紙 5:8 口語訳http://bible.com/81/jas.5.8.JA1955どう心を強くするか。世の価値観では「他人より優れた完全な姿を見せること」になりがちです。キリストは、「人に負えないもの」を負ってくださいました。それで私たちには「もう負わなくて良い重荷がある」のです。聖書によれば、耐えきれない苦難は、負うべき重荷ではなく、脱出す [続きを読む]
  • 自分の重荷の重さを知らず、甘えていて
  • 自分で自分を背負うのさえ、難しいものです。だから、互いに助け合い補い合うようにして、一緒に歩むことが人間の知恵であり常識でもあります。聖書にある信仰、教会、賜物にも通じる話ですが、聖書を知らず信仰に無縁な多くの人が知っていることです。その中でも、自分の重荷の重さを知らず、他人に自分の分まで負わせ、苦労せずに逃げている人もいます。どこにでもいて、信仰者でも牧師であっても例外無くそんな人はいるのです。 [続きを読む]
  • 『神に示された』『確信がある』と言って硬直する信仰
  • 人間は地上に住む限界ある存在です。天の父なる神との間に大きな距離があるのが事実です。地上で得た知識では、聖書信仰も含めて、全能の神への知識は実際に限定されています。私たちは、自分の確信や思いが、聖書の多くの登場人物たちと重なる部分があるでしょうか。『真理が分かった』という思いよりも、聖書に書かれている人の弱さや神の恵みあわれみが正に自分の罪のためだといつも感じて、何も自己正当化できる言葉が無く、た [続きを読む]
  • キリストを知り証しする
  • あなたがたは生めよ。ふえよ。地に群がり、地にふえよ。創世記9章で、神は洪水からノアたち家族を救い、新たな歩みをするように祝福し、肉なるものを一斉に滅ぼすことはしないと約束されました。「人が罪を犯さないなら」という条件つきなのではなく、神からの一方的な契約です。そうして、イエス・キリストが人と神との交わりを回復する懸け橋として地上に来られ、人類の罪の犠牲・いけにえとして十字架にかかり、神の人への愛と [続きを読む]
  • 神の声を聴く信仰
  • はじめに神は天と地とを創造された。地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。神は「光あれ」と言われた。すると光があった。創世記 1:1-3  口語訳https://www.bible.com/81/GEN.1.1-3初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。この方は、初めに神とともにおられた。すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたも [続きを読む]
  • 人の情けを知ること
  • 「罪の赦し」は、キリストの十字架の犠牲を信じる信仰では、「神の義」とされることです。そして、私たちは日常では多くの人と共に生かされ、許容し合って生きています。気に入らない、自分の基準に合わない、などと力づくで排除しないし、互いの生存と権利を受容し合います。これで、身近な平和が保たれています。社会を大きく見れば、欠点までも赦し合っていて、その中で私たちも共に生きています。「情がわく」感覚は、相手が正 [続きを読む]
  • ただそこにいるだけ…その価値~人の目から見て
  • 置かれた場所にただいるだけで、果たしている役割が必ずあります。無理矢理な理想追求や逃避も無駄ではありません。追求でも逃避でも、そこに行かなければならなかったなら、それも必然です。ヨナのようにあっちこっちに行って、自分の居場所と自分がそこにいる価値に気づき、神の声を聞き、神のあわれみと忍耐の広さ深さと大きさを知る、それが人生でしょう。気を使って、人のため神のため信仰のために良かれと求めていた理想が、 [続きを読む]
  • 神の目からは「あなたに、ただ、いてほしい」。教会目線だと…
  • 愛は、「あなたに、ただ、いてほしい」とだけ言います。『あなたは、ここにいるべきだ』と迫るのは、縛りであり、愛ではありません。具体的な条件をつけて縛りを迫るのは、聖書の福音ではありません。私たちの存在や命について、まず愛して、ただ生を喜ばれるのが神様です。私たちは神がまず愛されたことを知り、神を愛し、この真実な愛の神と共に居たいと願うのです。そしてこの神との関係の中で、私たちが愛され喜ばれる生そのも [続きを読む]
  • 人生も信仰も、ただ流されるのではなく、探求するもの
  • 期待できる教会や牧師が居なくなると、不安でしょうか。私たちは、目に見えない神を追い求め、地上に来られたキリストを知り、今、内に住んでくださっていると信じることができます。そのことを『信仰の確信』として安心したいから、証拠として教会や牧師の教えを求めているところがあるかもしれません。しかしそれは流されるだけの人生の入口であるかもしれないのです。信仰・救いの根拠は、唯一キリストの十字架であり、聖霊によ [続きを読む]
  • 神であり人となったキリストに出会い、愛し、従い、似ること
  • イエス・キリストは、人として地上に生きて、地上の言葉で語り、人としてあらゆる境遇・地位にある人と会話し、祈り、いやし、奇跡を行い、喜び、悲しみ、泣き、食べ、賛美の歌を歌い、罪を負われ、打ち叩かれ、死刑になりました。そして、神の力によって復活し、信じる者にはキリストと同じように死に打ち勝った命が与えられます。イエス・キリストは今も生きて、キリストを神と信じる者の内に住み、福音の意味をその人の人生の中 [続きを読む]
  • 『真理』のために、愛を無にしてしまわないように
  • 苦しい所から出会ったキリストの愛によって、私たちには大きな感動と心の平安が与えられ、キリストの伴いに感動します。その愛を喜び、素直に一心にキリストについて行きたい、愛への応答をしたいと強く思うときに、日常普通に必要な生活の事や、それまでの周りの人間関係が 邪魔だと感じてしまう場合があります。この心理的問題は、苦境からやっとの思いでキリストに出会う人に起こり、また、懸命に準備した説教や伝道奉仕をする [続きを読む]
  • ついて行く愛が、初めの愛
  • 信仰の深いところを一旦知りながら、また離れていくようなことがある、と聖書は言います。最初の感動を持ち続けることが信仰なのではなく、どんな試練で、どんなに落ち込んでも、キリストを慕い、キリストだけを信頼してついていくのが主への愛であり信仰です。努力や知識や感動が大事なのではなく、しっかりとキリストご自身に出会い、「どんな状況でもキリストご自身につながっていたい」と、一心に熱心に願うことが大事です。い [続きを読む]
  • 外せない福音・救いの基本
  • キリストの十字架は、すべての人の罪の刑罰であり、罪を赦すための代償としての犠牲でした。キリストは、復活し信じる者に新しい永遠の命を与えます。父、御子、聖霊の三位一体の神は唯一であり、存在するものすべての創造者であり、ほかに神は存在しません。キリストは、唯一の 三位一体の神の二位格です。キリストは祈りの中で、その愛と栄光のある永遠に共に居る交わりに触れています。イエス・キリストは、完全に100%神であり [続きを読む]
  • 福音派で信仰を持つことについて、私の体験から
  • 以前の記事でも触れたとおり、福音派の教会員になるには、決められた内容の信仰告白が求められます。このブログ内の関連記事:雅歌「揺り起こしたり、かき立てたりしないでください。愛が目ざめたいと思うときまでは。」 ( 2013年02月11日 )牧師逮捕 (2005年04月09日)私も福音派で信仰を持ちましたが、後で福音派の教会の関わりの囲いから外に出ました。関わりを断っているわけではありませんが、距離を置いています。日曜日 [続きを読む]
  • 仕方ないよ、人間だもの。弱さからの祈りにイエス様が居ます。
  • 神の敵になるか、神の友になるか。この世で見える違いは小さく、最後の結果は大きいものです。しかし、いつどこからでもやり直しが効きます。この悪魔にむかい、信仰にかたく立って、抵抗しなさい。あなたがたのよく知っているとおり、全世界にいるあなたがたの兄弟たちも、同じような苦しみの数々に会っているのである。あなたがたをキリストにある永遠の栄光に招き入れて下さったあふるる恵みの神は、しばらくの苦しみの後、あな [続きを読む]
  • 「自分の十字架を負うこと」は、むずかしくないです
  • それぞれ人生の必然を生きることから、必ず誰かに出会い、そこで負うことができる十字架を見つけます。教会の組織で認められて、箔を付ける(はくをつける)ようなものではなく、私たちの置かれた生きる道に自然にあるものを生きるのです。ですから、どのような人生も否定されるべきではありません。厳しい教会では、「人のすべての願望や発想が罪から来ている」、と自分を否定されます。さらにひどい場合は、本人の内面や過去を暴 [続きを読む]
  • 新興宗教の心理的な『解放感』の問題と、聖書の「聖化」「試練」
  • 『あらゆるものを越えて神を信じる』『超越の境地に居ると、自分に起こるすべての現実に惑わされず、火の粉のかからない遠くに置くことができ、心穏やかに平安で居られます。』と教える宗教が日本に数多くあり、にわかに取り込まれていく人たちがいらっしゃいます。しかし、これは実際には「逃避」でしかありません。そして、キリストへの信仰でも、個人的に同じようなことを信じたい人がたくさんいるようです。『神の視点に立ち、 [続きを読む]