K.Nakamura さん プロフィール

  •  
K.Nakamuraさん: 首都圏生きものめぐり
ハンドル名K.Nakamura さん
ブログタイトル首都圏生きものめぐり
ブログURLhttps://ameblo.jp/science-nakamura/
サイト紹介文首都圏密着型の自然ブログ。身近な公園・緑地の美景観と生きものを、豊富な写真と共にご紹介!
自由文ビル群立ち並ぶ首都圏にも、草木が生え、生きものの暮らす環境は確かに存在します。このブログでは、都会の自然への興味喚起に繋げたい――という意志のもと、首都圏在住の独身編集者が直接足を運んだ公園等で出会った美景観や生きものを紹介します。

生きものを「遭遇率・インパクト・美しさ・俊敏性」で独自に数値化して評価する『生きもの採点』を実施中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2013/01/23 00:57

K.Nakamura さんのブログ記事

  • 陰湿な悪あがき(横沢入里山保全地域)
  •  里山保全地域は、JR五日市線「武蔵増戸駅」から線路沿いに歩いて約15分。私が足を運ぶ里山系の散策フィールドの中では、特に自然度が高いのではないかと思います。道中、線路沿いに花壇があったり民家の塀にカナヘビ(右)がくっついていたりとちょっとしたお楽しみがあるのもポイントです。 横沢入につきました。せっかくの晴天なのに人がほとんどいませんでしたね。ここは公園ではなくあくまで「保全地域」だからなのか、 [続きを読む]
  • 変なツーショット
  • 茅ヶ崎里山公園編で紹介しようと思っていたのですが、写真が多くなり過ぎてしまったので別枠で紹介します。 公園の池脇の植物の上に、ハラビロカマキリ(の幼虫)と一緒に大きなカミキリムシが……。かたや肉食、かたや草食ではありますが、装甲の硬い甲虫はカマキリのエサになりにくく加えてこのカマキリはまだ若いため、サイズもカミキリムシのほうが上です。対するカミキリムシにとっても、肉食のカマキリはエサを取り合う競合 [続きを読む]
  • 実は町田にもいた、幸せを呼ぶ青いハチ(小山田緑地)
  • これまでに何度となく谷戸環境の公園を紹介してきましたが、この小山田緑地の界隈は地区全体が山間部つまり谷戸の中にあります。高台から見下ろすとこんな感じ。民家もそれなりにありますが田んぼの面積が広く、里山らしい環境が色濃く残っているといえるでしょう。 ただ、そういう環境だけにアクセスはあまりよくなく、バスの本数は少なめ。加えて問題なのが、コンビにはおろか自販機すらもろくにないということです。夏場のこの [続きを読む]
  • マジで飛ぶと羽音がしました(群馬県内某所 −後編−)
  • 前回に引き続き、レンゲショウマの楽園となっている群馬県内某所を歩きます。これだけの密度で見られる場所となると、それこそ最盛期の御岳山くらいなものかと。しかもこの写真、まだ5部咲きにも至っていないらしいので(今年は全体的に花期が遅れ気味)満開期の美しさはそれはそれは見事なものでしょう。 クローズアップ。この花は雨上がりや林の中など、しっとりとした環境が合いますね。ヒマワリのように日なたに出してみ [続きを読む]
  • 首都圏生きものめぐり、北限の楽園へ(群馬県内某所 −前編−)
  • ここは群馬県内のとある自然公園(?)なのですが、この日は休日の散策ではなく、仕事として行ってまいりました。雑誌用の撮影のディレクションといいますか、要は来年掲載する誌面用の写真をプロの先生に撮っていただくため、その付き添いと作業管理をしました。 その途中、空いた時間で補足として私も撮影をしたのですがあくまで仕事として立ち会ったため、どこで撮ったのかを明記すると、仮に先方が目にした場合にサボってブロ [続きを読む]
  • ズーラシアと新治に隣接。初訪問の市民の森(三保市民の森)
  • 横浜の市民の森をさらに開拓。この日は以前に紹介された三保市民の森に行ってまいりました。最寄り駅は十日市場。つまり新治市民の森と同じなのですが新治よりもさらに奥まった所までいく必要があり、本来なら徒歩は好ましくありません。(バスがなかなか来そうになかったので、新治から歩きました)  高低差のある森と湿地とで構成されるなど、環境はほぼ新治に準じます。ピクニック等に適した原っぱもあるので、レジャーに [続きを読む]
  • 未だ迷いがあります……(夜の浮間公園)
  • 毎年夏恒例、仕事帰りの夜の浮間公園散策です。セミの羽化を撮りにきているのですが、今年は分布がやや局所的。例年は公園入口の桜並木にもわんさかと沸くのですが、今年は少々まばらで、逆に奥の林では写真のように多数固まって見られました。 この写真には1匹だけ、明らかにミンミンゼミとわかる個体がいます。左上の方にいますが、わかりますか?(葉っぱの上に注目) 木を登り始めたアブラゼミの幼虫。毎度夜の散策時は、 [続きを読む]
  • フラワーライフ or ウッディライフ(新治市民の森)
  •  数ある横浜市の市民の森の中では比較的駅からアクセスしやすく、かつ田畑や湿地などの生きものの出やすい環境が多いため、ここのところよく新治に足を運びます。前回はカワトンボが出ましたが、真夏に入った今は既に姿は見られず、ハグロトンボにシフトチェンジしています。まあ、ハグロはカワトンボ科なのですが……。 ちなみに左写真の案内所の辺りには、計4つのポケストップが固まっておりポケモンもここで結構多く出現しま [続きを読む]
  • 姪と一緒に(小網代の森)
  • 神奈川県屈指のカニの名所、小網代の森。毎年足を運んでいるスポットですが、今年はこれが初めて。おかげで小川のカワトンボはもういなくなっていました。 この日は私1人でなく、夏休みに入った姪(小学1年生)と母も一緒。ある程度十分に歩けるようになったら、純度の高い自然を見せるためにもぜひ一度連れて行きたいと思っていたのです。  カニを捕まえてご満悦の姪。顔はさすがに隠しました(汗)。捕まえたカニはその辺 [続きを読む]
  • 足元注意! 意外なところに雛がいる……?(酒匂川河口域)
  • 小田原市の鳥 コアジサシが毎年営巣することで有名な酒匂川の河口域。去年に引き続き、今年も梅雨明けを見計らって行ってまいりました。天気がややよろしくないですが、日差しが少ない分、去年に比べると暑くないかも? ウミネコの群れ。時折カワウの姿も。去年はこんなに群れてはいなかったはずですが……。 これが原因の可能性もありますが、この日は何故かどこへ行ってもコアジサシが現れない!対岸から中州をくまなくチ [続きを読む]
  • ベビーメタル’s(四季の森公園)
  • ヘビーメタル……ではない。詳しくは後ほど。 この日はズーラシアから森の中を抜け、四季の森公園に向かいました。写真は途中通りかかった里山ガーデン跡地。展示は既に撤去されていますが、秋には公園としてリニューアルオープンされるため現在工事が進められています。オープンは9月末くらいになる模様です。 里山ガーデン跡地脇にある雑木林。ここを抜けるのが公園への近道です。 とても小さなコガネグモ。子供でしょ [続きを読む]
  • 新規スポット開拓。鎌倉の谷戸型自然公園へ(鎌倉中央公園)
  • 実家のある大船は、横浜市・藤沢市・鎌倉市の3市の境界線付近にあり電車で1駅乗れば別の市に入るなんてこともしばしばあります。 今回訪問したのは、大船駅より湘南モノレール(湘南江の島に向かう路線)で2駅の湘南町屋駅という所から坂を上ったところにある鎌倉中央公園。実家はギリギリ横浜市にありますが、この公園は名前の通り鎌倉市内。かなり近い所にありながら(それどころか江の島からの帰りに散々近くを通っている)こ [続きを読む]
  • イトトンボは識別が難しくて……(水元公園)
  •  首都圏では先週梅雨明けしたという話を聞きますが、今年は正直梅雨があったという実感がイマイチ沸いてきませんね。この水元公園に足を運んだのはまだ梅雨の間の話でしたが、まとまった雨が降ることもなく、この日も真夏らしい晴天でした。 潤沢に水のある水元公園は暑くなると非常に蒸し、体感温度が上昇して熱中症の危険に晒されます。山歩き同様、飲み物は多めに持っておくべきでしょう。(特に8月からは要注意) 釣り客 [続きを読む]
  • 江の島の昆虫スポットに着目(江の島・後編)
  • 昼食を済ませていつも通りに稚児が淵へ。梅雨の晴れ間ということで結構お客さんが来ていました。(そもそも今年満足な梅雨があったかどうかは微妙かなり微妙) 例のケヤリムシ。昨年初めて撮影した時と全く同じ場所で元気(?)にゆらゆら揺れてました。まあね……動きませんからね(汗)。 余談ですが、イソギンチャクは僅かずつですが移動できます。 岩の隙間に目を向けると、そこはもうカニだらけ。イワガニ、イソガニ [続きを読む]
  • 海岸工事中ですが、引っ越す予定はないらしい(江の島・前編)
  • 海開きしているかどうかはわかりませんでしたが、橋を渡る途中に何人かビキニのおねーちゃんとすれ違いましたし、海の家も開業しているようです。私はカメラを持っていると盗撮魔と勘違いされる恐れがあるため、江の島に入るまではカバンに仕舞っておきました(爆)。多分、もこみちみてーな爽やかイケメンなら無問題なんでしょう(呪) この日は梅雨時ながらも天気が良く、風もあまりなかったため岩場にも結構人があふれてい [続きを読む]
  • これもひとつの“里山ガーデン”か?(舞岡公園)
  • 珍しく14時くらいまで用事があって動けなかったのですが、せっかく雨が上がった土曜日、どこにも出かけないというのも空しいのでアクセスしやすく帰るのも簡単な舞岡公園に久々に行ってきました。公園と隣接する「舞岡ふるさと村」は先日終わった都市緑化フェアのサブ会場でしたが実は私、会期中は一度も舞岡には行けていません。サブ会場とはいっても別段変わったことをしていたわけではなくメイン会場を時期ごとに回るだけで精 [続きを読む]