ガーシャ! さん プロフィール

  •  
ガーシャ!さん: ガーシャの巣
ハンドル名ガーシャ! さん
ブログタイトルガーシャの巣
ブログURLhttp://gaasha.blog.fc2.com/
サイト紹介文ジャズ・AORなどの音楽とギター、カープの話を中心に日々の雑感。
自由文広島在住、中年男。
「どんな駄作であろうと意地でも良い所を見つけてみせる!」をモットーに、
アマチュアジャズギタリスト目線で綴る、
ゆる〜いジャズディスクレヴュー、
(ギタリスト参加作中心です)
哀愁の中年男黄昏モード全開AORレヴュー、
更には、歪な広島カープ愛話や日々の雑感等、
"接しやすぅ〜い感"出しまくりで書いております!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2013/01/21 18:22

ガーシャ! さんのブログ記事

  • 夢の共演
  • これも結構前に購入してたんだけどどうやらamazonでも売り始めたみたいなんでやっとレビューします。Inspired (2016年録音)Rale Micic (g)John Abercrombie (g)Peter Bernstein (g)Lage Lund (g)ジム・ホールに影響を受けた4人のギタリストによる共演。artistshareのサイトを見て受けた感じではミシックちゃんが中心となって録音されたみたいだが内容の方はそんな事なく皆平等な露出。それぞれソロギターで1曲ずつ、全ての組み合わ [続きを読む]
  • ひまわりまつりへ行ってきた
  • 場所は広島県は世羅郡世羅町にある世羅高原農場と云う所。我が家からは車で1時間半程で行ける。入場料は大人1人800円。入るといきなりテンションマックス!広大な敷地に110万本ものひまわりが咲き誇ってるのだ。あいにくの曇天だったがこの圧倒的な量のひまわりに興奮した。家族連れに若いカップル多数。若者達は皆仲良くツーショット自撮りしてた。わしらはしない。カメラを意識し歩くツレ。そういやぁ上は2匹のリアルな豹が描か [続きを読む]
  • 鬼の居ぬ間的発想
  • こないだの土曜日の夜セッション行ってきました。今年11回目。ギターは335ホストはスペイン人ピアニストJちゃん。かなり久しぶりだ。Jちゃんはオルガンも弾くので最悪ベーシスト来なくても何とかなると思って参戦。てかわし的にはそれでも一向に構わんかったんじゃが結局エレベ弾き1人とドラムとエレベ弾くかつての常連が来たんでJちゃんピアノに専念。オルガンでベースライン弾かなくていいんで喜んでた。やっぱりずっとベースラ [続きを読む]
  • ジャズ弾いても名手
  • チャック・ローブのオルガントリオを主体にしたアルバム。Chuck Loeb / Place'n'Simple (2011)Chuck Loeb (g)Harvey Mason (ds)Pat Bianchi (org)上記のメンバーメインでプラス所々ゲストが加わる。ヴォーカルが2人(1曲は嫁さん、もう1曲は娘)、ウィルリーが1曲でベース、パーカッションが2人、菅入りの曲も2曲。チャックちゃんといえばスムースジャズの名ギタリストだが、これはメンバー編成からも想像付く様にがっつりジャズ寄り [続きを読む]
  • エロッ!
  • 大昔のアルバムなんですがこないだのイーグルスのライブ盤(この記事)で思い出して最近また何気にヘビロテ中のアルバム。Gerald Alston (1988年リリース、日本版タイトルはミッドナイト・エンジェル)ゲキ渋ジャケット。この人は元マンハッタンズのリードシンガーです。これがソロデヴュー作。で、何でイーグルス聴いてこれを思い出したかだけど理由は簡単、ティモシーBシュミットが歌う名曲I Cna't Tell Tou Why"(言いだせなくて)が [続きを読む]
  • がっつりモレノ
  • 一時モレノちゃん参加作を追いかけてた時かなり気に入ってたアルバムを久々に引っ張り出してきた。Brian Patneaude / Riverview (2008年録音)Brian Patneaude (ts)Mike Moreno (g)Jesse Chandler (org)Danny Whelchel (ds)所謂今時なコンテンポラリー系ジャズだけどギター入りオルガントリオとテナーのカルテットと云う編成が珍しく面白いのだ。ファンキージャズなんかじゃよくあるがこう云うジャズではほぼお目にかかった事は無い [続きを読む]
  • Giant Steps
  • こないだのライブでは普通に高速4ビートで演ったんじゃがこのビートで演ってもクソカッコええんじゃよな。Pat Metheny / Trio 99→00 (1999年録音)Pat Metheny (g)Larry Grenadier (b)Bill Stewart (ds)てか、実はその前の5月にやったドラムレスのライブではこれ意識してミディアムのボサノバで演ったんじゃが、このアルバムのバージョンは単純にボサノバと言う説明だけでは足らんニュアンスが有るんだな。ではどう云うニュアンス [続きを読む]
  • 忙しかった日
  • ライブの記録。今年9回目。前回の記事で書いた通り今回は東広島市にあるジャズクラブでのライブだった。メンバーはドラムのみINUさんと云うベテランの方に変わったベースのY氏クインテット。因みにわしはこのINUさんとは先月行ったセッションで初めて演奏したが他のメンバーは皆昔からの知り合いみたいだった。(帰り際慌てて撮った写真)実はこの日は親父の命日だったのだ。だから朝から忙しく家族で墓参りに行った。帰りに回転寿司 [続きを読む]
  • 東広島の夜
  • セッションの記録。今年10回目。今回行ったのは今年の1月ライブさせて頂いた東広島市のジャズクラブ。実は来週もここでライブをする予定。ホストはジャズ以外でも八神純子等ポップス系でも活躍してらっしゃるベースの方だった。時々広島に来るらしいがわしがお会いしたのは約2年振りだ。参加者はぼちぼち。ここの店だけで会った事のある数人以外は全て初めて会う方々。やっぱり広島市内の店とはメンバーが違うのだ。これだから時に [続きを読む]
  • 拝借するぞ
  • この間のライブでも演奏したんじゃが"Invitation"と云う曲が好きだ。スローからアップテンポまでどんなテンポでも良いし、ボサノバから4ビートまでどんなリズムで演ってもカッコいい。難曲じゃがコード進行もアドリブする上で凄く面白い。しかもギターデュオからジャコの様なビッグバンドまでどんな編成でもキマる。えぇ〜、食材に例えると何かな?大根とか?ちょっと地味か?でも大根って煮ても炊いても焼いてもいけるし、更には [続きを読む]
  • ヘタれちゃったのね〜〜
  • 先週末(22日)今年8回目のライブだった。記録しときます。今回はテナーのI氏クインテット。演奏
    曲は以下の通り。1st set1 Black Nile (Wayne Shorter)2 Lady Bird ((Tadd Dameron)3 The Night Has A Thousand Eyes (sax less)4 I
    n A Sentimental Mood5 Invitation2nd set1 Summertime2 Corcovado3 Alone Together (sax less)4 Old Folks5 Mr PC写真の様にギタ
    ーはIbanezのAS200使用。それを自分のアンプでも無く、店のJCでも無く、 [続きを読む]
  • 「ひつじのショーン展」行った
  • わしはそうでもないがツレが大ファンなのだ。でもかなり見応えがあって行って良かった。前売り(1000円)分は十分元取れました。会場限定のグッズも沢山。爆買いしてた人を尻目にツレも限定Tシャツ等数点購入。超ご機嫌モード突入。その後は街をプラプラしてサンカレーで昼ごはん、からの〜ガストでハッピーアワー。早目に帰宅。「ひつじのショーン展」は8月27日まで広島県立美術館で開催中。楽しいですよ。・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 「ライフ」観にいった
  • 簡単に説明すると「エイリアン的SFホラー要素にゼロ・グラビティ的緊張感をプラスしました」って感じの映画かな。今これを読んで下さってる奇特な貴方。「なるほど。ではこんな感じかな」と想像しましたよね。その想像当たってます。強引じゃが結構それで説明出来てるのだ。但しH・Rギーガー デザインのエイリアンに比べこっちのデザインは若干インパクに欠けるかな。あっちは如何にもフィギュアが売れそうなデザインじゃない?わ [続きを読む]
  • クソ暑いんで
  • ここはやっぱりウエストコースト系かと云う事で久々にこの傑作ライブを引っ張り出してきた。Eagles / Hell Freezes Over (1994)1980年の解散から14年の時を経て再結成した時のアルバム。#1〜#4が当時で云う処の新曲。(スタジオ録音)それ以降の曲が94年録音のライブ。何故か地味な扱いのアルバムじゃが内容は素晴らしいのだ。ライブの方はドンヘンリーのソロアルバムからの1曲(ハービーもカバーしたNew York Minute。あたりまじゃ [続きを読む]
  • マリホ水族館へ行ってきた
  • 当初直ぐに行く気は無かったんじゃがマツコの知らない世界に出演してた中村元さんプロデュースみたいじゃないか!と知りそそくさと行ってきた。まぁープロデュースした本人が「予算も広さも無い」と言ってるんだからショボいっちゃーショボいんじゃがただ単にボーッとしに行くって感じなら良いんじゃないか?中心部から比較的近いし、年パス買えば2回で元取れるし。(年パスは1800円)近場でサクッと癒されに行く場所としては結構需 [続きを読む]
  • 重ねる心理その2
  • 今回でジャズカテゴリーの記事が丁度300となる。ブログを初めて4年半でだからペースとしてはかなり遅い。このブログを観てる人はほぼ居ないので特に問題は無いだろうが、少しでも皆様の音源購入の参考になればと思ってるので今後もう少しペースアップを目指したい。Jim Hall / Concierto (1975年録音)Jim Hall (g)Chet Baker (tp)Paul Desmond (as)Roland Hanna (p)Ron Carter (b)Steve Gadd (ds)特に意味は無いが節目の一枚は超メ [続きを読む]
  • 好きで堪らん曲収録アルバム
  • トム・スコット1991年の作品。Tom Scott / Keep This Love Alive (1991)これリーダーのトムスコットがフュージョン系サックスプレイヤーなんで取り敢えず便宜上フュージョンカテゴリーにしたんじゃがAORカテにしても全く問題無い様な作品なのだ。全9曲の内5曲がヴォーカルナンバー。オープニングナンバーからいきなりビル・チャンプリンとブレンダ・ラッセルのデュオ!作曲はブルース・ガイチ&タマラ・チャンプリン(ビルチャンプリ [続きを読む]
  • 安心安定のおじさん
  • 何気にコンスタントにアルバムリリースするヴィック・ジュリスの前作 (これ)から1年ちょい振りの新譜。今回も見逃してた。Vic Juris / Plays Victor Young (2014年録音)Vic Juris (g)Jay Anderson (b)Anthony Pinciotti (ds)Kate Baker (vo)#6タイトル通りヴィクター・ヤングの曲集。今回も基本王道スタイルながらギタープレイ、ギターサウンド共現代的で実に良い塩梅。こんな感じのギターアルバム実はあまり無いので有難いのだ。 [続きを読む]
  • 地味が良いのだ
  • 今日はAOR。ペイジズのファースト。Pages / Pages (1978)一般的に一番完成度が高いと評価されてるのはは3rd、(わしもそう思う)わし的に一番思い出が有るのは以前書いた2nd(この記事参照)でも、何気に好きなのはこのファーストかもしれない。1978年の作品なんでサウンド的には実に地味。しかし曲が良いんだな。この当時のAORの雰囲気が強烈に漂ってる。ラフな感じも逆に捨てがたい。勿論全曲捨て曲無しじゃが特にこれが好き。昔のボ [続きを読む]
  • 久々参加
  • セッションの記録。今年9回目。今回は数年前一度行った事のあるジャズクラブ。それ以来2度目の参加だ。その時も書いたと思うがこの店のセッションは非常にちゃんとしてる。キチンとしてる。店の人も感じの良いちゃんとした人。更にホストがちゃんと居る。ピアノトリオ+テナー。技術も確かな方々。いつも行ってる店はホストは基本何かの楽器1人だけ。ギターホストでベースの参加者居ない時とか最悪なのだ。しかし参加費はキチンと [続きを読む]
  • やっとレビュー
  • このアルバム5月末にデリバリーされたんじゃが実際に注文したのは今年1月初め。約5ヶ月待ったのだ。更に理由は不明だがamazonではつい最近まで売ってなかった。(流通量が少ないのかもしれん)でも最近売ってるみたいなんで今回やっとレビューします。Jeremy Manasia / Metamorphosis (2015年録音)Jeremy Manasia (p)Peter Bernstein (g)Barak Mori (b)Charles Ruggiero (ds)リーダーのジェレミーちゃんはおそらく初聴き。わしは当然 [続きを読む]
  • わしの100均生活
  • 今日はちと貧乏臭いテーマです。先ずはこれ。A4サイズのクッションケース。3.6メートルのモンスターケーブル2本が余裕で入ります。次。コレは電子手帳用のケース。替弦を入れとります。以前デカイカバンにそのまま放り込んでたらグッチャグチャになったんで。はい次。コレはハガキ用のケース。DCケーブル類をまとめて収納。コードの折れ曲がり防止に良いです。最後はこれ。パワーサプライ用のACアダプターを入れとります。底のファ [続きを読む]
  • 続編なのです
  • ダイナ・ステファンスの新譜は2014年末にリリースされた"Peace"(この記事参照)の続編的アルバム。Dayna Stephens / Gratitude (2017)Dayna Stephens (ts,bs,ewi)Julian Lage (g)Brad Mehldau (p)Larry Grenadier (b)Eric Harland (ds)今作も"Peace"もレコーディング日がクレジットされてないので真相は定かでないがおそらく同じ日に録音されたと思われる。(完全に感だけど)よってこれも同じくバラードアルバム。前作はバラードアル [続きを読む]
  • 若きピーターちゃん
  • 同じメンバーによる新たなアルバムが20数年振りに発売されると云う事で今回はこれ。Peter Bernstein / Sings Of Life (1994年録音)Peter Bernstein (g)Brad Mehldau (p)Christian McBride (b)Gregory Hutchinson (ds)ピーター・バーンスタインのアルバムは定期的に聴いてるんじゃがこれは何気に久々だ。ピーターちゃん2枚目のリーダー作。ピーターちゃんは1967年生まれらしいので今年50歳。このアルバム録音時は27歳だ!よって当た [続きを読む]
  • ギリシャの人パート2
  • 前作がかなり気に入ったのでこれも引き続き購入。ペトロス・クランパニスの新譜。今回はライブアルバム。(前作はこれです)Petros Klampanis / Chroma (2015年録音)Petros Klampanis (b)Gilad Hekselman (g)Shai Maestro (p)John Hadfield (ds,per)Keita Ogawa (per)(弦の方々は割愛します)ピアノが新進気鋭のシャイ・マエストロに変わり、新たに日本人らしきパーカッションも加わる。弦もヴァイオリンが2名増えて計8人体制。と、 [続きを読む]