K.Nakamura さん プロフィール

  •  
K.Nakamuraさん: 首都圏生きものめぐり
ハンドル名K.Nakamura さん
ブログタイトル首都圏生きものめぐり
ブログURLhttp://ameblo.jp/science-nakamura/
サイト紹介文首都圏密着型の自然ブログ。身近な公園・緑地の美景観と生きものを、豊富な写真と共にご紹介!
自由文ビル群立ち並ぶ首都圏にも、草木が生え、生きものの暮らす環境は確かに存在します。このブログでは、都会の自然への興味喚起に繋げたい――という意志のもと、首都圏在住の独身編集者が直接足を運んだ公園等で出会った美景観や生きものを紹介します。

生きものを「遭遇率・インパクト・美しさ・俊敏性」で独自に数値化して評価する『生きもの採点』を実施中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2013/01/23 00:57

K.Nakamura さんのブログ記事

  • いつもの希少昆虫を見に行ったのですが……(埼玉県某所)
  • 毎年5月にキバネツノトンボを撮りにいっている、埼玉県某所へ。本当はもう1週間早めに行っておきたかったのですが仕事で妙に忙しく、結局いけたのは5月中旬になってしまいました。果たして結果は……? ここは足を運ぶたびに、いつも新顔が出てきます。新顔であるというだけで、多分そんなに珍しいわけではありません。これはクロボシツツハムシといい、小さなハムシの仲間。テントウムシによく似て [続きを読む]
  • 満潮時の方が撮影しやすいケースもある?(谷津干潟 ー前編ー)
  • シギ・チドリの渡りのシーズンということで久しぶりに谷津干潟に行ってまいりました。珍鳥の観察報告がWebに上がっていたので、そちらも楽しみにしつつ。ちょうどツツジの最盛期でした。これは何でしょうね? ジュウニヒトエによく似ていますが……。気になって調べたところ、セイヨウジュウニヒトエというヨーロッパ原産の植物で花壇に植えられるキランソウの仲間だそうです。ちなみにシソ科。Wikiには「ジュウニヒトエといわれ [続きを読む]
  • 花の山道を歩く(裏高尾〜高尾山 第2章)
  • 今日は小仏峠から高尾山山頂までを歩く、第2弾です。途中の山道からは相模湖を望むことができます。さすがに前日登った石砂山までは見えませんが、景観は抜群です。斜面に群生する、コスミレというスミレの仲間。名前に反してタチツボスミレなんかより花が小さいということはなく、大きさで見分けようと思っても無駄。花・葉の色や形で識別しましょう。木の根元にジョウカイボンが。カミキリムシのような外見で一見草食に見えます [続きを読む]
  • 別方向から山登り(裏高尾〜高尾山 第1章)
  • 石砂山に登った次の日に向かったのは、少し手前(都心寄り)の高尾山。まさかの2日連続登山。この翌日、筋肉痛で大変でした(汗)。とはいえ、もう何度となく訪問した高尾山を同じルートで登るというのも芸がないと思いまして今回は少し違う方向から頂上を目指してみることにしました。JR高尾駅からバスに乗り、小仏方面へ。いわゆる裏高尾と呼ばれる場所から、山道を通って本家高尾山を目指すという本ブログでは初のルートを辿り [続きを読む]
  • 春の風物詩。7つのチェックポイント(石砂山 ー前編ー)
  • さあ今年もやってまいりました。春恒例の石砂山です。ツバメに迎えられ、藤野の駅を降りたのが7時15分。ちなみに朝は5時に自宅(戸田)出発とかなり早かったのですがかなり過酷な道中になることは予想していたので、前日早めに就寝し、HPは十分に回復しました。体調は万全です。さて、毎年1回必ず足を運ぶ石砂山。至上目的はもちろんギフチョウを撮ることなのですが「生きものめぐり」を掲げる本ブログとしては、メイン種の撮影だ [続きを読む]
  • 対猫型自動機械人形最終兵器(上野恩賜公園・不忍池)
  • ちょっとイレギュラーですが、週末に向けて昨日の記録を急遽ご紹介!上野恩賜公園のサクラがちょうど見頃でした。天気予報が少し変化して、どうやら日曜も雨が降らないようですのでもしよろしければお花見なんて如何でしょう?ちょうど昨日上野で打ち合わせがありまして、終わった後、会社に帰る前に公園内をぶらりと散策してまいりました。ぶっちゃけサボりと言われればそれまでなんですが(汗)一応やるべきことはちゃんとやっ [続きを読む]
  • 展示の花もまた、生きものの糧となる(みなとガーデン その2)
  •  全国都市緑化よこはまフェア非公認サポーターのK.Nakamuraが送る、第2弾。前回赤レンガ倉庫&象の鼻テラスに足を踏み入れたところで中断しましたので今回はその続きです。象の鼻テラスの企業出展ガーデンを見学します。運河パークや新港中央広場に比べると、こちらの方が作品が大型。むしろ運営側としてはこちらを重点的に見てもらいたいようです。一つひとつの規模がデカい分、使っている植物やパーツのデザインも多種多様。よ [続きを読む]
  • ようこそ、全国都市緑化よこはまフェアへ(みなとガーデン その1)
  • 以前から時折本ブログでもご紹介してきました第33回全国都市緑化よこはまフェア、3月25日にスタートしました。これより6月4日まで、横浜市内が花と緑で彩られ、普段と違う風景をお楽しみいただけます。各種イベントも開催予定です。雑誌でも何度となく特集し、仕事では微力ながらPRに貢献してきましたが横浜生まれにしてこれまで市内の自然地・公園を何箇所も巡ってきた身としてはぜひこのイベントを盛り上げていきたいと、個人 [続きを読む]
  • 多分これが最後の冬鳥ラッシュ(北本自然観察公園)
  • この公園に来たのは結構久しぶりだったりします。少なくとも昨年は1度も訪問していないので、非常に懐かしいかも。JR北本駅よりバスで約15分。鳥くんの本にも掲載されているバードウォッチングの名所 北本自然観察公園です。入口近くの右手に見える湿地。カモのいる池もあります。この池、遠目ではごく普通の水場に見えるのですがかなり藻が繁殖してしまっており、場所によっては緑のペンキを流したようになってしまっています。 [続きを読む]
  • 機器の性能差だけは埋めようがない……(東京港野鳥公園)
  • 歓喜に沸いた厚木七沢散策の翌日、お天気がイマイチでしたが久しぶりに平和島の野鳥公園に行ってまいりました。シギ・チドリのシーズンまで待ってもよかったのですが一応冬鳥の飛来状況も見ておきたかったものでしてね。若干寒かったせいかまだ閑散としていましたが、そのぶん鳥たちは落ち着けた模様。随所で鳴き声を聞きました。野鳥公園はやはり渡りのシギ・チドリが飛来する4〜5月ごろが最も来園者が増え、賑わいます。かとい [続きを読む]
  • 緑の中で江戸・東京の歴史めぐり(小金井公園 −後編−)
  • 後編ではバードサンクチュアリから離れまして、公園内北西にある江戸・東京たてもの園を中心にご紹介します。入園料が多少かかるのがネックですが、一度は入っておかなくてはね。 ここのコンセプトを簡単に言うなら、江戸時代から近代(戦後あたり?)にかけての東京の建物の見本園です。文化人、政治家、その他著名人の住宅が移築&復元されており、約200年分の江戸〜東京の雰囲気が堪能できます。高橋是清の邸宅……とかいうの [続きを読む]