モンテ・ビアンコ さん プロフィール

  •  
モンテ・ビアンコさん: 恋愛のカタログ
ハンドル名モンテ・ビアンコ さん
ブログタイトル恋愛のカタログ
ブログURLhttp://montebiancoco.blog.fc2.com/
サイト紹介文恋愛・結婚・色恋沙汰を追及していきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/01/22 21:43

モンテ・ビアンコ さんのブログ記事

  • リラックスした雰囲気の中で
  • 結婚の予定が立っていないカップルで、現在のパートナーとずっと今のままでいいと思う人もいるかもしれませんが、いつかはそう言っていられない状況になるものです。もちろん現在は結婚をしなくても、事実婚あるいは内縁関係も法律上ある程度までは認められている部分もあります。それでも、愛し合う二人がより強固なつながりを持つには結婚という契約が必要となるのです。それでも昨今ではなかなか結婚まで踏み込むことができない [続きを読む]
  • 小説や漫画で学ぶ
  • 現代では本やインターネット上で数々の小説や漫画などが幾多のストーリーとして、それこそ星の数ほど生み出されています。フィクションやノンフィクションに拘らず、これら無数の物語はそれこそ最高に学ぶべき所の多いものだと言えるのかもしれません。状況や立場などで少しくらいの違いがあったとしても、ひとつの出会いの場面でそれほど違和感なく使える言葉や態度が描写されていることもあるからです。もちろん、そこには現実的 [続きを読む]
  • 歴史を参考に
  • 温故知新。昔のことを調べて、そこから新しい知識や見解を得ること。日本の歴史を紐解いてみると、そこには色々と参考になるものが見て取れます。例えば、非常に仲が良かったと伝えられる和宮親子内親王と徳川14代将軍の家茂。見性院と山内一豊は内助の功代表として注目されたりもしました。少し思い切って神話にまで遡ってしまうと、最後がとても物悲しいイザナミとイザナギの関係もなかなか面白いものがあります。歴史はどうに [続きを読む]
  • 友人から学ぶ
  • 恋愛に限らず悩みや困ったことがあったのならば、まずは友人や知人に聞いてみるのが常套手段ではないでしょうか。三人寄れば文殊の知恵とも言われるように、自分ひとりの判断では少々偏ってしまいがちなことも、複数の人の意見に耳を傾けることによって、より明確な答えが導き出せるのかもしれません。あるひとつの出会いについても、自分一人だけの経験値より複数分の経験値で考慮をした方が、より精査された結果を出せそうです。 [続きを読む]
  • 自分から学ぶということ
  • 現在はハウツー本を初め、インターネットや多種多様な方法で学ぶことが出来るようになっています。その中でも過去から学ぶ一番簡単で汎用性の高い方法は自分から学ぶことだと言えるかもしれません。人は学習機能があるものですから、意識していなくても過去の自分から学んでいますが、ついうっかり同じ間違いをしてしまうこともあるのではないでしょうか。なんと言っても自分なのですから、幾ら聞いたり調べたりしても全く問題はあ [続きを読む]
  • 映画を手本に
  • 過去から何かを学ぶべきことが出来るとしたら、そのひとつに映画が言えるかもしれません。これまでに様々な人達の手によって幾多の物語が作られてきましたが、それらはそのほとんどが人に感銘を与え、多種多様な考えを私達にもたらしてくれました。互いに身分を明かさずにいても相手への恋心を抱き続ける話も、地球人が異星人として他惑星を侵略していく物語も、魔法学校に通う少年少女達がやがて未来の世界を託される存在にまで成 [続きを読む]
  • 大人の男性とは
  • ただただ年齢を重ねただけでは大人であることを周りに示すことはできません。お金が余るほどあってあれこれ使える部下を持っている人が立派な大人であるとも限りません。女性の多くは大人の男性に憧れますが、本当に尊敬できるスマートな男性との出会いはなかなか簡単に見つかるものではありません。自分よりも年配の男性ならどこにでもいるでしょう。他人に自慢できるほどの地位や財産を築き上げた男性もあらゆる所に存在します。 [続きを読む]
  • 男性を立てられる女性
  • 男性とは人よりも優位に立つことを望んでいます。自分は下っ端だからと口ではへらへらと謙遜しているような男性でさえ、心の中のどこか片隅では多少なりとも人の上に立っている自分の姿を思い描いていることでしょう。そんな男性達は女性との出会いに何を求めているのかを考えてみれば、安らぎであったり満たされる感覚であったり、彼女を守ることのできる自身の存在の確立であったりします。彼が彼女を甘やかそうとするのは、甘え [続きを読む]
  • 変わりたいと思える程の恋
  • 子供っぽい自分を捨てて、魅力ある大人を目指そうと決意したことのある女性はいるでしょうか。恋人からもっと好かれるために、落ち着いた言動やおしとやかな振る舞いを心掛けたことのある女性はいるでしょうか。男性から見た女性の好みは人それぞれです。無邪気で子供っぽい可愛らしさを持った女性との出会いを望む男性もいれば、落ち着いた大人っぽさで常に冷静な態度をとっている女性と出会いたい男性もいます。そのためどんな女 [続きを読む]
  • 大人とは
  • 三歳や五歳頃の小さな子供だった時代を思い出してみると、自分よりも背の高い周りの人達を皆大人だと感じることはなかったでしょうか。中学生や高校生の学生服を着た生徒を見て、立派なお兄さんやお姉さんだという印象を勝手に抱いた記憶がある人もいるかもしれません。しかし実際に自分が中学生や高校生くらいの年齢になってみるとどうだったでしょう。小さな頃に憧れたような立派なお兄さんお姉さんにはとてもなれていないことに [続きを読む]
  • 年上の彼
  • 今お付き合いしている男性とは、年齢は近いでしょうか遠いでしょうか。同い年の相手と学生時代からお付き合いをしていると言う人もいるでしょう。年下の彼との出会いを経験することもあるかもしれません。または年上の男性に強く惹かれるものを感じ、今現在も熱愛中だと微笑む女性も多いのではないでしょうか。彼を甘やかしたいと思う女性は少なくありませんが、包容力のある大人の男性に優しくしてもらいたいという願望を持ってい [続きを読む]
  • 様々なアイテムの力をかりる
  • 素敵な出会いに備えて、また好きな人を振り向かせるために、恋愛体質を高めたいと考える人は多いと思います。恋愛体質が高まっていると、些細なイベントにもドキドキできたり、何気ない仕草にときめいたりと、恋愛に関するアンテナがしっかりはれている状態になります。では、どのようにすれば恋愛体質を高めることができるのでしょうか。好きな相手がいなくても、恋愛体質を高めるのは簡単です。形から入るのです。サロンで髪のメ [続きを読む]
  • 積極的に男性と出かける
  • 好きな人でもないのに、男性と二人で食事やデートに出かけるということに抵抗感のある女性は多いと思います。たしかに、不特定多数の男性と恋愛関係のようになってしまうのはリスクが多いかもしれません。しかし、だからといって恋人ではない人をすべて排除していては素敵な恋愛はできませんし、恋愛としての出会いもなかなか訪れません。恋愛に対して潔癖なところがある人は、まずそれを無くして恋愛体質を高めるところから始めま [続きを読む]
  • フィクションの世界で学ぶ
  • 現在恋人がいなくても、好きな人がいなくても、恋愛体質を高めることはできます。その方法とは、恋愛を扱った映画やドラマ、漫画、小説などを読むことです。フィクションはあくまでもフィクションだから、現実の世界には役に立たないと思っている方も多いと思いますが、実はこういったフィクションの恋愛を味わうことは、恋愛体質が高まり、素敵な出会いがあった時にとても役に立つことなのです。まず、恋愛を始めるためには、恋愛 [続きを読む]
  • 恋愛ファンタジーの効果
  • 忙しくて暇がないから恋愛の映画やドラマなんて見ない、または、空想上のお話のようなことは実際に起こらないのだから見るだけ無駄という風に思ってしまっていませんか。確かに、漫画や映画、ドラマの世界の恋愛は誇張表現で描かれているため実際に同じようなことが自分の身に起きる可能性はとてつもなく低いものです。しかし、そういった恋愛ファンタジーの世界に浸ることも、現実の恋愛にとって、実はとても重要なのです。フィク [続きを読む]
  • 自分に言い聞かせる
  • せっかく出会いのために飲み会や合コン、街コンや婚活パーティに繰り出していっても、なかなかいい人に巡り合えずに、なんだか消化不良な気持ちで帰ってきてしまうという経験はありませんか。なぜそのようなことが起きるかというと、自分自身が恋愛体質ではないからかもしれません。恋愛体質ではないということは、目の前にやってくる恋のチャンスに鈍くなってしまっているということです。確かに、仕事に一生懸命だったり、何かや [続きを読む]
  • 信頼すれば信じてもらえる
  • 恋人がなかなか自分に対して心を開いてくれないと、悩んだり苦しんだりした経験はあるでしょうか。出会いから間もない頃である場合や、年齢や立場が異なる場合など、あらゆる原因のためにお互いどこかぎこちなさの残る恋人達は割といるものです。恋人関係にあるという事は相手の事を好きなのは間違いないはずです。好き合っている人達同士が一緒にいれば、間にある距離感は時間が解決してくれる事もあるでしょう。しかし遠慮をしあ [続きを読む]
  • 過不足のない恋愛
  • わがままな言動についていけないと、彼から呆れられたことのある女性はいるでしょうか。あなたの子供っぽい所が嫌だと、彼女から溜息をつかれたことのある男性はいるでしょうか。自分の気持ちをオープンにしていられる人は、人懐っこい打ち解けやすさで周りの人達から好かれる傾向にあります。ハキハキとものを言うことのできる人は大体が明るく活発な人です。その分人との出会いの機会も多くなることでしょう。友達が多く気安い人 [続きを読む]
  • 深まる愛情のきっかけ
  • 恋人との仲が深まったと感じるのはどんな時でしょうか。出会い当初はぎこちなかった二人が少しずつ距離を縮めていくとき、そこには様々なきっかけが隠れています。相手の趣味に対して興味や関心を持った事や、食べ物の好みが似ていたと判明した事がきっかけになる場合もあるでしょう。日常に潜むストレスや鬱憤を相手に聞いてもらった事や、旅行などの楽しい思い出がきっかけだと言う人もいるかもしれません。お互いが自分の気持ち [続きを読む]
  • さらけ出す勇気
  • 恋愛とは、何かの縁が結ばれた二人が辿り着く一つの出会いの結果です。ただすれ違っただけの相手か、友人として仲良くなるか、それとも恋人となるか、それはお互いの思いやタイミングなどによって様々な形があるでしょう。しかし縁あって恋人という関係になれた相手なら、その人の事を良く知りたいとも、自分の事も知ってほしいとも思うものです。しかし自分をさらけ出そうとしたとき、どこかで躊躇ってしまう部分が出てくる事はな [続きを読む]
  • 信頼とは心の目
  • 好きな人のことであれば、どんな些細な内容であっても知りたいと思うのは誰でも同じです。昔馴染みの相手でも、出会いはごく最近だった相手でも、恋人のことを一から十まで理解していると断言できる人はなかなかいません。どんな恋愛をしていても、恋人のことを考えている時の気持ちには少なからず不安というものがあるでしょう。恋人の本音がどうあるのか、本当は自分のことをどう思っているのか、考えれば考えるだけ自信のなさが [続きを読む]
  • 出会いの奇跡
  • 世界の総人口は約70億だと言われています。それではこの人口の中から、ある一人の男性とある一人の女性が巡り合う確率はどの程度のものでしょうか。何十万分の一と答える人もいれば、何十億分の一と答える人もいます。偉い学者の先生方による算出であっても、計算方法や判断基準などによってその数字にはこれだけ大きな差が出てくるのです。けれど明確に言えるのは、ある男性とある女性とが出会い、そして親しくなる確率はとてつも [続きを読む]
  • 初めて恋をした頃の思い出
  • 初恋は実らない、とは昔からよく言われてきた事です。拙く幼い頃の恋であっても、思春期の頃に胸の内で認めた恋であっても、初恋の相手を忘れてしまったという人はおそらくほとんどいないはずです。たとえ実らなかった初恋だとしても、初めて誰かを想った気持ちを捨てられる人はなかなかいません。その時の恋心は生涯に渡ってその人の胸を温めてくれるのです。また、もしも初恋を実らせる事ができた人ならば、それはもちろん運命的 [続きを読む]
  • 恋愛ドラマの作り方
  • 恋愛における良し悪しの判断基準はどこにあるでしょうか。相手が好みの顔であれば良いのか、仕事ができる優秀な恋人を得られればハッピーエンドになるのか、考えてみるとなかなか難しいところです。しかし恐らく恋愛には、確実な正解というものは存在しないのでしょう。たった一つ言える事があるとすれば、それはお互いに対する愛があるかどうかという事です。愛とはつまり、思いやりと言い換える事も出来ます。恋人に愛を持って接 [続きを読む]
  • 恋の鐘が鳴る瞬間
  • 仕事か何かで失敗をして落ち込んでいるとします。悪い事は続くもので、履いていたヒールが歩行中にボキリと折れてしまった時、もしもそっと手を差し伸べてくれる優しい男性が目の前に現れたら女性達はどう思うでしょうか。おそらくはその男性の優しさにドキッとさせられる人が大半でしょう。特に気持ちが弱っている時、女性は他人から向けられる優しさに心を打たれてしまうものです。また一方、同じように仕事が上手くいかず、上司 [続きを読む]